里山で出会った風景

趣味の山登りが出来なくなった爺さんが
駄文で綴る、老人のつぶや記。

お急ぎの方は赤字だけをお読み下さい。

丹三郎屋敷 (新)&(旧)

2009年07月28日 | Weblog
古里駅の近くに原島丹三郎友連によって開かれた丹三郎集落がある
そこに建つ丹三郎屋敷は集落の庄屋名主として代々受け継がれて
築後二百余年の旧家の由。今は現在の当主が日本蕎麦屋を営み
行列の出来る繁盛ぶり。こんな建物を見れるのも山登りの楽しみの一つ


丹三郎屋敷(日本蕎麦屋・丹三郎)

旧家の入口(長屋門?)

何代目かは解らぬが現在の当主が住むお城の様な<原島家>

城と言うか神社仏閣の梁の様相です  (旧邸の隣にあります)

(21年7月26日撮影・奥多摩・丹三郎屋敷にて)
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« レンゲショウマ | トップ | 二日酔 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
力作に感激 (m-gamano)
2009-07-29 23:36:29
 初めて立ち寄らせていただきました。内容といい,表現といい素晴らしい作品になっていますね。見習いたいと思います。また時折寄らせていただきます。
初めまして (管理人とみー)
2009-07-30 19:28:15
m-gamanoさん 
 ようこそ拙いブログにお立ちより頂きありがとうございました。こんなブログですが今後も時折遊びにお立ち寄り頂き種々アドバイスなども頂ければ幸いです。gamanoさんのブログこそ素晴らしいではありませんか!新潟は高田の方ににお住まいの由ですが高田は私の第三の故郷です。小生は長く新潟市に住んでいましたので大変懐かしく思います。「南葉情報探検隊」は早速お気に入りに登録して日々楽しませて頂きます。私の仲間も新潟在住者が多く、これを機会に立ち寄られる事と思いますよ。

Weblog」カテゴリの最新記事