淡路教育サービスへようこそ Ⅱ

淡路島の家庭教師の先生たちの奮闘日記

京都 広隆寺 弥勒菩薩半跏思惟像 国宝第一号

2010-12-31 17:12:17 | おばあちゃん先生の日記

京都 太秦 広隆寺 を参詣しました。

国宝第一号

弥勒菩薩半跏思惟像

を拝観しました。

  

オバちゃんが毎日の勤行のなかでお唱えしている

十善戒が入り口に掲げられていました。

新霊宝殿は写真撮影禁止です。

十二神将が薬師如来の両脇に

六体ずつおられました。

さまざまな彫刻の表現に息をのみました。

館内は年末ですがたくさんの方が訪れていました。

仏像ガールもいました。

弥勒菩薩半跏思惟像のまえで

畳のソファーに正座して静かに仏像をみつめていました。

十二面千手観音立像

阿弥陀如来坐像

仏像の前で手をあわせました。

長男の家族も

拝観できてよかった。

と感動していました。

 

淡路島・淡路市・洲本市
南あわじ市の家庭教師なら
淡路教育サービス有限会社
TEL0799(62)3695
フリーダイアル0120(62)3695
携帯からも掛けられます。
tanaka3@wind.sannet.ne.jp
HP:http://www.awaji-kyouiku.jp/
担当田中恵子
田中携帯090-9698-9479

淡路教育サービス有限会社ホームページトップへ
HP:http://www.awaji-kyouiku.jp/  

森先生のかてきょ通信9月号 PDF形式でダウンロードできます。ダウンロードについての注意点はこちらでご覧ください。 ←こちらのボタンをクリックしてダウンロードできます。 

 

 
コメント

舞妓さんに扮装 宇多野ユースホステル

2010-12-31 16:15:21 | おばあちゃん先生の日記

長男の奥さんが舞妓さんに扮装しました。

宇多野ユースホステルのサービスです。

長男の奥さんは小柄な人なので

とても可愛く仕上がりました。

ユースホステルのお客さんに

記念撮影を頼まれました。

とてもたのしいひとときでした。 

 

淡路島・淡路市・洲本市
南あわじ市の家庭教師なら
淡路教育サービス有限会社
TEL0799(62)3695
フリーダイアル0120(62)3695
携帯からも掛けられます。
tanaka3@wind.sannet.ne.jp
HP:http://www.awaji-kyouiku.jp/
担当田中恵子
田中携帯090-9698-9479

淡路教育サービス有限会社ホームページトップへ
HP:http://www.awaji-kyouiku.jp/  

森先生のかてきょ通信9月号 PDF形式でダウンロードできます。ダウンロードについての注意点はこちらでご覧ください。 ←こちらのボタンをクリックしてダウンロードできます。 

 

 

 

コメント

京都 ゆりかご保育園 臨済宗妙心寺派智勝院内

2010-12-31 14:12:28 | おばあちゃん先生の日記

とし子の子どもたち3人がお世話になった

ゆりかご保育園を訪ねました。

長男たちがお世話になった川島先生がおられました。

長男と話されていたら

長女と次女の名前をすぐおっしゃってくださいました。

オバちゃんはお迎えが何回か遅れて

ご迷惑をおかけしたことをお詫びしました。

圓もお庭もあまり変わっていません。

 

この道を子どもたちは毎日通いました。

 

かわいいお地蔵さんが子どもたちを見守っています。

ありがとうございました。

 

淡路島・淡路市・洲本市
南あわじ市の家庭教師なら
淡路教育サービス有限会社
TEL0799(62)3695
フリーダイアル0120(62)3695
携帯からも掛けられます。
tanaka3@wind.sannet.ne.jp
HP:http://www.awaji-kyouiku.jp/
担当田中恵子
田中携帯090-9698-9479

淡路教育サービス有限会社ホームページトップへ
HP:http://www.awaji-kyouiku.jp/  


森先生のかてきょ通信9月号 PDF形式でダウンロードできます。ダウンロードについての注意点はこちらでご覧ください。 ←こちらのボタンをクリックしてダウンロードできます。 

 

 

コメント

すりあい  大根葉の料理 淡路島の郷土料理

2010-12-23 11:48:01 | おばあちゃん先生の日記

家庭教師へお伺いしているお家で

お料理の話をしていました。

すりあい という大根葉の料理があるという話を

前回していたのですが

今回実物を見せていただきました。

大根の葉をよくゆがいて

すり鉢でよくすります。

ごま・砂糖・みそ・みりんなどであえます。

大根の葉のざらざらした感触がまったく感じられません。

口の中で大根の葉の風味がひろがります。

大根の葉を5本分くらい使って作るそうです。

オバちゃんも作って見ます。

ありがとうございました。

 

