私の闇の奥

藤永茂訳コンラッド著『闇の奥』の解説から始まりました

Settler Colonialism(セトラー・コロニアリズム)(2)

2018-06-18 22:52:50 | 日記・エッセイ・コラム
 ウィキペディアに
**********
大航海時代(だいこうかいじだい)は、15世紀半ばから17世紀半ばまで続いた、ヨーロッパ人によるアフリカ・アジア・アメリカ大陸への大規模な航海が行われた時代。主にポルトガルとスペインにより行われた。
「大航海時代」の名称は、1963年岩波書店にて「大航海時代叢書」を企画していた際、それまでの「地理上の発見」、「大発見時代」(Age of Discovery / Age of Exploration)といったヨーロッパ人の立場からの見方による名称に対し、新しい視角を持ちたいとの希求から、増田義郎により命名された。
**********
とあります。増田氏によれば、大航海時代の始まりは1415年、終わりは1648年とされています。この提案は世界史の時代区分として、学問的に、十分の意義を持っているのでしょうが、ポルトガルによる北アフリカへの侵略(1415年)に始まる、ヨーロッパによる非ヨーロッパ世界の侵略と植民地化、それによる非ヨーロッパ世界の住民の大苦難時代は、この600年を通じて切れ目なく今日まで続いています。1492年、コロンブスがカリブ海の島に到着して、インドに着いたと思いこみ、周辺の先住民をインディアンと呼んだことはよく知られています。コロンブスを暖かく迎え入れた先住民たちについて、「健やかな体つきで良い奴隷として使えそう」であり、「物の所有という概念が希薄であり、彼らの持ち物を所望すれば、気前よく呉れる」といった感想を残しています。「コロンブスの卵」の話は有名ですが、おそらく作り話と思われますし、私たちがコロンブスについて覚えておかねばならないことは、口にするのもおぞましい先住民大虐殺の実行者であったという事実です。1493年、17隻の大船団を組んで二度目の大航海を敢行しますが、それには植民地の設立のための多数の軍人と入植者が乗船していました。コロンブスの軍隊がおこなった先住民の大虐殺は、その徹底した残忍性において特筆すべきものがありました。ヨーロッパから持ち込まれた伝染病や飢饉の影響も重なって、コロンブスの到着後の半世紀間に中南部アメリカの先住民の9割以上が殺され、その総数は数千万にも及ぶと推定されます。俄かには信じがたい、世界史上最大の大虐殺です。コロンブスが始めた先住民虐殺の残虐性の伝統は南北アメリカ大陸の侵略に受け継がれ、特に、やがてアメリカ合衆国となる地域ではその東部から始まって大陸西岸の“インディアン”の絶滅に至るまで継続します。このブログの前回で紹介したアーシュラ・K・ル=グウィンの語り口を拝借すれば、アメリカ大陸インディアン撲滅の『ホロコースト』は、ユダヤ人大量殺戮が実行されたナチ・ホロコーストを、その規模において、一桁上回るものであったのです。
 一方、アフリカ大陸を侵略支配したヨーロッパ勢力は、アメリカ“新大陸”植民地化の労働力需要に見合う奴隷狩りを行ってアフリカ大陸の有能者人口を奴隷として大規模に“新大陸”に送り込み、また南アフリカの地域にはセトラー植民地を開きます。しかし、ここに一見奇妙な事実があります。大航海時代の始まり(1415年)からヨーロッパは猛然とアフリカ大陸に襲い掛かったにもかかわらず、19世紀の終わりの時点まで、アフリカ大陸の大部分がまだヨーロッパ諸国の領土にはなっていなかったのです。この史実については拙著『闇の奥の奥』に詳しく説明しましたので興味のある方は読んでください。ここでは「2 黒人奴隷の悲史」の冒頭の部分を引用します:
**********
 すでに15世紀に始まったヨーロッパの海外大侵略(彼らはこれを大航海時代と呼ぶ)とアフリカ大陸の歴史に疎い私たちは、20世紀にあと一息という時点で、ヨーロッパのすぐ南に位置するアフリカ大陸の80%の土地がヨーロッパ諸国の領有下ではなく、先住民の手に残されたままであったと聞けば、奇異な感じを持つだろう。
 コロンブスがアメリカを“発見”したのは1492年、ポルトガルのカブラルがブラジルを“発見”したのは1500年、アメリカ独立宣言は1776年、1861年にはアメリカの内戦(南北戦争)が始まり、1863年にはリンカーンが黒人奴隷の解放を宣言する。これはレオポルド二世即位の直前である。その350年間に約1000万人アフリカ黒人が奴隷として大西洋を渡り、交易商品として、“新大陸”に送り込まれ、ほぼ同人数がアフリカから狩り出されて輸送される途中で無残な死を遂げたと推定されている。史上最大の人間集団強制移動、大量虐殺の悲劇である・・・・
**********
大西洋をまたぐ奴隷交易が終焉に向かったのは、荒っぽく言えば、利益をあげる効率が下落したからであり、リンカーンの黒人奴隷解放にしても国家経済的なものが最大の理由でした。
 アフリカ大陸本土の本格的収奪の開始のシンボルは、ドイツ首相ビスマルクの提唱で開かれたアフリカ分割に関するベルリン会議です。参加した国は、当時アフリカに野心を持っていた、イギリス・ドイツ・オーストリア・ベルギー・デンマーク・スペイン・アメリカ・フランス・イタリア・オランダ・ポルトガル・ロシア・スウェーデン・オスマン帝国の14カ国、アフリカからの参加は全くありませんでした。全くもって、ひどい話です。会議は1884年11月から1885年2月末にかけて行われ、ベルギーのレオポルド二世にコンゴの支配を許すか否かが中心的な議題になりました。Scramble for Africaという言葉で知られることになったこのベルリン会議で承認されたレオポルド二世の私有コンゴ植民地で何が起こったかが拙著『闇の奥の奥』の主題です。また、このブログでも2007年から2008年にかけてこの問題を論じました。レオポルド二世のコンゴで彼の過酷な政策の犠牲になった黒人の死者数は少なくとも6〜700万人に及ぶと考えられます。1千万という数字も挙げられます(例えば、Noam Chomskyの『YEAR 501』のp20)。
 第二次世界大戦後、アフリカ全土に脱植民地の動きが高まり、レオポルド二世のコンゴも、1960年6月30日、コンゴ共和国として独立を果たしますが、初代首相として選出されたパトリス・ルムンバは、米国CIA(当時の長官はアレン・ダレス)に操られたコンゴ国軍参謀長モブツ・セセ・セコのクーデターの犠牲となり、1961年1月17日に暗殺されました。享年35歳。それからの30数年は、東西冷戦たけなわの時期でもあり、アフリカの反共の護符として独裁者モブツは、ニクソン、レーガン、ブッシュ(父)大統領の“友情”をほしいままにし、その間、米欧の鉱業資本はコンゴの豊富な鉱物資源を貪欲に収奪したのでしたが、1991年のソ連解体後は、無用厄介の長物となり、「第一次コンゴ戦争」と呼ばれる内戦で政権の座を追われてモロッコに亡命、死歿。しかし、その後も「第二次コンゴ戦争」と呼ばれる国内の混乱が続き、失われた人命は合計すると優に7百万に達すると思われます。しかも、コンゴの住民たちの苦難は今も続いています。これは「内戦」ではありません。外から仕組まれた戦争です。世界の産業資本がコンゴの驚くべき豊かさの鉱物資源をほしいままに収奪するためには、しっかりとまとまった独立国コンゴ共和国など存在しない方が良いのです。パトリス・ルムンバの遺体は硫酸で溶解されてしまったとされていますが、彼の魂は冥界でのたうち回っているに違いありません。
 筆が走りすぎてしまいました。これまでコンゴの人々が蒙ってきた「ショアー」、「ホロコースト」、「 ナクバ」のことを考えると、つい、私は興奮してしまうのです。拙著『闇の奥の奥』のp230に、私は、「過去五世紀に渡ってアフリカの黒人の上に際限なく積み上げられてきた「重荷」の総重量に比較すれば、アウシュヴィッツもヒロシマ・ナガサキも物の数ではない。死者の数で計っているのではない。罪業の重さ、罪業の深さで計っているのである」と書きました。次回はセトラー・コロニアリズムの主題に戻ります。

