神社と狛犬見て歩き

主に北海道の神社巡り。最近全国の一宮巡りを始めた。

白山比咩神社/石川県白山市(Shirayamahime Jinja,Hakusan-shi,Ishikawa,Japan)

2018年06月09日 | 神社と狛犬
白山比咩神社/石川県白山市(Shirayamahime Jinja,Hakusan-shi,Ishikawa,Japan)
☆加賀国一宮
2018年5月10日(木)、石川県白山市にある白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)の本宮に参拝。白山(標高2,702m)の山麓にある大きな神社。狭い町の中の道を通り大駐車場に入る。白い第1鳥居。修行中の山伏のような2人とすれ違う。右に社号標、左に由緒板。鳥居をくぐり石板参道。境内はスギ、サクラ、モミジ、ケヤキなどの巨木の森。ツツジ咲く。左に大きな手水舎、芭蕉句碑。参道をゆく。正面に社務所。社務所は長い建物だ。参道は2つに分かれ、斜め右に行くと表参道にぶつかる。石段の下を覗くと下りが続いている。下りるのは止めて上る。白い第2鳥居をくぐると、天然記念物の大ケヤキ・正面には、荒御前神社あり。木々の向こうに手取川の流れる音が聞こえる。参道を左に曲がると神門。くぐると正面に焦げ茶屋根の立派な社殿。右に遊神館、白い鳥居の白山奥宮あり。3つの岩で3山を表現。神門の右に神馬舎。社殿左に天皇陛下参拝記念樹。
獅子狛犬は2対居た。
1対目は第1鳥居の後ろに居た。阿吽像の配置は正常。奉納は平成18年11月(2006年)。胸板厚く筋骨隆々とした体型。耳は立ち、タテガミはフサとなり流れ、小さな尾は尻に張り付く。
2対目は社殿前に居た。阿吽像の配置は正常。奉納は昭和25年3月(1950年)。
形はほぼ1対目に同じ。吽像には角がある。
------------ネットによると-----------
☆所在地
 〒920-2114 石川県白山市三宮町ニ105-1 
☆祭神
 〇主祭神
  ・白山比咩大神(しらやまひめのおおかみ) - 菊理媛神(くくりひめのかみ)と同一神とされる。
  ・伊邪那岐尊(いざなぎのみこと)
  ・伊弉冉尊(いざなみのみこと)
☆由緒
 白山は日本三霊山にも数えられ、古代から崇敬の対象であった。社伝由緒によれば、崇神天皇の時代に白山を遥拝する「まつりのにわ」が創建された。元正天皇の霊亀2年(716年)に安久濤の森に遷座して社殿堂塔が造立された、と伝わる。
養老元年(717年)に越前の修験僧・泰澄大師によって白山に登って開山。主峰・御前峰に奥宮が創建され、白山妙理大権現が奉祀された、と伝わる。

☆地名の由来
 ・白山市:日本三名山の一つとして知られる白山(はくさん)があるところから。平成17年2月1日、1市2町5村(松任市、美川町、鶴来町、河内村、吉野谷村、鳥越村、尾口村、白峰村)の合併により誕生。
------------------------------------





































































































































































































ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 高瀬神社/富山県南砺市(Tak... | トップ | 気多大社/石川県羽咋市(Ket... »