独眼竜国際ジャーナルの ヒデと明美の愛のブログ ヒデと明美が日々の愛の生活を書き留めます。

ヒデは1,人工透析、2,心臓が弱り40%機能、3,リウマチ身体が不自由

後2年、長くて5年以内に寿命尽きる予測

比大統領、「恒久的に」クウェートでの就労渡航を禁止

2018年04月30日 | フィリピン永住生活、、天国か地獄かな
比大統領、「恒久的に」クウェートでの就労渡航を禁止


4/30(月) 8:34配信 AFP=時事
比大統領、「恒久的に」クウェートでの就労渡航を禁止
クウェートから帰国したフィリピン人労働者ら。フィリピン・マニラの国際空港で(2018年2月18日撮影、資料写真)。【翻訳編集】 AFPBB News
【AFP=時事】フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ(Rodrigo Duterte)大統領は29日、就労を目的とした自国民のクウェートへの渡航を恒久的に禁止すると明らかにした。これまでは一時的な措置にとどまっていた。クウェートで就労するフィリピン人労働者への待遇をめぐり、両国の外交的な対立がさらに深まっている。

【写真】比大使館職員、クウェートでメイド救出関与 主権侵害と激怒され外相謝罪

 クウェートでメイドとして働いていたフィリピン人女性が、冷凍庫内に押し込められた状態で発見された事件を受け、ドゥテルテ大統領は2月、クウェートでのフィリンピン人の新規就労を全面的に禁止していた。

 さらに先週、クウェートのフィリピン大使館職員が、雇用主から虐待を受けていたとみられるフィリピン人メイトを手助けしている様子を捉えた動画が公となったことをめぐり、クウェート当局がフィリピンの外交官に国外退去を命じたことから、両国の緊張が高まっていた。

 ドゥテルテ大統領は出身地である同国南部ダバオ(Davao)で記者団に対し、「禁止措置を恒久的なものにする。特に家政婦は今後増えることはない」と語った。

 フィリピン外務省によると、クウェートでは約26万2000人のフィリピン人が働いており、その60%近くが家政婦。【翻訳編集】 AFPBB News

【関連記事】
クウェートで出稼ぎのフィリピン人女性、冷凍庫で発見 無言の帰国
フィリピン人家政婦、サウジで漂白剤飲まされ「深刻な状態」
「スクラップにしろ」、比大統領が密輸高級車の破壊を命令
冷凍庫から比メイドの遺体、指名手配の夫婦をシリアで拘束
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 口論相手に胸ぐらつかまれ電... | トップ | 「日本車がつまらないのはユ... »
最近の画像もっと見る

フィリピン永住生活、、天国か地獄かな」カテゴリの最新記事