小父さんから

ミーハー小父さんの落書き帳

令和・即位の礼  天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」 / 毎日新聞

2019年10月22日 | ニュース
皇居・宮殿の正殿「松の間」で行われた、天皇陛下が即位を宣言する「即位礼正殿の儀」=2019年10月22日午後1時14分(代表撮影)


皇室:「即位礼正殿の儀」 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」(宮内庁提供)




雨天のため?中庭を挟んだ向こうの建物内に参列者。モニタースクリーンあり。小父さん記。



「即位礼正殿の儀」に参列した英国のチャールズ皇太子(左)=皇居・宮殿「春秋の間」で午後0時47分(代表撮影)

毎日新聞 2019年10月22日 13時36分(最終更新 10月22日 21時49分)
天皇陛下が即位を国内外に宣言される「即位礼正殿(せいでん)の儀」が22日午後1時過ぎから、皇居・宮殿「松の間」で執り行われた。陛下は高御座(たかみくら)に登壇し、「憲法にのっとり、日本国及び日本国民統合の象徴としてのつとめを果たすことを誓います」と述べられた。一連の即位儀式の中心となる国事行為の儀式で、186の国と五つの地域・機関の代表423人や国内各界の代表ら計1999人が参列した。夜には宮殿で海外の賓客らを招いた祝宴「饗宴(きょうえん)の儀」が催された。
  
  テレビで拝見した。5月1日に元号が令和に変わったが、正直なところ小父さん的には何か実感がなかったのだが、今日新しい時代が始まった気がした。「即位礼正殿の儀」をお祝いするとともに大戦後の昭和、平成の74年間を継承して令和も戦争に加担しない平和な時代であって欲しいものです。 
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« ラグビーW杯 準々決勝 ●日... | トップ |  映画『ダンス・ウィズ・ウル... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はちきんイジー)
2019-10-22 22:54:55
素晴らしい儀式ですね

こういう席でも 万歳  というのですね
Unknown (ree)
2019-10-23 06:12:42
時間的に中継を見る事が出来なかったので、小父さんがアップされててよかったです。

悪天候だったんですね~。

私も思いました。
万歳するんだ?って。
こうした厳粛な場で、意外です。
はちきんイジーさんへ (小父さん)
2019-10-23 20:06:17
平安絵巻みたいな光景ですね。
日本人ですらそうそうお目にかかることはないでしょう。

「万歳」について調べてみました。

元々は中国に於て使用される言葉で「千秋万歳」の後半を取ったものだそうで、万歳は一万年で皇帝の寿命を示す言葉であり、本来皇帝に対して以外では使わなかったとか。

日本では大日本帝国憲法発布の日、1889年(明治22年)2月11日に青山練兵場での臨時観兵式に向かう明治天皇の馬車に向かって万歳三唱したのが最初だという。
「天皇陛下万歳」は、天皇の永遠の健康、長寿を祈るものであるとwikiにありました。
reeさんへ (小父さん)
2019-10-23 20:17:05
「即位礼正殿の儀」を生配信 1時間のものもありますよ(笑)
       ↓
https://www.youtube.com/watch?v=CZWHMQRIIlg

雨が降っていましたが、天皇のお言葉が始まると晴れ間が差し虹もかかったと今日知りました。

万歳についてはwikiからの抜粋転載をイジーさんのところに載せましたのでご参考下さい。

コメントを投稿

ニュース」カテゴリの最新記事