私の闇の奥

藤永茂訳コンラッド著『闇の奥』の解説から始まりました

核戦争を阻止しなければ

2018-04-09 19:54:41 | 日記・エッセイ・コラム
 全面的核戦争の危険が今日ほど高まったことはこれまでなかったと思います。何としても核世界戦争を阻止しなければなりません。私は2010年の春にこのブログの『核抑止と核廃絶』と題する一連の記事((1)〜(6))で核抑止と核廃絶という二つの考え方(理念、思想)の根本的な違いについて論じました。核廃絶の考えは「核兵器は絶対悪である」という思想に基づいています。この立場は湯川秀樹、朝永振一郎、豊田利幸などの日本の物理学者たちによって強く唱えられました。アインシュタインやバートランド・ラッセルのような人たちも同様の考えを持っていたと思われます。しかし、レオ・シラードと彼に同調した人々は、核兵器を絶対悪として退けるかわりに、核抑止という政治的イデオロギーを全面的に推進して、そのもとで核兵器と共に生きることを、今日まで、我々に強制し続けることになりました。「核抑止」という悪魔的なイデオロギーを世界に広めたことによって、「ヒロシマ」と「アウシュヴィッツ」の区別が導き入れられることになったといってもよいのです。その責任をレオ・シラードたちは背負わなければなりません。
 2016年4月19日付のブログ『核廃絶は政治を超える』

https://blog.goo.ne.jp/goo1818sigeru/e/2b5a235ccfe0381efff9c46b06941419

の中で私は次のように書きました:
**********
私見ですが、広島も長崎も、オバマ大統領を進んで招致すべきではありません。たとえ彼が何らかのギミックで広島、長崎で原爆犠牲者慰霊のポーズをとったにしても、彼の脳裏に政治的な計算以外のものがあるはずがありません。彼には慰霊の資格がありません。「米国大統領の来訪そのものが、世界の反核運動の促進に、ひいては核廃絶に役立つ」という考えがあるとすれば、私はそれにも反対します。核廃絶を政治の場の問題として考えていては、核廃絶は達成できないでしょう。
 核問題は文明の問題、我々の大部分がその中で息づいている文明の問題です。理論物理学者ロバート・オッペンハイマーが嘆いたように、「核軍備をゲーム理論的な勝ち負けの問題としてしか考えない文明」の問題であります。この問題を考える度に想起するのは故鎌田定夫氏(1929~2002)の「原爆体験の人類的思想化を」(『ヒロシマ・ナガサキ通信』122号)と題する一文です。その数行を引用します:
「あの戦争と原爆によって真に魂の危機を体験したか否か。真に死者と被爆者の立場に立ってあの悲劇を受けとめ、思想化し得たか否か、その根本が問われているのだ。日本人として、あるいはアメリカ人としての総括、思想化に止まらない。まさに人類的な総括、真に深い人間的な立場に立つ『ヒロシマ・ナガサキ』の世界化、人類的思想形成への実践がいま要求されていると言わねばならない。」
これに関して、以前、私は次のように書いたことがあります:
「原爆地獄の劫火の中で被爆者が立ち会った筆舌に尽しがたい表象は人間性の深淵に盤居する絶対悪の現前したものではなかったか。鎌田定夫氏の「原爆体験の人類的思想化を」という問いかけを心に思い浮かべる度に、この絶対悪を断固として拒否し、その廃絶を目指すことが、この問いかけに答えることではないかという想いが、私の心の中で、募って来ています。」
**********
 それに続いて5月17日には『一方的核軍備廃絶(Unilateral Nuclear Disarmament)』

https://blog.goo.ne.jp/goo1818sigeru/e/fc781368fba5c297afda10882461d037

で、
**********
 オバマ大統領の広島訪問という、実に忌々しい政治的見世物を炯炯たる眼光で見据える日本の若者たちの中から、真に揺るぎない核廃絶の思想を確立する大思想家が出現してくれることを、私は願ってやみません。アドルノ、ベンヤミン、アレント、などなどを超える広さと深さを備えた敢然たる思想家でなければなりません。
**********
と記しました。しかし、私が披瀝した念願は未だに叶えられていません。核廃絶の思想、核兵器が絶対的な悪であるという想いが全世界の人々に共有されることを妨げている大きな政治的力の一つは、ヒトラーによるユダヤ人の受難こそが比較を絶した「絶対悪」の顕現であるというシオニズムの主張の執拗さにあると私は考えます。シオニストによれば、ユダヤ人の受難だけが、大文字のSHOAH、大文字のHOLOCAUSTであり、他の諸々の大虐殺は、コンゴであれ、ヒロシマ・ナガサキであれ、全て小文字の「ショアー」、小文字の「ホロコースト」です。日本人を含めて、世界中の知識人たちはユダヤ人の受難を“記憶されえぬもの 語りえぬもの”として語りがちですが、そうした知的な深刻ぶりを排除した場所で、私たちは絶対悪について記憶し、語ることができます。アウシュヴィッツについても、ヒロシマ・ナガサキについても、コンゴについても、私たちにその気さえあれば、十分明確に記憶し、十分明確に語ることができます。
 このまま、世界の政治状況が推移すれば、核戦争は必至と思われます。この事態の深刻さを、荒野で、しきりに叫び続けている米国の賢者Paul Craig Robertsの勇気ある発言の数々をブログ『マスコミに載らない海外記事』は逐一翻訳紹介してくれています。実にありがたいことです。しかし、私としては、若い世代の日本人の論者たちからの直接の強力な発言を期待してやみません。

