私の闇の奥

藤永茂訳コンラッド著『闇の奥』の解説から始まりました

『闇の奥』の読み方(4)

2007-07-25 10:06:45 | 日記・エッセイ・コラム
 『残ったのはピンターだけ』と題して、テリー・イーグルトンが、7月9日付けのガーディアン紙に、面白い記事を書いています。タイトルは“Only Pinter Remains. British Literature’s long and rich tradition of politically engaged writers has come to an end.”です。その出だしには、こう書いてあります。
「この2世紀の間で、およそ初めてのことだが、西欧生活様式の基盤を問いただす気概をそなえた著名な詩人、劇作家、小説家は、英国には一人も居なくなっている。社会主義者では全然ないというよりは、優雅な生活ぶりの社会主義者(a champagne socialist)である方がましだと賢明にも心に決めたハロルド・ピンターだけは名誉ある例外としてもよいかもしれないが、しかし、彼の最もあからさまに政治的な作品は、同時に、芸術的に最も退屈なものでもある。」
イーグルトン自身も、おそらく、優雅な生活ぶりのマルキシストでしょうが、まあ、そんな事はどうでもよろしい。
 今年の6月、サルマン・ラシュディーが英国女王からナイト称号を与えられたのを機に、ガーディアン紙から依頼されて書いた文章でしょうが、テリー・イーグルトンらしい切れ味が冴えています。ラシュディーについては「西欧についての容赦のない風刺作家であることから、その西欧のイラクとアフガンでの犯罪行為に声援を送る所まで居場所を変えた」と切り捨てます。続いて、Christopher Hitchens とかMartin Amisとか、私などにも聞き覚えのある人たちの変節ぶりを叩いたあと、イーグルトンは、英国が産業資本主義国家として台頭した頃に遡って、シェリー、ブレイク、カーライル、ラスキン、ウィリアム・モリス、など、英国の支配階級批判の健筆をふるった文人たちの伝統を辿ります。さらに、
 「20世紀の始めの三、四十年、英国ではHG ウェルズやジョージ・バーナード・ショーといった社会主義者作家が支配的地位にあった。ヴァージニア・ウルフがThree Guineas(三ギニー)で“他の人々を威圧し、・・・支配し、殺し、土地と資本を手に入れる術策”について書いた時、彼女は、彼女自身を、殆どあらゆる主要なイギリス作家よりも左に位置させたのだ。」
 しかし、第二次世界大戦後は衰退の兆が現われます。50年代の‘怒れる若者たち’の殆どは、やがて、陰気くさい老いぼれたちに変身してしまいます。英国はブレヒトやサルトルに相当するような激烈な作家たちは生まず、アイリス・マードックもドリス・レッシングも尻すぼみにおわりました。結局残るところはナイポール、ラシュディー、ストッパードなどの移民組ですが、彼らも英国の伝統にチャレンジすることよりも、それに進んで同化する方により熱心なように見えます。テリー・イーグルトンは「The same had been true of Joseph Conrad, Henry James and TS Eliot」と書いています。テリー・イーグルトンが、この点で、コンラッドをナイポールの先輩だとはっきり指名しているのは、私には大変興味があります。
 ハロルド・ピンターが世界の人間の敵と看做す政治家たち、とりわけブッシュ大統領を愚弄する彼の毒舌は痛快なものです。今年の3月の発言では、
If you are not with us, you are against us” President Bush has said. He has also said “We will not allow the world’s worst weapons to remain in the hands of the world’s worst leaders”. Quite right. Look in the mirror chum. That’s you.
と言っています。最後のところを訳してみます。「全くもってその通り。だが、あんた、鏡で自分をよく見てごらん。そりゃ、あんたのこった。」
 ハロルド・ピンターは、2005年12月にノーベル文学賞を受賞しました。その受賞講演『Art, Truth & Politics』の内容も烈しいものですが、ここで彼は、芸術における真実の追求を政治における真実の回避に対置して論じています。コンラッドの小説『闇の奥』を芸術作品として読みたいと願っている私にとっては、ピンターが、作家というものは、芸術的言語を使って、作中のキャラクターたちを創造し、彼/彼女らと作家自身の格闘を通して、芸術的真実を追求するものだと語っているのは、たいへん参考になります。これに対して、大部分の政治家は真実というものには興味がなく、権力に、そして、その権力の維持にのみ関心を持っています。「その権力を維持するためには、人民一般が無知の中に止まり、真実について、彼ら自身の生についての真実についてさえ、無知のままで生活していることが肝要である。したがって、われわれを取り巻いているのは嘘で出来たでっかいタペストリー(a vast tapestry of lies)であり、その嘘を糧にして、われわれは日々を生きている」とハロルド・ピンターは言います。今、ブッシュ大統領の大嘘のつづれ錦に包み込まれて、イラク戦争を遂行しているアメリカ国民にそっくり当てはまる言葉と言えましょう。
 前にも取り上げたことがありますが、「嘘」の問題は、昔から、『闇の奥』評論の大きなテーマの一つです。中央出張所に到着したマーロウは、所長をはじめとする白人たちの殆どが、自分の内も外も嘘で固めるような生き方をしているのを目撃して、こう言います。「君らも知っての通り、僕は嘘が大嫌い、何とも我慢がならないのだ。それも、僕が他の人間よりも真っ当で正直だからじゃなく、ただ、嘘というものが僕をぞっとさせるからなのだ。嘘には死の汚れ、免れられない死の匂いのようなものがある?そして、それこそが、まさに此の世で僕が憎み、忌み嫌う?何とかして忘れたいと願うものなんだ。何か腐ったものを口の中で噛んだみたいに、惨めな気持になり、むかついてくる。」(藤永 73)。ところが、これほどまで「嘘」がきらいだった筈のマーロウ本人が、『闇の奥』のエンディングの場面で、クルツの婚約者に、クルツの最後の言葉は「あなたの名前」だったと嘘をつきます。本当は「地獄だ!地獄だ!」と言って果てたのですが。この大きな矛盾をどう読み解くか、これが『闇の奥』解釈の一つの大きなポイントというわけです。
 この点に限らず、クルツやマーロウについての私の読みが、浅薄なポストコロニアル論的レベルに止まっている可能性を,私は、よく反省すべきなのかも知れません。「小説はまず小説として読むこと」--以前そうしたタイトルでブログを書いたことがありました。私は、依然として、同じ地点で足踏みをしているような気がしてならず、ハロルド・ピンターのノーベル賞受賞記念講演の政治的コンテントより、彼が芸術作品の芸術的真理について語っている部分に,より強く惹かれてしまいます。小説『闇の奥』の芸術的真実とは何か?
 そうした想いもあって、久しぶりにシャーロット・ブロンテの『ジェーン・エア』(大久保康雄訳)を読み返しました。1847年に世に出たこの小説は、80の齢をこえた日本の一老いぼれ(an old buffer)に、いまも強い感銘を与える力を持っています。当時の英国植民地がこの小説の上に落す長い影もいくつか認められます。そうした事を,次回には、論じてみたいと思います。

藤永 茂 (2007年7月25日)


コメント   この記事についてブログを書く
« 『闇の奥』の読み方(3) | トップ | 『ジェーン・エア』と『八月... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事