独眼竜国際ジャーナルの ヒデと明美の愛のブログヒデと明美が日々の愛の生活を書き留めます。比国移住25年紀行

地雷原フィリピン移住生活27年、ほとんどの外人が破滅する

人工透析、心臓が弱り、リウマチ身体が不自由

保守言論人がようやく真子さんとKの結婚に恐る恐る言及した話しをフィリピンで語る。金銭トラブル解決の動きない小室圭さん 母・佳代さんは無言

2020年11月21日 | 芸能ニュース
金銭トラブル解決の動きない小室圭さん 母・佳代さんは無言

11/19(木) 7:05配信
3305

保守言論人がようやく真子さんとKの結婚に恐る恐る言及した話しをフィリピンで語る。

NEWS ポストセブン

代理人弁護士は「小室さんは国民の理解を得られるよう、積極的に動いてきた」と言う(撮影/黒石あみ)

 先日、小室圭さん(29才)との結婚について“お気持ち”を示す文書を発表された秋篠宮家の長女・眞子さま(29才)。結婚は再延期となり、結局進展はないままだ──。

【写真】「お寒い中、お疲れさまです」と語った小室佳代さんは全身黒っぽいファッションでうつむきながら…

 陽はすっかり落ち、秋の冷たい夜風が吹き始めた夕刻、神奈川・横浜市内のマンションに1人の女性がタクシーで帰ってきた。背中を丸め、マスクで顔を深く覆った“防御姿勢”で足早にエントランスへと向かうのは、小室さんの母・佳代さんだ。

 今年の夏には胸元まであった髪は短く切りそろえられていた。佳代さんがマンション入り口のインターホンに向かって声をかけている間、本誌・女性セブン記者には背中を向けたままだった。いくら質問を投げかけても答えは返ってこない。

──お母さんとしては、やはりホッとしていますか?

 最後にそう尋ねると、佳代さんは振り返ってマスクの奥で確かに笑みを浮かべ、会釈をした。

「お寒い中、お疲れさまです」

 そう言い残し、マンションの中へと入っていった──。それは眞子さまが「お気持ち」を発表された翌々日のことだ。佳代さんのその笑みは、愛息の結婚が大きく動き出したことへの喜びにほかならないだろう。

《結婚は、私たちにとって自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択です》

 11月13日、眞子さまが、婚約内定者の小室さんとの結婚について記された「お気持ち」文書を、宮内庁が公表した。

「皇族方が強い言葉で自身の胸の内に言及されるのは極めて異例のことです。世間からの批判に晒されることも覚悟の上だと思いますが、それでも“言いたいことがある”“黙ってはいられない”というご意思が感じられました」(皇室ジャーナリスト)

 文書で強調されたのが、秋篠宮ご夫妻の「理解」だ。冒頭には《両親の理解を得たうえで》文書の公表に至ったことが記された。

「文書中で気になったのは、『両親の理解』という言葉が、文書の公表に対する理解を指すのか、それとも結婚に対する理解なのかということでした。その点について、皇嗣職大夫ははっきりと“結婚に対しての理解だ”と認めました。秋篠宮さまの了解があった上での明言だったはずです。眞子さまのご意思が相当に強く、それを秋篠宮さまは受け入れざるを得なかったのでしょう」(宮内庁関係者)

 紀子さまは9月の誕生日に《長女の気持ちをできる限り尊重したい》と示された。

「“できる限り”という言葉には“できないこともある”というニュアンスが感じられます。ですから、紀子さまは結婚は認められないと、オブラートに包んで表現されたと思っていました。ですが、今回の文書を見ると、紀子さまもお誕生日の時点ですでに諦められていたのかもしれません」(前出・宮内庁関係者)

 紀子さまが出されたのは眞子さまの結婚を認める“白旗宣言”だったのだろうか。「立皇嗣の礼」が新型コロナで延期されるまで、「お気持ち」文書は今年4月時点で公表できるよう準備されていたという。約7か月もの間、眞子さまはその決意を温めてこられたのだ。

眞子さまだけを矢面に立たせた

 11月30日、秋篠宮さまは55才の誕生日を迎えられる。「記者会見では、“小室さんの金銭トラブルをどうされるのか”“秋篠宮さまは金銭トラブルを解決済みと認識されているのか”と、小室さんに関して質問されるでしょう」(前出・宮内庁関係者)と話す。

 振り返れば秋篠宮さまは、結婚が延期された2018年の誕生日会見で《それ相応の対応》を眞子さまと小室さんに求められた。しかし今回、文書では結婚延期の“発端”となった金銭トラブルについて何ひとつ言及されていない。

「結婚を『生きていくために必要な選択』とされた表現には“結婚できないと生きていけない”という眞子さまの熱意を感じます。ですが、そうした穏当でない言葉を使われながら、延期の具体的な期限や、“それ相応の対応”については触れられなかった。今回の文書は小室さんがこの2年間で行った努力について言及されず、眞子さまのお気持ちだけが綴られたものなのです」(別の皇室ジャーナリスト)

