小野寺眞夫の言いたい放題

所長、小野寺眞夫の思った事を綴っています。

言いたい放題ー親父超え

2018-08-17 13:44:16 | Weblog
男は「漢」として父親は目標でも有りライバルだ。どうしても親父を超えたいと言う願望は
誰でももっている。
いよいよ、当事務所の後継者と目されている子供(副所長の崇志)にもその時が近づいてきたようだ。
と言うのも、お盆休み前に、事務所の職員さんから長年放置されていた「ダルマ」の目入れ式をしないか
と申し入れがあった。両目を入れるとのことなので「初代の私は小野寺会計事務所の基盤を曲がりなりにも
作った。これはこれで完成なので、今後は二代目は私たちが立派に支えます」との職員さんからの
メッセージと私は受け取った。職員さんから子供を支えると約束を得たことは、私とすれば胸をなで下ろす
思いだ。後を託された子供はたぶん私を目標に「親父超え」を目指すことのなるのだろう?
私自身どうかというと、いまだに親父超えは出来ていない。と言うか親父超えは諦めたと言って良いだろう。
私の父「小野寺捨夫」は、満州で敏腕の商社マンでならし、終戦時大連で3階建てのビルを所有していた。
新発田に引き上げてくるとき、その地下を掘って、金、ダイヤモンド、小野寺家代々の名刀備前長船を埋めて
全財産を放棄して裸一貫で私のお袋と祖父の3人で小野寺家のある新発田に帰郷した。
そして、新発田で事業を興し会社4社を経営し、新発田の有数の経営者の一人に数えられるようになった。
親父の素晴らしいのは「決断」と「実行力」そして「胆力」だ。
輸出産業から包装資材の製造と販売への会社根幹の転換並びに人の解雇と言う決断と実行力。労働組合との徹夜の団体交渉
で一歩も退かない胆力。どれをとっても私は敵わない。
幸い、私は親父の道とは違う税理士の道に入ったので、あまり重圧は感じなかったし、むしろ私の事務所経営に関しての
良き相談相手だった。
崇志君、これからお客様が減る縮小の時代に入る中後を託すのは心苦しいが、職員さん全員が貴君を支えると約束をして
くれたので、職員さんを信頼し、自分のカラーを出して事務所経営をして欲しい。
自分のカラー、特徴を出せば「親父超え」は簡単にできるさ。
あせらず頑張れ。

言いたい放題ー夢散る

2018-07-24 16:06:07 | Weblog
今日(7月24日)、夏の高校野球新潟県大会決勝で、我が母校新発田高校が中越高校に10対1で敗れた。
「私が生きている間に新発田高校が甲子園に出場」の夢は無残にも散ってしまった。
今でも鮮明に記憶に残っている。真夏の青い空、外野まで埋まった熱気あふれる超満員の新発田市営野球場。今から53年前の昭和40年
7月、夏の甲子園北越大会決勝、甲子園出場をかけて新発田高校は富山県代表の氷見高校と戦った。(あの当時は1県1校の出場では無かった)
私は、高校3年生で受験勉強の追い込みで新潟大学で開催されていた夏期セミナーに出席していたが、居ても立ってもいられず途中でサボって
応援に行った。その前日の準決勝戦で同じ富山県の滑川高校に、9対2で勝利していて否が応でも甲子園出場の期待が新発田市民の間で高まっていた。
ところが、ピッチャーの淡路君が決勝の前の晩、監督の大西先生(あだ名タマネギ)に電話して肩が痛くなったと相談があったようだ。
決勝当日強行登板したが、5回の表まで1対0だったが、肩の疲れが出たのかその後10点取られ、11対1で敗れた。
今回も、ピッチヤーの当摩君が肩痛で不調だったし、点数の取られ方も似ていた。
しかし、私立高校が強い中、決勝まで勝ち続けたことは賞賛に値する。よく頑張ってくれたし、甲子園に行けるかなとの夢も見させていただいた。
高らかに新発田高校の凱歌を歌って労をねぎらってほしい。
53年前同じように頑張ってくれた、18歳当時のメンバーの顔が浮かぶ。
投手淡路、捕手古山、一塁兼田、二塁北上、三塁石井、遊撃大沼、左翼本間、中堅天城、右翼菊池
彼らは今どうしているだろうか?元気だろうか?
尚、3塁手の石井修氏は、現在県会議員として活躍中だ。

