ロイヤルモータースとその仲間たち

車と釣、ハイキング、トライアスロン、神戸、三田の歴史や情報を発信します。 

冬道運転のポイントと高齢者運転

2019-01-30 20:00:12 | ドライブを楽しむ
ハイおじさんと同期入社(三菱自動車)の篠塚健次郎君が日刊自動車新聞に「冬道運転のポイントと高齢者運転」のインタビュー記事が掲載されていました。 

参考になればと思い掲載しました。

冬道運転のポイントは4つ

1、路面を読むこと。
  イ、新雪の場合20CM以上積もると下回りがつかえる恐れある。
  ロ、凍結路面は減速すべき地点より手前からブレーキを掛ける。

2、経験が必要
  駆動方式や運転システムの違いがあり経験を積むと余裕ができる。

3、道具は大切
  スタットレスタイヤは減りだけでなく使用年数も大切。 経過年数で硬くなり性能が落ちる。

4、心遣い
  冬は必ず道路側にフロントを向けて駐車する。
  バッテリー上がりや雪に埋もれた場合助けてもらう事を考える。
  また、雪解け時は歩行者に配慮して泥はねが起きないよう配慮する。


高齢者運転について

「自分自身は感覚の変化はそれほど感じないが、若いころに比べれば少し疲れやすくなったと思う。
しかし、最近の風潮である高齢者だから事故を起こすという考え方は違うのではないか。
かつて住んでいたフランスでは運転免許の更新はなく、いつまでも運転できた。 
運転を続けるのも、自信がなくなってやめるのも自由であるべき。
ドライバーの自主性を重んじてほしい。 がんじがらめの規制は賛成できない。」

ハイおじさんも大賛成です。

篠塚健次郎 君についてはここを見て下さい。
  

ジャンル:
ドライブ(お出かけ)
コメント   この記事についてブログを書く
« 新人紹介 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ドライブを楽しむ」カテゴリの最新記事