まあちゃんの歩み

「まあちゃん」と孫に呼ばれて暮らす日々の小さな出来事を写真と共にご紹介します。

雪に囲まれて~ SOS!

2018-01-31 | 日記
  雪は 毎日異常と思える程降り続け、雪の山は日々大きくなって行きました。


  1月26日(金)

  雪落としの日の我が家の窓の状況です。

  
                   玄関の窓は薄明り ・ トイレの窓は真っ暗

  
                   真っ暗な洗面所 (左) に灯りをつけました (右)


  1月27日(土)

  毎年小屋の後に、屋根の雪が垂れ下がってトンネルが出来ます。
  今年は大雪だからトンネルの向こうは雪しか見えませんが・・・

                  
                         自宅と小屋の間からの光景

             
                    小屋の屋根

      
             小屋の後方の屋根の雪のトンネル (2枚)

                    


  1月30日(火)

  頼みの綱の排雪車はまだ来てくれません。  

  インナーテラスの窓の外は、大きな雪の山に遮られて何も見えなくなってしまいました。(右から徐々に左へ3枚)


  こんなに積もってしまって! 雪の中に家がある! 見たくない! と 言う思いがして 窓のブラインドを全部下ろしました。

                  
                         ひらふスキー場の方向

            

      
            ボスバーガーの方向


  1月31日(水)

  小屋が潰れはしないかと思われる程、小屋の屋根には大きな雪が垂れ下がるように積もっています。

            
                   小屋の屋根の雪

      
             左半分の雪

                  
                         右半分の雪


  下から見上げると、頭上に落ちて来そうです。 (左 ・ 右 の2枚)

          

                 


  玄関前で振り返って撮ったこの2枚を最後に 家に入りました。  もう雪は見たくない と思いながら・・・

      

                  


コメント

雪落としが終って~ (2日目)

2018-01-28 | 日記
  翌日も、雪落とし作業は続けられました。

            
                   翌朝の屋根の雪

                  
                         一夜で積もった手前の雪

      
             まだ落とされていない雪


     
            作業開始 (2枚)

                  


  屋根の雪を除雪車が運んでいます。

     
            屋根の雪を運ぶ~

               
                      雪を投げ落す~

                    
                           空っぽ!

        
               再び戻り 何度も往復~



  午後4時半、気がつくと 作業は終り このように大きな雪の山が出来ていました。  

  この雪の排雪依頼をしましたが、排雪業者が混み合っている為 当分この状態が続きそうです。

                    
                           積まれた雪 (室内から2枚)

                

          
                 積まれた雪 (2枚)

     


                
                       正面玄関 (KOTORI)

      
             電線に雪の塊

                  
                         遠くにゲレンデの灯り


       
              ブリスロッジングの駐車場の雪

                  
                         ボスバーガーの屋根の雪


コメント (2)

屋根の雪落とし(2)

2018-01-27 | 日記
  1時過ぎに 再び雪落とし作業が始まりました。

  除雪車が屋根の近くに大きな口を開けて待機しましたが、雪を受けられなくて姿を消しました。

      
             待機したけれど・・・ (2枚)

                  
                  

      
             作業が続く~ (3枚)


            

                  

  除雪車が木槌を持った人を乗せて屋根に近づきました。  その人は 木槌で屋根の凍った雪を割り始めました。

      
             凍った雪を割る~(3枚)

            

                  
                         凍っていた!


            
                   大分屋根が見えて来ました

  
                     除雪作業を開始!



  夕闇が迫り、この日は屋根のこちら側の斜面の作業のみで終了しました。

      
             今日はここまで・・・

                  
                         自宅の駐車場~

                  
                         向かいのログハウス

      
             向かい側左方向の夜景

      
             玄関前のポーチから~


  除雪車を載せた車が帰って行きました。

      
             大型トラックに載せられた除雪車

                  
                         走り去る車


コメント (2)

屋根の雪落とし(1)

2018-01-27 | 日記
  宿泊所 「KOTORI] に、大量の雪が積もったので、雪落としをすることになりました。
  本来は、この2倍くらいは積もっても安全だと言う材質及び構造の屋根ですが、知らない方が多いので (不安に思われるかも~) 落して排雪することになりました。

  千歳の会社から来られた作業員の人達は、倶知安の積雪量に驚いておられました。 千歳はあまり積もらないそうです。

  
                       1人が屋根に上り雪を落す

           
                   落ちてくる雪を除ける


      
            3人でドンドン落す

            
                   力を合わせて~


  知らないうちに、屋根の上の人数が増えていました。           

                  
                        後方も~

      
             前方も~

                  
                         板を張り巡らされた建物
                     
       
              除雪車登場!

            
                   雪を押して行く


  屋根の雪は固まっているようで、なかなか減りません。  凍っているのでしょうか・・・

      
             落とし難いようです

            
                   雪の塊を投げ始めました (2枚)

                  


 12時過ぎに屋根の上の3人が降りて来ました。

  
                       順番に 慎重に 梯子を降りる


  作業員の皆さんは昼食に行かれました。

      
             昼食に~ 走り去る車

            
                   人気のない屋根~ (2枚)

                  


コメント (2)

診療所とブリスロッジングと近辺の雪景色

2018-01-21 | 日記
  羊蹄山のよく見える場所に建てられた診療所は、昨年12月に開院しました。 (当面の診療期間は冬季だけのようです)  

      
             左後方に羊蹄山~

            
                   右側にも見える羊蹄山~

                  
                         診療所には見えませんネ (入ってみたいです)


 Oさん宅前の通りの風景です。

                 


  ブリスロッジングのナナカマドは、赤い実が無くなり 深い雪の中に立っています。

     


  正面玄関は奥まった所にあり、雪像が立っていました。 (中央から左の建物が 旧モツアルト)

                  


  何の雪像でしょう? 外国語のメッセージを持っています。

               


  中央に近い白い扉が入口のようです。  

        


  ブリスロッジングの前からスキー場が見えます。

      


  赤い屋根はボスバーガーです。 (旧 パン屋さん)

            


  少し広いこの場所にスキー客専用のバス停があり、数社のバスが頻繁に行き交っています。  

                  


  自宅の庭の向こうに ひらふスキー場が見えました。

            


  カメラを操作していた指先が冷たくて (さすが 雪国!) 尾を振って喜んでくれるバブ君がいる我が家に入りました。


コメント (4)