真っ白な原稿の上で、俺は爪を切った。

漫画家 施川ユウキのブログ

タブー

2006年02月26日 05時47分36秒 | Weblog
年に一度お雛様をお披露目する豪華な式典のような
雛飾りを見てると、(お雛様に対する)暗殺劇の絶好の舞台に
思えてくる。

・・・というネタを書いて編集に見せたら、
一度は通ったんだけど
「今調べたら、お内裏様ってどうやら
天皇陛下を指すらしいんですけど、 大丈夫ですかね」
って言ったらボツになってしまった。
こんなカンジに「これはマズイんじゃないか」という理由で
ボツになる事はたまにあるんだけど、
以前一度どうしても納得のいかない事があった。
「スイカ割り」だ。
ある仕事で「スイカ割り」をネタにした事があったんだが、
丸々ボツになってしまった。
「スイカ割り」はタブーらしい。
「目の不自由な人に不快感を与える」そうだ。
「そういう抗議が来たんですか?」と聞くと
「来た事は無いけど、来るという噂を聞いた人がいるらしい」
みたいな返答。なんだそれは。
結局ネタを作り直したんだが、
数日後、コンビニで他の雑誌を読んでたら
普通にスイカ割りのネタが載っていた。僕自身、
過去にスイカ割りネタを描いた事はあるし、海水浴ネタの定番だ。
たまたまその雑誌の編集方針でタブーにされてるだけなら
いいんだけど、全メディアで完全にタブーになってしまったら
「スイカ割り」という文化自体が無くなってしまいそうで怖い。
現に「福笑い」という文化は完全に存在が消されたように思える。

「これは解釈の仕方によっては差別的なんじゃないだろうか?」
と強引に深読みしながらネタ作りするのは窮屈で非効率的だ。

トラックバック (4)

五輪

2006年02月25日 04時59分55秒 | Weblog
やたら忙しくてほとんど睡眠が取れず朦朧としてるんだが、
どの位朦朧としてるのかと言うと
テレビから聞こえてくる「冬季オリンピック」って単語を、
毎回「東京オリンピック」と聞き間違えて、一瞬
「え、今東京でやってるの?」と思ってしまう位だ。
テレビにオリンピックは映っているんだが、ほとんど興味が無いから
仕事の邪魔にならない環境映像として垂れ流してる。
こないだチラッと画面を見たらフィギュアの選手の衣装が黒と金で
「あ、お仏壇だ」と思った。
祖国の人々はやはり演技を祈るように観てるのだろう。
しかし朦朧としてるせいか「くるくる回ってる人」が面白くて仕方が無い。



消える水

2006年02月12日 05時33分58秒 | Weblog
こないだ買った加湿器、
目に見えない40℃位の蒸気が出てるらしいんだけど
手を当てて確かめると、ずーっと「はぁぁぁぁ~」って
誰かに息を吐きかけられ続けてるみたいで気持ち悪い。
…何かこんな妖怪がいたような気がする。
湿った息を長時間吐き続けて家の柱を腐らせるとか、
そんな感じの。
それにしても、もうかれこれ20リットル以上の水を
部屋にブチまいてるはずなんだが、
特に布団や本が湿ってるって事も無い。
あの量の水がどこに消えたのか不思議だ。
湿気を全て吸収する妖怪でもいるのか。
俺がそうなのか?
トラックバック (1)

CM

2006年02月11日 01時29分19秒 | Weblog
「笑いの金メダル」見てたら目に入ってきた
「アウトソーシング!」のCM。
派遣のCMって現場をあまり見せない
イメージCMみたいなのが多かったから、
ちょっと珍しいと思った。
NHK「フリーター漂流」で見た生々しさには遠いが、
こういう若者の現実を当たり前のものとして
許容できる社会になってるのだろうか。

川柳

2006年02月09日 23時48分41秒 | Weblog
書くネタも無いのでトレンドランキング1位の
「サラリーマン川柳」について何か書こうかなと思ったが、
「雅号(ペンネームみたいなもの?)でネタを補強する必要はあるのか?」
ぐらいしか感想が無いな…。
ところでこのブログのタイトルは
以前サラリーマン川柳に対抗して作って、
発表の機会が無かった漫画家川柳
「真っ白な 原稿の上 爪を切る」から取っている。他には
「ネタ帳に 解読できぬ 俺の文字」
「思いつく ネタの全てに デジャヴかな」
「ネタよりも 遅れる言い訳 考える」等ありました。
捻らずにベタな物を作ったんだが、
この微妙にこっ恥ずかしい感じが本家(サラ川)っぽくて
良いような気がするが、何か違うような気もする。
何が「デジャヴかな」だ。