平成の虚無僧一路の日記

平成の世を虚無僧で生きる一路の日記


本物の偽物

2007-10-24 06:27:19 | 虚無僧って?
このブログは、「平成の虚無僧 一路」の独り言です。
「虚無僧はいかがわしい」という声に応えるため、
「本物とは何か」をテーマに、あれこれ事例を挙げて
書いています。

ある方のコメントに「虚無僧は本物も偽者もない」と
ありました。その通りです。もともと仏教界には普化宗
など存在しませんし、虚無僧は出家得度を受けた僧では
ありませんので、本物の僧侶ではありません。

では偽者かというと、“僧侶”と勘違いされている方に
とっては偽者でしょう。ところが、仏教に限らず、古今
東西、「乞食(こつじき)をする人に施しをすることは、
慈善、善根を積む、徳積みをすること」という考えがあり、
日本では、四国八十八ヶ寺の巡礼や、山伏、琵琶法師、
高野聖のように、旅をする人も仏に仕える仏徒としてみなし、
施しをする慣わしがありました。虚無僧もそのひとつで
すので、本物の僧侶ではないと弁(わきま)えている人に
とっては、僧侶でないことが本物なのです。

偽ブランド品を本物と騙されて買えば、怒れるでしょうが、
偽物と知って、ブランド品に見える物を安く買えたと思えば、
満足でしょう。“本物の偽物”という表現もありました。
正真正銘の偽物のことだそうです。本物か偽者か、これも
心の持ちよう一つですかな。

平成の虚無僧一路のホームページも見てください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 御福餅が売れ行き好調 | トップ | 赤福 対 御福 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

虚無僧って?」カテゴリの最新記事

トラックバック

乞食遍路と秋の空・・・「しげる」の話 (ハーブスイーツハナウタコウチ)
今日、立ち寄ったスーパーの店頭で、お遍路さんが立って托鉢をしていた。 お遍路さんが手に持っているお椀にお布施をさせていただいて手を合わせた。 すがすがしい気分になる。  お遍路さんは「生き仏」、お遍路さんに施しをすることで、お遍路さんと一緒に八十八カ所...