私の闇の奥

藤永茂訳コンラッド著『闇の奥』の解説から始まりました

今頃になって決心がついた

2018-05-24 21:31:17 | 日記・エッセイ・コラム
 「世界最大の監獄」と呼ばれるパレスチナのガザ地区で、数万人のパレスチナ人がイスラエルとの国境沿いの場所に集結して、イスラエル建国(1948年)によって奪われた土地への復帰を求める非暴力の抗議デモを行いました。この参加者に対して、5月14日、イスラエル軍は容赦なく実弾を浴びせて、60人の死者、おそらく3000人近くの負傷者がでる大惨事となりました。
 このイスラエルの暴挙に対して、私が常々信頼を置く人々から、全く口籠もるところのない、截然とした非難の発言がなされました。私はそれに背中を押されて、やっと決心がつきました。今からは、イスラエルという国とユダヤ人を、私に可能な限りにおいて、直視することにしようと心を決めました。ナチ・ホロコースト、つまり、ユダヤ人受難の問題と原爆の問題、広くは、大規模無差別爆撃の問題は、人間が人間に加える悪魔的「悪」の問題として、敗戦後から今日まで、私の心中に蟠踞し続けてきました。
 もう時間切れの恐れが多分にありますが、出来るものならば、死ぬ前に、この問題について自分なりに納得できる一つの答えに達したいと思います。ナチ・ホロコーストとヒロシマ・ナガサキが、どのような形にしろ、絡み合った一つの問題として胸の中にある老人たちが多数居るのではないかと私は推測し、これから先、この拙いブログを通じて、そうした仲間に問いかけをして、一緒に考えてもらいたいと願っています。
 Paul Craig Robertsは以下のような文章を書いています:
「Chris Hedges, America’s Last Real Journalist, a profession now owned by propagandists hired by interest groups to tell their lies, gives us reason to think—Are Israelis God’s Chosen People or Satan’s Genocidal Racist Psychopaths?」
「Some Jews have an extremely high moral consciousness, whereas most Israelis seem to have no moral conscience whatsoever.」
「Watch the film, “Killing Gaza,” and see if you can find any semblance of a moral conscience in the Israeli government. Support this film. It is very important for the moral consciousness of mankind, which is the only factor that prevents nuclear war.」

https://www.paulcraigroberts.org/2018/05/14/build-house-israel-destroys-raise-child-israel-kills/

 Glen Ford は次のような文章を書いています:
「The great nakba, or “catastrophe,”began in 1492, when Christopher Columbus proclaimed the lands of the “Indies” for Spain. Within half a century of his voyage, 95 percent of the inhabitants of the America’s had been killed by European-borne diseases, war, famine and enslavement: 100 million dead , or one out of every five human beings on the planet, the most catastrophic loss of life in recorded history.」
「With the fall of white rule in South Africa in 1994, Israel is now the world’s last apartheid state, a government based on ethnic and racial supremacy. Its very existence is an insult to humanity. Israel is the antithesis of civilization. It is, by nature, racist barbarism. So, it is no wonder that the scenes from Gaza look like the movie Schindler’s List , where the Nazi concentration camp commander took sport in randomly shooting inmates from his window.」

https://www.blackagendareport.com/500-years-nakbas

 Robert Fisk は次のように書いています:
「Monstrous. Frightful. Wicked. It’s strange how the words just run out in the Middle East today. Sixty Palestinians dead. In one day. Two thousand four hundred wounded, more than half by live fire. In one day. The figures are an outrage, a turning away from morality, a disgrace for any army to create.」
「“It’s a great day for peace,” Israel’s prime minister, Benjamin Netanyahu, announced. When I heard that, I wondered if my hearing was defective. Did he actually say those words? Alas, he did.」

https://www.counterpunch.org/2018/05/18/how-long-will-we-pretend-palestinians-arent-people/


藤永茂(2018年5月24日)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
« トーマス・マートンも暗殺された | トップ | Settler Colonialism(セトラ... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (山椒魚)
2018-05-25 01:25:19
ユダヤ人のこの残虐さを見ると,ユダヤ人を絶滅させようとしたヒットラーにも一定の正しさがあったように思います
Unknown (通りすがり)
2018-05-25 10:08:32
当然の権利をイスラエルや国際社会に訴えている丸腰のパレスチナ人に対して笑いながら射殺するイスラエル兵、ネタニヤフと笑顔で談笑するトランプ。アメリカ=イスラエル、諸悪の根源。
連続していると捉えるか、不連続と捉えるか (海坊主)
2018-05-26 13:24:28
 この事件に関しては『マスコミに載らない海外記事』にコメントしておりますので、下記リンクをご覧いただけたらと思います。

