小父さんから

ミーハー小父さんの落書き帳

ラグビーW杯 準々決勝 ●日本 3 vs 26 南アフリカ○ 詳報 / 毎日新聞

2019年10月20日 | スポーツ
南アフリカに敗れ悔しさをにじませる日本代表の選手たち=東京・味の素スタジアムで2019年10月20日、喜屋武真之介撮影


試合後、健闘をたたえ合う日本と南アフリカの選手たち=長谷川直亮撮影


南アフリカに敗れ悔しさをにじませる稲垣(中央)ら日本代表の選手たち=喜屋武真之介撮影


南アフリカに敗れ涙を拭う松島(手前)=喜屋武真之介撮影


敗れた日本の選手ら(手前)の健闘をたたえる観客たち=藤井達也撮影
  
 
  
  男の涙っていいね~!試合が終わってもいつまでも声援を送りつづけるスタンドの観客がまたいい。ずっとテレビに引付けられた5つの試合だった。日本代表よありがとね!

  
 

毎日新聞  2019年10月20日
日本、4強入りならず 南アに3-26
アジア初開催の大会で、日本は1次リーグA組を4戦全勝の首位で通過し、初めて決勝トーナメントに進んだ。優勝候補の一つだったアイルランド(同5位)や8強常連のスコットランド(同9位)を破るなど躍進し、W杯開幕時に10位だった世界ランキングは過去最高の6位まで上昇した。

 日本のW杯通算成績は8勝2分け23敗。前回のイングランド大会(2015年)で歴史的な白星を挙げた南アフリカとの対戦成績は1勝2敗となった。準決勝は26、27の両日、横浜・日産スタジアムで行われる。(世界ランキングは19日現在)【真下信幸】
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« トヨタが超小型EV 来冬発... | トップ | 令和・即位の礼  天皇陛下「... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (izy_56)
2019-10-21 11:35:39
残念でしたね
でもここまでよく頑張りましたよね
izy_56さんへ (小父さん)
2019-10-21 16:44:33
試合が終わって、この東京・味の素スタジアムからNHKの週間スポーツ番組を日本を代表するラガーマン3人の解説を交えて放送していましたが、皆日本代表のことを絶賛していましたよ!

今日も全選手の会見をやっていましたが、ヘッドコーチも選手たちを褒めたたえていました。

昨晩の南アフリカは日本の作戦をことごとく潰していく実力の差を見せつけていました。

昨日の同じ時間帯にはプロ野球の巨人対ソフトバンクの日本シリーズも放送していましたが、日本国民の人気は圧倒的にラグビーだったかと想像されます。

スポーツ選手がボロボロ涙を流すテレビなんて高校野球の甲子園で負けたチームくらいしか思い浮かべませんが、昨日はほとんどの選手が泣いていました。
Unknown (ree)
2019-10-22 01:48:19
残念ですよね。
しかも大差での負けですもん。
でもここまで勝ち上がったのは本当にすごいと思います。
夢のよう… (FUSA)
2019-10-22 11:13:42
若い頃からラグビーはよく見ていましたが、昔のことを思うと、日本がファイブ・ネーションズの中の2つも破るなんてまさに夢物語です。
でもこれは始まりに過ぎず、彼我の力がずっと肩を並べて行けるのかどうかこれからが問題です。
メンバーに外国人が多いことをとやかく言う人もいますが、日本は古代から渡来人の力をうまく取り込んできた歴史があり、日本とはそういう国なんだと思います。
reeさんへ (小父さん)
2019-10-22 15:40:25
>しかも大差での負けですもん。

この結果は自他ともに認めていると思いますよ。

世界ランク2位のアイルランドに勝った時も、世界ランキング8位のスコットランド戦にしろ互角と言うか相手を上回る力量が感じられたのに、この南アフリカ戦は前半40分は5対3だったか、とても頑張っている印象でしたが、後半にはスクラムでもラインアウトでもとことん力の差を見せつけられました。

解説によると日本が強みとしている作戦が潰されていったようです。

でも、試合直後の涙はベスト4に進めなかった涙なんでしょうね。

一晩明けての全員の会見でもベスト8で決勝トーナメントに進んだという日本ラグビーの新たな歴史を選手、記者、全国のファンともども喜んでいたと思います。

私は全く詳しくないですが、イギリス連邦のイングランド、ウェールズ、ニュージーランド、南アフリカがベスト4だし、ベスト8にはアイルランドにオーストラリアが並んでいました。

多分、そんな英国のスポーツに日本が存在感を示したんだと思っています。
FUSAさんへ (小父さん)
2019-10-22 16:14:20
>・・・ファイブ・ネーションズの中の2つも破るなんてまさに夢物語です。

今初めて「ファイブ・ネイションズ(5か国対抗)」及びシックス・ネイションズ(6か国対抗)という言葉をwikiで見ました(汗)

私は、神戸製鋼の仕事にも永く関わっていましたが、当時、亡くなった平尾誠二氏が英国にラグビー留学していた話を聞いていましたが、そのエピソードも今wikiで読んでみました。

>彼我の力がずっと肩を並べて行けるのかどうかこれからが問題です。

私も全くの想像ですが、今後、そう簡単には決勝トーナメント迄には進めないだろうな~とも思いました。

詳しいことは知りませんが、どこかで日本選手の日当は1万円で、どこかの外国選手には高い報酬があるとちらりと見ましたね。
片や、アマチュアのアスリートだったら、莫大な報酬を獲得できる、アメリカの大リーガーやヨーロッパのサッカー倶楽部へ目が自然と向いても不思議ではない気がします。

>日本は古代から渡来人の力をうまく取り込んできた歴史があり、日本とはそういう国なんだと思います。

今回のラグビーワールドカップは、多くの心のこもった置き土産をしてくれたように感じました。

すみません、言葉足らずでFUSAさんのコメントにちゃんと答えていないようですが。

コメントを投稿

スポーツ」カテゴリの最新記事