独眼竜国際ジャーナルの ヒデと明美の愛のブログ ヒデと明美が日々の愛の生活を書き留めます。比国移住25年紀行

ヒデは1,人工透析、2,心臓が弱り40%機能、3,リウマチ身体が不自由

後2年、長くて5年以内に寿命尽きる予測

土曜にギターのひき過ぎで肩こわしたら全身に激痛が派生、、寝たきり=リウマチデタ

2019年05月09日 | ヒデは1,人工透析、2,心が弱り40%血液排出、3,リウマチで身体が不自由...

土曜にギターのひき過ぎで肩こわしたら全身に激痛が派生、、寝たきり=リウマチデタ

透析=救急車で搬送。

今日、かろうじて、ひだり腕が動くが、エアコンをオンできないー指ちからない。

昨日は酷暑で停電=部屋暑い、、、大工に発電機作動してもらう。

停電酷暑、寝たきり=苦しい、いのち危ない、、即死ならいいが、、、



膠原病や腎臓病で苦しんでる方が多い。

2019年04月20日 | ヒデは1,人工透析、2,心が弱り40%血液排出、3,リウマチで身体が不自由...


自分の場合、、、40代で痛風に3~4回なり、医者から酒をやめないと治らないと言われて、クスリをもらって<<薬飲みながらビールやバーボン、日本酒、スコッチウイスキーやブランデーなどを飲んでいた。

50歳になるとすぐに、肘や膝などに激痛が走るようになり<<リウマチ名物の指の第二関節が樽状に腫れた>>

リウマチ発作が出ると死ぬほどの痛みで<<痛み止めを飲み>>1週間位、、患部が腫れまくり、、これが収まると次第に腫れがなくなり痛みもなくなるということを繰り返した。

リウマチの薬を飲みながら相変わらず酒を飲んでいた!!妻から酒が原因だと言われたが<<10年後に妻の言うことが正解と分かる>>

60歳になると、、、相変わらず薬飲みながら酒を飲んでいたが<<ある日、バーボンやテキーラ飲んで夜寝たら、、夜中2時ころに左にチクリという痛みが出た。

4時ころに成ると激痛で目が冷めて<<妻に痛み止め買ってきてくれと言うと、酒やめないのでバチが当たったと放置された>>物凄い激痛なので7時ころに、病院のエマジェンシーに行くので救急車呼んでくれと言うが放置された。

そしてようやく11時ころに、救急車呼んでくれて病院に行くと痛み止めの注射したが殆効果なし。

病室が空いたので入院というので、、入院するが、痛みが消えない。

医者に<<最強の痛み止めをしてくれと懇願すると、医者が危険なので良くないと言うが、、入院してこれではどう仕様もない!!強力なのを頼むと強く願った>>

すると医者が<<点滴から強力な鎮静剤を入れてくれた>>==即座、痛みが完全に消えた、、膝だけだが、、しかし、なぜか体中が痛くなった>>

痛み止めが効いて意識がなくなってきた。

安い大部屋しか空きがなく、、嫌なので帰宅した。

また、救急車で自宅ベットまで搬送してもらったが、、帰宅してからは意識が混濁してきた。自分が何処にいるかわからない。

体が動かない寝たきり状態、、、膝は痛みがないが、体中が痛いので寝返りも打てない。

こうして意識が混濁して危険と妻が言うので、再度、入院したらー今度は個室が確保できた<<腎臓が悪くなってるので透析だというが、嫌だと固辞して、、何日か入院して帰宅した=寝たきりなので搬送された>>

帰宅して意識が低レベルで、、そのうち呼吸困難に成る、、、顔が腫れて目が充血してる=このままだと死んでしまうと妻が言うので=呼吸が苦しいし、、、再度緊急入院して、、、

再度、精密検査で<<腎臓が駄目なので透析すると言うので諦めて透析開始>>、、、こうして入院しながら透析して、その後、通院で透析だが、寝たきりなのでうちのスタッフに頼んで搬送してもらいながら透析。