人が家を建てるとイスラエルが破壊する。人が子供を育てるとイスラエルが殺す。
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2018/05/post-4aa1.html


 「ナチ・ホロコースト」「(ルワンダ、アルメニアなどの)ジェノサイド」「ヒロシマ・ナガサキ」「大量破壊兵器」「核兵器」などを、人類が生み出した絶対的な悪として看做すべきかにつきましては、既に『核戦争を阻止しなければ』の記事にコメントさせていただいており、私はその考え方には変わりありません。

 人間が為すことに、人間が生み出すものに「善悪」と値付けしているのは、他でもないその人間自身です。私は、人間が為すもの、生み出すものが全て連続した一つの軸上に並ぶのではないか、と考えています。つまり、いわゆる「悪」から「善」までが陸続きであって、それはあたかも「右翼」と「左翼」が一続きの議会場でそれぞれの陣取った場所で区別されたように。もちろん「右翼」が悪で「左翼」が善であるということを言っているわけではありません。相対的な違いが、ある距離感をもって表象し得る、と言いたいのです。

 いわゆる「悪」と「善」が陸続きでなく、不連続な線上にぽつんぽつんと存在し、それぞれが独立した変数であると捉えるとしたらどうでしょうか。此方の立場から見た彼方は全く理解不能で愚かな思考、行為とみなされるので、決してお互いが歩み寄ろうとはしないでしょう。やがて自らの立場に自尊心が芽生え、それが乗じて相手側に対して優越感を抱くことでしょう。それは蔑視、憎悪へと発展していきます。そうして、いつまでも「善」と「悪」の間には埋め難い断崖が存在続けることになります。「悪」と「善」を不連続に捉える事は、そうした精神状態に自ら進んで陥ろうとする動きを後押ししているのかも知れません。

 「善」を知る者が「悪」をも知る、「悪」の感情を持つ者が「善」をも理解する、とういった双方向的な心の動きを自在に行える者が他者を慮ることが出来る、つまり「善」「悪」を乗り越えることが出来るのだと私は思います。

 では、「悪魔」的所業や「悪」と看做せる生産物を行使する、あるいは生産する人間の精神状態はどうでしょうか。おそらく、相対する他者に対する蔑視、憎悪や無視という感情がその人間の中に無意識に時には意図的に生み出されているのでしょう。『プロパガンダ』とは、そのような感情というか空気を醸成するために総動員される宣伝行為であって、人間が自然に抱いてしまう感情とは異なる別の感情を押し付けようとする行為といえそうです。

 しかしながら、人間は憎しみを常に抱く続けることは出来ません。「悪魔」的所業や「悪」と看做せる生産物を行使した、生産した、という結果を直視出来ない時もあるでしょう。時には、自らの犯した罪に恐れ慄くこともあるでしょう。

 でも、人間はそれを認めたがりません。何故なら、誰もが自分たちの手で為した行為、生み出した生産物が齎した惨たらしい状況から引責される罪を一身に受け止めることが出来ないからです。自然を破壊し、多くの動植物を死滅させ、今を生きる人々の命を奪い、これから生まれてくるはずだった新たな命の兆しすら奪い去ってしまった事実は、それを為した人間が背負えるほど決して軽くないからです。

 だから、それが為される前に、生み出される前に歯止めを掛けるのが大事なのです。そのためには「法の支配」が必要だと私は思います。言うまでもありませんが、行き過ぎた「法」を定めるほど愚かな行為はありません。所与の条件で生まれ育った様々な人間が、それぞれの生き方と考え方を踏まえ、より良い「法」を立てるため生きている限り真剣に考え続ける、そういった態度が常に必要なのだと私は思います。

