フォト&ツーリング034

 気ままにシャターを押す心地よさ、バイクで風を切って走るにも似て・・・

森林浴~奥静井川~川根路+日帰り温泉

2018-06-04 | ツーリング

 

梅雨入り前の

6月4日AM9時出発、

安倍奥の山間部井川を目指して6台の仲間と出かけた、

安倍川から離れて一路支流の井川方向に進み、富士見峠で休憩し、

井川ダム発電所公園にて井川湖遊覧船の発着時間を待つ。(2人帰宅)

 スカイブルー天も湖面も

(井川ダム発10時55分ー井川本村着Uターン11時50発~井川ダム着 無料)

 (無料乗船バッジ付)  どんな遊覧船か?14人乗り

井川本村までは15分の遊覧、それにしても湖面のブルースカイ色、それに好天の空、

廻りの山間の新緑には老眼の目には優しい景色だ。

船頭の休憩時間に合わせ待つこと20分、再び乗船ダムまでの遊覧

船頭に昼食場所を尋ねると3分走れば(アルプス里の駅)で昼食できると紹介された。

 最近できた?里の駅、井川新茶が飲み放題、いいね!

産地のやさいと、蕎麦、カレー等メニューあり、結構うまい。

しばしの休憩後川根方面を抜けての帰路として、大井川鉄道井川駅脇を

接祖峡方面へ、途中ダム湖のアプト式列車の「秘境駅」で知られる「湖上駅」

を眼下に眺めシャターを押す「ここも雑木草が排除され見やすい絶景」

 秘境湖上駅     

  

 

   長島ダム

 4台で川根路を抜けて一路静岡市街へ

天気良好素晴らしい森林浴満喫の奥静ツーリングでした。16時着

 

 翌8日(金)山間の空気に身心も眼もフレッシュした感動が忘れられずに

「黄金の湯」をめざしツーリング、道標には38Km,約1時間のコース

平日であるので道路も空いている。

11時頃到着し温泉にひと風呂浸かりのんびり深呼吸、昼食を済ませて昼寝。

1時間が過ぎ目覚めの風呂へ、

思い切りのんびりタイムが過ぎ15時30分、帰り際に現役時の知り合い

ご婦人3人グループに声掛けられて驚いた。

(真富士の里)で生わさび5本購入して、

自分へのみやげとした。  16時30分帰宅  

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

群馬春走する

2018-04-30 | ツーリング

29日(日曜)朝8時新東名静岡ICから新清水IC(宍原)高速利用し、年々着実に太平洋側に

造成されてくるR52中部横断自動車道を山梨、六郷から中央自動車道へ、R20(気温22度)

北杜市双葉JCT~R141佐久甲州街道を走る、途中の松原湖で休憩、佐久市R254にて

下仁田町道の駅で昼食、そして目的の世界遺産「富岡製糸所」見学量は1000円、「JAF割引で

900円」外気は日中汗ばむ暑さででした。

 

 

 木の香りに包まれた円周状の建物

 

「世界遺産・富岡製糸所 平成26年6月」 明治維新後日本の近代国家の礎として工場化された産業施設。

明治5年(1872)富岡の地に全国初の官営模範製糸場が創設された。

その後官から民(三井、原合名会社、加アクラ工業)へと変遷し、近代産業のシンボルとして

140年そのままの姿で活用し保存されてきた。

木材の骨組み練瓦造り

 

 

登録当時より休日なのに人数は少ないと・・・P

それでも全国的に名を馳せた世界遺産 富岡製糸所だ!