淡路島・淡路市・洲本市
南あわじ市の家庭教師なら
淡路教育サービス有限会社
TEL0799(62)3695
フリーダイアル0120(62)3695
携帯からも掛けられます。
tanaka3@wind.sannet.ne.jp
HP:http://www.awaji-kyouiku.jp/
担当田中恵子
田中携帯090-9698-9479

淡路教育サービス有限会社ホームページトップへ
HP:http://www.awaji-kyouiku.jp/  


森先生のかてきょ通信9月号 PDF形式でダウンロードできます。ダウンロードについての注意点はこちらでご覧ください。 ←こちらのボタンをクリックしてダウンロードできます。 

 

コメント

あわじ花へんろ 第二十二番 「花の札所」 ウェルネスパーク五色

2010-12-20 19:14:33 | 淡路島名所めぐり

阿久 悠さんの 「愛と希望の鐘」

ロープをひくと鐘が鳴ります。

すぐそばの池には羽のきれいな鳥がいました。

こんなにして眠るんですね。

セルフタイマーで撮影をしました。

しずかな散歩道。

播磨灘に沈む夕日。

愛の椅子

ログハウスもあって宿泊できます。

 

 

淡路島・淡路市・洲本市
南あわじ市の家庭教師なら
淡路教育サービス有限会社
TEL0799(62)3695
フリーダイアル0120(62)3695
携帯からも掛けられます。
tanaka3@wind.sannet.ne.jp
HP:http://www.awaji-kyouiku.jp/
担当田中恵子
田中携帯090-9698-9479

淡路教育サービス有限会社ホームページトップへ
HP:http://www.awaji-kyouiku.jp/  


森先生のかてきょ通信9月号 PDF形式でダウンロードできます。ダウンロードについての注意点はこちらでご覧ください。 ←こちらのボタンをクリックしてダウンロードできます。 

 

コメント

「空海の真言観」 静慈圓   『大法輪』 10月号

2010-12-19 16:14:31 | 空海入唐の道

『大法輪』10月号で

静慈圓先生が真言について書いておられます。

「空海入唐の道」をたどる中国旅行に

参加しているオバちゃんたちは、

バスの中や参詣するお寺で

静先生のお話をお聞きするのを

楽しみにしています。

難しいとおもわれる「密教」を

わかりやすく教えていただけるからです。

 

オバちゃんが理解できる範囲の言葉を見つけました。

   三密行における真言

 空海の修行は独自なものである。

 一般に禅宗の修行は、坐禅をすることである。これを

「只管打坐」(しかんたざ)という。ひたすら坐禅をすること、

全身心(ぜんしんじん)をあげて坐りぬくこと以外に、仏法

の体得はないとする。

 浄土門は、一心に南無阿弥陀仏をとなえること。阿弥陀仏

への信心の深さを問うている。

 密教は、空海の独自な修行方法によっている。それを

「三密行」(さんみつぎょう)という。空海の『即身成仏義』

に説くところである。三密とは、「身密」「語密」「心密」の

三つをいう。衆生側、仏側ともに、この三密を問題とする。

    成仏と真言

 衆生は迷いの世界で、いろいろな苦しみを受けている。

この迷える世界から逃れるには、「心の目」を開かねば

ならない。そのためには修行が必要である。密教の

「三密行」がそれである。

 修行は、ただ頭の中で理解するのではなく、真実なる

言葉を唱え、全身全霊を捧げて、仏との合一を求めねば

ならない。これが密教の宗教的体験である。

 この成仏の体験なくして、真言の言葉を口にしたところで

、その真実相を理解することは難しい。神秘の宗教体験の

中で、宇宙の神秘を開示する真言を唱え、心の眼が開ける

のである。

 

 

淡路島・淡路市・洲本市
南あわじ市の家庭教師なら
淡路教育サービス有限会社
TEL0799(62)3695
フリーダイアル0120(62)3695
携帯からも掛けられます。
tanaka3@wind.sannet.ne.jp
HP:http://www.awaji-kyouiku.jp/
担当田中恵子
田中携帯090-9698-9479

淡路教育サービス有限会社ホームページトップへ
HP:http://www.awaji-kyouiku.jp/  


森先生のかてきょ通信9月号 PDF形式でダウンロードできます。ダウンロードについての注意点はこちらでご覧ください。 ←こちらのボタンをクリックしてダウンロードできます。 



 

コメント

中国旅行 巡礼の旅 古都コース 第二十一番 静安寺参詣

2010-12-14 05:35:14 | 空海ロード 古都コース

空海ロード2400キロ 第二十一番 

静安寺  上海南京西路

 

『空海入唐の旅』 現代中国に甦る巡礼道を行く

静 慈圓 著
朱鷺書房

http://www.tokishobo.co.jp/detail/186-7.html

 

