小父さんから

ミーハー小父さんの落書き帳

高丘コミセン高齢者大学  「頼れる街の法律家」 / 片山浩二・柴田文夫 両先生

2019年06月05日 | 高齢者大学
高齢者のお困りごと相談例 
第一部
 認知症と介護について


 1、超高齢化社会と2,025年問題
   ・認知症当事者が700万人(高齢者の5人に1人)
    (小話)消費税が1%上がると1兆円の税収が増える。・・・社会保障費充当    
       ハイブリッド車に乗るとエンジン音が全くなかった・・・操作ミスしないか?
        

 2、認知症の症例と家族介護の限界
   ・異食、徘徊、排便、暴言、触法
    (冷蔵庫を開けて調味料を飲んだ・GPSをつけた主人がお金も持たないのに京都まで行った・
     夜中に起きてストーブに小便・お前誰や、出て行けで外に出て車で寝た奥さん・万引きしても
     理解できていない→警察を呼ばれたら拘留→実刑もあり)


 3、役所の各種申請手続き(家族がやれる事)
   ・医師の受診(現在での進行状態を確認する)
    専門医にかかるまでのハードル高し。介護脳委縮、血流低下など。
    長谷川式簡易知能評価スケール→ 1 お歳はいくつですか? 2 今日は何年何月何日 など
     合計得点. 30 点満点中 20 点以下は認知症の疑いあり。

   ・その診断書で介護認定の申し立て
    要介護3で特養に入所可。
   ・障害者手帳(精神)の交付申請
   ・様子を見て重度障害医療保険の申請
    歯医者、内科ほか600円
   ・進行すると特別障害者手当の申請(32万円/年)
    特にお勧めとのこと!認知症は階段状に進行する。
    ハードルは高い。


 4、介護施設の現状と将来予測
   ・グループホーム 認知症対応型共同生活介護
   ・特別養護老人ホーム 在宅での生活が困難になった要介護の高齢者が入居できる公的な「介護保険施設」
   ・老人保健施設  3ヶ月に1回帰宅の必要。リハビリあり。
   ・介護付き有料老人ホーム 24時間介護スタッフが常駐し、掃除や洗濯など身の回りの世話や、食事や入浴、排せつなどの介助サービスが受けられる。

 5、成年後見制度への対策
   ・裁判所の法定後見
   ・金融機関への対策と任意後見契約

 
 

第二部
法務的な立場からの支援


  1、各種相談の事例紹介

   A様(73歳女性)のケース
   ・ご本人はおひとりでお住まい。
   ・やや病弱であるため、入院機会がしばしば発生。その際の身元保証人となる親族が近隣に不在、
    また老後の不安(認知症等)、死後事務執行者の不在、相続財産についてお悩みがあった。
  (対応)
    ①身元保証、認知対策については当NPO法人を受任者とする任意後見契約を作成
    ②死後事務(お亡くなりになってからの手続き)については当NPO法人を受任者とする
     死後事務委任契約を作成
    ③NY在住の甥(姉の長男)とIT在住の姪(姉の長女)を受遺者とする遺言書を作成。
     当NPO法人が遺言施行者として指名を受ける。

  2、遺言の必要性について「遺言がある時、ない時」
  3、死後事務委任契約について

 
 
  雰囲気だけしか記せていないが、トイレで並んだ他の学級生も「今日の講義はよかったね」と。笑いや盛り上がりもあり皆、熱心に聞いていたのじゃーないかな。そういう小父さんが一番理解していない感じ。でも意識は高まったと思う。片山、柴田 両先生貴重な講義を誠に有難うございました。
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 映画『グレース・オブ・モナ... | トップ | チャツボミゴケとレンゲツツ... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (イジー)
2019-06-06 04:33:24
私にも興味深い内容です。

内臓が強い分長生きしそうですが感覚器や脳の低下が著しく、、、先日行った介護付きシニアアパートですが お家賃?が結構するんですよね


日本はどうか知りませんがアメリカは家族が親の面倒を見ると州からお金がいただけるようです

Unknown (ree)
2019-06-06 10:34:56
以前も書きましたが、実家では母が祖母を介護する老々介護です。
ディケアに週に3回、それ以外の日はヘルパーさんに来てもらってますが、金銭面での補助はなかなか厳しいみたいです。
イジーさんへ (小父さん)
2019-06-06 15:38:23
>私にも興味深い内容です。

過去によく似たテーマの内容はたくさんあったんですが、
この日のお話は、皆さん身近に感じるものが多かったのか熱心に聞いた人がたくさん居た気がします。

>内臓が強い分長生きしそうですが感覚器や脳の低下が著しく、、、

これって寿命と関係なくやってくるでしょうね。

>介護付きシニアアパートですが お家賃?が結構するんですよね

それそれ!介護付き有料老人ホーム って入所時に1500万円ほど払って、月に20万円くらいの費用がかかりホテルのようとの説明もありました。
1500万円は購入ではなく利用料金だとか。

>アメリカは家族が親の面倒を見ると州からお金がいただけるようです

これっていいですね!
2,025年問題、私たち団塊の世代が、後期高齢者に達すると、病院のベッドも老人ホームも足りなくなる現象が生じて今、政府や官僚が頭を悩ましているところです。

さてさて、自宅介護がパニックな状態になり、もちろん国からお金が出るようなことは無いと想像しますね。
reeさんへ (小父さん)
2019-06-06 15:51:40
>実家では母が祖母を介護する老々介護です。

今の日本もそのような状況がとても増えているように思いますね。
想像ですが長姉夫婦は、お互いに介護しているみたいです。
でも、すぐ近くに甥家族が住んでいることが救いです。

そうそう、もう故人になりましたが、従兄夫婦は二人でベッドを並べて長い期間過ごしていましたね。
奥様はまだ自宅で寝ておられます。
子供の居ない長女さんがずっと介護されいるようですが、彼女はもう10年以上になると思います。

>ディケアに週に3回、それ以外の日はヘルパーさんに来てもらってますが・・・

本当に、家族だけの介護には精神的にも肉体的にも限界がありますね。
かと言って、外部に委託するのも経済的限界がありますね。

すべてがパンクしそうなのが、2,025年の私たち団塊の世代が後期高齢者に達する時です。

自分の健康寿命を1年でも長く延ばさなければと思います。
久しぶりにブログを見せていただきました  (shiningmoon)
2019-06-07 22:39:51
ミーハー小父さんの多趣味な様子が伺える 多彩な記事に感動しました。
高齢者大学の記事は復習する思いで映像も含め楽しんでいます。「頼れる街の法律家」の話は身近で切実な話題でしたね。これからも続けてくださいね。
shining moon さんへ (小父さん)
2019-06-07 23:18:48
コメント有難うございます。

>多趣味な様子が伺える 多彩な記事・・・

冷や汗が出てきました。

今日コメントいただいたOmoto Nagieさんなんて何を書いてあるのか調べていったら
        ↓
https://blog.goo.ne.jp/goo221947/e/c9ac09bfe5f9a28e60d63e4fa00b0d26#comment-list

なんとプロ級のYouTubeを投稿されていて、めちゃくちゃ恥ずかしくなりました。
         ↓
https://www.youtube.com/watch?v=I5lJyBpbEew&feature=player_embedded

私の投稿はどれもこれも薄っぺらな内容しかありませんよ。
この日の講義をまとめたのもいい加減で、柴田文夫 先生のものは触りだけです。

エールをいただけたので、もう少し頑張ります。
有難うございました。

コメントを投稿

高齢者大学」カテゴリの最新記事