2ヶ月位で、何とか歩行ができるように成る、、、その後、スクータにも乗れるように成る。

最早、、禁酒状態。


そして透析開始から1年経過するとリウマチもだんだん良くなり、関節のしこりが段々無くなってきた。

週2回、4時間の透析を続けてるが<<水を1リッター抜きにとどめて、2Lとかは抜かない>>理由は、多く抜くと疲労が激しい。1Lだと問題ない。体重も変化無しで、現在は、水分制限していない(入院時など24時間で900ML)

腎臓が悪くなった原因は、入院時の強力な痛み止めと長年飲んでいた痛み止めだろう。

禁酒して1年以上経過で、リウマチ発作が無くなり<<最後の発作で痛めた左膝以外は、だいぶ良くなってピアノやギターも弾ける>>

激痛発作の左膝は、入院中、注射で膝に溜まったドロドロの液を抜きまくり。しかし現在も右膝より、腫れがないがシコリがあり膝が大きい。これも次第に良くなってるが、、、時間がかかる。

無理すると膝の骨がダメージ成るのが怖いので、杖を使い歩行している。

◎禁酒してシコリが有った部分が減少してきて激痛発作が無くなり==これは10年前に妻に言われた<<酒が原因だ!!!!!>>が、大正解だった。

自分の場合、酒が原因で関節の激痛晴れ、シコリが起きたのだ。

自分の感覚では1週間に1度でも良いのではないかと医者に言うが2回です!!!と、きつく言われている。

自分の場合、排尿も普通で浮腫みもない。血圧も120-60平均。クレアチリンだけが5,6と高い。






母が苦しんだ難病を、私も24歳で発病した時のこと

4/19(金) 15:00配信

現代ビジネス
母が苦しんだ難病を、私も24歳で発病した時のこと

写真:現代ビジネス

 24歳でリウマチを発症し、薬漬けだった23年間。ある日、顔を洗っているとザラザラした塊を手に感じた。鏡を見ると、顔中に紫がかった湿疹がいくつもある。

 私は一大決心で薬を止めて、治療方針を変えた。発病から30年をすぎて、今が一番元気だと言える。まだ、よくなるための闘いは続いている。よくなるためにつらく苦しいとは予想していなかった。これは「健康」に近づく私の経験である。
母が苦しんだ難病を、私も24歳で発病した時のこと

セイリングを楽しんだ帰り道、初めての痛みを感じた Photo by iStock
リウマチは24歳から突然始まった

 快晴の中、心地よい風を感じながらヨットでセイリングをした油壷からの帰り道、車は横浜新道から第三京浜に入るトンネルの前のカーブにさしかかった。急に右手首に稲妻が走った痛みを感じた。同時にドライアイスの煙に似たヒヤッとしたものが身体を流れていく。「あぶない、事故を起こしてはいけない」と左手でハンドルを強く握った。

 第三京浜の直線道路に入っても、ハンドルを持つとキーンと痛む。痛みが軽い位置でハンドルに手を添えて、ただ前の車を見ながら運転する。5月の夕方、背中に夕陽を感じながら料金所まで無事に着くことだけを考えた。

 料金所でお金を払おうとした時には痛みは消えていた。あの強烈な痛みは何だったのだろうか。気が付かないうちに手首をねじったのだろうか。一時的なものだと信じたかった。
母の苦しみを身近に見てきた

 というのも、私が3歳の頃に母は弟の死産でリウマチを発症した。急な高熱とともに痛みで起き上がれない日々が始まった。

 リウマチは膠原病のひとつで、自己免疫疾患、つまり自分の生体成分を自分で破壊していく病気である。病気を引き起こすリンパ球の働きを抑え、自己抗体が作られるのを抑えるために、治療には副腎皮質ホルモン・ステロイド剤や免疫抑制剤を用いている。

 母が痛みを顔に出さないように頑張っているのは子ども心にわかっていた。私は気付かないふりをし続けた。シオゾールやステロイド剤、痛み止めなどの強い薬を長年服用し、手足の手術を繰りかえした。

