独眼竜国際ジャーナルの ヒデと明美の愛のブログヒデと明美が日々の愛の生活を書き留めます。比国移住25年紀行

地雷原フィリピン移住生活27年、ほとんどの外人が破滅する

人工透析、心臓が弱り、リウマチ身体が不自由

岸田政権の親中姿勢 「二股外交」で米から信用されない日本に

2021年11月26日 | 政治社会問題


岸田政権の親中姿勢 「二股外交」で米から信用されない日本に…毅然と中国に立ち向かえ!

11/20(土) 16:56配信
222



夕刊フジ

岸田首相の政治姿勢が問われている

 【ニュースの核心】

 岸田文雄首相が、中国を念頭に置いた人権侵害法(日本版マグニツキー法)の制定を見送る方針を固めた-と報じられた。「親中派」の林芳正氏を外相に任命するなど、政権の対中姿勢が注目されていたが、中国に甘い姿勢が確認されたかたちだ。

【表でみる】自民党総裁選で語っていた主な主張

 このままだと、岸田政権が、ジョー・バイデン大統領の米国と、習近平国家主席の中国の双方にいい顔をする「二股外交」を展開し、同盟国である米国の信頼を損なう懸念が出てきた。

 これは杞憂(きゆう)ではない。私は「現実になる可能性がある」とみる。というのは、米国は日本を「どうも頼りない」とみているフシがあるからだ。そんな見方は、これまで表面化していなかったが、米中対立が深刻化するにつれて、深い闇から浮かび上がるように、顕在化しつつある。

 一例を挙げよう。

 米シンクタンク「新アメリカ安全保障センター(CNAS)」は10月26日、中国が台湾の南西にあるプラタス諸島(東沙諸島)に武力侵攻するケースを想定したシミュレーションの報告書を発表した。

 それによると、いったん人民解放軍の侵攻を許した後では、米国と台湾が協力して島を奪い返す手段は「ほとんどなかった」という。そのうえで、だからこそ「関係国が事前に準備し、対応を調整して、中国の侵攻を阻止することが重要」と指摘した。

 鍵を握るのは、日本だ。ところが、シミュレーションは「日本が必ず、米台の側に付く」とは想定していない。報告書はこう書いている。

 「このゲームでは、日本の関与が重要だった。米台は『日本の支持なしでは、中国と交渉する米台の立場が弱くなる』と説いて、繰り返し、日本の立場を問い合わせた」

 「日本の断固たる台湾支持がなければ、中国に撤退を迫る米台の努力を損ない、尖閣諸島のような日本の領土に、中国が抵抗なしに侵攻する先例を作る結果になる」

 「この戦いで、米国と台湾は『日本や他の友好国が重要な役割を果たす』と説得する必要がある」

 つまり、それほど日本は信用されていないのだ。オーストラリアの国防相が最近、台湾有事が起きれば、米国を支援する姿勢を明確にしたのとは、対照的ではないか。

 歴代の日本政府は事あるごとに、「日米関係は日本の平和と繁栄の基盤」と表明し、多くの日本人もそう思ってきた。だが、当の米国側は、専門家でさえも「いざとなったら、日本は本当にわれわれと一緒になって、中国と戦うのか」と疑念を隠せないでいる。

 岸田政権が対中政策で揺れ動くようなら、なおさらだ。いずれ緊張がさらに激化すれば、米国は「日本は中国にどう立ち向かうのか」と本気で迫ってくるだろう。そのとき、躊躇(ちゅうちょ)していていいのか。

 米ワシントン・ポスト(電子版)は16日、記者の署名コラムで、バイデン政権が来年2月の北京冬季五輪について、外交団を派遣しない「外交ボイコット」の方針を固め、近く発表する見通し、と報じた。

 北京五輪問題が最初の試金石になる。岸田首相は腹を据えて、中国に毅然(きぜん)と立ち向かうべきだ。

 ■長谷川幸洋(はせがわ・ゆきひろ) ジャーナリスト。1953年、千葉県生まれ。慶大経済卒、ジョンズホプキンス大学大学院(SAIS)修了。政治や経済、外交・安全保障の問題について、独自情報に基づく解説に定評がある。政府の規制改革会議委員などの公職も務めた。著書『日本国の正体 政治家・官僚・メディア-本当の権力者は誰か』(講談社)で山本七平賞受賞。ユーチューブで「長谷川幸洋と高橋洋一のNEWSチャンネル」配信中。




hin***** | 3時間前

岸田ーふざけんなよ中国にすり寄ったら絶体にゆるさん

返信0

0
0

k******* | 3時間前

毅然と中国に立ち向かえ!
日本国民もそう思っているのに、中国に忖度し見てみないふりする岸田政権と、岸田政権に忖度し報道しないマスコミ。
国民は両方とも、信じられなくなっている


返信0

0
0

mar***** | 6時間前

米国から信用されてないのはむしろ日本のマスゴミ集団全体でしょう
なぜ?中国韓国を擁護するからでしょういつから〜昔からでしょう

返信0

0
0

tjs***** | 8時間前

二股外交は隣国を見れば、結果、未来が見えてくるだろうに…
今の政治家共の質の低下は著しいな…
危機管理能力がまるでザルだ

返信0

1
0

hig***** | 9時間前

ここに国家の安全を忘れた総理が居る、
党利どころか、派利ばかり考えて総裁選びの結果がこれです。
利権屋集団に落ちぶれた自民党、
 奢る平家かな? 
 何の国家観も持たない公明党に媚を売り、
 中国に媚び、西側の結束を壊す。
自民党は岸田さんを更迭せよ!
 幹事長も同罪、茶坊主官房長官然り。
  このままでは三流以下の国になってしまいます。

返信0

0
0

asw***** | 10時間前

総理!!銀行業務ではありません、相手は21世紀のヒトラーです。同じ轍を踏むおつもりでしたら職を辞してください。

返信0

0
0

iyk*** | 12時間前

もうね。
これで岸田が親中で明らかになったら、日本終わりですよ。
公明党の案だのなんだののレベルじゃない。
「国家百年の計」もなにもない。
結局、高市が良かった。

返信0

0
0

wpk***** | 13時間前

選挙で嘘をつくんだからどうしようもないな




この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 江森 敬治、、、最低だ!!気... | トップ | モデルナ接種後に心筋炎の男... »
最新の画像もっと見る

政治社会問題」カテゴリの最新記事