独眼竜国際ジャーナルの ヒデと明美の愛のブログ ヒデと明美が日々の愛の生活を書き留めます。

ヒデは1,人工透析、2,心臓が弱り40%機能、3,リウマチ身体が不自由

後2年、長くて5年以内に寿命尽きる予測

透析現場で危篤状態の婆さん、、フィリピン

2018年09月01日 | ヒデは1,人工透析、2,心が弱り40%血液排出、3,リウマチで身体が不自由...
透析現場で危篤状態の婆さん、、フィリピン


透析受けに行くと、後ろのところにベットに横になった患者がいるが医者などが群がっている=研修医が多数。

見ると相当な年の婆さんが死にかかっており、心臓マッツサージや人工呼吸してる。最早、死ぬのは確実だが<<医者が蘇生する残酷な場面を見た>>すると、ブレスをし始めたが<<糞をしたというのだ>>

後は、見てないがオシメ交換しているらしい。家族がいる。最早年で寿命なのでファミリイアは取り乱しなどない。

人工透析現場では、明らかに危篤状態でも透析用の手術=血管挿入して透析をする。マネーのため。家族も普通考えれば無駄な行為だが情緒的に医者の言に従う。ここで反対すれば家族に責められる構造もある。

こうしてオペ代や透析費用などが加算される=前払い。貧乏で入院費もかかり医者のチャージや薬代、そして透析代。死んだら葬式がある。

こういうことはニッポンでも多く行われている。無駄な医療。死に行く人を蘇生して苦しめ。医者は銭儲けする。

私は妻に話している<<無駄な蘇生はするな>>まっぴらごめんだ。死んだら火葬して海に骨を流す。

自分は先短いことがわかってるのですべての財産名義を困らないようにしている。ビックスクーターだけが自分名義なので<<すでに売買契約書を妻の知り合いの弁護士事務所で作り、自分がサインしている>>事後煩雑な事務処理がないように全てしてある。


人工透析の場では、人工呼吸器を着けた患者は透析しても銭かかるだけですぐに死ぬのだ。何人も見ている。

医者の最後の銭稼ぎ。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« LEDの赤っぽいライトを拒... | トップ | なんで極東の閉鎖的な根性悪... »
最近の画像もっと見る

ヒデは1,人工透析、2,心が弱り40%血液排出、3,リウマチで身体が不自由...」カテゴリの最新記事