独眼竜国際ジャーナルの ヒデと明美の愛のブログ ヒデと明美が日々の愛の生活を書き留めます。

ヒデは1,人工透析、2,心臓が弱り40%機能、3,リウマチ身体が不自由

後2年、長くて5年以内に寿命尽きる予測

クルマの1ヶ月点検の話、、、フィリピン

2018年06月25日 | フィリピン永住生活、、天国か地獄かな
クルマの1ヶ月点検の話、、、フィリピン

スズキで新車買ったので1ヶ月点検。

1ヶ月または1000キロで早い方で来てくださいと言う話で、事前にも電話あり予約しますというので予約した。

まだ300キロしか走行してない。

そこでデーラーに行き<<300キロしか走行してないので今日はオイル交換だけしてフィルターは1000キロしたら来るのでオイル交換もまたしてもらえるのか?>>とメカニックに聞くと、マニュアルで保証期間3年または10万キロ有るが「スズキの指定した整備方法でしないと保証外になります」という。

そうか、、、決まりヵ、、、ということでオイル交換とフィルター交換した=1300ぺそ。


次回は4ヶ月後だそうです。

恐らく1000キロもメーターが回らないでしょう。

何やらまた、オイル交換とフィルターやるような?、、これもデーラーの商売。

オイルは半年ごとでモーターサイクルはしている(自家用の)クルマも日本在住時は半年で交換走行距離は無関係(走らんでも酸化する)

保証期間オシマイまでは、スズキデーラーで指定通り整備しよう。

デーラーのメカニックの手付きを観察したが(整備ブースはユーザー立入禁止で店内でお待ち下さいというが入らんで観察した)問題ない。適正トルクで締めていた。これが市中の店だとバカが多く過剰トルクで締めるバカが居るのだ。

見よう見まねで覚えた自己流<<日本のように国家試験などない。半年などの整備コースが有るが=ガバメントの職業訓練で=全く当てにならん>>まだ整備コースに行くのはマシな方で、殆どは見よう見まね自己流。

正規デーラーならメカニックに教育してるところがある。


むかしだが、、、、友人の日産マンだが、メイン工場から出向で九州のデーラーに一時飛ばされたが、、客が高いオイル持参で交換してと来ると<<店内で待つ間に=見えないので=日産の一番安物オイル交換してメカニックが高級オイルを持って変えるのを見たそうだ>>酷いことするなあと話していた。

この日産メイン工場のスタッフが日産デーラーに車検だしたら<<調子悪くされて。再度持ち込みなどひどい目にあったと話していた>>自分もセドリックをデーラーに出したらプロペラシャフトから異音が出るようになりサイドチョウセイサせた経験がある。

自分はユーザー車検をするようにした(モーターサイクルもハーレー、トライアンフ、BSA、国産など新規車検や継続など自分で通した)

日本のデーラーは売ることに一生懸命だが整備士には安給料で使い倒すのでメカニックになる若い衆が激減してるという。食えない激務、油まみれ。

これでは経験豊かなメカニックが育たない=ユーザーがリスクを被ると言うわけ。


フィリピンでも性格がよく腕の確かなメカニックを探すのが大変だ。

ちなみにスクーター自家用でスズキデーラーで新車買ったがメカニックは問題なく整備ブースも清潔でハイドロジャッキも有る。

ホンダのデーラーで新車買ったが、これがどう仕様もないメカニックだらけでパーツも純正などとほざくが安物社外品など、どうしよもないので、ここは寄り付かないことにして使える市中のメカニックにやらせている。

ホンダなど二度と買うか!!終生買わない。

カワサキなど専門デーラなどない!!

ヤマハは専門デーラーを展開している。しかし小規模ばかりでパーツなどない。取り寄せ1ヶ月待ち。しかしヤマハが一番高品質な製品を売る。アジアヤマハだけが非常に性能が良い。

ちなみにカワサキをたくさん導入したが<<フレームが丈夫。ところがミクニキャブが欠陥。その他、よく壊れる。ホンダよりマシだが>>
カワサキも二度か買わない!!

ヤマハだけ買うわ!!!!!!


話逸れたが、、、クルマは妻名義で妻に乗ってもらうために買った。

先日から運転指導してるが「バックだけが、まだ駄目」バックしなければ普通にどこでも走れる技能が身についた=CVT。125CCスクーターに乗ってるので運転間隔を早く身につけられた」

当該ブログに書いてるが「私が病気なので万が一、危ない状況になったら妻の運転でホスピタルに行く=今までは救急車で搬送されたが」そのためにも妻にはしっかり運転を身に着けてもらいたい。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« apan In-depth=確か朝日の系... | トップ | トヨタ、外国人副社長に役員... »
最近の画像もっと見る

フィリピン永住生活、、天国か地獄かな」カテゴリの最新記事