私の闇の奥

藤永茂訳コンラッド著『闇の奥』の解説から始まりました

ポットラッチ

2021-06-16 14:58:05 | 日記・エッセイ・コラム

 ポットラッチという言葉をご存知ですか? この言葉(Potlatch)は北米大陸の太平洋沿岸の先住民の一部族チヌーク(Chinook)の「与える(to give)」ことを意味する言葉から出ています。良い説明がカナダ百科事典などにありますから、後ほど紹介することにして、まずは私の心の中にあるポットラッチの祝祭的な愉快なイメージをお話しします。

 ポットラッチは昔北米大陸の太平洋岸の北から南にわたる広大な地域に住んでいた先住民たちの多数の異なる部族がその間で血を血で洗う様なひどい争いもなく生活をしていた時代によく見られた社会習慣としての儀式であり、彼らが人間集団として育んできた精神文化の一つの現れであったと言えます。

 一人一人の人間は、富や権力を獲得する能力においてどうしても差が出来ますから個人(あるいはその一族)に権力や富が集積する事が社会的に起こります。有力者(一族)の出現です。有力者たちへの権力と冨の集中が野放しに進めば碌なことにはならない事を、おそらく過去の長い経験から先住民たちは学んだのでしょう。有力者(一族)たちは、それぞれの内輪の出産、結婚、相続、葬式、などの機会に、広く人々を招いて大盤振舞いの大パーティーを開いて、その富がどれほど大きいか、それをパーティーにやってきた人々に如何に気前よく与えるかを、競い合ったのでした。大盤振舞いのプレゼントとしては、衣類、毛布、食料品、家具、カヌー、鉄砲、などなど。「偉ぶっているくせに、案外しみったれてやがるな」などと言われたくないばかりに、せっかく積み上げた身代をすっかり潰してしまう有力者もあった様です。ポットラッチでは先住民伝統の自然崇拝的宗教の儀式も行われましたが、一方、1960年台のアメリカでのヒッピーたちの自由集会にも似た乱交パーティー的な要素も含まれることがあったとされています。賑やかなお祭り騒ぎでした。

 ポットラッチの本質は、誠に痛快な(と言っては礼を失する事になりますが)富の再分配の方法であったのです。これぞ、人間社会の持つべき智恵と申せましょう。もし現代の世界の大富豪たちが、虚栄的に気前の良さを競って、それぞれにポットラッチ大パーティをやってくれたら、コロナ禍による不景気など立ち所に霧散解消するでしょうし、もし、今もなお世界金融界に君臨する「モルガン家」が、第一次世界大戦後に、敗戦国ドイツから過酷に金を巻き上げる代わりに大ポットラッチ・パーティを開催してくれていたら、ヒトラーの台頭を阻止し、世界の数千万の人たちが無残な死傷を免れたことでしょう。

 現実に、北米の先住民たちのポットラッチの儀式はどうなったか? 米国の太平洋沿岸の先住民たちは事実上皆殺しにされて居なくなりました。カナダでは西部海岸に到着したアングロサクソン系白人の入植者、キリスト教宣教師、政府役人たちは、未開人間集団と見做した先住民たちの社会習慣であるポットラッチの行事を、先住民の未開後進性の象徴と考え、先住民の同化政策のトップ項目の一つとして、その開催禁止を1885年1月1日付けで法制化ました。禁止規制が解かれたのは1951年です。

 今年(2021年)の5月末、カナダ西岸のブリティッシュコロンビア州の内陸の都市カムループスにあった先住民寄宿学校の跡地で215体の先住民児童の遺骨が発見されました。その中には3歳の幼児の遺骨も含まれていましたが埋葬の詳細はまだ分かっていません。カナダの先住民寄宿学校制度(Canadian Indian residential school system)は先住民を同化するカナダ政府の政策の下で、カナダ全域にわたり、キリスト教教会によって実際の運営管理が行われていました。その数は総数130に及んでいます。1831年から1996年まで運営は続きました。先住民文化の影響受ける前の頭脳的に未発達の4歳から5歳の幼児たちが、親兄弟から強制的に引き離されてされて各地の寄宿学校に収容されて洗脳教育を受けたのです。寄宿舎での生活環境は劣悪で、精神的、身体的苦悩から多数の子供たちが死にました。その正確な数は確立されていませんが、1割以上に達していた可能性が十分あります。管理の責任を担っていたキリスト教教会のメンバーによる未成年者の性的虐待の事実も確かめられていますし、近頃の出版物ではゼノサイドという言葉が普通に使われるようにさえなっています。

 北米先住民の智恵が生んだポットラッチという人間味あふれる祝祭の消滅の歴史を想うにつれ、西欧の人々の自己の思考形態、文化伝統、文明に対する過剰な優越観念がどのようにして育まれてきたかを突き止めたい気持ちにますます駆られます。これこそHUBRISという彼らが昔から知る言葉に値します。過去500年の人類の歴史を省みるに、これこそがルシファーからサタンへの墜落でしょう。

 さて参考文献ですが、一般向けの無難な説明はカナダ百科事典で見る事ができます:

https://www.thecanadianencyclopedia.ca/en/article/potlatch

https://www.thecanadianencyclopedia.ca/en/article/potlatch-to-give-feature

Wikipedia にも詳しい解説があります:

https://en.wikipedia.org/wiki/Potlatch

今回ニュースになった先住民児童たちの遺骨の発見については多数の報道記事がありますが、ここでは2つだけ挙げておきます:

https://www.presstv.com/Detail/2021/06/03/658138/Canada-indigenous-children-residential-schools-graves-survivors

https://libya360.wordpress.com/2021/06/11/215children-indigenous-peoples-grieve-after-mass-grave-found-at-residential-school/

 

藤永茂(2021年6月16日)

コメント   この記事についてブログを書く
« 東洋の平和を守る | トップ | 君はトーマス・クーンを知っ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事