言いたい放題ー西野采配

2018-06-30 10:25:44 | Weblog
ワールドカップロシア大会に、世界中が熱中しているが、
日本対ポーランド戦での後半戦ラスト10分の日本のボール回しの時間かせぎ
が、賛否両論巻き起こっている。
監督の最大の責任は結果を出すことだ。その点私は、西野監督の采配に賛成で、
第1次予選突破のためには、スポーツマンシップより、結果を重視した。
その結果が第1次予選突破に成功し、金銭面では決勝トーナメント
進出チームには、最低1,200万ドル(13億1911万円)支給されるがそれをゲットした。
名誉より実を採ったということだ。
それに関連して、昨日の、新発田商工会議所の議員総会後の懇親会で、二階堂市長が
挨拶の中で西野采配に触れ、戊辰戦争時の新発田藩の奥羽列藩同盟を離脱
し、官軍側についた家老溝口半兵衛の決断と西野監督の決断が似ていると話していた。
新発田藩が官軍側についたことで、新発田藩領内は戦火に遭わず、藩士や領民に被害は全く無かったが、
裏切り者との汚名は残り、会津や長岡からは恨まれ「新発田には嫁にやれない」と、ずっと恨みは残った。
つまり、両者の共通点は将来を見越した決断の良さということだろう。
西野朗監督は、スポーツマンシップの欠落という汚名を浴びているが、日本国民に念願だった
決勝ラウンド進出という夢をかなえてくれた。
また、溝口半兵衛は裏切り者という汚名は着たが、新発田藩の人々を戦火から守ったという
素晴らしい結果を領民に与えた。指導者の決断次第では「天国」になったり「地獄」になったする。
私は、日頃経営者の皆様に、必ず1回は会社の命運を左右する決断をする時が来るので、様々な情報を
仕入れ、その時に備えておいてくださいと申し上げています。
経営者の仕事は「決断」です。



言いたい放題ー新潟県民の良識

2018-06-11 10:17:07 | Weblog
いやーよかった。
昨日の、県知事選挙結果を見て心底安堵した。
花角候補が、野党連合支援の池田候補を3万7千票差で勝利した。
僅差の戦いとずっと言われていたが、候補者の質を見るとそんなに僅差になる
はずは無いのだが・・・・・
花角英世氏は、東京大学法学部卒業後、国土交通省入省、新潟県副知事、海上保安庁
次長を歴任し、行政経験は豊富だし、相手候補の池田氏は柏崎市会議員を経て新潟県会議員1期も
やっていない。比較すれば差ははっきりしている。
こんな僅差の原因を作ったのは、中央政界のゴタゴタだ。
野党党首は応援演説で、新潟県政に関係の無い「モリ・カケ」問題をお持ちだし、安倍内閣を追求する
ばかりだった。今回の選挙結果は、新潟県を本当によくしたいという、新潟県民の良識が花角候補を勝たせた
と思う。
今までの、新潟県知事は麻生財務大臣に嫌われていて、米山前知事に至っては沖縄の翁長知事と二人だけ
財務大臣との面会がかなっていないと聞いている。
これでは、新潟県は良くならない。
これからは、そのような障害がとれたので、本当に新潟県をよくする施策をどんどん実行してもらいたい。
実を言うと、前回の新潟知事選挙の終盤、投票日の3日前に石井県議、1日前には二階堂市長から
悲痛な声で「森候補」が危ない、もう一度声かけをしてほしいとの連絡があったが、今回はそれが無かったので
内心安心はしていたのだが、でもハラハラドキドキの選挙戦だった。
まずは良かった。

