私の闇の奥

藤永茂訳コンラッド著『闇の奥』の解説から始まりました

ロジャバ革命は死んでいない(1)

2018-07-30 23:48:30 | 日記・エッセイ・コラム
 シリア北部のクルド人たちが始めたロジャバ革命について、久しい間、つまり、トルコの不法な侵略によってアフリンが占領されてしまって以来、私は沈黙を続けてきましたが、それは興味の喪失では全くなく、むしろ最大の関心事の一つとして、息をひそめる想いで事の成り行きを見守り続けてきました。それが一ヶ月ほど前から、私が願った方向に動きそうな兆候が見え始めました。今朝(7月30日)の朝日新聞に『内戦終結見据えアサド政権協議 クルド人勢力と』という短い報道記事が出ました:
「シリア内戦で軍事的に優勢なアサド政権と、少数民族クルド人を中心とする武装組織「シリア民主軍」(SDF)が内戦終結を見据えた協議を始めた。会合は26日に首都ダマスカスで開かれ、クルド人勢力側によると、対話のための委員会設置が決まった。SDF側の28日の声明によると、会合は政権側の求めで開かれた。設置される委員会では、「分権的で民主的なシリア」に向けた行程表づくりや、暴力と紛争の終結に向けた取り組みが話し合われる予定という。現在、シリアは政権軍が国土の約6割を支配。一方、米国の支援を受けるクルド人の「人民防衛隊」を中心とするSDFは、国土の約4分の1を押さえている。クルド人勢力は連邦制による自治権獲得を目指している。(イスタンブール)」
( 引用記事終)
 朝日新聞がこの時点でこの記事を掲載したことを一応評価したいと思いますが、内容的にはいくつかの問題点を含みます。そもそもシリアの戦争状態を“内戦”と呼ぶのは根本的な誤謬です。このあたりから出発して、この新聞記事をたたき台に使うことでロジャバ革命という「小さな鍵」が世界平和という「大きなドア」を開くかもしれないというクルド人たちの大きな夢を再度ここで考えてみようと思います。その夢を共有したいという私の思いは前にも増して強くなっています。シリアの地は、イスラエル/米国とイランが対決する修羅場になりかねない状況ですから。
 昨年の暮れ(2017年12月18日)のブログ記事『アサド大統領に物申す:ロジャバを救いなさい(3)』の末尾に私は次のように書きました:
********************
 私には国際政治評論家の振りをするつもりも、未来の予言を試みるつもりもありません。程なくこの世界から決別する一老人として、この人間世界の未来が今よりも生きやすい和やかなものであってほしいと願っているだけです。
 これからのシリアについては、現大統領のバッシャール・ハーフィズ・アル=アサドに私の希望をかけています。元々は政治軍事に関心が薄い穏やかな性格の男で、父親の後継者とみなされていた兄が交通事故でなくなったので、眼科医としてのロンドン留学を途中で断念してシリアに帰国し、シリアの指導者としての父親の後を継ぎました。私はアサド大統領のこの経歴にも興味を感じますが、この人物に関する私の気持ちと判断は、私がこれまで接した多数の講演やインタビューの録音内容の全文(英語訳)から来ています。インターネットという便利なもののおかげで、こちらが求めれば、そうした資料を、時間的にも数年という十分長い時間にわたって、大量に入手することができます。他の例をあげれば、バラク・オバマ、私はこの人物の発言の数々に大統領就任以前から接しはじめ、早い時期に「稀代のコン・マン」と位置づけましたが、それからの十余年、この位置付けの正しさを確認し続けて現在に至っています。私は「文は人なり」という言葉を信ずる者の一人です。
 バッシャール・ハーフィズ・アル=アサドは、これまで、残忍非情な独裁者ではなく、将来もなり得ません。天才的ではなく凡人的ですが、真剣に正確に物事を考える十分の知性と人間らしい感性の持ち主です。個人としては、ロジャバ革命を推進するクルド人たちの心情と熱意と決意を充分理解している筈だと私には思われます。
 ロジャバは北部シリアのトルコとの国境線に沿って東西に並ぶ三つのカントン(行政区画、県のような)、西からアフリン、コバニ、ジィジラ(Afrin, Kobanî, Cizîrê )、からなっています。シリア紛争の結果、コバニとジィジラの二つのカントンはうまく繋がりましたがアフリン地域とコバニ・ジィジラ地域との間にはトルコ軍が北から南に越境進出してロジャバは二つの部分に分断されています。現在、トルコ軍はアフリン地域に侵攻して占領することを目論んでおり、また、コバニに対しても攻撃をかけています。トルコはロジャバ革命に引導を渡したいのです。潰してしまいたいのです。このあたりを中心に今後のシリア情勢は展開すると思われます。米国とイスラエル、それに対する、ロシア、イラン、イラク、それにトルコがどう動くかによって、シリアの近未来は決められるのでしょうが、私が信を置くアサド大統領が、北からの侵入したトルコを北に押し返し、国境線に沿って、アフリン、コバニ、ジィジラの三つのカントンを連続した行政地区として、それまでロジャバ革命を推進して来たクルド人とその地区のアラブ人その他の人々の大幅な自治に委ねる決断を下すことを、私は切に願ってやみません。
********************
 次回には最新の状況を具体的に論じます。


藤永茂(2018年7月30日)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 片岡仁左衛門の富樫左衛門 | トップ | ロジャバ革命は死んでいない... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事