多摩丘陵から四季便り

オリンパスのEPM2にパナの20mm F1.7のレンズを付けて撮っています。四季の折々の風景・出来事等をお届けします。

早春の大泉寺へ

2012-01-18 12:04:31 | Weblog

昨日は天気がよかったので、今年初めて自転車で遠出しました。日向を走っているときは暖かいのですが、一端日陰に入りますととても寒い。30分ほど走って、寺の前に到着。実はこの先にある小山田緑地を目指したのですが、あまりに寒いので行路変更です。(笑)

 

 

この辺りも春には桜が咲いてとても綺麗なんですが。

 

 

境内を進んでいくと真新しいお地蔵さんに赤いちゃんちゃんこ。近くにあったお地蔵さんは年代もので、顔も欠けていましたね。

 

 

山門の手前からパチリ! カメラにフードを付け忘れましたので、フレア現象の様な感じが。

 

 

お寺の中は寒くて木々がこんもりとしていて、厳粛な感じがします。カメラを持っていた年配の方にお目にかかった位で、この時期お寺参りする方はいないですね。

 

 

こちらは年代ものの灯篭。たぶん江戸時代のものでしょうか?

 

 

お寺の中を散策していると、小高い丘にお堂のような建物があり、坂を上って行ってみました。こんな感じでひっそりとたっていましたが。

 

 

この時期の境内はとても寒いですね。じっとしていると風邪を引きそう。(笑) 普段ですと1時間ほど境内を散策するのですが、早々に退散。帰り道も坂が多く、風がありまして冷たくて寒い。やはり遠出はしばらく中止した方がいいですね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 戦車道路を歩く | トップ | 初雪です »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (mico)
2012-01-18 17:52:35
桜並木もすっかり冬木立ですね。
ひっそりとしたお寺も風情があります。
凛とした空気と静寂が伝わって来ました。
Unknown (manamana)
2012-01-18 17:56:57
人の気配がないので、余計寒く感じそうですね。
お家では暖かくして、風邪をお召しにならないように。
Unknown (kazuyoo60)
2012-01-19 09:15:02
りりしいお地蔵様たちです。地獄など六道へ落ちた人を救う仏たちなのですね。先日初めて結び付いたのです。子供の守り神、墓の入り口の仏と思っていた私です。
祈りは石にですね。末代まで朽ちないからなのでしょうか。
こんにちは (多摩)
2012-01-19 14:16:03
micoさん

こちらは関西よりさらに寒いですね。お寺に入りますと何故か厳粛な雰囲気を感じますね。でもとっても寒くて。(笑)

manamanaさん

そうですね。この時期のお寺参りはやめたほうがいいかもしれませんね。風邪を引くのがおちでしょうから。

kazuyo60さん

そうですか?私は知りませんでした。子供の守り口だと思っていたのですが。ありがとうございました。ひとつ勉強になりました。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事