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/


藤永茂(2018年4月9日)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« アフリンのクルド人民防衛隊... | トップ | チョムスキーさん、これはい... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
「核兵器」を求める精神は絶望的な悲劇を希求する? (海坊主)
2018-04-14 12:22:37
 以前、ある記事のコメント欄に私は下記のように書きました。その思いは今も変わっていません。

 “私は資本主義が悪であるとは考えていません。核が悪なのではなく、その影響力(核兵器)を全体ではなく一部の欲望のために行使しようと目論む者が悪であるのと同様に、使い方次第で如何様にもなると思うのです。”

「ミシシッピー州ジャクソン市で希望の灯が点った」
https://blog.goo.ne.jp/goo1818sigeru/e/699d0fd8d3ff66f4f095abd4e4b53807

 「人が人を裁く」、「人が人を喰いものにする」、「人が人の命を奪う」ということがまかり通る弱肉強食の世界ならば、核兵器で他国を脅迫することだって普通にあり得ます。
 「法による支配」をこの世界全体が承認し、遵守できるのであれば、みだりに核兵器をチラつかせて他国を脅かす事は容易でないでしょうし、国際連合や常任安保理の決議を無視して他国を侵略したり、他国の制空権を奪ったりすることも出来ないでしょう。法の遵守が法の保護の要請を正当化するので自らの利益に繋がるからです。

 しかしながら、現実はそうではありません。二度に渡る世界大戦は米国に覇権を与える結果を生みました。米国を超大国という不可侵的地位に据える国際秩序が誕生したのです。

 法による庇護が全く無用なほど超大な米国は、世界全体を自国のやり方に引き摺り込んでいます。その上、自国に不利益をもたらす恐れのある国際法には全く批准せず、法の外からこの国際社会をコントロールしています。英仏はその超大国の右将軍、左将軍となっておこぼれを与かろうとしています。国際社会全体が彼らの横暴を押し止めることが出来ないのなら、いかに「核兵器は絶対悪」と万民が叫んだとしても事態は好転しないでしょう。米英仏からの執拗で不当な攻撃に対して、常に冷静に正当な反論をロシアがしているのは、法の支配による秩序維持が自国の利益につながると考えているからでしょう。しかし、引き返せない地点まで事態が進展しまったら、ロシアも覚悟を決めます。そのとき、私たちも覚悟を決めるしかないでしょう。


 私は「アウシュビッツ」や「ナチホロコースト」を絶対悪と見做すことに懐疑的です。同じく「核兵器」を絶対悪と言い切る事にも躊躇います。もし、「核兵器」を絶対悪のように特別視する捉え方があるとするのなら、それは「人が用いる道具として核兵器はどうか」という切り口ではないかと思います。

 人は様々な道具を発明し自らの生活と精神を豊かにしてきました。例えば「火」は灯りとして、暖房として、調理手段として、エネルギー源として非常に役立つ道具ですが、扱い方を間違えたり注意を怠れば大切なものを奪ってしまうほど危険な存在です。古来から多くの人々が知恵を出し失敗を重ねて来た結果、「火」を上手く使いこなせるようになりました。そして人は、そのような「火」に自身の心情を重ね合わせて詩を詠んだり、思いを託した沢山の言葉を残して来ました。もはや、「火」は道具としてだけでなく精神的にも人に必要とされている、と思うのです。

 翻って「核兵器」はどうでしょう。存在するだけでも放射線対策を常時必要とするほど厄介で、鮮度(劣化)・被曝化の問題もあるのに、核廃棄物の処分については未だに安全に解決する手段を見いだせていません。地中奥深くの貯蔵施設に数百年に渡る保管で誤魔化しています。未来に託す負のタイムカプセルのようなものです。そんな「核兵器」を例えに心情を語るとすれば、自己中心的、攻撃的でかつ自己破壊的といった強く矛盾に満ちたものになるでしょう。「核兵器」を求める精神は絶望的な悲劇を希求していると思わざるを得ません。