 腎不全で倒れてからは、週に3回の腎臓透析をする。またアミロイドーシス、シェーグレン症候群という難病指定の病にもとりつかれた。

 透析となると水分は1日300CCしか飲めなかった。それには薬を飲む水も、お味噌汁やスープの水分も含まれる。カリウムが多い生野菜や果物も禁止である。死に至るからだ。

 母の体重は35キロまで落ちた。薬を飲んでいるのに、関節の痛みも変形も増していった。家の廊下にはイスが置かれ、母は移動の時に途中で休みながら進む。足首や膝の関節も変形して痛みを伴うので、イスから立ち上がる時は覚悟して一気に動く。

中学1年のときの出来事

 私が中学1年生の時、治療して帰宅する駅での出来事は忘れられない。

 駅の車寄せでタクシーを降り、母と私は腕を組んで改札口に向かってゆっくり歩く。駅の階段をプラットホームへ一段一段のぼって行く。まだエレベーターもエスカレーターもなかった。行き交う人が心配そうに見ていく。

 母は踊り場に座って休むと言い出した。座ると立ち上がるのに20分も30分もかかってしまうから、母の気持ちはわかるが、説得し、励まして一気にのぼることにした。休むと動けないのは母が一番わかっている。母はロボットのように直線的な動きで、顔をしかめながらのぼった。それでも「痛い」とは言わない。

 春の肌寒い日だが、母の洋服は汗で湿っていた。私たちは、何の会話もなく黙々と、一段ずつ階段をのぼった。ホームに着き、椅子がある場所まで行こうとした。

 「あのね、トイレに行きたいの」と母。私はホームにトイレがあるのかという不安に襲われた。これ以上、無駄に母を歩かせるわけにはいかない。ホームのずっと向こうに駅員さんらしき姿が見えた。私はその人に向かって走った。途中で振り返ると、母は身体を丸め、じっと立っていた。

 駅員さんが母の様子を見かねて、ほかの駅員に車椅子を持ってくるように頼んでくれた。母を車椅子に乗せ、トイレに行った。これで安心と思ったが甘かった。

 トイレは和式である。座ると立てないのに、和式なのかとトイレを恨めしく眺めた。大人の男の人が両脇を抱えればすぐに立てるが、私では無理である。トイレに行きたかった母は、何も言わずに入って行った。ドアの前で「大丈夫?」と聞くと、「時間かかるけど大丈夫」と、その言葉は力強かった。予想より早く、10分ぐらいで立ちあがった。おそらく座っているのも、立つのと同じくらいつらかったのだろう。

 車椅子でホームの真ん中まで行った。駅員さんはとても親切で、降りる駅に連絡してくれた。早く車椅子に気がつけばよかった。母に大変な思いをさせてしまったと後悔した。こんな経験は初めてだったので、車椅子まで気が回らなかった。座席まで車椅子で行って座わり、丁寧に駅員さんにお礼を言って別れた。母と私は顔を見合わせて笑った。とてつもなく大変で長い時間だった。

 料理を作る時も変形した痛い手では、包丁をしっかり握れない。包丁の先端に左手を添え、右手で持ち手を握る。まな板と並行するように包丁を使って乱切りのように大きく切ることしかできない。何を行うにもつらく不便なだけではなく、時間がかかる。

 リウマチは遺伝しないと言われているが、体質が似ていたり、生活習慣が同じだったりするから、私も発病する可能性が高い。母も「あなたに出ないことを祈っているの」と心配していた。

 母の病状を長年見ていたので、痛み=リウマチとしか思えなかった。



1年半後の「診断」

 運転していた時の強い痛みが気になって、翌日、右手首を曲げてみるが、痛みはまったくない。1週間経っても、2週間経っても何も感じなかった。ヨットでうっかり痛めたのかもしれない。神経質になりすぎたと自らに言い聞かせ、一時的な痛みだったと信じた。

 2ヵ月経った頃、仕事から帰って家のドアノブを持った瞬間、キーンと痛みが右手首に走った。まさにあの痛みだった。忘れたころにやってきた。

 私はリウマチに違いないと確信した。すぐに専門医を紹介してもらい、病院で血液検査した。結果が出るのに1週間かかる。医者は問診をし、1週間後に予約をとった。50代半ばの医者はずっと無表情だった。

