小父さんから

ミーハー小父さんの落書き帳

映画『ダンス・ウィズ・ウルブズ』(Dances with Wolves 1990年 米) / BSプレミアムシネマ

2019年10月24日 | 映画
自殺的行為とも取れるおとりとなって南軍兵士達の注意を逸らすジョン・ダンバー北軍中尉 


  
 

物語
1863年秋、テネシー州は南北戦争の激戦地と化しており、北軍の中尉であったジョン・ダンバー(ケビン・コスナー)は右足に重傷を負う。その足を切断されると思ったダンバーは意を決して馬を駆り、自殺的行為とも取れるおとりとなって南軍兵士達の注意を逸らし、その隙を突いた北軍は一斉に進撃を開始し勝利を収めた。その後おとりとしての功績を称えられ、見返りとして勤務地を選ぶ権利を与えられたダンバーは、「失われる前にフロンティア(米国開拓時代の開拓地と未開拓地との境界地域)を見ておきたい」とサウスダコタ州のセッジウィック砦への赴任を直訴。見渡す限りの荒野と荒れ果てた「砦」で自給自足の生活を始めた。

開拓と食事、そして愛馬のシスコと「トゥー・ソックス(2つの靴下)」と名付けた狼と戯れる生活が続いていたある日、先住民のスー族が愛馬のシスコを盗みに来たため、水浴びをしていたダンバーは全裸のまま銃で威嚇して追い払った。(先住民)自らの集落で「不思議な生活をしている白人がいる」との報告を受けた彼らは、部族の将来のためにもダンバーと接触を試みたほうがよいとの結論を出した。またダンバーも先住民との接触を望んだ。翌日、軍服に身を包み星条旗を掲げたダンバーは先住民の野営地へと向かった。その道中、大怪我を負って倒れている女性と遭遇。先住民の服装を身に纏っていたがよく見ると彼女の目は青い色をしていた。ダンバーがその女性(拳を握って立つ女=メアリー・マクドネル)を助けようとすると彼女は恐怖に震えながら必死に抵抗した。しかし怪我が悪化し意識を失ってしまったため、ダンバーがスー族の集落まで彼女を送り届けた。 ・・・・・・・・。~ wiki


  
 監督・主演・製作はケビン・コスナーの作品。随分以前にテレビで観たんだが、ケビン・コスナーが孤独に陥って  ファイアの回りをトゥー・ソックス(狼)の見ている前でインディアンダンスで気を紛らわしているシーン以外は覚えてなかった。「先住民族を虐殺しバッファローを絶滅寸前に追いやった白人中心主義のアメリカ社会に対して警鐘を鳴らし、フロンティアへの敬意・郷愁を表している点で従来の西部劇とは大きく一線を画した北軍の中尉と、スー族との間で交わされる心の交流を描いた作品」と解説にあり。見入ってしまったが、全編すべてが芝居とは思えなかった。コスナー監督の情熱が向こうから飛んできたのかな?(笑)。第63回アカデミー賞作品賞ならびに第48回ゴールデングローブ賞 作品賞受賞作品だそうだ。いつもながら、映画を観終わった感想に全然なっていないけど(汗)。


ダンス・ウィズ・ウルブズ(字幕版)
 
 
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 令和・即位の礼  天皇陛下「... | トップ | 日本S・屈辱4連敗で終戦の巨... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はちきんイジー)
2019-10-24 23:18:14
昔この映画は観たんですが
ストーリーも記憶になく又観て見たいなと思う事です
Unknown (ree)
2019-10-25 01:38:51
これ、テレビ放送した時に父ちゃんが観てましたよ。
どっちだったかな・・・チャーかニコが生まれた頃で、テレビを観る余裕が私にはなかった頃で、途中途中しか私は観てないんですよ。
はちきんイジーさんへ (小父さん)
2019-10-25 14:53:58
>昔この映画は観たんですがストーリーも記憶になく・・・

私もケビン・コスナーがファイアーの回りを一人で踊っているシーンが感動的だったとだけしか記憶になくストーリーは初めて観た印象でした。

とてもいい映画だと思います。

重症で片足を切断しなければならなくなり自暴自棄になって最初の写真のように南軍の前を駆け抜けるような自殺行為的心理も人間の感情の中にはあるんでしょうね。
reeさんへ (小父さん)
2019-10-25 15:03:41
>これ、テレビ放送した時に父ちゃんが観てましたよ。

いやー、お二方共、ちょっとでも観た映画で良かったです。
私が観ているクラシック映画は誰も知らないことが多いですから・・・(笑)。

2番目の写真に一部大平原を載せていますが、バッファローの大群の光景ほか広い広いアメリカ大陸の風景だけでも魅了されます。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事