私の闇の奥

藤永茂訳コンラッド著『闇の奥』の解説から始まりました

アフリンで何が起こっているか(2)

2018-02-26 20:28:57 | 日記・エッセイ・コラム
 米国はシリア国内の反アサド傭兵地上軍としてISからクルド人軍隊YPG,YPJへの乗り換えが余りにもうまく運び、シリアの北東部のトルコ国境線、イラクとの国境線、ユーフラテス川が形成する広大な三角形の地域を占領することに成功しました。面積的にはシリア全土の20%を超え、シリアの石油資源の主要部を含みます。面積的にも、石油資源を含むことも、イラク北部のクルド人自治区(KRG支配地区)とよく似ています。実は、この二つの地区、今度米国が支配下に入れたシリア北東部の三角形地区とイラク北東部のKRG支配地区、はその形成過程も類似しています。1991年の湾岸戦争で米国はイラク北部に飛行禁止空域を設けてクルド人地域を保護し、クルド人はサダム・フセインに反抗してその支配から脱して実質的な自治を獲得する方向に米国が誘導し、2003年のイラク戦争でフセイン政権が崩壊した後は、クルド人地域政府(KRG)の支配地域の形で実質上の米国属領として機能してきました。米国には、もともと、クルド民族に独立の国土を与える方向に中東情勢を仕向けて行くつもりなどはありません。2017年9月に行われた独立に関する住民投票の実施に米国が反対を表明したのは、イラクのクルド人に対する裏切りなどではなく、当然のことであったのです。
 シリア北東部の三角形地区についても、米国は同じようなことを考えていると思われます。現在、米軍の指揮下に入っているロジャバのクルド人軍隊YPG,YPJはイラクのKRGの軍隊ペシュメルガよりも格段に戦闘能力の優れた地上軍勢力ですから、YPG,YPJを主力として編成されたシリア民主軍(SDF)を傭兵地上軍とし、これを米空軍が援護すれば、シリア北東部に米国は居座り続けることができると踏んだのだと考えられます。この私の見解は既に2017年10月30日付のブログ:
http://blog.goo.ne.jp/goo1818sigeru/e/3452b26b37ccd6b946a7f033ee1e8533
に書いた通りです。
 しかし、トルコの南に直結するロジャバ地域にオジャランの革命思想を実践するクルド人主導の自治連邦が出現し繁栄することになれば、トルコ内のクルド系人民(一千万を優に超える)に強烈な政治的影響を与えること必定です。実際、オジャランの革命思想はトルコ国内でクルド人がジェノサイド的迫害から受けてきた苦難から生まれたと言ってよいのですから。トルコのエルドアン大統領にしてみれば、ロジャバ革命の全面的成功は断じて許すことのできない事態です。しかし、ここで注目すべき事実は、トルコ(エルドアン大統領)とイラク北部のクルド人自治地域との関係は良好であることです。クルド人地域政府(KRG)は、米国の援助庇護のもとで、オジャランの革命思想(PKK)に敵対する姿勢を取っているのがその理由の一つです。経済的にもトルコとの関係は親密なものがあります。従って、ロジャバ革命の背骨がへし折られて、シリア北部のクルド人自治地域が、イラク北部と同じく米国の援助庇護のもとで飼いならされてオジャランの革命思想(PKK)との繋がりがなくなれば、トルコは満足するでしょう。前述の通り、米国もロジャバ革命の成功成就を求める気など皆無、というよりトルコと同じく、革命思想の骨抜きをした属領的地域の設立を目指しています。
 では、ロシアはどのように考えているのでしょうか?一般的情勢から判断して、シリアの国土(国境)は現在の形を保たせながら、ロジャバのクルド人たちにある程度の満足を与える形の自治地域を用意することを目指していると私は推測します。この場合、ロジャバの西の端の、今問題のアフリン・カントンは一旦、トルコ軍に占領させ、後の和平交渉の過程で侵入したトルコ軍撤退の手筈を探るつもりであっただろうというのが私の憶測です。
 私の憶測の細部の当否などはさておき、トルコ、アメリカ、ロシアが見誤っているとはっきり言えるのは、オジャラン/ロジャバ革命を遂行しようとする人々の熱意の度合いです。革命を守ろうとするロジャバ人民防衛隊YPG,YPJの熾烈な戦意です。イラク北部のクルド人地域政府(KRG)統治下のクルド人の独立意識の熱意、KRGの軍隊ペシュメルガの戦意とは比較にならないほどの違いがあることは明白です。1月20日、トルコ国軍は、シリア北西部のクルド人地域アフリンに対して、“Olive Branch(オリーブの枝)”という呼び名の軍事作戦を開始しましたが、これを迎え撃つYPG,YPJの抵抗は熾烈を極めています。
 損害の発表は、例によって、信用が置けませんが、双方すでに数百人の戦死者が出ていると思われます。「アフリンは第二のコバニになる」「アフリンは第二のディエンビエンフーになる」というロジャバのクルド人の叫びは空虚な脅し文句でも、駆け引きでもありません。彼らの断固たる決意の表明です。聞き誤ってはなりません。彼らのアフリン・カントン死守の硬い決意は今後の事態を左右するカギを握っていると思われます。
 それに加えて、(私の個人的な願望に近い憶測ではありますが)、シリアのアサド現大統領とその側近のオジャラン/ロジャバ革命思想に対する胸奥での共鳴を挙げたいと思います。これは、2011年以来のロジャバのクルド人とアサド政権との相互関係の継続的観察からの結論です。昨年末、アサド大統領がロジャバのクルド人を突然「裏切り者」と呼んで物議を醸しました。このことについては2017年12月27日付のブログ記事『裏切り者(traitors)』で取り上げました。
 本日(2月26日)現在、アサド政府の正規軍ではなく、政府を支持する民兵勢力なるものがアフリン市街に入ったことは確認されています。ロジャバの革命勢力とアサド政権のトルコに対する共闘の姿勢が明白になりました。戦況に関する報道はほとんどすべてにプロパガンダの機能を担っているので頼りになりませんが、はっきりしていることは、トルコのエルドアン大統領がごく短時間で終了すると豪語したアフリン攻略作戦が開始から35日経った今もアフリンの町に侵入できないままに停滞していることです。トルコ軍側の占領地域の拡大の速度は遅々たるものです。
 シリアをめぐる米国側とロシア側の権謀術策の切り結びの激烈さが世界をどこに導くのか? 世界の中東アナリスト達は、己がじし自己の職業的安泰を計算しながら、勝手なご託宣を並べていますが、ロジャバのクルド人たち、それを含むシリアの人民達にとって、これは死ぬか生き延びるかの問題です。外から不条理に彼らに襲いかかってきた巨大な悪に対する彼らの抵抗は、文字通り、必死の抵抗です。これらの名もない民衆の必死の戦いの勝鬨が、シリアの地で「もう一つの別の世界」の誕生の産声として、碧天に響き渡る日が訪れることを祈って止みません。

