ひだまり

あなたの心に暖かいおひさまの光がさします様に

前に向かって

2018-10-05 18:24:49 | 第六章・螺旋状に上昇する意味


NHKの朝のテレビ小説も終わりました。途中から見始めたのですが、本当に私の心に明るい明日を見つめて生きるという考え方が、新たな新鮮さを感じさせていただきました。

ある日の放送の時ですが、男の子に律(佐藤健)の言ったことが、私の心に深く染み透りました。「友達は、作るものではなく、自然に出来るものだ」という言葉でした。

中学の頃、喧嘩した相手に謝りに行ったとき「あなたは、友達が出来ない人」と言われました。その一言が、私の劣等感となり、ある時期まで私の考え方を、支配してきました。

この番組でのこの一言は、友達が出来ないと思い込んでいた私に平安感へと気持ちを切り替えてくれました。

友達を作る事で、どの様な人と友達になりたいかなど考えもせず、ただ友達さえ出来れば良かった友達作りでした。何か事があると自然に友達関係が、終わって、私は友達の出来ない人とまた悲しい思いの中で、自己否定的になっていました。

この年になって、外に出かける機会も少なくなると、友達の少なさに寂しさを感じていましたが、友達は、自然と出来るものだと言う言葉を思い巡らせると新しい気づきがありました。

劣等感で、心を閉ざして、一人でいる事が好きだと思い込んでいたのかと思っていましたが、思いめぐらすことにより、私は本当に一人でいる事が好きなのだ・一人でいる私が好きなのだと受け入れる事が出来ました。

人生で一番の友達は、私自身、その様な私でも良いと受け入れてくださる友達が。自然に出来たら幸せですね。

「半分、青い」の鈴愛の生き方から、ストレス曲線から幸福曲線へと変えていく方法をたくさん教えて頂いたように思います。

私が、この番組で気づいた沢山の宝物は、私の生き方も変えていくように思います。

さあ、明日を向いて歩いていくぞ・・・・。

ブログランキングに参加しています。ワンクリックお願いします。
人気ブログランキングへ




祈りのうちに

2018-09-30 18:51:48 | 日々の出来事
今年も大きな台風が、大分を去っていきました。前の川の状態を心配して、娘が何度も電話してきましたが、見るたびに水位は少し変化した状態だったので、大丈夫と返事していました。

台風も去り、川の氾濫もなく、ホッとして2階に上がり、川を見ると氾濫すれすれでした。後から娘から川の情報が来ました。氾濫警報の川の名前に前のO川がありました。娘から電話が来て、川を見てから2時間は過ぎていなかったのに、水が一気に増えて川の水位が上昇したのです。もう少し雨が降ったらこの辺はと思うとぞっとしました。

ニュースやメールでの情報も、他人事の様に見ていましたが、現実に川の氾濫水位に達していたことを実感して、早い段階の避難を心掛けるよう日頃の準備の見直しを、始めようと思います。

今台風の進路にあたる皆様も、どうぞ早めの避難を始めてくださいますように。

また被害が、これ以上出ませんように心からお祈り申し上げます。

そして被害にあわれた方々に心からお見舞い申し上げます。

大分から祈りのうちに。





ブログランキングに参加しています。ワンクリックお願いします。
人気ブログランキングへ

揺れ動く心

2018-09-14 07:06:47 | 第六章・螺旋状に上昇する意味



NHKの朝の番組で、半分青いというテレビ小説を見ています。

ある日、偶然に見たこの番組の面白さに引き付けられて、毎日の楽しみの一つになっています。
ヒロインの明るく、何処かとぼけたキャラクターは、わたしの心を捕まえてしまいました。

先日の緑が好きな女性とその兄の会話が、今の私の揺れ動く何かに語り掛けてきたように思えたのです。会話は、忘れてしまいましたが、その私の捉えた感覚では、普通と違う感性を持っている人の中に何かを生む種がある、その種は育てると大きなものが花開くという内容だという事だと思うのです。普通と違う事を、良いものとして受け入れる。自己肯定感ですね。

この番組での出演者から出てくるセリフの中で、人生の捉え方の知恵が織り交ざり、それが面白さとなって 人生の深み、深みへと導いてくださるように感じています。

孫の事で、神経を擦り減らしてしまい、何もかもに不信感と希望を感じられなくなっていた私に、希望の種を植えて神様の元に帰って行った神父様方の思いを、今感じています。

何をしても落ちこぼれの私を根気良く待っていてくださる、もう一人の人生の恩人である心理学の恩師にも、今ありがたい思いでいっぱいになります。

心理学に出会い、難しい勉強を今日まで続けてきました。高校を出て、就職してすぐに家庭に入り、子育てを終える頃出会った私の好きな事は、今は難しさに挫けそうになっています。

