小父さんから

ミーハー小父さんの落書き帳

春秋 / 気象庁はその昔、なかなか面白い調査をやっていた / 日本経済新聞

2019年09月29日 | コラム
写真は鎌倉時代から続く古刹と輝く黄葉の大イチョウ 栃木「鑁阿寺(ばんなじ)」LINEトラベルjp から 
 

  
 

日本経済新聞 春秋 2019/9/29付

気象庁はその昔、なかなか面白い調査をやっていた。1960年代までの一時期、住民が夏服冬服にいつ着替えていつやめるか、こたつの使い始めと終わりはいつか――といったことを各地で調べる「生活季節観測」を試みていたのだ。蚊帳や火鉢も対象だったという。

▼職員が通勤時に街のサラリーマンやOL、当時の言葉だとBG(ビジネスガール)の服を眺めたり、周囲の家庭の様子を見聞きしたりして判定したそうである。2割の人が用いはじめた日を「初日」、8割の人がやめた日を「終日」とした。いま思えばアバウトな手法だが、暮らしのなかに季節感があふれていたのだろう。

▼東京での夏服の終日は、54年の記録では9月28日だったという。いまでもクールビズはあすまでという職場が多いから、衣替えの時期は往時と同じだ。とはいえ近年の秋の「暑さ」はそんな形式にまつろわず、先週も半袖短パン姿をあちこちで見た。地球温暖化は酷暑の夏を際立たせるだけでなく、涼秋を奪い去っている。

▼今週以降も高温傾向は続くらしい。このぶんではクールビズの「終日」はまだ先になりそうだし、短パンの出番だってあるかもしれない。ちなみに気象庁の「季節観測」の伝統は、ウメの開花日やツバメの初見日など生物については健在だ。データを見ると、秋を彩るイチョウの黄葉日が遅くなったのもありありとわかる

  
  ほんと、昨日秋が来たと思ったら、今日は夏!熱帯、亜熱帯、温帯、亜寒帯、寒帯の気候帯区分からそろそろ温帯を外す時代が来ているのではないか?(笑)。だけど、長閑でアバウトな観測も近代の先端科学も大差がないように思うなって言ったら気象庁に叱られるかな?何卒、トレッキングと紅葉・黄葉日の時期がずれませんようにお祈りしておこう!
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« ラグビー日本代表 強豪アイル... | トップ | 阪神が奇跡のCS進出決定!... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はちきんイジー)
2019-09-30 10:03:50
アメリカの人達って家の中で冬もショーツを履く人っているんですよね
コートは勿論羽織りますが
それを脱ぐと半袖だったりもします

セーターを着る人もいますがね、、。

アメリカ中西部での生活が始まった頃 日本との違いの一つにそんな事がありました。
はちきんイジーさんへ (小父さん)
2019-09-30 15:46:41
>アメリカの人達って家の中で冬もショーツを履く人っているんですよね

日本の昔のボーイスカウトは半ズボンで福岡では半ズボンで過ごすことが多かったので、他人には「半ズボン男」が私のトレードマークでした(笑)

>コートは勿論羽織りますがそれを脱ぐと半袖だったりもします

はっはっは、とことん半そで半ズボンが好きなんですね。

>アメリカ中西部での生活が始まった頃 日本との違いの一つにそんな事がありました。

確かに、テレビや映画で半ズボン姿はよく見ますね。
一寸ズレますが (退職オヤジ)
2019-09-30 18:46:16

話は少しズレますが、今、ドーハで行われている「世界選手権」が、とんでもないことになっています。

来年の「東京オリンピック・パラリンピック」も同じ憂き目に遭わなければ、と心配です。


季節を感じ取る工夫により、温暖化による変化を十分把握して、諸行事を見直す勇気も必要なのかも知れません。


秋だというのに、暑いですね。

来年が心配です。
退職オヤジさんへ (小父さん)
2019-09-30 20:49:40
今テレビはCSの進出がかかった阪神×中日~甲子園、ラグビーはこれからの対戦相手、スコットランド×サモア~神戸御崎公園スタジアムをやっていて、ドーハの世界陸上まで頭が回っていませんでした。

今、世界陸上 2019 ドーハ【T&F】結果・速報を見ますと
男子100m決勝なんて日本代表は誰も出れていないんですね!

女子マラソンを途中から見ていましたが、どうも特殊なコンディションの中での闘いのようですね。
最も来夏の東京はもっと厳しい環境かも知れませんが。

そもそもアメリカの放送局によってオリンピックが組み立てられる?なんてのが変だと思います。

地球温暖化には、なんとかブレーキをかけて欲しいものです。!

コメントを投稿

コラム」カテゴリの最新記事