小父さんから

ミーハー小父さんの落書き帳

那覇の世界遺産、首里城で火災発生 「正殿」ほぼ全焼 / 毎日新聞

2019年11月01日 | ニュース
激しく燃え上がる首里城の正殿=那覇市で31日午前4時ごろ、近隣住民撮影  


首里城の正殿で続く消火活動=那覇市で2019年10月31日午後2時53分、本社ヘリから


夕刻になっても放水が続く首里城=那覇市で2019年10月31日午後5時27分、森園道子撮影







世界遺産首里城正殿=2018年12月撮影
 

  
 

那覇の世界遺産、首里城で火災発生 「正殿」ほぼ全焼

毎日新聞 2019年10月31日 04時26分
 31日午前2時40分ごろ、那覇市の首里城で火災が発生した。沖縄県警那覇署などによると消防車十数台が消火に当たったが「正殿」と「北殿」「南殿」など主要部分がほぼ全焼した。「奉神門」や「書院・鎖之間」にも延焼して消火活動が続いている。けが人は確認されていない。

那覇市によると周辺は住宅地。延焼の恐れがあるとして市は防災無線で首里城近くの住民に避難を呼び掛け、小学校や公民館に避難所3カ所を設置した。

 那覇署によると、正殿と北殿、南殿はいずれも木造。今月27日から琉球王国時代の儀式などを再現したイベント「首里城祭」が開かれていた。

 首里城で最古の遺構は14世紀のものとされ、1879年に最後の琉球国王・尚泰(しょうたい)が明治政府に明け渡すまで琉球王国の政治や外交、文化の中心だった。1945年の沖縄戦で焼失したが、その後復元された。首里城跡を含む「琉球王国のグスクおよび関連遺産群」は2000年に世界遺産登録された。独特の建築様式や石組み技術は高い価値があるとされ、北殿は同年7月の九州・沖縄サミットの夕食会場として利用された。

 首里城から西に約1キロ離れたコンビニエンスストアの男性店員(26)は「付近で消防車のサイレンが鳴り響いた。付近の住民からも心配する声が上がっている」と話した。【遠藤孝康、生野貴紀、柿崎誠】


  先ずは、火災へのお見舞いを申し上げます。沖縄の県民の悲嘆に暮れた言葉をテレビで見、新聞やネットでも拝見した。熊本大地震時の熊本城の被災時の市民の声にもたくさん接したがとても似ているものを感じた。

 小父さんには似た経験はないのだが、世界遺産でもある首里城でこのような火災が発生することがとても信じ難い。例えイベントが開催されていようが、電気系統からの発火であろうが防火管理者や防火責任者は居られると思うし、正に「蟻の穴から堤も崩れる」という故事を思い出す。
    
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 緒方貞子さん死去 日本人初の... | トップ | ラグビーW杯 優勝は南アフリ... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ree)
2019-11-02 02:03:49
このニュースは本当に残念です。
巡回1時間後に発火だと言うじゃないですか!!
この状態だと発火原因は不明のまま終わるでしょうかね?
Unknown (izy_56)
2019-11-02 03:28:07
世界遺産ともあるものがここまで大きな被害を起こしてしまうとは

心からお見舞い申し上げます
reeさんへ (小父さん)
2019-11-02 21:53:26
>このニュースは本当に残念です。

どうしてこんなことが起こるのか信じられません。

>巡回1時間後に発火だと言うじゃないですか!!

私も詳しいことは知りませんがそのようですね。

>この状態だと発火原因は不明のまま終わるでしょうかね?

発火原因は突き止めると思います。

どこかでチラリと見た記事では国が正殿の外に設置されていた「放水銃」と呼ばれる消火設備5基のうち1基を撤去したというのもありました。

原因の究明と管理責任を明確にする必要はあるでしょう!
izy_56さんへ (小父さん)
2019-11-02 21:59:42
>世界遺産ともあるものがここまで大きな被害を起こしてしまうとは

たぶん巨額の費用と長い年月をかけて復元されたものだと思います。

スプリンクラーなどの消火設備の不足が大規模な延焼につながったとも報じられていますが。

管理責任は明確にする必要があるでしょうね。
責任を感じたら自殺しても不思議ではない気もします。
日本の中の沖縄 (退職オヤジ)
2019-11-03 09:43:25
 非常に残念です。原因究明とともに、沖縄県民の心のシンボルであろう首里城の再建を、玉城デニー知事と共に、急いで取り組んでほしいです。


 1609年薩摩藩が琉球国を攻め、付庸国としてから、今日に至るまでの歴史を少しかじってみると、現政府がこの火災に対しどのように援助していくかが問われる気がします。


 玉城知事は、辺野古埋め立て問題で現政権と丁々発止やりあった(トップダウンでやりあえなかったのか?)仲ですが、それが今後の取り組みに影響ないといいと思います。

 異見に対しては冷たい現政権のことですから。


 大田昌秀元沖縄県知事の 「どこまで沖縄の人は我慢すればいいのですか」 という発言が思い出されます。
退職オヤジさんへ (小父さん)
2019-11-03 16:57:43
>沖縄県民の心のシンボルであろう首里城の再建を、玉城デニー知事と共に、急いで取り組んでほしいです。

私もそう思います!

>辺野古埋め立て問題で現政権と丁々発止やりあった仲ですが、それが今後の取り組みに影響ないといいと思います。

これはテレビニュースを見るかぎり、安倍総理も菅官房長官も前向きな印象を受けました。

私には官邸はむしろ、辺野古埋め立て問題との取引材料に使うのではないかと勘繰っています。

こと基地問題に関しての予算はどんどんつけるのではないですか?(笑)

コメントを投稿

ニュース」カテゴリの最新記事