 渦中の小室さんが突如、米ニューヨークに留学したのは2018年8月。2年以上トラブルの解決に動くことはなく、2019年1月に「トラブルは解決済みの事柄」とした文書を出したのみだ。佳代さんの元婚約者は代理人を通じて、次のようにコメントした。

「佳代さんと私の金銭問題とおふたりのご結婚は別問題と考えており、コメントする立場ではないと考えています。しかしながら、そのことがおふたりの結婚の障害になっているのであれば心苦しく思っております」

 小室さんは来年5月には在学中のフォーダム大学ロースクールの博士課程を修了し、7月にはニューヨーク州の弁護士試験を受験予定だという。結婚の延期について、せめて「小室さんの試験が終わるまで」など、期限を示すことはできなかったのだろうか。

 前出の別の皇室ジャーナリストは肩を落として言う。

「そもそも、結婚が延期された理由は『充分な準備を行う時間的余裕がない』というものでした。あれから2年半以上も経って、まだ結婚への“充分な準備”ができていないのに、これからできることがあるのでしょうか。

 トラブル解決に向けて小室さんが真摯な姿勢を見せることが準備の1つのはずです。しかし、そうした動きが何もできていないために、具体的なことを書けなかったように思えてなりません。

 小室さんから秋篠宮ご夫妻に接触はいまだないと聞きます。一方で、眞子さまだけを矢面に立たせ、ご両親の説得に向かわせた。小室さん自身がトラブルの当事者であるにもかかわらず、小室さんが何もせず、眞子さまだけが苦しまれ、悩まれている現状が本当に心苦しい」

※女性セブン2020年12月3日号





exa***** | 1日前

動く気があれば、とっくに返している。
その動きは一切ないくせに、
結婚への動きだけは加速させている。
本当に本末転倒なことが、
皇族で起きてるとは信じられない

返信135

27507
343

osa***** | 1日前

3年あれば400万円の内幾らかは返せるだろうに、その報道が無いという事は一銭も返す気がないという事かな。国民の税金に集る気満々。

返信92

23707
389

leg***** | 1日前

このままだとこの人たちの逃げ切り勝ちになってしまう。
借金返せば済むということではない。こういう人たちが皇室と縁続きになるのがヤバいことなんだよ。
小室氏が将来の天皇の義兄になるなんてことは想像もしたくないし、そうなったら皇室は危機的状況を迎えるのではないか。

返信80

19960
323

gar***** |1日前

> 借金返せば済むということではない。こういう人たちが皇室と縁続きになるのがヤバいことなんだよ。

これですよね、本当に。

借金であれ贈与であれ、本来の用途であった学費だけじゃなく旅行に使い込んだって、常識あれば出来る事じゃない。
そして近親者複数名の自殺。
明らかに、普通の家じゃないです。
871
9
kaw***** |1日前

そうです!
お金を返せば良いとか、金額が幾らだとかそうゆう問題ではない。小室圭さん親子が人とどのように関わり生きてきたかが問題なのです。元婚約者とはお金でもめた別れ方を母親佳代さんはしているのです。それは自殺した小室圭さんの父方の身内ともお金絡みで不仲になっている。そしてそうゆう行動をとるお母さんをたしなめるどころか、圭さん自身も自分がその恩恵を受けているにも関わらす、借用書がないものは踏み倒せば良いとばかりに「解決済みである」と時効になるのを待っている。そのようにトラブルになろうが、利用できるもの踏み台にできるものはジャンジャン利用するという親子の生き様、人としてのあり方が大いに問題なのです。一般家庭であっても娘の結婚相手が小室さんのような親子であったら破談です。まして、将来の天皇悠仁様の義兄になる立場ともなれば絶対にあり得ない話しです。
631
9
mk***** |1日前

2年半以上も費やした結果、
小室家の借金だけじゃないNGなワケが次々とあらわになってしまい、今や「月と太陽」会見当時などよりはるかに不信感や嫌悪感が強まっている現状を、もっと真摯に受け止めてほしいものですね。
もはや小室親子を皇室から遠ざけない限り、国民の不満は収束しないように思えます。
615
8
pia***** |1日前

三年近くも大ブーイングを浴びながら無視して居直る根性があるなら、働いてお金を返す根性くらいあってもよさそうなもの
635
8
ha・・・ |1日前

自分が小室くんだったらばどうするか考えたら、相手は皇室だよ?
自分から身を引くどころか最初から近づきもしないけどね。
そこらへん図々しいっていうか、なんていうのかね
自分の家が最低でも伯爵とか侯爵の家で初めてそういう話になるわけで。
金がどうのって、それもそうなんだけど、
借金がなくてもダメだと思う。
身分が違い過ぎる。
504
10
wzt***** |1日前

「義兄」なんてまだ序章に過ぎない。
小室親子が狙っているのは、平安時代の藤原氏を越える「外戚関係」を造る野望があるのだから。
436
9
ssq***** |1日前