 

本日のお宿は安中市のいつもの全国ネット、ビジネスH,

 

同志社大学創立者 新島 襄邸 「1843-90」安中藩邸に生まれる

「道の駅 みょうぎ」地元特産のこんにゃく、下仁田ねぎ、農産物が多い、木造の道の駅

妙義山への参拝は仲間2人、腰痛持ちは道の駅でコーヒーブレイク (警備員バイクで登れるとな)

最近は「道の駅」が至る所に充実して休憩にはコンビニ同様に便利になった。横川

SAで給油此処まで5,6ℓ 消費@156

道の駅 「南きよさと」昼食、 街道から見えるたくさんの「こいのぼり」が見事に泳ぐ

大きな池にはコイが空には「鯉のぼりがいっぱい泳ぎ感動、春の花が咲きアルプスホルンが

吹かれ、ドライバーの休憩も多い公園道の駅

朝からの好天に気も緩みジャンバーを薄着に変えての2日目、標高があり

風を切り走行するには甘かった、昼食を摂り一枚重ねての帰路となった(正解)

群馬?山の中・遠いと感じていたが意外と行ってみたら簡単な所、山桜、チューリップ

紅白の梅が今咲く、山吹、ふじ、草花咲新緑目の保養に酔い安全疾走であった。

ETC特割(軽ニ) 静岡ー新清水 390円 富士川本線ー須玉 660円

松井田妙義ー佐久小諸 640円 須玉ー富士川本線 660円 新清水ー新静岡 390円

TOTAL 2,740円 也 


この記事をはてなブックマークに追加

暖春新緑快走

2018-04-17 | ツーリング

1月11日に前車から乗り換え納車された新車のバイク、陽気も温暖に感じたのでお出かけしてみた。

桜花はすでに盛りを過ぎて終盤を迎えていたが、芽吹きの中に惜しまれるようにチラホラと・・・

          

これと言って急ぐこともなく三島大社に参拝、付近を散策し、三島名物の「ウナギ屋」にて

昼食さすがに三島だ!神社前ウナギ屋の店先は昼時もあってなんと行列、少し離れた丸平に

寄りこんでゆっくりと堪能することができた。

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

2018初詣

2018-01-19 | ツーリング

 

 前日1日中久々の雨、明日の初詣は天候はどうかな?と心配していたが、18日は朝から晴天温暖に恵まれた。

一路静岡インターから清水JC~第二東名へと乗り入れ神奈川県平塚市「相模一之宮国寒川神社」へ

 

 

 

 

 

境内は1月という季節柄信者で賑わいお参り後、土産屋台でホカホカ酒饅頭を購入し

 冷えた体の暖を取る。

 

寒川神社・・・全国唯一の八方除けの守護神として、約1600年の歴史を持つ神社。

 

源 頼朝、武田信玄、徳川家代々信仰を受け継いできた。

(大磯プリンスで昼食)

 

 小田原城跡公園

 早咲きの梅・さくらが咲き始めた城址公園を一歩一歩と上り坂石段を進む

 

15世紀中頃に大森氏に築いた城を全身とし、北条早雲に始まる小田原北条氏の本拠

関東支配の拠点として整備、北条氏滅亡後家康の家臣大久保氏が城主。

1633地震により被害を受け大規模改修されて近世城郭の姿に生まれ変わった。

大正12年に関東大地震を機に現小田原市へ払いさげられ城跡公園は国指定史跡・

都市公園に指定史跡整備がされた。入場料@500~650円

 

 

 

 樹齢500年以上幹回り4.5m巨木 イヌマキ         天守よりJR小田原駅・町並み

本丸近くに偉人「二宮尊徳翁の報徳二宮神社」あり。 お決まりのコース小田原蒲鉾工場見学へ、

 

箱根新道~沼津IC~静岡IC

 


この記事をはてなブックマークに追加

酉年の1年悲しみの中の喜びが・・・

2017-12-02 | ツーリング

 

12月2日(土)10時スタート 市町駅伝静岡市Aは4位  

9月4日亡くなった兄、その妹(小学生の部)が遺写真と共に、兄に伝える思いで力走し、家族の悲しみの中に

嬉しさパワーを味わうことができた。

 3区孫は3位何とか維持できた。

  ワクワク冷や冷やしたが3位を継続バトンタッチ  ホットした一瞬

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

ロイヤル ウイング横浜

2017-11-07 | ツーリング

 

