健康自由メモ(高齢者の健康メモ)

高齢者の健康自由日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

合鴨鍋と治部煮

2009年01月18日 | 1.自由日記・健康雑感

12/1℃
 寒気も去り昨日・今日と風も無く北陸で寒とは思えない気候で拙宅の前の歩道や町内や隣接するの街中は雪は全くない。

  
 昨年12月所沢へ行く前に神戸の長女から昨年同様“合鴨の鍋セット”が送られてきた、このセットは冷凍保存がきくので冷凍保存して上京した。
 今夕は豪華に合鴨の鍋である
合鴨肉は鴨肉に比べると一般に脂身が多く、赤身は癖がなく柔らかいが味はやや薄く烏龍割の焼酎もお代わりし、大変美味しくいただいた。
  
 真鴨の肉を素材とした加賀料理には欠かせない「治部煮」の料理があるが調べてみるとこの『じぶ』は「カモ肉を鍋に張った汁(醤油、たまり、煎り酒などを混ぜる)を付けながら鍋肌で焼き、汁を張った椀に5切れほど盛ってワサビを添えて出す料理」で、カモの鍋焼きのことだった。これとは別に「ガン・カモ・白鳥(昔は白鳥も)などの肉をそぎ切りにし、麦の粉を付けて濃い醤油味の汁で煮、ワサビを添える」だそうだ。
 治部煮の名前の由来は諸説あるそうだが、昭和46年金沢に転勤で来た時、得意先の接待で初めて口にしたが、接待した客の長老は、前田利家が正月に石田三成(従五位下治部少輔)から近江で接待を受けた時鴨料理を出された。 加賀に帰った利家公は料理人に「治部のところでご馳走になった鴨肉の料理が旨かった」と言いご馳走になった同じものを創らせ三成の治部少輔の名をとって治部煮と名づけられたと説明してくれた。 この治部煮の由来説は歴史的にも重みがあり気に入っているのでこの説で人に知ったか振りして説明しているが、ここ数年治部煮を食べたことがないので昨年長女が送ってくれた鴨肉は1年ぶりである。

10606歩
 

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 寒中見舞いはがき | トップ | 奥能登“輪島の禊祭り” »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
へ~ (ととまじり)
2009-01-23 16:35:23
驚いた~治部煮にそんなに深い意味があったなんて考えてもみなかったわ。本当に凄いものしり博士です。とっても参考になりました。
Unknown (ryuji_s1)
2009-02-03 14:39:17
治部煮
金沢のお料理 おいしいです

大好きです

コメントを投稿

1.自由日記・健康雑感」カテゴリの最新記事