藤永茂(2018年6月18日)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 妊娠女性に対する差別 | トップ | Settler Colonialism(セトラ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
藤永先生、わたしも革命家に! (池辺幸惠)
2018-07-05 11:47:13
先日の先生の記事を女性画報?だったかしら??よませていただき、すぐコピーしました。^^)先生のお顔あらためて拝見できてとてもうれしかったです。
そして、fbにさっそく載せました。お許しくださいませ^^)
===============================
再びご案内します。わたしの最も尊敬する藤永茂先生です。
 たったひとりの「革命」だと雑誌には紹介されています。が、わたしはいつも藤永先生と同じ思いで、共感しながら学ばせていただき読ませていただいていますから、わたしも革命家の卵かもしれません。^0^)
 かねてより長年読ませていただいてきた、藤永茂先生の「私の闇の奥」のブログには、弱きもの心やさしきもの虐げられてきた者たちへの、かぎりないを愛と慈しみにあふれる目線で世の真実を見抜いて述べておられます。同時に平気で悲しみと苦痛を押し付け、傲慢で鈍感で残酷な強きものたちへの憤りも筆致強く表わされており、これまで覆い隠されてきたさまざまな事実・真実に光をあててきておられます。
 いかにわたしたちは盲目であるか、情報を追求しないままに知らなさすぎるか、世の中の偏ったメディアにだまされ洗脳されてきているかが、はっきりと見えてきます。
ほんとうに恥ずかしく、今日では知らないことは悲しくも罪でなのです。藤永先生のようなまっとうな意識と広い心と良心にそった思考の論理性とでとりあげられるさまざまな事実に、わたしたちはこのブログをあらためて有り難く深く受け止め、一人一人が自らを革命家に育ててゆかねばならないと思うのです。そして良き意識改革へと向かおうとする者どうし手をつなぎ心合わせて、世の不正義と闘ってゆくためにも、ありがたいコンパスがこの藤永先生の見解見識なのです。
池辺幸惠さんへ (藤永茂)
2018-07-06 16:24:57
過分のお言葉有難うございます。9.11で私の蒙を啓いてくださったのは池辺さんでした。憶えておいでですか?私はアーム・チェアの革命家ですが、あなたは本当の革命家です。いつまでもお元気で。
つましく、誠実に、懸命に生きる人たち (桜井)
2018-07-07 17:15:03
池辺さん、情報提供をありがとうございました。
『婦人画報』8月号、さっそく注文し、今日、届きました。
藤永先生の穏やかなお顔、背筋の伸びたお元気そうなお姿を拝見でき、安心するとともに、とてもうれしくなりました。実は私も先生のお顔を拝見したのはこれが初めてです。

