独眼竜国際ジャーナルの ヒデと明美の愛のブログ ヒデと明美が日々の愛の生活を書き留めます。

ヒデは1,人工透析、2,心臓が弱り40%機能、3,リウマチ身体が不自由

後2年、長くて5年以内に寿命尽きる予測

EV車走行距離2倍、新型LiB電池量産へ GSユアサ

2017年10月22日 | モーターサイクルメーカーなど


現在の乾電池のように統一規格にして<<モジュール化して下さい>>

1発で交換0K機能。

秘密裏に、各国メーカーが相当開発している。

仮に5分充電で800キロ走行0K、耐久性が10年なら最早EVの時代ですわ(発電所のキャパが0Kならだが)

是非ともタミヤや京商には頑張ってもらい実車を販売して下さい。

1,車体

2,バッテリー

3,コントローラー

4,モーター

以上のモジュール化で飛躍的、、、、、、


EV車走行距離2倍、新型LiB電池量産へ GSユアサ
10/22(日) 17:10配信 京都新聞
 GSユアサは、自動車用リチウムイオン電池(LiB)で、容量が現行の2倍となる新製品の量産を滋賀県栗東市の工場で2020年にも開始する。電気自動車(EV)に搭載すれば、1回の充電で走れる距離が2倍になる見込みで、国内外の自動車メーカーへの採用を目指す。
 同社は現在、電極材料の組成を変更するなどして新製品を開発している。価格は現行並に抑えながらも、エネルギー密度を倍増させるのが目標だ。
 栗東工場は同社と三菱商事、三菱自動車でつくるリチウムエナジージャパン(LEJ、栗東市)が運営している。LEJは高品質のリチウムイオン電池を効率的に製造するノウハウを持ち、工場の生産能力には余裕もあるため、当面は量産拠点に位置付ける。将来は顧客に近い場所で新製品の工場を設けることも検討している。
 GSユアサは、自動車部品製造大手の独ボッシュとも、容量が2倍以上で安全性を高めた新型リチウムイオン電池を開発中で、21年以降の次世代製品として投入する考えだ。

【関連記事】
車載用リチウム電池、世界展開で収益期待 GSユアサ
GSユアサ、売上高最高の878億円 4~6月期
GSユアサ、経常利益5・3%増 車載電池好調、過去最高
リチウムイオン電池、京都で競争 三洋化成や新規参入組も
GSユアサ、海自潜水艦に電池供給 「そうりゅう」型に登載
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« ようやく、空が明るくなって... | トップ | 米高官「韓国から資産移動を... »
最近の画像もっと見る

モーターサイクルメーカーなど」カテゴリの最新記事