 「他者に興味はない」「政治に関心はない」「世界で起きていることに興味がないし知りたくもない」「今だけ、自分だけで手一杯だ」という態度は、大罪へつながる線上を「悪」の方に向かって歩む、その行為を承認している事と同義だと私は思うのです。
Unknown (近藤英一郎)
2018-05-29 03:32:19
このことの関する貴ブログのご発言を切望しておりました。
ベルギーのパレスチナ連帯活動家らが、ブリュッセルのEU本部前広場に、2008年以降 ガザへのイスラエル軍による
攻撃で死亡したと推定される4,500人分の靴を並べ犠牲者を追悼するとともに、イの戦争犯罪に抗議 しました。
<帰還大マーチ>が始まった3月30日から、もう既に130名以上の人が亡くなり、3000名以上が負傷しました。
3万人規模のデモで3000人以上が怪我を負うとは、(銃創の数は不明)10〜15人に1人の者が撃たれているということです。
イ軍兵士は、丸腰の人たちの腹部や頭部を狙い撃ちにし、殺しに懸かっています。
大怪我により、脚や腕を切断された人、盲目になった若者たち、もう失う物が無い彼らとて、
まだこれからの人生を しばし生きてゆかねばならぬのに。養わねばならぬ家族もいるでしょうに。
しかし、世界は静かでした。こんな、<人間狩り>が娯楽のように行われているのに。
西岸やエルサレムですら、連帯のデモは起きなかったと聞きます。
何故このような犯罪が公然と行われ、許されているのか。
打ちのめされます。
ユダヤの人 イスラエルの人 (よい=ノラや)
2018-06-03 22:54:18
個人的によく知るユダヤ人というのは男女一人づつしかいませんが、二人とも親が年取って威信がおちてきて心置き無くクリスマス行事に参加できて嬉しいってな調子です。二人ともユダヤ教徒の再生産はしてません。だからと言って彼らの子供たちがユダヤ人扱いを受けないかというとそうでもなさそうで、、、そこは僕の手には全くあまるので手をつけません。サルトルさんに任せます。

ガザでの蛮行はイスラエル軍の行為です。軍とイスラエル人を等価にまとめたいのであれば、自分の祖父母世代は日帝とイコールであったとする覚悟が必要です。

イスラエルでは強硬派がトップにつきどうやってか人気を保ってる。イスラエルに住むみなさんの様子に関しては全く知識がありません。中には高台から軍の蛮行を眺めてピクニックする人もいるそうですが、そうでもない人もいると信じたい。

で、肝心のイスラエル軍の行為をどう感じるかというと、これは酷いの一言。海坊主さんは善悪は線引きできるものでなく事件はグラデーションのどこかに点として捉えうるとおっしゃいますが、僕には少し可憐で安定した、体感的に把握できる範疇でのみ運用できるアイデアと思えます。

程度問題とはいえあるところを超えると質的な変化があります。平和な例をあげますが、細切れ野菜のスープと野菜のポタージュは野菜を細かく切っていくという同一線状にありますが、どんなに野菜を包丁で細かく刻んでもポタージュにはなりません。両者は同一線状にあっても質的には異なるものです。

非道あるいは蛮行といえばやる側はいくつもの心理的なハードルを、一線を越えなければなりません。だから出来事を一線上あるいは軸上に並べたとしても横の目盛りと黒さ・白さそしてその隔たりへ至る一線を超える抵抗の非線型性などを考えると線でも面でも立体格子グリッドでもなんかな?と思ってしまうのです。やられる側にはそんな上等なことを考えてる暇はありません。心が痛いです。

イスラエル軍の行為の非道さに関していえば、ヤダヤ経典で異教徒の扱いに関するところの激しい部分だけを強調すればそもそも異教徒に対して「非道」とかいう考えそのもを否定できてしまうでしょう。前線の兵士にとって相手は人ではないのです。そういった心の準備が整ったものを前線に配置しているはずです。でなければ作戦後の心のケアが高くつきすぎます。

藤永さんが今にらむところはここら辺なのではないでしょうか?何故そこまでしてまで多大な人命被害を出す方法で無理を通したがる連中がいっぱいいるのか?なんでそんな奴らが定期的に小さくはない国のトップを取っては非道をやらかす状況がまかり通るのか?通底するマントル対流ー虐殺のマグマみたいなもんが人間一般に備わって閉まってるとしたらどうしよう??

今回の虐殺は国内外及び兵隊たちの準備には随分時間がかかってるはずです。ヨーロッパにおけるリビジョン研究の違法化から数えても10年ちょっとですか?

15年くらい前でしょうか?日本で、イスラエル軍蔵出しの鎮痛音楽をヒーリング音楽として売れないかという話を持ってきた怪しいのと話ましたが、イスラエル国内の閉塞感や麻薬蔓延はどうしようもないと言っていたのを思い出しました。

てんでバラバラですがここで一旦。失礼しました

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事