言いたい放題ーセクハラ

2018-04-28 13:27:21 | Weblog
最近「セクハラ」という言葉が氾濫している。
何か自由にものが言えない嫌な時代になったものだ。
これから書くのは、私の実に個人的な感覚です。
私は、正直「わい談」が大好きです。今まで、様々な宴席に出ていたり、
たまにスナックも行きますが、コンパニオンのお嬢様やスナックのママさん
と下ネタで、会話することが多い。セクハラと思われる言葉を飲み込んで、
その道のプロとして見事に切り返してくれ、楽しいムードで会話が続きます。
その様な場所で、畏まって政治経済や税法の話をするのは無粋というものだ。
ところで、財務省の福田淳一前事務次官がテレビ朝日の女性記者と、一対一の食事
をした時に、発した言葉が「セクハラ」にあたると言うことで辞任したが、その女性記者
何のために食事をしたかというと、「情報収集」の為でなかったのか?
情報収集のプロとして、福田事務次官のそれらの言葉を飲み込んで、切り返せなかっのだろうか?
だとしたら、その女性記者は「情報収集」のプロとして失格だ。
マスコミ各社は、情報収集のために様々な手練手管を使うようで、例えば「若手の女性記者にたいし
先輩が、おじさまのところに取材する時は、ピップラインがわかる足にぴったりつくスラックスを履け」
とか。そうしたら、食事の時、卑猥な言葉を男性が発したと言うことは、気分が良い証拠で、逆に情報収集
のチャンスでなかったのか?福田事務次官が、単語だけとらえるのではなく、会話全体を見てくれという言葉が
わかるような気がする。
単語だけ切り取られ、攻撃される。自由にものが言えない中国や北朝鮮と同じになった気分だ。
女性のブラジャー背中をパッチンとやっても怒られなかったおおらかな時代が懐かしい。
私は、卑猥な言葉をウイットに富んだ言葉で切り返し、それでいて知的な会話が楽しめる、そんな
女性が好きだなー。
 

言いたい放題ー健康経営

2018-04-13 10:13:50 | Weblog
ご無沙汰しておりました。私は、確定申告期間中に、不覚にもインフルエンザに
罹患し、職員の皆様に迷惑をかけました。健康の大切さを改めて思い知りました。
さて「健康経営」と言うと、企業の財務体質を健康状態になぞらえて採点をつける
イメージですが、それとは違い、現在言われ始めている「健康経営」とは「従業員の
健康の維持・増進が企業の生産性や収益性の向上につながると言う考え方に立って、
経営的な視点から、従業員の健康管理を戦略的に実践すること」とあります。
私の関与先様から、よく従業員を募集しても集まらない、来ても年取った方ばかりだ
とか、今いる従業員さんも、50代以上ばかりだとの声を聞きます。
私は、逆転の発想でこれからは高齢者の雇用も良いのではと思います。
現在の体力年齢は、60年前の9掛けと思って良いので、65歳であれば58.5歳で
65歳まで6.5年働けるとみて、実年齢71.5歳まで働けることになります。
そうすると、高齢者雇用が多くなると言うことは、健康管理を個々に任せるのではなく、
企業で従業員の健康管理をすることは、企業及び従業員どちらにもメリットがあるように思えます。
今後の、人手不足の解消は高齢者雇用が鍵を握ると見ていますが・・・・・
ところで、最近の官僚の不祥事を見ていると、安倍首相は健康経営、特に心の健康管理
に失敗したのではと思いたくなります。
ただ、森友学園や加計学園問題は、安倍首相の初期対応の失敗がこの様な混乱を招いていて、
最初から全面否認するのではなく、事態を冷静に分析し応対した方がまだましだったと思います。
冷静に考えれば、森友学園「8億円値引き」は官僚のミス隠しが根本原因で、安倍首相や
奥さんは関係無いし、加計学園問題も愛媛県や今治市が2007年から15回にわたり構造改革特区
を利用した獣医学部新設を求めたが跳ね返され、漸く国家戦略特区諮問会議の議を経て、今治市の
募集で1校が名乗りを上げた、それが加計学園なので、丁寧に説明すれば国民の理解が得られた
のではないか?
今後の外交、対北朝鮮、韓国、中国、ロシア重要会談が目白押しなので、安倍首相の手腕が期待される
のだが、もし安倍首相が辞めたら日本の国益を著しく損なうことになるだろう。
国民の皆様も、そのあたりを忖度して欲しいのだが・・・・・・・

