小父さんから

ミーハー小父さんの落書き帳

盆踊り

2019年08月04日 | その他

  
 昨晩は自治連合会の盆踊り。親しい自治会役員も準備や後片付けにがんばっているので久しぶりにいい写真でも撮れないかと思って出掛けた。ところが、珍しい人に何人も出会って長々と話していて写真撮影どころではなかった(笑)。高齢者大学に来ている日本舞踊の先生も居たし、10人近く夕涼みがてらに立ち話していた。

 組織運営のことはよく知らないが、夜店のテントが15張りくらいあったかな。人気の食べ物に長く並ぶ列が3つくらいに、自治連合会員に抽選券と半券が配られ、小父さんは1000円の商品券が当たり。熱心に踊る人も居たが、夜店に抽選に踊りに人気が分かれていた気もする。

 そうそう、明石市299,000人の市長さんもやってきて挨拶していたな~。子供が少ない高齢化がどんどん進んでいる自治連合会だが、手作りでこれだけの催しが出来ることにまた感心した。
 


  
 


 盆踊り
 

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 経世済民術  サヨナラEU?!... | トップ | 盛夏、ヒマワリの終わり。 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (イジー)
2019-08-04 22:48:55
日本人が多く住む所では
アメリカでもこの盆祭りが催されるようです

いいですよね
Unknown (Ranchoです。)
2019-08-05 01:40:17
子供の頃は、盆踊りに参加していました。

明石は盛大で楽しそうですね^^

日本らしい夏の感じがします。
イジーさんへ (小父さん)
2019-08-05 13:53:15
>日本人が多く住む所ではアメリカでもこの盆祭りが催されるようです

そうなんですか!
いろんな国からやって来た人たちは自分たちの祭りにやすらぎを求めているんでしょうね。

ちなみに「盆祭り」という言葉には、聞き覚えがないので検索してみたら別の意味でありましたね。

「【盆祭(り)】の意味・・・盂蘭盆 (うらぼん) に同じ。7月15日を中心に祖先の冥福 (めいふく) を祈る仏事。江戸時代からは13日から16日にかけて行われ、ふつう、迎え火をたいて死者の霊を迎え、精霊棚 (しょうりょうだな) を作って供物をそなえ、僧による棚経 (たなぎょう) をあげ、墓参りなどをし、送り火をたいて、霊を送る。現在は、地方により陰暦で行う所と、一月遅れの8月15日前後に行う所とがある。精霊会 (しょうりょうえ) 。盆。お盆。盂蘭盆会 (うらぼんえ) 。魂祭 (たままつ) り。うらんぼん。」

少し賢くなりました!
Ranchoさんへ (小父さん)
2019-08-05 14:19:15
>子供の頃は、盆踊りに参加していました。

そうですね。
テレビもない昔は、娯楽も少なかったし子供はわくわくするし、以前どこかのブログにありましたが、青春年代もその日の門限も遅くまで許されたみたいで恋の場でもあったような・・・(笑)。

>明石は盛大で楽しそうですね^^

ここは広場のスペースこそありますが、元は新興住宅地でもありますので伝統的なものではないです。

他の場所は知りませんが、自治会の手作りですね。
そうそう、西小学校と東小学校があるのですが、息子が小さい頃は、東西2ヶ所で盆踊りをやっていましたね!
今は統合したにも関わらず、いろんな組織(素人)が高齢者が主体ですが夜店を出して活発に続いているので大したものです。

書きながら、気づくのは会社でばりばり仕事をしている年代は、少なくとも運営には関わっていません。
子供づれのお母さんやお父さんは見かけますが・・・。

>日本らしい夏の感じがします。

なるほど、日本の伝統ってこんな所に残っているんでしょうね。

渋谷盆踊り大会には若者が多いようですが(笑)
           ↓
https://blog.goo.ne.jp/goo221947/e/977519f6d098eb3c2393944fea8e69b9

コメントを投稿

その他」カテゴリの最新記事