独眼竜国際ジャーナルの ヒデと明美の愛のブログ ヒデと明美が日々の愛の生活を書き留めます。

ヒデは1,人工透析、2,心臓が弱り40%機能、3,リウマチ身体が不自由

後2年、長くて5年以内に寿命尽きる予測

癌は、生物兵器だ! すでに人口削減計画は実行されている。その一方法がウイルスを使った眼科攻撃だ。

2018年05月05日 | 病気 余命を考える 死を迎える準備
日本人の2人に1人は…「がん」になる人が多い理由
5/4(金) 14:00配信 デイリースポーツ
日本人の2人に1人は…「がん」になる人が多い理由
 日本の医療体制が世界屈指の長寿を支えています
 最近「日本人の2人に1人はがん」なんて言葉、よく耳にしますよね。でもこれは決して、日本人が「がん」にかかりやすい民族・人種である、ということではありません。

【写真】元人気グラビアアイドル、がんで子宮全摘 涙ながらに「私みたいにならないで」

 がんとは細胞の突然変異です。がんの発生原因でいうと遺伝的要因は5%。喫煙が30%、肥満が30%、飲酒が3%、紫外線は2%と、生活環境因子が95%を占めているのです。つまり「がんにかかるのは偶然」なのです。

 ところでシエラレオネ共和国という国をご存知でしょうか?アフリカ北西部にある国ですが、国民の平均寿命が世界で最も短いことで有名です。年によって違いますが国民平均寿命は50歳前後。でもアフリカの北西部では、平均寿命50歳そこそこという国が他にもたくさんあります。

 昔の話ではありません。いま現実に、この瞬間、地球の裏側で起こっていることです。その原因は、たび重なる「内戦」「飢餓」そして「エイズ」の3つ。シエラレオネで生まれた子供の4人に1人は、5歳の誕生日を迎えることができません。

 かたや日本人の平均寿命ときたら、女性で89歳、男性で81歳。もうずっと世界トップ級の、とんでもない長寿の国です。今の日本の医療体制だと、心筋梗塞や脳卒中ではまず死にません。20年前だったらそのままあの世行きだった人が、すぐ退院して普通にバリバリ働いている。金持ちであろうがなかろうが、健康保険証さえ持っていれば、世界最高水準の医療を受けることができる。そんな国、日本以外ありません。

 つまり、日本人がとんでもない長寿だから、長生きすればするほど「がんにかかる」という「偶然」に当たる確率も増える。日本人の2人に1人はがん、というのは、ただそれだけのことなんですね。

 ◆筆者プロフィール 松本浩彦(まつもと・ひろひこ)芦屋市・松本クリニック院長。内科・外科をはじめ「ホーム・ドクター」家庭の総合医を実践している。同志社大学客員教授、日本臍帯プラセンタ学会会長。




まだわからんのか。

癌は、生物兵器だ!

すでに人口削減計画は実行されている。その一方法がウイルスを使った攻撃だ。

現在70億以上も人口があるが20億ほどまで削減する必要がある。

アジア、アフリカ、ラテンアメリカの人口爆発が原因で破滅に向う。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 90%の日本人は用ナシです | トップ | 「中国のレーザー照射で米兵... »
最近の画像もっと見る

病気 余命を考える 死を迎える準備」カテゴリの最新記事