 血液検査ではリウマチ反応が出なかった。

 医者に「自覚症状があるんですよ。この痛みには原因があり、それをつきとめて、治したいのです。母もリウマチなので、その可能性は高いと思っています」と詰め寄っても、「血液検査に異常は見られません。ですから、治療することはできません。様子を見ましょう」としか返事がない。

 それからは1ヵ月に1回、短い時は2週間に1回ぐらい痛みを感じるようになり、私は「リウマチ」だと思わずにはいられなかった。

 痛みがあるのに、半年後の血液検査も陰性。1年後も同じ。私は早く手を打たないと母と同じ状態になると焦った。まだ20代前半の私にはやりたいことがたくさんある。リウマチでその可能性を失いたくなかった。

 1年半が過ぎた頃、血液検査に行くと「リウマチです」と机のカルテを見たまま、目を合わせず医者が言った。リウマチの権威と紹介されたこの医者は、多くの患者を診てきたはずである。

 「最初からリウマチだと思っていました。この1年半、私はただ立派なリウマチになるのを待っていたのですね」と言ってしまった。母と同じ道をたどる……と想像せずにはいられなかった。
太く短く生きるしかない

 抗リウマチ剤と痛み止めが処方され、1ヵ月に1回血液検査をするように指示された。薬を飲んで治るのなら、母はとっくに治ったはずだ。透析だけでなく、金製剤のシオゾールの副作用で肺線維症になって、呼吸困難で苦しんだ。肺線維症の手術を提案され、治りたい一心の母は手術を受けると言ってきかない。繊維状になった肺を確認しただけのような手術だと思えてならなかった。

 元気になるのなら、つらさにも痛みにも耐えるのが患者の心理である。そのような母をずっと見てきた私には、治る希望が持てなかった。

 私は医者からステロイド剤を集中的に使いたいと言われた時、母が苦しんだので使わないと断った。抗リウマチ剤は開発されていい薬があると説明され、それならばと飲むことにした。

 この時、私は母の轍は踏まない。「太く短く」生きるしかないと覚悟を決めた。

小西 恵美子


aff***** | 1日前

私はパーキンソン病患者です。

お友だちにリウマチ患者の方もいます。

人によるところもありますので、一概には言えないところはありますが、それでも昔よりは良い薬が出来て楽に過ごせるようになっているところはあります。

私がそう言ったところ、リウマチ患者のお友だちも「こちらについても同じだ」と言っておりました。

もちろん、どちらも日によって辛い時もありますし、病気は辛いです。

でも、それでも「昔とは確実に違う」のです。

今も、研究者の方や先輩患者さん達が研究に参加して下さっています。

今後はさらに違うと希望を持っています。

私もお友だちも、ニュースは見ていますし、楽しみにしています。

医学の進歩はありがたいです。

337 25

返信0
momo&mikan | 1日前

10年前に亡くなった祖母が関節リウマチでした。
祖母は50代の頃に発症したそうです。
私が生まれた時は既に発症していたそうですが、それでも初孫の私を抱っこしたりおんぶしたりとしてくれていたそうで。一緒に暮らしていたので、私が泣くと祖母は飛んできてあやしてくれていたと。だから自他共に認めるおばあちゃん子でした。
私が中学生くらいの時は自力でトイレまで行くのがやっとという状態、次第に箸だけじゃなく、スプーンやフォークも持てなくなっていきました。見てるのも辛く、食べる手助けをしたりくらいしかできなくてもどかしかったです。
祖母も痛い痛いとずっと繰り返していて、最後の数年は寝たきり状態でした。
いつか治る病気になって欲しい、と切に願います。祖母のように痛い思いをする人が減っていきますように。

332 37

返信0
his***** | 20時間前

こんなに苦しい病があるなんて・・・言葉にならない
続きが気になります
診断も大事だけどやっぱり患者の思惑や感って当たってる事が多いと思う

不安がある場合医師は真剣に向き合ってほしいです
結果が全てではないです
私は疾病ではないのだけど自分でおかしいと思っていたものをずっと訴えて居たのに医師の勝手な判断で「まだ若いから」という理由で卵管を失いました そして連結した歯も