ブログで、ご自身のご病気のこと、入院のこと、ご体調のことに触れられた時があり、その後、奥様の介護のことにも触れられるようになり、色々お大変な状況をお察ししつつ、案じてきました。今回の『婦人画報』には、奥様がお風呂やリハビリに行かれる合間をブログの作業にあてられているとあり、本当に頭の下がる思いです。『婦人画報』の記事は、「92歳のブロガー」という一面に飛びついたものではなく、先生の内面・問題意識・生き方まで丁寧に掘り下げた充実した特集記事でした。編集部の見識と誠実さをたたえたいと思います。

ところで、藤永先生は九州・福岡の方とうかがいましたが、今回の大雨の影響はいかがでしたでしょうか。どうか御身の安全を第一にお過ごしくださいますよう。

最後になりますが、最近、心を動かされる新聞記事がありましたので、ご紹介させていただきます。東京新聞7月3日の朝刊1面トップに掲載された以下の記事です。

2人暮らし18年 父の死言えず 「介護大変、でも幸せでした」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201807/CK2018070302000129.html

この記事は、桂歌丸さんの死、皇族の婚約記者会見、羽生結弦さんに国民栄誉賞などのニュースをさしおいて、1面トップの扱いでした。以前、藤永先生がご当地の地方紙・西日本新聞を褒められたのを思い出し、こうした冷静な紙面構成をする新聞人の良識を高く評価します。とりわけ、この記事を取材・執筆された記者・木原育子さんに深い共感を覚え、今後のご活躍を応援したいと思います。

西日本新聞を讃える(2010年12月15日)
https://blog.goo.ne.jp/goo1818sigeru/e/f17cc949dc32ddb0387d62173ac216da

再び西日本新聞を讃える(2011年3月23日)
https://blog.goo.ne.jp/goo1818sigeru/e/77b80ce243d5bc42c241064d6423b68e

東京新聞のこの記事から、もう一つ思い出したのは、藤永先生の以下のブログ記事です。

へそを見詰める(2010年9月1日)
https://blog.goo.ne.jp/goo1818sigeru/e/313b12ce7f49116430c2ea7c051b0d2e

父に愛情をそそぎ、つましい生活と介護を続け、父の死に心がいたみ、貧困のなかで葬儀すら出せなかった女性に対して、「色々とサポート制度があるだろう」とか「どんなに苦しくても、そこはしっかりしなければダメだろう」とかいう声が、とりわけ自己責任論の強い今の世の中では多く出されがちですが、私はそういう声には違和感と嫌悪感を覚えます。そういう厳しい声ではなく、先生の上記ブログの視点や、今回ご紹介しました木原記者の視点にこそ共感を覚えます。

「巨悪の大犯罪」や「権力者のパワハラ・モラハラ」こそ強く叩き、「弱い人間のつまずき」は温かい目で接してあげる、そんな社会であってほしいものです。
先生の女性遍歴7人^0^を私も追いかけて^^)V (池辺幸惠)
2018-07-18 17:05:12
先生、先生が素敵でらっしゃるのは思った通りでした。背筋もしゃんと頭脳明晰の92才のブロガー、どうしたら先生のようにすてきに年をとれるのかしらと、私も真剣に取り組まなくちゃとほんと真剣に思わされているところです。これからはもっともっと真面目に読んで読んで理解して考えて何をすべきか・・・と、まずはその7人の女性に挑戦。先生こそ、ほんもののフェミニストですね、奥様も幸せらっしゃる。
 それと先生のご本も全部読破しなくちゃ。音楽もそうです、心が何を言いたいのか何を現したいのか何を歌うのか、そこが肝心なんです。
 それにしても、婦人画報の編集の方の先生を理解しての聡明な記事にいたく感心しました。そもそも先生をこのようにとりあげてくださるだけでも偉い!!!日本の雑誌も捨てたものじゃないようですね。Abeの政治の非道さは、多くの人々に、政治にはほんものの情と心がないと決して人々を幸せにはできない、ってことに気づかせてくれましたね。それだけ!!!は、よかったのかも。~.~)
どうぞお体に気をつけてこれからもいろいろご教示くださいますようよろしくお願い申し上げます。

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事