小父さんから

ミーハー小父さんの落書き帳

余録 「古着屋が袖口で知る左きき」… / 毎日新聞

2019年09月17日 | コラム
 
日本環境設計(株)のHPから 

 
 

毎日新聞  2019年9月17日 東京朝刊
 「古着屋が袖口で知る左きき」。 買い取った着物の傷み方で持ち主の利き手が分かるという江戸時代の川柳だ。着古した後はおむつや雑巾に、ごみとして燃やした灰は「灰買い」が引き取る。慢性的な物資不足だった鎖国下の江戸は、究極のリサイクル社会だった

 ▲当時の職人の賃金上昇率から、この時代は低成長だったとの分析がある。使い倒す社会は、新品が売れない社会と背中合わせだ。その悩みを克服しようと生まれたのが、リサイクルを一歩進めた「アップサイクル」という考え方である

 ▲モノを再資源化するだけでなく、付加価値を持たせる。ベンチャー企業「日本環境設計」が目をつけたのは、国内で年に100万トンも捨てられている不要衣料だった

 ▲小売店で古着を回収し、綿はバイオ燃料に、ポリエステルは高純度のポリエステルに再生する。品質を落とさず、混紡でも処理できる技術力が評価され、ファッションブランドが同社の再生繊維でTシャツを作った

 ▲アップサイクルを推奨する国連との協業も進む。消費者の罪悪感を和らげ、企業にとっては環境への貢献になり、省資源にもつながる。この「三方よし」の商売は、毎日ファッション大賞の特別賞に選ばれた

 ▲来夏の東京五輪・パラリンピックでは、ユニホームとメダルに同社の技術が生かされる。家庭の不用品がトップ選手の活躍を支え、たたえる。「『捨てない』未来は必ず来ます」と岩元美智彦(いわもと・みちひこ)会長。江戸の知恵を21世紀に生かす、日本発の挑戦だ。

 
 オリンピックのメダルが「使用済みの携帯電話など型家電から集めた素材が再利用」なんて話はどこかで聞いていたけど、日本環境設計の技術が役立っているとは何とも素晴らしいことだね。いやー、ベンチャー企業で流行りのIT産業ではない、このような地道な会社を作り上げたというこは尊敬する。これぞ日本の底力なんでしょう。「服から服を作る技術」なんてキャッチフレーズもいいな。いいお話が聞けた。 
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 質問なるほドリ オーバーツ... | トップ | 女の気持ち  優しい言葉 ... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ree)
2019-09-18 01:36:14
上京したての頃、洋服が買えなくて古着屋を愛用してた時期があります。
結構いい掘り出し物があるんですよ。
今は利用しなくなりましたが、寄付と言う形で汚れや傷のないものを出してます。
Unknown (はちきんイジー)
2019-09-18 04:09:15
最近衣類はほとんど古着を利用するようになりました
これやるとやめられないんですよ  笑

服として着れなくなったら 布として使えないか考えます。
裁縫はビギナーなので そういった布で練習するのに適しています



Unknown (Rancho)
2019-09-18 15:18:16
江戸時代は何かにつけスステムがうまく行き届いていたと聞いたことがあります。使いに使った着物などは最後は灰まで利用されていたとは!立派です。
リメイクなど、自分だけのファッションが手に入りといった観点からも、いいですね。
私は裁縫はとんと無理なので、お雑巾として使い込み、捨てています。
また、迷った挙句、タイミングよく回ってきた業者に、着物を引き取っていただきました^^無料かと思っていましたが、そこそこのお小遣いになりました^^
もう少しうまく活用できればいいのですが(汗)
reeさんへ (小父さん)
2019-09-18 20:27:30
>上京したての頃、洋服が買えなくて

なるほどまるほど、東京だと品数も多そうだし、いいものもけっこうあるでしょうね。

>今は利用しなくなりましたが、寄付と言う形で汚れや傷のないものを出してます。

そのようなリサイクルは値打ちがありますね。
はちきんイジーさんへ (小父さん)
2019-09-18 20:34:18
>最近衣類はほとんど古着を利用するようになりました

イジーさんはよくブログで紹介されていますよね。

>これやるとやめられないんですよ  

ジーパンなんて古ければ古いほど値打ちがありそうだし・・・、そうそう日本からアメリカに掘り出しものの買い付けに出向いているドキュメンタリーを観たことがあります。

>服として着れなくなったら 布として使えないか考えます。

最近テレビで女優さんなんかが着物を解体して素敵な洋服にしているのをよく見かけます。
Ranchoさんへ (小父さん)
2019-09-18 20:43:11
>使いに使った着物などは最後は灰まで利用されていたとは!立派です。

「灰買い」が引き取るなんて初めて聞きましたね(笑)

>リメイクなど、自分だけのファッションが手に入りといった観点・・・

所謂、オリジナリティですか?(笑)

>・・・お雑巾として使い込み、捨てています。

我が家にも雑巾がたくさんありますね(笑)

>無料かと思っていましたが、そこそこのお小遣いになりました^^

へーっ、うまく行ってよかったですね。
「何でも引き取り」って詐欺まがいの商法ばかりだと勘繰ってました。

>もう少しうまく活用できればいいのですが(汗)

この記事の日本環境設計って凄いですね。
確かどこかの大学も関わっているようですが!

コメントを投稿

コラム」カテゴリの最新記事