言いたい放題ー「そだねー」

2018-02-28 10:36:18 | Weblog
「そだねー」方言丸出しのイントネーションが、日本中いや世界中の人々の心に癒しを与えたのではないか?
言わずと知れた、ピョンチャン五輪で、カーリング日本代表の娘さん4人が発した言葉なのだが、北海道の
片田舎の純粋無垢(に見える)の女性だから、インパクトがあったのかも知れない。
私も、何とか彼女達にメダルを取って貰いたいものだと応援していた。
特に、3位決定戦のイギリスのスキッパーが投げた最後の一投にはしびれた。日本の黄色のストーンが、
真ん中に残った時は、心底万歳をした。
ところで、「そだねー」の心を癒す言葉通りに行くかどうか問われているのが、今回、五輪にあわせて金正恩が
仕掛けてきた、所謂「微笑み」外交だ。
1991年にソ連が崩壊し、世界の冷戦構造が終結したはずだったのが、極東だけは「中国」「北朝鮮」の共産国家が
残り、まだ冷戦状態のままだ。
今回、朝鮮半島統一に向けての第一歩とみられて、果たして冷戦構造に風穴があくか興味のあるところだ。
しかし、事はそう単純でないことも事実だ。
韓国の文政権は、文大統領を筆頭に政権幹部は左派で親北政権で、朝鮮半島統一も北朝鮮主導の
連邦制をもくろんでいるようだが、70年間自由主義を謳歌している韓国民が、すんなり独裁政権を受け入れるか
はなはだ疑問だ。どちらかの政権が崩壊しない限り統一は無理なような気がする。
まだまだ、先の見えない茨の道は続く。
それにしても、今更ながら、日本は分断されなくて良かったと、心底思っている。

言いたい放題ーガバナンスの問題

2018-01-06 14:36:56 | Weblog
新年あけましておめでとうございます。
今年も駄文ではありますが、お付き合いのほどよろしくお願いいたします。
何か精神的余裕がなく、約2ヶ月強ご無沙汰してしまいました。
年が明けたこともあり、気持ちを奮い立たせて書かせていただきます。
昨年(平成29年)11月の九州場所の前後から連日マスコミが取り上げ、いい加減ウンザリしていたが、
平成30年1月4日、その日馬富士暴行事件がやっと決着をした。内容は、日馬富士
に罰金50万円。貴乃花親方は理事解任そして2階級降格というものだ。
ところが、この処分をした池坊評議員会議長と日本相撲協会の八角理事長に対し
避難が集中しているそうだ。
被害者の親方が何故罰せられるのかと言うことのようだ。
しかし、よく考えて欲しいのは、日本相撲協会は「公益財団法人」で「公益」と
つくからには、真っ先にガバナンス(法律の下、企業管理や統治)が問われる法人なのだ。
貴乃花親方は、理事の一人だが、理事の義務の一つとして、一般社団法人及び一般財団に関する法律
の83条に「忠実義務」があり、「理事は法令及び定款を遵守し、一般財団法人のために忠実にその
職務を行わなければならない」とある。
ところが、貴乃花親方は秋巡業中の昨年10月に事件が起きた際、協会で3番目の重職である巡業部長
であるにもかかわらず、相撲協会に報告を怠り、危機管理委員会の調査協力を再三拒否し、さらに
八角理事長の電話にも応じなかったとある。これはまさに理事の「忠実義務違反」に他ならない。
そして、評議員会は、理事の選任及び解任の権限を持つが、理事解任事由の一つとして「職務上の義務に違反し、
又は職務を怠ったとき」とある。従って、評議員会が執った措置は適法なものと私は判断する。
世間の風に惑わされず、法律に則って厳正に処理をした日本相撲協会に、賞賛を送りたい。
ただ、心配なのは、被害者の貴乃岩だ。稽古も満足に出来ず生殺しの状態だ。
貴乃花親方の責任は重い。

