小父さんから

ミーハー小父さんの落書き帳

ベネチア映画祭便り  オダギリジョーさん監督作品上映 観客の反応にほっと「拍手がうれしい」 / 毎日新聞

2019年09月06日 | 映画
映画「ある船頭の話」の上映後、立ち上がって観客の声援に応える主演の柄本明さん(手前)とオダギリジョー監督(右から2人目)ら=イタリア北部ベネチア・リド島で2019年9月5日午後7時12分、井上知大撮影

  
これ観たいんだがな~。明石や神戸では上映しないのかな?広告が遅れているのか?配給先が限られているのか?同年代の柄本明さんが実にいい!


  映画『ある船頭の話』予告篇| 9月13日(金)全国公開
時12分、井上知大撮影
 
 


毎日新聞 2019年9月6日 18時57分
  イタリアで開催中の第76回ベネチア国際映画祭で5日夜(日本時間6日未明)、「ベニス・デイズ」(映像作家週間)部門に出品されている、俳優のオダギリジョーさんの初の長編監督作「ある船頭の話」が公式上映された。日本の長編映画が同部門へ出品されるのは初めて。上映後、オダギリ監督のほか、出演した柄本明さん、村上虹郎さんに客席から数分間にわたり拍手が送られた。【ベネチア井上知大】

「ベニス・デイズ」は、映画祭本部とは独立し、イタリア監督協会の主催で革新性や探求心などに優れた作品を十数本集め上映する。カンヌ国際映画祭での「監督週間」に当たる。作品賞の「ベニス・デイズ賞」と観客投票によって選ばれる「観客賞」、ヨーロッパ映画のみを対象とする「ラベル・ヨーロッパ賞」があり、男優賞、女優賞など演者への賞はない。

 映画は、オダギリ監督が10年前に書いたオリジナルのシナリオで、英題は「諸行無常」を意味する「They Say Nothing Stays the Same」。川辺の小屋で暮らす船頭のトイチ(柄本さん)が主人公。劇中で具体的な時代設定は言及されないが、明治後期から大正ごろとみられる生活様式の山村が舞台だ。川を行き交う人のために渡し船をこいで生計を立てていたトイチが、近くに建設される、レンガ造りの大きな橋を複雑な心境で見ている中、1人の少女(川島鈴遥さん)との出会いをきっかけに人生を狂わせていく物語だ。村上さんは、船頭を慕う村人の源三を演じている。

 上映後、オダギリ監督は「観客の反応がとても気になり、(途中で)劇場を出る人がいるのではと心配だった。でも、多くの人が長い時間、拍手をくれてうれしいし、満足しているような顔に見えた」とほっとした様子。柄本さんは「(作品を見て)監督の志の高さを感じた」と語った。
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« ららら♪クラシック選▽宮川彬... | トップ | 社説 「長崎新幹線」の迷走... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ree)
2019-09-07 02:51:17
オダジョーって監督もするんですね。
出演者が大物揃いじゃないですか!!

予告編を見て私も観たいと思いました。
ちょっと不思議な物語っぽいですよね。
Unknown (Rancho)
2019-09-07 02:59:50
これはおもしろそうな映画ですね!!
こういった興味深い映画に限って、近くの映画館に来ないことが多いんですよ><
今回はどうかしらん?!

柄本明さんの演技がとても好きです。
情報、ありがとうございます^^


Unknown (はちきんイジー)
2019-09-07 04:07:32
深そうな内容ですね
観る人によって感じる深さもそれぞれでしょうね

オリジナルのシナリオと言うとオダギリさんがこれを書いたわけですよね
名前をきいた程度しか知りませんが 
まだお若い
男前の俳優さん?だったような
reeさんへ (小父さん)
2019-09-07 15:18:31
>オダジョーって監督もするんですね。

ググってみたらwikiに未公開作品二つあり、その他で4作品目でした。
私も監督をするのは初めて知りました。

>出演者が大物揃いじゃないですか!!

はっはっは、予告編を見直したらたくさんの名がありますね(汗)

>ちょっと不思議な物語っぽいですよね。

柄本明さんの作品は、故・中村勘三郎 (18代目)さんと共演した『やじきた道中 てれすこ』で楽しみましたが、渡辺謙氏と共演した『許されざる者』が印象的でした。
Ranchoさんへ (小父さん)
2019-09-07 15:39:58
>これはおもしろそうな映画ですね!!

実はNHKの昼1時からあるトーク番組のゲストで柄本明氏が出ていて、この映画のことも話題になっていたんです。
心底素朴な人ですね。
自分の家の周辺も自転車で走り回っているらしく、NHKには絶対に自転車で来るんだと!

『やじきた道中 てれすこ』の関連テレビ番組で寿司屋だったか、勘三郎氏が(はかったな!)という感じで笑いながら、後からやって来た柄本氏におしぼりを投げつけたのをよく覚えています。

>こういった興味深い映画に限って、近くの映画館に来ないことが多いんですよ><

う~ん、今公式サイトを見たら、近畿地区は、 京都みなみ会館 と シネ・リーブル梅田 の二つしか載っていませんね~(泣)。
配給するのにも大きなお金が必要なんですかね?

>柄本明さんの演技がとても好きです。

今、長男の柄本佑君にその嫁・安藤サクラさんの方が売れているみたい!(笑)
でも柄本氏が謙虚でいれるので驚きます。
私たちは個人営業なんで、仕事が来なくなったら即失業だって!
はちきんイジーさんへ (小父さん)
2019-09-07 16:01:09
>深そうな内容ですね 観る人によって感じる深さもそれぞれでしょうね

実際に観てみなければどんな作品か分かりませんが、
草笛光子・細野晴臣・橋爪功あたりがたぶんわき役で出ていたらきっと面白い仕上がりでしょうね。

オダギリジョー監督は樹木希林さんの『東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』息子役?で出たと思います。
主役ですね。

>男前の俳優さん?だったような

けっこういい男ですよ。
岡山県津山市出身で、母子家庭だったため、幼少時は映画館に預けられて育った。このことが映画監督を目指すきっかけとなる。カリフォルニア州立大学フレズノ校で演劇学を専攻し、その後休学とwikiにありました。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事