小父さんから

ミーハー小父さんの落書き帳

高丘コミセン高齢者大学  「災害への備えなどを学ぼう」 / 総合安全対策室 宮内日出夫先生

2019年07月04日 | 高齢者大学

ここ明石での備えは 「南海トラフ大地震」と「台風」が大きな問題になると思われる。

地震について

 マグニチュードは地震が発するエネルギーの大きさ(規模、力・強さ)を表し、震度は地震が起きた時のわたしたちが生活している場所での揺れの強さを表わす。東日本大震災はマグニチュード9で最大震度は宮城県栗原市で観測された震度7、阪神淡路大震災はマグニチュード7.3で震度は7と言われている。恥ずかしながらこの違いも知らなかったな~(汗)

必ず発生する南海トラフ地震
 今後30年以内の南海トラフ地震の発生確率は80%
 マグニチュード8クラスで最悪の場合、死者が32万人以上に達する可能性
  果たして、大阪万博にカジノ場の建設、関西国際空港などは想定済みなんだろうか?
  人の心配より「自分の命は自分で守る」というのがこの講義のテーマだったけど・・・!


 被害を最小限にくい止めるためには、「市民(自助)」「地域(共助)」「行政(公助)」のそれぞれが連携することが大切。
 自助・共助・公助の救助割合・・・7:2:1
 兵庫県南部地震で家屋の下敷きになるなどし、救助された人の95% が自力あるいは家族、
 近隣住民に助け出された。
  これは実体験した人からよく聞いたね。
 
 







講義の内容がたくさんあったので、とてもここには書ききれないが・・・、「3秒・3分・3時間・3日」という話もあった。

・3秒・・・まず落ち着いて身の安全を確保する事。パニックになると危険。
・3分・・・地震がおさまったら可能な限り火災を防ぐ方策をとる。(ガスの元栓を締める、ブレーカーを落とす。)  近隣の助け合いスタート。
・3時間・・・3時間以内に避難所(安全な場所)に避難する。(家族で予めどこに避難するか決めておく。)一時集合場所を活用し、優先順位を確認して救出活動を行う。
・3日・・・「被災したら3日分の備えを」。公的な支援が受けられるまでは自前の備えでしのぐしかない。被災したら不便は如何ともし難い!

何よりもペットボトル等の「水」の確保の大切さを説かれていた。東日本大震災にもいち早く救援活動に向かわれた宮内先生の話にはとても説得力を感じた。

阪神淡路大震災から24年も経つと防災意識が薄れて来ていましたが、お陰さまで今一度、身の回りから見直さなければと再認識致しました。お忙しい中、誠に有難うございました。
コメント (5)   この記事についてブログを書く
« 避難まとめ 午後8時半 鹿児... | トップ | 7pay問題 7つのポイント... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ree)
2019-07-05 03:41:18
フロリダは地震がないんです。
それだけでも私は安心してますが、ハリケーン、そしてハリケーンに伴って発生する竜巻の危険性はあります。
ハリケーンシーズンになると、いつもより余分にボトルウォーター、乾電池(懐中電灯やランタン用)など用意してますよ。
毎年必ず停電もありますし、数時間で解消される時もあれば、3日続く事もあるので。
備えあれば、です。
Unknown (イジー)
2019-07-05 12:26:44
カリフォルニア南部で20年ぶりのき大きな地震 M6、?があったと聞いた所でした。

中西部のここは竜巻ですね
幸いな事にまだ体験した事はないですが

地球が病気だ  と主人と友人が話していたところでもあります

Unknown (イジー)
2019-07-05 12:29:30
こんな事も、、

https://www.youtube.com/watch?v=WLNffQteIcM
reeさんへ (小父さん)
2019-07-05 15:22:47
>フロリダは地震がないんです。

昔から、「地震・雷・火事・親父」なんて怖いものの代表として言ってきた日本ですが、地震が無いって最高ですね。

でも、神戸に大震災が起こるなんて学者を含めて誰一人として予想していませんでしたよ。
現代科学では予測のつかないことのようです。

>ハリケーン、そしてハリケーンに伴って発生する竜巻の危険性はあります。

これはreeさんのブログを読む以前にはその規模の大きさを知りませんでした!

>ボトルウォーター、乾電池(懐中電灯やランタン用)など用意してますよ。

かみさんに確認したら常に「3日分あるやろ!」と言われました。

>毎年必ず停電もありますし、数時間で解消される時もあれば、3日続く事もあるので。

これって、日本の緊急体制は不思議です。

私が小学校低学年の頃は停電をよく経験していました。
現在は、「雷が変電所に落ちた!」と言っても1分もかからない内にバックアップが働くようです。

所帯を持って(41年間)10~20分くらい停電したのは1~2度です。
イジーさんへ (小父さん)
2019-07-05 20:35:45
>カリフォルニア南部で20年ぶりのき大きな地震 M6、?があったと聞いた所でした。

そうでしたか!
AFPBB Newsに詳しく出ていました。

>中西部のここは竜巻ですね

一度、帰宅途中ですか、冷蔵倉庫に?避難されたことがありましたね。

>地球が病気だ  と主人と友人が話していたところでもあります

はっはっは、地震や津波は地球変動の自然現象ですよ。
早いか遅いかは別として必ず発生することはどの学者も述べています。
32万人の死者が出るという「南海トラフ地震」が明日かも知れませんし、30年後かも知れないということだそうです。

動画を拝見しました。
30℃越えのメキシコの大量のひょうは正しく「地球が病気」と言えるでしょう!

地球温暖化と密接な関係がありそうです。

コメントを投稿

高齢者大学」カテゴリの最新記事