10月21日土曜日朝からの小雨で出発には不向きな旅になり、天候には逆らえず気持ちを

切り替えてのお出かけ。

[ただより高いものはない]と言うが折角のプレゼントに横浜中華街・クルーズへ、

 

        

 

     


この記事をはてなブックマークに追加

悲痛・追憶

2017-08-23 | ツーリング

 

 

 

 

  ひとりごと

中学二年になったお前(孫)が体調を崩し、爺婆は学校への朝晩送迎を仕事にしていた。

通学路としていた道、直進すれば学校へ向かう交差点は8月6日からは

左折して病院へ向う道に変わってしまった。

入院すれば回復するかとの期待をしながら、お前を見舞う道となり

爺婆は執念で励まし、会話し、甘えさせて、時間を惜しまず付き添った。

9月に入り 口数も少なく目を閉じる日々になり、4日13時01分お前は

そのままの姿で痩せもせず、いつものように会話し天に旅立ってしまった。

あの日以来この通学路は2度と学校へと続く路にはならなかった。

LAINで交わした「毎日のやり取り」を残し、あの日のことに涙する今日、

多くの周囲の仲間に同級生に見送られ姿を消した。

14歳という短い生涯をおえた。

お前と車中での将来の夢を話ながらのひと時がとても幸せな時間だった。

まだ傍に居るような気がする、現実には叶えられずにむなしい毎日である。

 

感謝 「父母として」

「お父さんもお母さんも 弘翔のこと 絶対に忘れない これからもずっと大好きだよ」

「お父さん、おかあさん、大好きだよ」・・・

面と向かって言われると照れてしまうような言葉も、素直に伝えてくれる子でした。

親にだけではなく、祖父母にも、妹にもです。

私たちにとって初めての子どもと言うこともあり、

可愛さに つい甘やかしてしまいそうになるところを強いて厳しく育てていた面もあります。

妹が生まれてからは、お兄ちゃんとして我慢をさせてしまったこともあったでしょう。

叱ってばかりで やさしい親ではなかったと悔やむ思いもありますが、弘翔はそんな私達の

思いすら ちゃんと分かってくれていたような気がします。

自分が辛くても ぐっと我慢し、いつも周りを思いやっていた弘翔、我が子ながら、本当にまっすぐ、

優しくそして強く育ってくれたと頭の下がる思いです。

 そんな弘翔は、亡くなる数日前から 「ありがとう」と何度も言っておりました。

「何でそんなに言うの?」と祖母が聞くと、 「でもね、感謝しているから」と答えたそうです。

幼くして(8歳)病を患い、闘病生活を続けながらも過酷な運命を恨むこともなく、ただ、みんなに

感謝しながら弘翔は旅立ちました。

大空ではまた元気な頃のように走り回り、思いきり遊んでほしいと願っています。

 長男 弘翔は、平成29年9月 4日 満14歳にて生涯をとじました。

お友達をはじめ、息子を支えてくださった皆様へ心より感謝申しあげます。

      平成29年 9月 9日             父 母より 


この記事をはてなブックマークに追加

伊豆 だるまやま高原

2017-07-03 | ツーリング

 

 7月に入り南から梅雨明けの情報が届く、夏山富士登山のシーズンを

迎えて、富士山に関わる仕事をしていた頃を、なつかしく思い出す。

 静岡県に居ながら当たり前に日々見えている富士の山、見る場所によっては

また日本一の美しい姿を拝むことが出来るのも感動である。

 3日[日」の日帰りツーリングは9台が参加、最近参加者も増えて嬉しい。

 

 

 R1三島から狩野川放水路西海岸を走り山岳道路を

R127にて達磨山へ、駿河湾を見下ろしながらのツーリングは

暑さ知らずで気持ち良い。

絶景を臨むレストハウスにて富士を眺めながらの昼食を摂る。

此処からの富士山は大パノラマで素晴らしい景色である。

名物の「心太」を土産にした。

 

