現代の虚無僧一路の日記

現代の世を虚無僧で生きる一路の日記。歴史、社会、時事問題を考える

大同年間に何があったのか

2020-03-12 18:02:09 | 虚無僧日記

平安時代の初め「大同」という年号がある。西暦806~810年。
平安宮(京都)遷都を行った桓武天皇の後「平城天皇」と「嵯峨天皇」の御世。
この「大同年間に創建された」と伝える寺が東北の各地にある。また、東日本大地震で明らかになったが、「大同年間」に大地震や噴火があったとする伝承が各地にある。

那須連峰の茶臼岳、尾瀬ケ原の燵ガ岳、蔵王の刈田岳、そして会津磐梯山の噴火。そして、それを鎮めるために建てられたという「恵日寺」『勝常寺」他、茨城県の雨引千勝神社、早池峰神社、赤城神社、いわき市の湯の嶽観音、富士宮市の富士浅間神社、京都の清水寺、奈良の長谷寺。香川県の善通寺をはじめとする四国遍路八十八ヵ所の1割以上が大同年間の創建と伝えている。

さらに、神楽の起源も大同二年作。それだけではない。秋田県の阿仁銀山、高根金山、吹屋銀山をはじめとする各地の鉱山の開坑も、大同年間。
兵庫県・生野銀山の正式記録は「天文十一年(1542)開坑」となっているが、
伝承では大同二年である。

おまけに八溝山や森吉山などの鬼退治伝説。加えて、肘折温泉ほか、温泉にまつわる伝承も「大同年間」というのが多い。

ところが、大同年間に、火山の噴火や津波、旱魃など天変地異があったとする証拠は見つかっていないたのだ。それなのになぜ「大同年間」なのか。


大同年間とは「平城天皇」の世である。桓武天皇崩御の後即位したのは「平城天皇」。その名前が意味するごとく、794年、桓武天皇によって都は奈良(平城宮)から京都(平安宮)に遷都されたばかりなのに、その子である
「平城」は、奈良へ都を戻すことを画策した。これは、臣下の反対にあって、在位わずか3年で弟の「嵯峨天皇」に位を譲ることとなる。

また、坂上田村麻呂の“蝦夷征伐”が終わったのも大同の直前だった。そして、弘法大師空海が、唐から帰国したのが大同元年なのである。

まさに、大同年間は、坂上田村麻呂によって、東北まで朝廷の威光が拡大した年であり、平城天皇は全国に観察使を派遣し、地方情勢を調べさせたり。全国に「鹿島・香取」などの軍神を祭る神社を建てている。
福島県の中央には「田村郡」があり、また阿仁銀山の開坑なども、田村麻呂の功績となっている。

加えて、弘法大師空海を迎えて、京都に清水寺を創建し、真言密教の加持祈祷力を利用して、病弱だった「平城天皇」は 全国の寺社に自分の健康祈願の祈祷をさせたのだった。

ところで、空海が帰朝したのは「大同元年(806)」と言われるがはっきりしない。帰朝したばかりの空海の真言密教が即、都で迎え入れられたとは考えられない。空海が重用されるのは次代の「嵯峨天皇」によってである。

であるから、全国各地の「大同伝説」は、はるか後世の人々が、空海と大同年間を結びつけて、作り上げ、広めていったものと考えられる。その役回りを担ったのが、山岳信仰と密教を集合させた「山伏」であった。磐梯山も湯殿山も、富士山もみな「山伏による山岳信仰」によって支えられてきたのである。


コメント (6)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 広田弘毅の万歳 | トップ | 「恵日寺縁起」 »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
古事記派 (名古屋特殊鋼)
2016-08-26 23:17:31
 つまり摂家理論が台頭し出雲大社より伊勢神宮がもてはやされていた時代の開始時期だな。
絶対特殊鋼 (グレーター名古屋)
2016-09-18 00:02:22
1.
青き花咲(はなさ)く大地
気高(けだか)きわが故郷よ
響(ひび)け 歓喜(かんき)の歌
神の加護(かご)は われらとともにあり続けん
ガーレ=ガミロン*1
讃(たた)えよ 祖国の勝利を

2.
気高(けだか)きは勝利の意志
示せ 遍(あまね)く宇宙に
理想 貫(つらぬ)く愛
神の加護(かご)は われらとともにあり続けん
ガーレ=フェゼロン*2
誇りある鋼(はがね)の国家

*1ガーレ=ガミロン:ガミラス萬歳(ばんざい) 「ガミラス」が「ガミロン」となっているのは、格変化(かくへんか)によるものだろう。英語は、格変化が基本的にないが、人称代名詞だと、I my meなどと、主格、所有格、目的格で変化するようなもの。
*2ガーレ=フェゼロン:総統萬歳(そうとうばんざい) 「フェゼロン」は、ドイツ語の「総統」であるFührer(フューラー)に由来(ゆらい)するようだ。
某出雲研究者 (古事記派)
2016-09-18 22:30:54
 まあそうなれば島根県安来市にアあり、古事記にもイザナミの神陵と記されている比婆山なんかを旅したくなりますよね。
伝統と先端技術の融合 (CVTベルト関係者)
2016-10-19 20:06:32
 そうだったのか。だから愛知県は特殊鋼産業が盛んになったのですか。熱田神宮のご利益を大切にします。
悠久の古代出雲 (佐久間)
2016-11-15 18:26:56
 なんとなく分かる。
ナノカーボンでイノベーション (地球環境直球勝負(GIC結晶))
2017-08-15 19:28:19
 現在の機械工学における構造材料の耐久性に対する主な問題点は強度ではなく、摩擦にある。島根大学の客員教授である久保田邦親博士らが境界潤滑(機械工学における摩擦の中心的モード)の原理をついに解明。名称は炭素結晶の競合モデル/CCSCモデル「通称、ナノダイヤモンド理論」は開発合金Xの高面圧摺動特性を説明できるだけでなく、その他の境界潤滑現象にかかわる広い説明が可能な本質的理論で、更なる機械の高性能化に展望が開かれたとする識者もある。幅広い分野に応用でき今後48Vハイブリッドエンジンのコンパクト化(ピストンピンなど)の開発指針となってゆくことも期待されている。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

虚無僧日記」カテゴリの最新記事