私の信念を、勉強という右に左にと揺れながら挫けそうになっていましたが、心理学という植えられた種を育てる事に向けようかと思ってきました。

孫の為にも、難しさを乗り越えて、次に進むことが出来そうです。

大きな花は、咲かせることは出来なくても、道端に咲く小さな花のように、人の心をホッとさせる事が出来たら、しあわせだと気が付きました。

鈴愛(すずめ)ちゃん、明日も見るよ。



ブログランキングに参加しています。ワンクリックお願いします。
人気ブログランキングへ




ぶどう

2018-09-01 02:17:58 | 第九章・愛


亡くなったイタリア人の神父様が、ぶどうが大好きで、大分の安心院のぶどう園へ数回一緒にぶどう狩りに行ったことがあります。

東京に移動されて、久しぶりに大分に帰られた時に、お連れした時の話です。私たちは、美味しいぶどうを食べて頂きたくて、何度も下見に出かけ、あるぶどう園に決めました。

そのぶどう園の方は、ぶどうを育てる為のこだわりを、私たちに話してくださり、試食のぶどうも美味しくて、神父様をご案内することに決めました。

当日、神父様をご案内して、ぶどう園へ着きました。ご高齢のため長く歩くことを避けて、近くでぶどう狩りを希望していましたが、他のお客さんの対応に忙しいのか、その状態で待たされました。

ご高齢のお体を心配して、そのぶどう園を後にして、近くの別のぶどう園でぶどうを買って安心院を後にしました。

東京に帰られた神父様に、秋になるとそれから安心院のぶどうを送り、大分の香りを楽しんでいただきました。

数年前、何となく気になり、あの待たされたぶどう園を訪れましたが、荒れ果てた場所となっていました。ぶどうに対するこだわりの話は、何だったのだろうと今でも考えさせられています。

一昨年、まだ目的のぶどう園が、開いていなかった為、JAの道の駅に出かけました。小さなケースに入った塩ぶどうと書かれた言葉にひかれて、一パック買って車の中で、食べました。余りのおいしさに、お客様へのプレゼントに塩ぶどうを買って、届けました。

「こんな美味しいぶどうを初めてたべた」 との言葉に

今年は、直接そのぶどう園に、道を間違えながらも買いに行きました。初老の偏屈そうな男性の方が、待ってくださり、必要な分だけ頼みました。塩を使う事、普通の塩は苗が枯れてしまう事など、ぶどうを準備する合間に、娘に説明していたようです。その話し方で、優しいお人柄を垣間見たような思いになりました。

家に帰って、ぶどうの中にある説明書を、読みました。

ぶどうに塩をまくと言ったら、木が枯れるぞ、気でも違ったのか。などと忠告を受けました。しかし昔の文献調べると・・・・。 説明書の引用
説明書には、江戸時代に海水や昆布などを使っていたとの内容が書かれていました。

ぶどう育てることへの揺るがない信念を持ち、温かい心が隠し味になったおいしいぶどう作りをやり遂げたご主人の実りを見ました。


神父様が生きておられたら、どんな顔をして食べられたかを思い浮かべています。

50年以上前、長い船旅で苦労しながら日本に来られた神父様の揺るがない信仰に出会えた事を、幸せに感じています。


苦労の末実ったぶどうは、本当に深みのある甘い美味しい味でした。 感謝。


ブログランキングに参加しています。ワンクリックお願いします。
人気ブログランキングへ





信念

2018-08-14 23:01:34 | 第六章・螺旋状に上昇する意味


信念を持つとは、私にとって小さな疑問でした。

通り過ぎる音楽の様に耳から聞いては、信念かと納得していました。

でもこの年になるまで。信念という深い意味は分かって居なかったことに気が付きました。

あるテレビを見ていて、信念を持つという言葉に、私が理解していた以上の深さを知り、心の奥深くで、これまでに無い衝撃を受けました。

信念とは、根底に信念を持って行う事、それが揺るがないことである。という内容でした。
私の信念は、頭の中で思い描いたものであり、それは何かあるごとに右に左に揺れ動くものでした。

さあ痩せるぞと思う度に、体重が増えてくる現実、この事をやり遂げるぞと硬い誓いを誓ったはずなのに、途中で投げやりになっていた事など、思い出すと切りが無い程です。

ある方に、昔教えて頂いた事の中に、私が揺らぐと私を信じて行動してくださる人も揺れるという話を思い出しました。そのことが、根底が揺るがない信念を持っていると揺れる事がないのだと初めて理解しました。

人の悪口は、言わないと固く決心しても、根底に信念が無いので、気が付いたら人の悪口を言っていたという結果に終わっていました。

私の小さな疑問は、大きな問題を含んでいました。

この問題を、自問自答しつつ、根底に強い信念を、育てていけたら良いなあと思います。

悔いのない人生を送るために・・・・・・


ブログランキングに参加しています。ワンクリックお願いします。
人気ブログランキングへ