 涼しい山道を下ると暑さも一段と厳しい。

 「戸田道の駅」で一服、かき氷で水分補給し西海岸を抜けて「田子の浦」で休憩解散。

                                             224Km


この記事をはてなブックマークに追加

連休の旅人は・・・

2017-05-05 | ツーリング

   巷では5月の連休、私は毎日が連休、勤めている仲間に合わせての1泊ツーリング。

5月3日(水)朝8時集合~R1,R52~山梨県へ南アルプス市~鰍沢R20(甲府市)

R140~市川三郷町~笛吹川に沿って温泉町石和町~西沢渓谷ループ橋~雁坂みち、

5Km余りの長い有料トンネル(580円)を抜けて滝沢ダム湖を見ながら秩父市へ入る、

市内を通過して南野町荒川渓谷~長瀞町へ着く、渓谷の長瀞舟下りは数社あるらしいが、

長瀞駅近くの舟会社[P無料]で料金乗船料1600円を支払いマイクロバスで渡船場へ、

渓流の荒川を想像し水しぶきを予想していたが、ここ雨が少なく水嵩が浅いので、舟下りは

 穏やかに渓谷を流れに任すように進んだ。

 周囲の新緑と自然石巨岩を整備持ち出しは禁止、唯一自然のまま状態、この川には鮎が

居ないという放流しても「鵜」が食べて全滅と船頭からの説明だった?

 長瀞(荒川)ラインくだり,周囲は新緑がまぶしい、目に青葉・・・のどかだ!

   

                 

すぐ近くに「宝登山神社」があり、参拝「P」無料

境内の小砂利の坂道駐輪場までは後輪が右に左にスリップして一瞬冷や汗、オット トット 

 33の石段を上ると拝殿、彫刻がきれいな神社だ。

 権現つ”くりで彫刻がスゴイ見事

ここまでの走行距離は228Km

 少し早めにR-INへチェックインし、秩父夜市街へ

 ホテルにて入浴後のPM6時~、西武鉄道の終点駅秩父駅街中散歩、皆で居酒屋探し、呑み処が少ないのかどこも満杯

 カウンター夕食会となった。

 

翌日は8時チェックアウトし、徒歩でも行けるすぐ近くの「羊山公園」の芝桜見学を予定に小高な道を上り始めたが、

記憶の片隅から昨年連休明けに来たところだった、高齢者3人が見学離脱。

       羊山公園ー芝桜

 

秩父まつり会館へ、毎年12月2-3日に行われる日本3大曳山祭りに1つ

(秩父夜祭り)を資料実演で紹介している。「ユネスコ無形文化遺産」

音と映像で夜祭を体験、迫力あるパーチャル体験ができる。入館料410円

    

 

 

今にも祭りの盛り上がった光景が伝わってくる迫力だ。

 

道を挟んで向かい側の秩父神社へ

丁度当日国際結婚式が神社で行われていた。

 

 

 

 左甚五郎の作品の彫刻

 

 

R299から小鹿野町へ廻り昼食・「わらじカツ定食」を~R140へ合流(三峯神社)~再びもみじ湖滝沢ダムの

ループ橋を 通過し県境の6625mの有料トンネル「雁坂トンネル」~笛吹市、南アルプス市へR52~R1で

17時30分帰宅、好天の2日間でした。「8ℓ×2 補給のみ」

 

 今年の免許更新でゴールド5年の有効期間がゴールド3年になった、

 更新前の事前講習と免許維持も時間と金がかかるようになった。

 半世紀を超えて今日まで安全に過ぎ去った日々を感謝。


この記事をはてなブックマークに追加

ぽかぽか陽気に誘われて

2016-12-13 | ツーリング

 12月も中旬、今年も師走を迎えてしまった、また歳を重ねてしまう。

何回目の干支か?2017年(平成29年)に羽ばたきたいものだ。

 

 

バイクで片道1時間45Km×2「島田市金谷大代地区」。今回はアポペンが・・・

 


この記事をはてなブックマークに追加