患者を多く抱えてるのも時間も労力も掛かるのもみんな100も承知
でもみんなの人生は一度しかないんです
ちゃんと聞く耳を持ってほしい

69 3

返信0
amw***** | 23時間前

自分は50才の時に関節リウマチを発症し、53才の時に右足、61才の時に左足の膝関節を人工関節にしました。
現在は生物学的製剤で抑えています、症状はかなり安定していて、仕事もしています。
以前は毎日早く死にたいなって思っていました、難病で辛い思いをしているみなさん、いつか症状が安定するって思って、頑張りましょう。

61 0

返信1

aff***** |7時間前

私はパーキンソン病です。

パートですが、会社と周りの方の理解を得て仕事をしています。

現在50歳です。

お仕事をしている先輩がいらっしゃる・・と嬉しくなりました。

体の症状以外に、私の場合ですと血圧が低いこともあるのか(上80、下50) 、日にもよりますがめまいと吐き気とお友だちです。

そんな中、仕事がある・・と思うと、体も動きますし、家でじっとしているより辛くないのです。

雇ってくれるところがあるのは、ありがたいです。

友達との会話は楽しいですし、仕事はリハビリになります。

進行性の為、そのうち辞めなくてはならなくなるとは思いますが・・

出来るだけがんばりたいです!
0 0

コメントを書く

tlb***** | 1日前

うちの母もリウマチでした。厚生年金病院に通院してましたが最もひどい症例の一つだと言われました。痛みの為に動けなくなり寝たきりになり食べる事が唯一の楽しみで糖尿が悪化して原因不明で亡くなりました。今はいい薬があるようで完治するようなので諦めないで下さい。

132 10

返信2

a2***** |21時間前

私も出産を契機に間接リウマチになりまして、某有名大学病院に通院しています。
そこでも言われましたが、まだ完治する薬はないそうですね(^_^;)

ただ、寛解という症状が出ない状態になる人も出て来ているそうです。

私は残念ながら最新医療の生物学的製剤を使ってもなお、肘の痛みが治まらずですが。。

再生医療や新しい薬の開発も目覚ましいスピードで進んでると信じてるので、例え今、肘が壊れても将来は明るいと思って生きてます(^^)
5 0
tlb***** |13時間前

私の認識不足でした。
うちの母もリウマチと診断されるまでに何度も病院を変わり診断が出るまで何年もかかりました。
一生付き合っていかないと言われましたが薬や注射でも痛みを抑えられるのは1日2日で毎日のように痛いと言ってました。
親指が変形し薬の副作用で腰の骨がなくなり歩くのも困難になりました。食べることのみが楽しみで糖尿が悪化して入院しましたが原因不明の感染症で亡くなりました。約40年戦いました。
母の症例は最もひどい症例の一つだと言われました。
漢方薬や自然食品、色々買ったし温泉やお灸いいと言われる民間療法も色々試しました。
原因不明で特効薬がなく母の時は痛みを取ることぐらいしか治療できませんでしたがこれからは医療技術も今まで考えられなかったようなめざましく進歩してます。
よい治療法が発見されることを希望します。
1 0

コメントを書く

ykk***** | 1日前

私も48歳の時に関節リウマチを発症しました。仕事中、しゃがんで品出しをしていたら、急に立てなくなり ソレを機に指、手首、肩、膝、足首、足の指 付け根と全身に激痛と変形が始まりました。
嘘のように朝は起き上がれず、歩くのもヨチヨチ歩き、階段は本当に辛く 記事にもあったように、一度しゃがみ込んでしまうとまるで力が入らず、痛みで立ち上がる事が出来ません。毎日、毎日 なぜこんな病に…と、泣き明かしました。
昨日まで出来ていた事が全て出来なくなる…情けないやら悔しいやら…絶望感でいっぱいです。 今も進行し続けて骨は破壊され変形していますが、抗リウマチ剤の影響で過去3度手術をした腎臓に影響が出て以来 薬はヤメました。
私は現在50過ぎです。結婚もし、3人の子供達も既に独立しています。なのでもう悔いはないです。このまま痛みに耐え苦しみ 家族の手を煩わせるくらいなら…
と、日々 死を覚悟しています。