   静安寺    241ページ

 持松法師の晩年に文化大革命(一九六六~一九七六)が起こった。

宗教迫害は悲惨なものであった。解放初期には十万あった仏教寺院が

文革後には三万に激減したといわれる。上海では十数箇所あった寺の

ほとんどが破壊された。僧侶は強制的に還俗させられて工場労働者と

なった。宗教活動は停止させられてしまった。この文化大革命も終わり、

共産主義中国における宗教は、政府の宗教局によって宗教保護政策

が実施されていった。

 上海では、玉仏寺、龍華寺、静安寺、慈修庵などが保護のもとに再建

され始めた。静安寺は急速に再建され、上海市の中心にありながら、

寺の敷地は大きく広げられ、門前には地下鉄の「静安寺駅」ができている。

この寺の復興は、木造を多く使用し、中国では特異な本格的な寺院建築

といえる。その一部に密教道場が完成している。上海に中国の密教道場

ができたのである。上海に中国の密教道場ができたのである。現住職の

慧明住職はまさに東奔西走して復興に懸命の努力をしている。

近代的なビルの立ち並ぶ中に立派な伽藍がそびえています。

まだまだ増築中です。

 

早朝から中国の人の参詣が絶えません。

銀製の大仏

黄金の鼎

香木製の大観音像

タイ王から送られたお舎利を収めた黄金仏

頭の飾りをはずすと・・・・・。

中からお舎利(お釈迦様の舎利)が・・・。

みんな感動して拝みました。

オバちゃんは、

『空海入唐の旅』 現代中国に甦る巡礼道を行く

の御本に出会って

赤岸鎮の

第一番 空海大師紀念堂 から

空海ロード 巡礼の旅を始めました。

高野山大学の通信講座で

毎年1教科を受講して、

教科書の中で「お大師さん」の勉強はしていたのですが

「お大師さん」の体験をしたい!!という望みを持って

旅に参加しました。

バスや、現地での

静慈圓先生のお話で

本の中の活字が生きた体験と結びつきました。

また、団員の方々のお話を聞いて

「お大師さん」の様々な姿を体験できました。

次回の旅は小学6年生の孫と一緒の参詣の旅になります。

無事に成満できますように願っています。

 

淡路島・淡路市・洲本市
南あわじ市の家庭教師なら
淡路教育サービス有限会社
TEL0799(62)3695
フリーダイアル0120(62)3695
携帯からも掛けられます。
tanaka3@wind.sannet.ne.jp
HP:http://www.awaji-kyouiku.jp/
担当田中恵子
田中携帯090-9698-9479
  

森先生のかてきょ通信9月号 PDF形式でダウンロードできます。ダウンロードについての注意点はこちらでご覧ください。 ←こちらのボタンをクリックしてダウンロードできます。 

 

 

 

コメント

中国旅行 巡礼の旅 古都コース 上海 皇府大酒楼   お別れパーティ

2010-12-13 21:11:28 | 空海入唐の道

西安から飛行機で上海へ着きました。

青龍寺の参詣をして満足感に浸っていました。

上海万博の会場を見ながらホテルに着きました。

市内の皇府大酒楼で上海海鮮中華を食べながら

さよならパーティです。

静慈圓先生のあいさつです。

通訳の許さん、添乗員の道上さんにお礼です。

たくさんの人数でご苦労様でした。

団長の三宅さん。

人数の点検、飛行場での面倒など

ご苦労様でした。

静慈圓先生の奥様の櫻子さん。

いつも旅行の後DVDを編集してくださいます。

天光軒満月師匠 「空海」を熱唱!!

旅行中に親しくなった団員さんどうし話がはずみます。

前菜

前菜 きゅーり

前菜

前菜

 

前菜

前菜 かぼちゃとゆりね

前菜 ひつじのベーコン

エビ

上海がにのみそを使ったマーボー豆腐

けい魚の甘酢から揚げ

ソーセージとセロリの炒め物

にんにくの芽の炒め物

カルビの炒め物

青菜の炒め物

まんとう

チャーハン

デザート 

 

明日は上海の静安寺の参詣です。

 

淡路島・淡路市・洲本市
南あわじ市の家庭教師なら
淡路教育サービス有限会社
TEL0799(62)3695
フリーダイアル0120(62)3695
携帯からも掛けられます。
tanaka3@wind.sannet.ne.jp
HP:http://www.awaji-kyouiku.jp/
担当田中恵子
田中携帯090-9698-9479
  

森先生のかてきょ通信9月号 PDF形式でダウンロードできます。ダウンロードについての注意点はこちらでご覧ください。 ←こちらのボタンをクリックしてダウンロードできます。 

