独眼竜国際ジャーナルの ヒデと明美の愛のブログ ヒデと明美が日々の愛の生活を書き留めます。

ヒデは1,人工透析、2,心臓が弱り40%機能、3,リウマチ身体が不自由

後2年、長くて5年以内に寿命尽きる予測

ガラパの相撲、、、最早、化石の興行。

2018年11月14日 | 社畜奴隷の二ホン、、世界で稀な勤勉な馬ヵ

ガラパの相撲、、、最早、化石の興行。

居室からテレビ撤去してpc、スマホで情報(国際政治や経済)を観ている。
最早、テレビは不要だ。報道しない自由、偏向報道!

海外なので化石のNHK国際だが、最早、私は全く観ていない。ダイニングに一つテレビ有るが妻が夜観てるだけ(日本チャンネルは観ていない)



稀勢の里が屈辱4連敗 高安、貴景勝、栃煌山4連勝
11/14(水) 17:58配信 日刊スポーツ
稀勢の里が屈辱4連敗 高安、貴景勝、栃煌山4連勝
栃煌山(手前)にすくい投げで敗れる稀勢の里(撮影・栗木一考)
<大相撲九州場所>◇4日目◇14日◇福岡国際センター

一人横綱で臨んでいる稀勢の里(32=田子ノ浦)が悪夢の4連敗を喫した。前頭2枚目栃煌山(31=春日野)に対し、軍配は1度、稀勢の里に上がったが、物言いの末、軍配差し違えで敗れた。

【写真】物言いがつき、土俵下で結果を待つ稀勢の里(左)

横綱の初日からの4連敗(不戦敗を除く)は31年の宮城山以来、87年ぶり。1場所15日制になって以降は初。

大関高安(28=田子ノ浦)は初顔合わせの前頭3枚目錦木(28=伊勢ノ海)をはたき込んで4連勝を飾った。大関栃ノ心(31=春日野)は小結魁聖(31=友綱)を寄り切って3勝1敗とした。大関豪栄道(32=境川)は前頭2枚目玉鷲(33=片男波)をはたき込んで2勝2敗とした。

横綱、大関を倒して勢いに乗る小結貴景勝(22)は、前頭4枚目正代(26=時津風)を押し出し4連勝とした。

人気力士の前頭12枚目遠藤(27=追手風)は同13枚目隆の勝(23=千賀ノ浦)を押し出し2勝2敗とした。

【関連記事】
【写真】栃煌山に敗れ、ガックリ引き揚げる稀勢の里
稀勢の里危機、横綱として87年ぶり初日から4連敗
稀勢の里4日目も出場「休場の言葉出なかった」親方
「アホか!」変わった白鵬に観客ブーイング
坂上忍やく氏発言に激怒「あきれるわ。何これ?」
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 一夫多妻制度の良いところは... | トップ | 触らない痴漢行為の“匂い痴漢... »
最近の画像もっと見る

社畜奴隷の二ホン、、世界で稀な勤勉な馬ヵ」カテゴリの最新記事