85 13

返信4

小学6年女子です。 |1日前

世の中にはあんたが書き込んだコメント見て励まされる人もおるんやから、あんたまだまだ人生なげたらあかんよ。

あんたが毎日死を覚悟するぐらい辛い思いしとる気持ちはわかるが、あんた自分で死んだら絶対にあかんよ。
60 2
ykk***** |1日前

小学6年女子さん)
有難いお言葉ありがとうございます。
涙が溢れてきました。本当に辛くて、切なくて…正直、何度か自ら…と思う事もありました。でも、やはり子供達(いくら成人していようと)の事を思うと 思いとどまります。
これからも、めげそうになる事は多々あると思いますが、出来ない事を嘆かず 出来る事を少しでも増やしていけたら…って言う気持ちで日々送ります。本当にありがとうございました。
33 0
ana***** |18時間前

リウマチについては名前しか知らない40代前半です。
独身、実家暮らしなので、毎日誰に気兼ねするでもなく、自由に暮らしています。
仕事についてはお金は貰えるけど、やり甲斐は無く不安定等と思う時もあります。
歯医者の定期検診、皮膚科で敏感肌の為にアミノ酸とビタミン剤を貰う、眼科にはコンタクトによる目の乾き用に目薬を貰いに行く、そんな程度の数ヶ月ごとの通院でも面倒に感じます。
いかに自分が恵まれた環境に現在いて、いつこの状況が一転してもおかしくない事に気付かされました。
ありがとうございます。
穏やかな生活出来るよう、お祈り申し上げます。
3 0
ykk***** |13時間前

anaさん)
有難いお言葉をありがとうございます。
こちらこそ、あなたの言葉で勇気づけられました。正直、まさか自分がこんな病に罹るなんて!と思っていたので、今までの何気ない「当たり前」が当たり前でなくなった日、改めて「当たり前」を軽視していた自分に気付かされ、又身障者の方の気持ちを知る事が出来ました。これも何かのメッセージと受け止め、自分にも何か出来る事があると信じて 日々生活していこうと思います。
本当に、ありがとうございました。
3 0

コメントを書く

rhi***** | 1日前

辛い話で涙が出ました。
難病で痛みと生きづらさで苦しみ 娘さんのお母さんへの優しさだけが救いです。

新薬といっても副作用が伴い 未だに治療に良い薬は出てません。
おまけに副作用には対処療法で薬が増えて 怒りさえ覚えます。

医者には理解されない病気 太く強く生きたいけど 難しいのが現状ですよね。

自分も同じなので … 悲しいし辛いです。

213 13

返信3

cli***** |1日前

私もリウマチと診断されて1年が経ちました
薬も多く
副作用に悩む毎日です
35 0
zer***** |1日前

母がリウマチで私は別の膠原病。副作用こわいです。遺伝するのか悩む。娘が心配。女性がかかりやすい病気なので。
33 0
rhi***** |1日前

生物学製剤も出てても結果と統計がなく いつやめるのかもはっきりしなく 高い薬を治療に使うのも どうかと…

次回から また新薬をと言われて不安でセカンドオピニオンを受けて来ました。

やはり 生物学製剤は勧められませんでしたし
腎臓や肝臓を悪くするそうです。

事実 いま腎臓が悪くなって来てるので…
いまかかりつけの女医さんと来月 どう話し合うか頭が痛いです。
26 0

コメントを書く

afn***** | 1日前

私は、リウマチ15年目です。普通に働いて、生活しています。治療は、生物学的製剤を使い、治りませんが、抑えています。注射代は月4万位やはり、高いですね。でも、注射のお陰で働けるので、やっていけています。因みに母もリウマチです。遺伝あるように思います。今は、更に医学が進み、全く怖い病気ではないし、疑わしい場合は、すぐに病院に行って下さい。早期なら、寛解の可能性が、十分にあります。