コメント

中国旅行 古都コース 西安 大興善寺 精進料理

2010-12-08 10:13:02 | 空海ロード 中国の食事

西安 大興善寺で参詣の後

ご住職から

精進料理の御接待をうけました。

繊細な料理で日本の京料理を思い出しました。

オバちゃんの席は中国から来られた

弘法大師信者の方と一緒でした。

オバちゃんは

一路平安(旅行中気をつけて)という言葉を書きました。

中国の方に伝わりましたが、

もっと話せたらいいのに。と、残念でした。

お茶も用意されています。

前菜

れんこん

とうふ

 

ごまだんご

この部分も食べられます。

 心のこもったお料理とサービスに

感激しました。

ごちそうさまでした。

 

淡路島・淡路市・洲本市
南あわじ市の家庭教師なら
淡路教育サービス有限会社
TEL0799(62)3695
フリーダイアル0120(62)3695
携帯からも掛けられます。
tanaka3@wind.sannet.ne.jp
HP:http://www.awaji-kyouiku.jp/
担当田中恵子
田中携帯090-9698-9479
  

森先生のかてきょ通信9月号 PDF形式でダウンロードできます。ダウンロードについての注意点はこちらでご覧ください。 ←こちらのボタンをクリックしてダウンロードできます。  

 

 

コメント

中国旅行 巡礼の旅 古都コース 西安 大興善寺

2010-12-08 10:11:55 | 空海ロード 古都コース

『空海入唐の旅』 現代中国に甦る巡礼道を行く

静 慈圓 著
朱鷺書房

http://www.tokishobo.co.jp/detail/186-7.html

 

   大興善寺    225ページ

 創建は蜀の泰始二年(二六六)と伝えられ、「尊善寺」と呼ばれた。

文帝は開皇元年(五八二)に隋を興し、長安に大興城を建設して首都

とした。その翌年、靖善坊にある尊善寺を、大興城と靖善坊の名前に

ちなんで「大興善寺」とあらため、全国の寺を統領する寺院とした。

寺域は一坊全部を占め、僧三百名が住み、仏門の淵叢となる。

天宝十四年(七五五)、安禄山の乱が起きる。そのために不空三蔵

は翌年五月、勅をうけて大興善寺に止住して壇を築き、帝の除災祈願

を行う。安禄山の乱が終息した広徳元年(七六三)には五台山に金閣

寺を建立し密教道場を造営。そして五台山の文殊信仰を世に広く吹鼓

し、大興善寺にも「文殊閣」を置いた。三蔵は大興善寺を舞台に、中国

に密教の根を完全に下ろして、大暦九年(七七四)六月十五日に円寂

する。その九月、代宗は舎利塔を建立して冥福を祈る。建中二年(七

八一)には徳宗が碑を建てて賛嘆した。

 会昌五年(八四五)の廃仏に滅びるが、まもなく再興する。清の順治

十八年(一六六一)に修復されて「興善寺」と称する。現在の建物の

多くはこのころのものである。大雄宝殿の毘廬遮那如来など、すべて

の仏像は一九八〇年以後の新造立。唐代唯一の遺跡は法輪閣の

礎石のみである。礎石は石垣に囲まれ、牡丹が植えられていて

長安の春がしのばれる。

一九八四年には僧侶がおらず、陜西省仏教協会の許力功会長が管理

する公園であった。

 ところがである、ここ二十年の間に、いや、最近十年といった方がよいが

中国仏教は飛躍的に復興している。初めは中国南部から復興活動は始

まった。中国の国外で活躍している華僑が、自分の先祖を中国本土で

祭りたいとする行動より始まったといえる。つまり華僑の経済力が中国

に入ったのである。 しかしながら、順次中国全土における中国経済の

底辺の向上と、急激なる仏教信者の衝撃的な増加と寄付によって、寺院

経済が復活してきた。仏教寺院は建築ラッシュとなった。

 大興善寺もその一つである。その復興ぶりは筆舌に尽くし難い。

 一角には密教の道場も復興している。

 バスが狭い門を入りました。

このお寺は病院と食事接待所を経営しています。

占いをしている?楽しそうです。


空海の像が待っていてくださいました。

記念撮影です。

 

広い伽藍ですがまだまだ建物を増築中です。

おいしいお茶をいただきました。

 

淡路島・淡路市・洲本市
南あわじ市の家庭教師なら
淡路教育サービス有限会社
TEL0799(62)3695
フリーダイアル0120(62)3695
携帯からも掛けられます。
tanaka3@wind.sannet.ne.jp
HP:http://www.awaji-kyouiku.jp/
担当田中恵子
田中携帯090-9698-9479
  

森先生のかてきょ通信9月号 PDF形式でダウンロードできます。ダウンロードについての注意点はこちらでご覧ください。 ←こちらのボタンをクリックしてダウンロードできます。 

 

コメント