独眼竜国際ジャーナルの ヒデと明美の愛のブログ ヒデと明美が日々の愛の生活を書き留めます。

ヒデは1,人工透析、2,心臓が弱り40%機能、3,リウマチ身体が不自由

後2年、長くて5年以内に寿命尽きる予測

「射殺」ロシア人記者は生存=殺害計画阻止の作戦―ウクライナ

2018年05月31日 | 国際紛争 国際政治 
「射殺」ロシア人記者は生存=殺害計画阻止の作戦―ウクライナ

5/30(水) 23:47配信 時事通信
 【モスクワ時事】ウクライナからの報道によると、首都キエフで29日に射殺されたと発表されていたロシア人ジャーナリスト、アルカジー・バブチェンコ氏(41)が生存していたことが30日、明らかになった。

 治安当局は、射殺発表は殺害計画を阻止するための作戦で、容疑者を拘束したと発表した。

 バブチェンコ氏は治安当局者と共に記者会見に出席した。治安当局幹部は「われわれが得た情報では、バブチェンコ氏殺害はロシア情報機関によって依頼された」と説明。バブチェンコ氏は「謝りたい。しかし、ほかに方法がなかった」と理解を求めた。

 バブチェンコ氏はロシアの複数のメディアで戦場ジャーナリストとして活動。ウクライナ東部紛争やシリア内戦をめぐってプーチン政権を非難しており、昨年2月に脅迫を受けているとしてロシアを出国後、ウクライナに住んでいた。 

【関連記事】
ロシア人ジャーナリスト射殺される=プーチン政権批判-ウクライナ
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 女性を狙う「ぶつかり男」を... | トップ | とうとうリムパックから閉め... »
最近の画像もっと見る

国際紛争 国際政治 」カテゴリの最新記事