56 0

返信0
mis***** | 22時間前

私も30歳直後にリウマチ発症。腰以外の関節が、代わる代わる痛みました。指の関節というたった1つの小さい範囲でも、痛くて夜中目が覚めてしまうほど。20代で姉が先に発症してたので、その姉から「その痛み方、絶対そうだよ」と言われ、医者にかかりましたが。かかった先の医師は「兄弟姉妹でなるってないよ。運動不足だから痛むんだよ」と言って血液検査さえしてくれませんでした。
症状が出たまさにその日に来てた別の先生が見たら、血相かえて採血になり、やっと病名がつきほっとしました。信頼できる先生に出会えるのは運なのかな…。
私も発症早いと言われましたが、この筆者さんは24歳、早いですね。読んだところ、第一選択薬にMTXがなかった時なのでしょうか。
今は色々いいお薬が出てますが、いつか寛解ではなく治癒できる時が来るといいのですが。

24 0

返信0
euc***** | 1日前

19才の時に単車で転んで一週間経っても微熱が下がらないまま、整形に行って検査をしたらリュウマチですと、母も先月亡くなった伯父もリュウマチ。薬の副作用で食べては吐くを繰り返し一週間で体重が40㎏をきってしまい通院を止めました。母と体質が似ていたが、好き嫌いな食生活を止めてお酒も控えてよく寝てよく仕事して遊んで我儘な生活をした結果再発は?してないかなぁ。早35年経ちました。未だに母には好き勝手な生き方だったと叱られていますが、個人的には結果オーライ。

92 24

返信2

mabura |1日前

それは辛かったですね
関節リウマチ患者です
再燃していないと言うことは医師の診断ミスの可能性があります
関節リウマチに似た病気で治る物があります
当時抗核抗体やリウマチ因子、CRP、IgGなとは高かったでしょうか?
24 1
euc***** |1日前

はじめまして、当時は若かったので余り覚えていないのと、12才の時に神経痛を患いまして多分19の時は打撲が酷かったからなんだと思っています。ただ、この20年程手首指の関節に強張りと痛みがたまにあるのですが、職業がフォークリフトなので足首、膝、腰、肘に手首指と寒くなり始めると痛みがあります。薬には、必ず副作用が付き物で食生活や睡眠リズムを管理しています。温めても冷しても痛みが取れづらいけれど無理をしないで、またわがまま生活に変更中です伯父が30台の頃は、働くことすら出来ないほど酷い状態だったのを一緒に生活していたので間近に見ていました。優しい人で気を使って生活していたのを子供ながらに感じていました。合う薬が有ったようですが、毎月病院へは行っていたようでした。大変とは思いますが、人生を楽しんで下さいね。因みに足首の骨折でリハビリ兼ねての仕事復帰中です



asa***** | 22時間前

私は膠原病の中の混合性結合組織病です。
20歳の誕生日前に発症。
教師になれたらと、大学では教育課程を履修し、教育実習もしましたが、
就職まではできないと諦めました。
難病にかかると、やりたいことも、できなくなり、たくさんの諦めが増えました。

早く治療薬ができ、
同じように悩み諦める人が少しでも減りますように。
みんなが、病気でなく、老衰で人生を全うできるような日になりますように。

29 0

返信2

por***** |21時間前

私も同じ混合性結合組織病です。去年発症し現在25歳です。夢があったのにお辛かったでしょう。年齢が若いと周囲からの理解が得られず大変ですよね。長い道のりですが、一緒に頑張りましょう!
7 0
asa***** |10時間前

お互いに、良好状態が長く続きますように^_^
0 0

コメントを書く

fum***** | 1日前

私も37歳からリューマチ患者です。
両膝は人口関節になり、生物製剤を
採用し長い寛解を維持しています。
子供は、既に結婚独立して
1人で、のんびり暮らします。
孫の、お世話も海外旅行も
出来ます。身体の声は
聞いていますが、病に
何もかにも支配されたくないと
強く思う事も大事だと思います。
相性の合う、医師とであい
折り合いを、付けながら
頑張りましょう️

