独眼竜国際ジャーナルの ヒデと明美の愛のブログ ヒデと明美が日々の愛の生活を書き留めます。

ヒデは1,人工透析、2,心臓が弱り40%機能、3,リウマチ身体が不自由

後2年、長くて5年以内に寿命尽きる予測

大型トラックは運転席を丸ごと前倒しできるって知ってました?【新型スカニア・R450】

2018年05月17日 | モーターサイクル整備関係

大型トラックは運転席を丸ごと前倒しできるって知ってました?【新型スカニア・R450】
5/16(水) 18:31配信 clicccar

乗用車のエンジンをチェックする場合、運転席足元のレバーなどを引いてボンネットフードを開けますよね。では大型トラックではどうやってエンジンをチェックするかご存知ですか?

機能満載! カッコいいスカニアトラックの他の画像はコチラ。

ハイエースなどのようにシートを跳ね上げて下を見る? いいえ。正解は運転席を含むキャビンを丸ごと持ち上げる、でした。何とも豪快ですが、確かにこの方法でないと10リッターを優に超える排気量のエンジンをチェックすることはできません。

ではどうやってキャビンを前倒すのか、紹介しましょう。題材として登場してもらうのはこのたび21年ぶりのフルモデルチェンジを受けたスカニアの新型・R450(セミトラクター)です。

まずはフロントの大型パネルをガバリと開けます。

次にキャビン操作用の有線リモコンをパネル内部に接続します。

続いて操作ボタンをポチッと押します。するとキャビン全体がまず垂直方向に数十cm移動した後、フロント前端を支点に前方へ倒れこんで行きます。

後は電動油圧回路がキャビンを全開位置まで移動させるのを待つのみです。

スカニアでは新型Rシリーズ(等)にこの電動オープン機構を採用しましたが、従来モデルは手動でジャッキを作動させる形だったそうです。ジャッキは油圧で作動しますので操作力自体は重くはないのですが、全開状態にするまでには約150回も上下にストロークさせなければいけなかったそう。

今回のモデルチェンジは大型トラックを操作する人にとって、大変朗報でしょう。

大型トラックは運転席を丸ごと前倒しできるって知ってました?【新型スカニア・R450】
思わず「運転したい!」と思わせる、機能美なコクピット。
ちなみにスカニアでは、この運転/整備する人への配慮を施した設計を、随所に施しています。例えばインテリアはキャビン部寸法は前モデル同様ながら室内容積を大きくししました。

運転席も人間工学に基づいた操作しやすい環境としています。

日本の規格タイプ(全社共通)ものとは違う、スウェーデン製ならではの粋なデザインが特徴のテールライトにも気遣いはあります。

標準モデルではLEDとなるこのテールランプですが、通常の電球バルブ式も選択可能。なんでわざわざ電球選択式?と思う方もいるでしょう。道具であるトラックにおいては、万一損傷した場合の補修部品の安さというのも非常に大事な要素なのです。そこで交換部品が安い電球タイプを用意してるというわけなんですね。

(写真/小林和久・ウナ丼 動画&文/ウナ丼)



四トン、10t車を所有してたが極めて整備生が良い。

1ボックスは、まず、フルに整備しようとすると「シートなど下の板もすべて外す必要があり大変面倒だ!これも所有してたことがある。

因みにスクータの整備性も極めて悪い。3台所有してるが自分ではやらないで修理屋にやらせている。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 中国の「一帯一路」、日本が... | トップ | アシュケナージユダヤが支配... »
最近の画像もっと見る

モーターサイクル整備関係」カテゴリの最新記事