小父さんから

ミーハー小父さんの落書き帳

ブラッド・ピットとジュリア・ロバーツの映画『ザ・メキシカン』(The Mexican 2001年 米)/ BSプレミアムシネマ

2019年06月28日 | 映画
伝説の銃“メキシカン”  
 
ストーリー
ジェリー(ブラッド・ピット)とサマンサ(ジュリア・ロバーツ)は恋人同士。だがジェリーは犯罪組織の元でチンピラとして危険な仕事を行っており、しかもドジばかりを踏んでいたため組織からも良く思われていなかった。一方サマンサはそんな今の生活から抜け出してラスベガスで生活したいという夢を持っていた。そんな二人は互いに頑固な性格だったため、ついに喧嘩別れをしてしまう。

 そんなある日、組織の幹部ネイマン(ボブ・バラバン)からジェリーに仕事が任される。それは組織のボスであるマルゴリースが欲している伝説の拳銃「メキシカン」をメキシコで手に入れて来いというものだった。ジェリーはそれを最後の仕事にしようと決意してメキシコに向かい、現地のチンピラであるベック(デヴィッド・クラムホルツ)から無事「メキシカン」を受け取るのだった。しかし、事態は予想だにしない方向へ向かってしまう。ベックが事故によりジェリーの目の前で死亡してしまったのだ。しかもベックは(ボスの)マルゴリースの孫だということが判明し、「メキシカン」をダッシュボードに入れた車は現地のチンピラに盗まれてしまう。危機的状況に陥ったジェリーは「メキシカン」を取り戻すために奔走する。

その頃、一人ラスベガスに向かっていたサマンサは、ショッピングセンターのトイレで黒人の男に銃を突きつけられていた。そこを突然やってきた銃を持った男に助けられる。助けた男はリロイ(ジェームズ・ガンドルフィーニ)と名乗る組織の殺し屋で、ジェリーが「メキシカン」を持ち逃げしないように、恋人である彼女を人質にしたのであった。リロイはサマンサに今の状況をジェリーへ連絡するよう命令する。しかし、彼女は彼と喧嘩別れをしたために、ろくに連絡先を聞いておらず、何の役にも立たないのであった。その後、ジェリーのことを未だ愛しているにも関わらず別れようとするサマンサと、殺し屋という職業とゲイという特殊な性癖であるがゆえに他者を愛することに臆病になっているリロイの間には、いつしか奇妙な友情が芽生え始めていた。

  
 寝がけに録っていた高価な拳銃を巡るアクション・ロマンティックコメディ『ザ・メキシカン』をちょっと覗いたら、これがなかなか面白い。また最後まで観てしまった(笑)。ブラピが38歳、ジュリアが34歳の時の作品だが、どうも彼女を最初に観たコールガール役のちょっと下品な『プリティ・ウーマン』の印象が強すぎるのだが、なかなか可愛いなと思った。以後いくつか観ていますよ(笑)。ブラピはノラ犬を引き連れたボロボロの兄ちゃん役でせっかく手にした拳銃“メキシカン”を繰り返し何回も盗まれてしまう。ノラ犬?も名演技じゃーないのかな(笑)

 メキシコ国のことをほとんど知らないが、以前ブログ訪問していたアリゾナ在住の人のメキシコ人に車を盗難され砂漠に乗り捨てられていたことを思い出すような犯罪と貧民街のようなところを舞台にブラピが廃車同然の車で彷徨い歩くのが興味深かった。下の補足によると評判が芳しくないとのことだが、観ている者を惹きつける何かはあると思う。


 ザ・メキシカン(字幕版) - Trailer
 

補足
 公開当初はトップスター同士のラブストーリーと話題になったが、バラバラのシーンが多く、評判は決して芳しいものではなかった。
ゲイの殺し屋リロイを演じたジェームズ・ガンドルフィーニは、彼のファンだったジュリア・ロバーツの推薦で起用された。
本作で初共演したブラッド・ピットとジュリア・ロバーツは続く『オーシャンズ11』、『フル・フロンタル』、『コンフェッション』、『オーシャンズ12』でも顔を合わせることになる。~記述はすべてwikiより転載
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 阪神高速、封鎖できました。G... | トップ | 高丘コミセンぶらり歩こう会... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ree)
2019-06-29 10:06:33
今はそうでもないけど、ブラピ大ファンだったので、この映画も勿論見たし、DVDも持ってます~。

前のジョン&パンチは私、子供でしたもん。
今はかっこいいと思えるかどうか(笑)。
Unknown (イジー)
2019-06-29 14:12:42
ジュリアロバーツは最初の頃大根役者に思え
興味なかったんですが
トークショーに出る生の彼女は魅力的で好きになりました

素敵な方です。
reeさんへ (小父さん)
2019-06-30 00:27:27
>ブラピ大ファンだったので、この映画も勿論見たし、DVDも持ってます~。

私は『Seven Years In Tibet』が好きでしたね。

『Burn After Reading』って劇場で観ましたが、彼きわめてかる~い感じでしたね。
あの時の表情を思い出しました。

>前のジョン&パンチは私、子供でしたもん。

そうなんですか!(笑)
イジーさんへ (小父さん)
2019-06-30 00:34:17
>ジュリアロバーツは最初の頃大根役者に思え・・・

はっはっは、そうでしたか!
Pretty Womanはゴールデングローブ賞 主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門) 受賞 を取ってますよね。

私は、Erin Brockovichを観て、うぉっやるな、と思い、
Eat Pray Loveではいいなと思いました!

>トークショーに出る生の彼女は魅力的で好きになりました

そうですね。
私も、普段の会話で好印象を持つことって多いです。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事