言いたい放題ー新潟ショック

2017-10-24 14:18:16 | Weblog
10月22日、衆議院選挙の投開票が行われ、自民、公明の与党が大勝した。
しかし、新潟県は別で6選挙区中、与党自民党が2議席その他野党が4議席獲得と
与党が敗れ、しかも夫に不倫された新潟4区の金子恵美候補は敗れ、自分が不倫をした
愛知7区の山尾志桜理候補が勝利するという皮肉なおまけまでついた。
これで、新潟県は、昨年の参議院選挙、県知事選挙と自民、公明の与党が3連敗した。
今回の、衆議院選挙の中盤まで自民党が6選挙区全部劣勢の状況で、東京の自民党本部から
6選挙区全部落としたら、もう新潟県は応援しないと脅されていたようだ。
何故、新潟県民は現実を見ようとしないのだろうか?
新潟県のことを思ったら、自分の生活を良くしようと思ったら、与党が議席を得た方が
国からのお金が入りやすいのに。
国は地方に交付金や補助金などの形でお金を出している。
例えば自治体の外郭団体が中小企業、産業対策.を行っており国から自治体の外郭団体に
直接お金が流れているがその交渉や、高速道路予算を獲得するのにも与党の議員を使った方が
スムーズに交渉が出来るし、その結果地元にお金が落ちやすいと思うのだが。
野党が議席をとると言うことは、その流れを制限することにもなりかねないと言うことだ。
結果、新潟県の国にからお金が入る金額は全国で沖縄に次いで下から2番目だそうだ。
まるで新潟県民は自分で自分の首を絞めているようにしか思われない。
目を覚まして欲しいのだが・・・・・・・
新潟ショックの極めつきは、今回新潟3区の斉藤洋明候補わずか50票差で落選したことだ。
「税理士による斉藤洋明後援会」の会長として、斉藤候補の小選挙区奪取の願望に添えなかったことに
自責の念を覚えている。
次回は、キチット結果を残したいものだ。


言いたい放題ー北朝鮮制裁決議の真意

2017-09-16 10:35:20 | Weblog
9月15日早朝、私のスマートホンと女房の携帯電話が、凄まじい音響で
アラームが鳴り出し飛び起きた。また、北朝鮮のロケット発射だなとすぐ思ったが、
14日、15日の2日間TKC栃木秋期大学に事務所ほぼ全員で参加し14日の懇親会では、
関東信越6県の税理士先生と久しぶりにお会いした懐かしさから、お酒をしこたま飲んで、
風呂も入らずぐっすり寝込んでしまった。安眠を妨害され、NHKの連続テレビ小説
「ひよっこ」を見損なった恨みは大きい。 
今回のロケット発射は、12日朝国連安全保障理事会で決議された北朝鮮制裁決議に
反応したものだろう。
ただ、これは9回目の制裁決議になるが、当初案より大幅に修正されたものになった。
石油の全面禁輸など、北朝鮮の息の根を止めない決議と言うことだ。この真意は、武力行使
をしないで、また金正恩が暴発をしないよう除々に圧力をかけ締め上げ、金正恩に北朝鮮の統治を諦めさせる
方針ではないかと思う。
その証拠として、当初予定されていた、金正恩委員長の海外資産凍結、渡航禁止、高麗航空
及び朝鮮人民軍の資産凍結を全て取り止めた。当初私は何故と疑問に思ったが、長谷川慶太郎氏に
よると、金正恩委員長に亡命を促しているのだと・・・・莫大な海外資産で楽に豊かに暮らしませんかとね。
つまり、逃げ道を残しているのだということだ。
今回の、制裁決議には五大国の意思統一があり、北朝鮮包囲網は曲がりなりにも完成したということで
今後は、北朝鮮の孤立化がますます進み、北朝鮮が国家として生き残る道は、金正恩体制の放棄しかない。
その事が、ソフトランディング出来る唯一の道で全世界が願っていることなのだが・・・・・・・