ロイヤルモータースとその仲間たち

車と釣、ハイキング、トライアスロン、神戸、三田の歴史や情報を発信します。 

農家民宿 「おおつぼ」  その魅力

2018-09-13 18:50:42 | ドライブを楽しむ

左から二人目が「農家民宿 おおつぼ」の奥様。

珠洲トライアスロン大会の常宿。 数年前、エアコンと洋式トイレが無い民宿に泊まり寝られず困ったのでそれがある宿を探して(協会で)「おおつぼ」さんを紹介してもらいました。 
ここのいいところは、1組しか予約を取らない事です。 気兼ねがいりません。
そして「おおつぼ」さんの畑でできたとれとれの新鮮な野菜とご主人が漁に出て取ってきた新鮮や魚介類が食卓に出る事です。
帰りにはサザエを売ってくれていいお土産になります。・・・超安値で・・ただし海が荒れ漁に出れなければダメですが!
海苔も冬に取った岩ノリです。 朝はサザエご飯です。朝とれの刺身も付きます。

ここは朝ドラ(まれ)の舞台になった所で当時、毎朝 禄剛崎灯台が最初に出て「おおつぼ」さんも映っていました。
朝日がきれいで風光明媚なところです。

皆さんも能登半島に来られたら「農家民宿 おおつぼ」さんに泊まることをお勧めです。
電話:0768-86-2559
神戸の齋藤さんから聞きましたと言えばオマケが出るかも?

「農家民宿 おおつぼ」のブログ
覗いて下さい。 奥様が掲載しています。

     
浜に出ると漁港のそばに防風林に囲まれた家が。


「垂水の滝」山から直接海に滝の水が入るのは非常に珍しいそうです。
神戸にも垂水の地名があります。 同じような地形でその下に山陽道があり交通の難所でした。 この滝を見て当時の山陽道が想像されます。
そのため裏六甲が山陽道のう回路になっていました。


『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 第29回トライアスロン珠洲... | トップ | 7月の風水害と2回の台風で看... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ドライブを楽しむ」カテゴリの最新記事