私の闇の奥

藤永茂訳コンラッド著『闇の奥』の解説から始まりました

サパティスタは強くなり大きくなりつつある(5)

2019-05-22 23:24:49 | 日記・エッセイ・コラム
 これまで数多くのベネズエラ関係の記事に接した結果、米国は直接の軍事介入に踏み切ることが出来ず、操り人形による内政干渉も、他のあらゆる制裁措置も、マドゥロ政権の打倒に成功しないだろうという判断に、私は到達しました。ベネズエラの“サパティスタ”、つまり、ベネズエラのコミューン民主主義勢力が米国に対して勝利を収めるということです。もしこの勝利が実現すれば、それは世界史的な意味を持ちます。Another World、今のようでない世界、「じゃなかしゃば」に向けての第一歩が踏み出されるということです。 
 前回のブログに引用した三つの記事の二つはロシア政府の国営チャンネルだと見做されているRT(Russia Today) から取りました。このRTのニュースの信頼度をどう考えるかという質問を含むコメントを出張勝也さんから頂きました。国際的事件の報道がプロパガンダの戦いになってしまった現状では、RTの信頼度についてもこの角度から考えるのは当然でしょう。しかし、エバ・バートレットというジャーナリストへの私の肩入れは諸大国の報道プロパガンダ戦の問題から少しずれています。彼女はロシア政府やシリア政府の手先として悪名さくさくですが、ジャーナリストとしての出発点はガザのパレスティナ人の苦難への共感でした。ウィキペディアには、彼女の職業はブロガーとなっています。そのブログはhttps://ingaza.wordpress.com、興味のある方はその[ABOUT ME]を読んでみてください。
 反米的にベネズエラの情勢を伝える記事はRTの他にも、勿論、沢山あります。
Federico Fuentes という人の多数の記事から我々は多くを知ることが出来ます。前回の終わりにその一つを紹介しました:
「ベネズエラのコレクティーボとは何者か」
https://zcomm.org/znetarticle/who-are-venezuelas-colectivos/
「なぜ米国のクーデターは失敗に終わりつつあるか」
https://zcomm.org/znetarticle/venezuela-why-the-us-coup-is-failing/
「コミューンからの展望」
https://zcomm.org/znetarticle/venezuelas-crisis-a-view-from-the-communes/
「我々の問題は我々で解決する」
https://zcomm.org/znetarticle/venezuelans-we-want-to-resolve-our-problems-by-ourselves/
ベネズエラのコミューンについてはRobert Hunziker の「ベネズエラのコミューンは国を守る」:
https://dissidentvoice.org/2019/05/venezuelan-communes-protect-the-state/
という記事も読み応えがあります。この記事の最後に紹介してあるChris Hedges による約26分のビデオも見てください。クリス・ヘジズは私が最も信頼する論客の一人です:
https://www.youtube.com/watch?v=23H-HNYmDnc
 この度の失敗クーデターとコミューンの人たちの頼もしさについては、以上の他にも色々の記事があります:
https://libya360.wordpress.com/2019/05/16/communal-endurance-in-the-23-de-enero/
https://zcomm.org/znetarticle/defending-chavezs-project-today/
https://zcomm.org/znetarticle/venezuela-up-close/
http://axisoflogic.com/artman/publish/Article_84562.shtml
 最後にまたベネズエラ情勢に関する記事の偏向と信憑性の問題に戻ります。5月21日のニューヨークタイムズには、
「経済学者曰く、ベネズエラの崩壊は、戦争を除けば、この数十年間で最悪」
(Venezuela’s Collapse Is the Worst Outside of War in Decades, Economists Say)
と題する長い記事が掲げられ、その副題には
Butchers have stopped selling meat cuts in favor of offal, fat shavings and cow hooves, the only animal protein many of their customers can afford.
と嫌みいっぱいの汚らしい嘘が書いてありました。
https://www.nytimes.com/2019/05/17/world/americas/venezuela-economy.html?nl=todaysheadlines&emc=edit_th_190518
この新聞記事の虚偽性と米国政府の戦争指向支持に対する激烈な抗議がPeter Koenig によってなされましたのでご覧ください:
https://dissidentvoice.org/2019/05/venezuela-in-misery-lies-and-deceit-by-the-media/

藤永茂(2019年5月22日)
コメント   この記事についてブログを書く
« サパティスタは強くなり大き... | トップ | 侵略する側・戦争を起こす側... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事