独眼竜国際ジャーナルの ヒデと明美の愛のブログ ヒデと明美が日々の愛の生活を書き留めます。

ヒデは1,人工透析、2,心臓が弱り40%機能、3,リウマチ身体が不自由

後2年、長くて5年以内に寿命尽きる予測

90歳運転の乗用車、歩行者6人はね1人死亡 茅ケ崎

2018年05月28日 | 事件
90歳運転の乗用車、歩行者6人はね1人死亡 茅ケ崎
5/28(月) 12:23配信 朝日新聞デジタル
90歳運転の乗用車、歩行者6人はね1人死亡 茅ケ崎
事故を起こした車を調べる神奈川県警の捜査員=2018年5月28日午後0時45分、神奈川県茅ケ崎市、遠藤雄二撮影
 28日午前10時55分ごろ、神奈川県茅ケ崎市元町の国道1号で、90歳の女性が運転する乗用車が、横断歩道を渡っていた4人をはねた後、歩道に突っ込んでさらに2人をはねた。6人は病院に運ばれたが、50代の女性1人が死亡し、2人が重傷、残る3人もけがを負った。運転した女性も軽いけがをした。県警は自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)の疑いで詳しい状況を調べている。

高齢ドライバー、どんな事故が多いの?

 茅ケ崎署によると、現場は茅ケ崎駅や市役所の近く。乗用車が国道沿いの車整備業者から左折して出た直後だった。現場は片側1車線の直線道路で、信号は車側が赤だったとの目撃情報があるという。

 この整備業者によると、運転していた女性は事故前、旅行の土産を渡すために訪れたという。車検や点検などで、社長はこの女性と数十年の付き合いだという。年に数回会った時は、「耳も遠くないし、会話も普通にできていた」といい、特に問題は感じていなかったという。「運転も荒くないし、ノロノロしているわけでもなく、ごく普通だった」と話した。

 現場近くのレンタカー会社に勤務する20代男性は、パトカーや救急車のサイレンを聞き、事故に気づいた。現場付近には50人以上が集まり、「何が起きたのか」と騒然とした雰囲気だったという。中には、青ざめた顔で座り込む人もいた。周囲の人からは「運転者は取り乱したりすることはなく、運転席に座って警察の聴取を受けていたようだ」と聞いたという。





これは酷いな、、、

年寄りには専用車として「霊柩車に衝突防止装置義務化して後ろに棺桶載せた」モデルを義務化しなさい。

軽自動車でもお宮型霊柩車をつくり、棺桶クルマを牽引して乗るように義務化すべきである。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 元社員が実名で語る「ぼくが... | トップ | 東京五輪マスコット 名前を... »
最近の画像もっと見る

事件」カテゴリの最新記事