 「核兵器」は道具として現代の私たちの手に余るのです。閉じ込めた地獄の凶悪な猛獣がその檻を壊して地上に這い出る、その瞬間を絶えず心配しているようなものです。
 「道具として人の手に余るので核兵器を扱うべきではない」という捉え方で考える、というのが私の意見です。
若者の教育が急務 (トヨタエミ)
2018-04-19 13:07:57
はじめまして。
ネットでいろいろ勉強していたところ、
藤永様の記事に当たり、ブログ記事まだ全部ではありませんが、いくつも読ませて頂きました。とても重要なこと、真実がたくさん述べられていて、このようなことを、今の若い世代(私も30代ですが)に明確に伝えていく必要があると感じます。いや、そんな悠長なことも言っていられないくらい、国家の一大事くらいの大変な情勢の中ですから、若者の教育が急務だと思います。
もっと藤永さまのブログより更に勉強させて頂きたいと思いますし、直接お話したくなるトピックがたくさんあります。近くにお住まいでしたら是非お会いしたいくらいです。カナダの化学者と書かれていて、不思議なご縁を感じました。カナダの高校を卒業したものですから★今後ともよろしくお願いいたします。
「闘将星野に続くことわずか4ヶ月未満で鉄人衣笠選手もガンに倒れる」 !!! (豊岳正彦)
2018-04-27 18:27:02
日本の国家予算100兆円医療費40兆円でそのうち厚労省発表で10兆円がガンの医療費である。
ほんとうは超高価な抗がん剤や遺伝子治療や放射線治療を厚労省に認可させるための莫大な金を使ったロビイ活動がなされており、
これらの高額治療が開発で消費する電力料金(原子力ムラ)その他を補助金で賄っていることを併せて勘案換算すれば実質「国民が全額を負担する」ガン医療費は20兆円弱になっている。

これほどの巨額を毎年治療研究に費やしているとしたら、普通の国ならとっくの昔にガンなど消えうせてしまっているはずだが、
日本厚労省保険医療死因統計では毎年成人のガンによる死亡が激増して昨年はついに死因統計が始まって以来初めてガンが成人死因の第1位となった。
いまや成人国民の3人に1人以上がガンで天寿を全うできずに亡くなってしまうのである。それも、唐突に。

一体世界唯一の被爆国日本の厚労省医政局保険医療のガン治療研究医学界はなにをやっているのか。

恥を知れと思う。

奇跡体験アンビリーバボー!のユーチューブを紹介する。みんな見てね。

https://www.youtube.com/watch?v=NLIGGlboPWo

これは山がもたらした奇蹟などでは無い。
日本の病院の厚労省ガイドライン抗がん治療をすべて止めて日本脱出したら一発で治った実録である。

日本のガン医療は治療と称して毎年18兆円もの医療費を国民から治療費の名目で詐取して、ただただガンで死亡する成人を日本国内で激増させている。
日本厚労省医政局役人の言いなりのガン医療に従事して日本中の成人をガンで夭逝させ続けている日本厚労省医師免許医師は、患者の病を治すべきなのに逆に巨額の治療費をかけて匙を投げ余命宣告しているだけではないか。

厚労省が押しつけるガン治療を止めてヒマラヤに登って本当に自力だけできれいさっぱりガンを治したこの人に日本のガン専門医者は何て言うのか聞きたいものだ。
抑止論とか (よい)
2018-05-14 00:18:00
その他の技術的な話に興味を持った時点で、大量殺人反対派としては負けだと考えています。昨今、強力になりすぎた現状の抑止的核戦力は使えないことが前提となった感があるので、いざって時もありうるドキドキの戦術核こそが抑止力になり得るとか、平気で出鱈目いう連中の言う事なんか聞きません。
ボルボやメルセデスが、万全を期すよりも、動かない可能性もなきにしもあらずの安全装備のほうがかえって安全運転を喚起するので…なんて言い出したらそれでも買いますか?
まあ、核兵器の売買には関われそうにもない身です。はい。でも、通常の商売では考えられない規模で空前の出鱈目がまかり通ってる。そしてその商品の効きを試したが最後って考えると呑気なことに加担して同じ土俵で批判してるのも同罪だぜと言いたくなります。

あと、平和な所に住んでこんな事を考えているとどうしても高所大所から俯瞰する感じになってしまいますが、僕は超越者の視座につかないように自戒しています。

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事