皇族制度の継続も検討課題になるなんて、思いもしなかったです
403
7
cyo***** |1日前

皇族との結婚って、そりゃあ旨味のある話ですよね。経済的な物だけでなく、皇族という高貴な身分まで得られ、それに付随する様々な特典付き。一般人にとっては夢のような話です。
だからこそ、結婚相手には慎重にならなければいけなかったはず。「うちの子に限って」という間違った信頼で、お相手の身体調査をおろそかにした当然の結果。
もう、そろそろ皇室という存在を考え直す時期に来てるのではないでしょうか?自立した皇室であったら、こんな事にはならなかった訳で。
皇族も私達と同じ人間で、自由と平等の権利があるはずです。古からの日本の伝統を守り続けたいのもわかりますが、今の時代に合った皇室でないから、こういう事が起きるのでしょう。
277
6
AB************ |1日前

タイの学生達のようにデモするとか、署名運動して
皇族へのすべての関わりと支度金をビタ一文払わないと
決めてから結婚が出来る決定をしてもらうとか。
324
6
pac***** |1日前

>借金返せば済むということではない。こういう人たちが皇室と縁続きになるのがヤバいことなんだよ。
激しく同意します。

双方でこのお金に対する見解の相違があったかもしれませんが、出した側が「あれは貸した金だから返してくれ」と言うなら、こんな騒動になる前に返済に向けた動きを取るのがマトモな人間の普通の感覚でしょう。

それを「あれは贈与されたもんだから返済する必要ない。借用書もないから裁判になっても勝てる。だから返さない。」なんて考え方はおかしいでしょ?
もし今後、「秋篠宮様がお認めにならないからお金は返す。だから結婚できるでしょ?」なんてことをこの母子が言い出しても、国民はこの母子の「ものの考え方」をよく知ってしまっているので、こういう人間が崇敬の対象である皇室と縁続きになるのを祝福できないでしょうし、それでも結婚してしまうようなら、逆に皇室に対する不信につながりかねないと思います。
213
5

もっと見る(70件)

コメントを書く

buy***** | 1日前

借金問題ばかり、言われていますけど。この小室家の周辺での、多すぎる不審死。これこそが問題ですよ。明らかに、普通の家柄ではない。

返信76

12566
135

誠実一直線 | 1日前

あのお気持ちの発表で国民の想いより、どう見ても問題のある結婚相手の方を尊重するということがよく理解できました。それにこんな人物が義理の母になっても平気とは皇族として不思議な神経を持っていると言わざるを得ませんね。これでは今までの国民と皇室の良好な敬意に満ちた関係は変わってしまうと思いますね。

返信29

10487
146

yai***** | 1日前

うーん…
高校生の恋愛ではないんだから
お互い好きだから結婚します!!みたいや
甘い気持ちだけで
結婚なんて普通の家の女の子だって
親が許さないと思うし
ましてや400万の借金を少しでも
返済する気持ちもなく
なかったことにするような相手なら
この先の結婚生活も
どうなるか目に見えてるのにな…

小室さんは何があっても
これ以上のお立場の女性と
めぐりあうことはないから
絶対に何をしてでも手離さないだろうけどね。

返信33

9733
142

bla***** | 1日前

誰がどう考えても、賛成出来る案件ではない。

そもそもお気持ち発表…立場を考えるならばただのわがままでしかない。

国民を始め、周りの理解を得る為の行動を何一つ起こしていない。
お相手に関しては、さっさと国外へ。

何から何まで、結婚相手として相応しくなさすぎる。
持参金辞退と縁切りをしないのならば、絶対に認めるべきものでは無い。

返信17

9314
110

tak***** | 1日前

借りた物は返す、子供でも判る道理が必須条件だなんて国民を馬鹿にするにも程がある。そもそも借りたと言う認識が無いし、時効だからと返さない借りパク婚約内定者に道理が通用するはずはない。留学じゃなく義務教育からやり直してください。

返信20

7617
123

ffr***** | 1日前

眞子様にとって、初めて好きになった人だったのかな?「私にはこの人しかいない!」と強く思っているのでしょう。
私もその思いで周りの反対を押し切って2回結婚し、2回共失敗しました…なので冷静に「眞子様にとっての王子様はその人だけじゃないですよ。もっと沢山の男の人を見た方が良いですよ」と思いますが、今は周りが何を言っても聞かないと思います。私もそうでしたから…
でも、経験談として、周りが反対する結婚というのは、やはりなかなか上手くいかないものです。それは、盲目になってしまっている本人達よりも、客観的に見れている人達の意見の方が正しかったりするから…
私は離婚後、周りから何度も「だから言ったでしょ」と言われました…

返信41

7148
144

mik***** | 1日前

小室さんのお母さんが借りたお金を返せばいいのに、、と思いますが。
どうして返せないのでしょう。。。
返したくないのでしょうか?

返信50




この記事についてブログを書く
« ホテルの嘆き…GoToキャンペー... | トップ | ドアを開けても大丈夫?「悪... »
最新の画像もっと見る

芸能ニュース」カテゴリの最新記事