なお、事態の最近の動きについてのネット上の記事はたくさんあります。ご参考までに、その一部を挙げておきます:

https://southfront.org/damascus-government-rreached-agreement-with-ypg-over-afrin-area-al-mayadin-tv/

http://www.presstv.com/Detail/2018/02/16/552524/Syria-Kurds-Afrin-deployment-Turkey

https://syria360.wordpress.com/2018/02/22/citizens-of-afrin-welcome-popular-forces/

http://syriaarabspring.info/?p=46712

https://www.globalresearch.ca/the-kurds-have-backed-damascus-into-a-corner/5630031

https://anfenglish.com/features/our-resistance-has-changed-the-political-and-diplomatic-balance-25077

https://anfenglish.com/features/hadrien-desuin-a-turkish-victory-in-afrin-is-impossible-25134

https://southfront.org/government-forces-got-control-over-all-neighborhoods-of-aleppo-city-which-had-been-controlled-by-ypg/

https://anfenglish.com/rojava/ypj-salutes-the-resistance-of-the-age-in-afrin-25086

https://roarmag.org/essays/turkey-begins-offensive-kurds-rojava/

https://roarmag.org/essays/call-solidarity-defend-afrin-defend-humanity/


藤永茂(2018年2月26日)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« アフリンで何が起こっている... | トップ | ジャーナリストの苦衷 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事