現代の虚無僧一路の日記

現代の世を虚無僧で生きる一路の日記。歴史、社会、時事問題を考える


『半沢直樹』の監督「福澤 克雄」って?

2020-10-24 16:36:31 | テレビ・映画・芸能人

 

 

『半沢直樹』の大ヒットで、にわかに注目されだしたのが監督の「福澤 克雄」氏。1964年生まれ。56歳。

「福沢」という名前から 想像付くが、なんと福澤諭吉の玄孫という。諭吉の次男「福澤捨次郎」の子「時太郎」の娘和子」が母親になる。両親が離婚したため、母方の「福沢」姓を名乗ったとか。

(私の尺八の師「堀井小次郎」は「捨次郎」の妾腹の子だから、福沢家の系図には載っていない)


さて「福沢克雄」氏。幼稚舎から大学まで慶應。学生時代はラクビー一筋、日本代表にも選ばれたほど。


身長が190cm、体重が100kg、と超大柄!あだ名が「ジャイアン」をもじって「ジャイ」。なんじゃい。

福沢諭吉も身長180cm。幕末の日本人としては超大柄で、欧米人と面談しても体格で ひけをとらなかった。堀井小次郎師も身長170cm以上ありました。



その福沢克維は、大学卒業後、富士フィルムに入社したが、映画監督になりたくてTBSに中途採用で入社。『3年B組 金八先生』シリーズ、白い影』『砂の器』、『さとうきび畑の唄』、『南極物語』『華麗なる一族』など、数多くのテレビドラマの演出を手掛け、その多くが大ヒットした。「最も視聴率を獲得するディレクター」とも言われているそうな。

さとうきび畑の唄』では文化庁芸術祭大賞を受賞。

映画監督としては『涙そうそう』『私は貝になりたい』。これらのドラマは、私もたいてい観ていました。


「仲居正広」主演の『白い影』『砂の器』、もう感動でした。

そしてまた、「仲居クン」主演の映画版『私は貝になりたい』も観ました。これは「フランキー堺」が演じたもののリメイク。フランキー堺も慶応出。
その息子も慶応で「福沢克雄」とはラクビー仲間だったとのこと。

 





ところで「福沢諭吉」の次男「捨次郎」については、なかなか情報が無かったのですが「克雄」氏の関連で、ネットでいろいろ出てきました。

【福沢捨次郎】



時事新報社長、ジャーナリスト/福澤諭吉二男/
明治16年慶応義塾卒、米国に留学、ボストン大学に入学し土木工学を学び、
21年帰国、山陽鉄道技師となる。
34年、父の没後、時事新報社を継ぎ社長に就任、政治記事の他、
社会面にも力を入れ漫画を取り入れるなど紙面を刷新した。
38年、大阪時事新報社を設立し社長を兼任、「大阪時事新報」を創刊した。

その孫「福澤武」(克雄の母和子の兄)は、「三菱地所」で社長・会長を歴任し、現在も三菱グループの相談役とのこと。

さすが、すごい家系ですな。


コメント   この記事についてブログを書く
« 福沢諭吉の孫、堀井小二朗 | トップ | 歌舞伎に登場する「虚無僧」 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

テレビ・映画・芸能人」カテゴリの最新記事