45 1

返信0
oha***** | 1日前

慢性上咽頭炎との関係はあるのでしょうか?
親指指に腫れがありますが幸いにも現段階ではリウマチではありません、しかしIgAが高めです。

7 2

返信0
shi***** | 23時間前

いくら現代の医学が日進月歩で進んだとしても膠原病は治らない病。膠原病が元で合併症で強皮症にもなると動くことも手を握り文字を書くことも意思を表示することもままならなくなる。
リウマチが贅沢病というのは、その死を待つ時間が比較的他の病より長いから治ったように見えなくもないが残念ながら治ることはない。
あとは、座して死を待つだけの話に他ならない…。

10 6

返信0
ayu***** | 12時間前

38歳で去年からリウマチです。メトトレキサート を今10mm毎週服用してます。
まだまだ寛解には遠いですがなんとか過ごしてます。
仕事が建設業で関節に負荷がかかるとその場所は必ずリウマチが現れます。
たまに痛過ぎまでどうしようもないですが、皆さんも頑張ってください!寛解を目指しましょう

5 0

返信0
ci7***** | 1日前

体が良くなることを心よりお祈りします。

43 1

返信0
oyu***** | 1日前

7年目です!痛さは押さえられている。
こわばりとダルさがまた、たまらないんだ。
すぐ足がつるし。
全身につるつるの小石が入ってる感じ。

17 0

返信0
iku***** | 1日前

私は55才のとに膠原病の全身性エリテマトーデスを発症しました。

6 0

返信0
der***** | 22時間前

私も関節リウマチです。20代で発症してもう30年この病気と付き合ってます。
抗リウマチ薬は副作用が怖く飲んでません
毎朝痛くて起き上がるのも一苦労で毎日痛み止を飲まずにいられません。1日中だるく 手の関節も曲がってます。でも治る病気では無いので、付き合って行くしか無いです。

13 1

返信4

a2***** |21時間前

私も副作用がすごく怖くて、なかなか薬に踏み切れなかったんですが。。

よい先生に巡り会え、納得のいく説明を受けて生物学的製剤を打ち始めました。

今のところ副作用も全くなく、快適です(^^)
ただ、最近肘に痛みが出てきてしまい薬の変更を検討中ですが、止めるつもりはないですね。

全身痛みで起きられなかったら、小さい息子の育児が出来ないので、やるっきゃない!
副作用が出たら出たで仕方ない!って感じです(^_^;)
4 0
der***** |20時間前

生物科学製剤はやってみたいけど、高いから出来ないんです。
いい薬が高いのは辛い…
月に3、4万とか無理過ぎます。
5 0
a2***** |20時間前

うーん、確かに高いですよね。。
早く安く使えるジェネリックが沢山でると嬉しいのですが。

でもそうなると製薬会社の収入が減って、新薬の開発が遅れるのかな?

完治できる薬があるなら、高くても手に淹れたいですが 今は対症療法というか抑えるだけですからね️
それでも一昔前に比べれば、遥かに良いらしいのですが。

20台で発症して30年とすると、当時はまだ良い薬は出ていませんでしたよね。。今の薬より症状も治まらず副作用もキツかったと聞いていますので使うかどうか悩みますよね。

ちなみに私は今は独身時代の貯金を崩していて、息子が幼稚園に入ったら働く予定です(^_^;)

幸いにして現時点ではギリギリ間接の変形までには至っておらず、全身の痛みとお金を天秤にかけても、高価な薬を使う分を働いて稼ぐ方が良かったので。。
1 0
oyu***** |10時間前

私も薬代のために仕事してますね。
ダルいの痛いの言いながら出かけます。
1 0

コメントを書く

zizi | 1日前

リウマチを発症した義姉は、世界一痛い足つぼを藁にもすがる思いでやって治したそうです。

それ以降、風邪ひいたり調子悪いと足つぼらしいです。
お金もあまりかからないし、教えて頂いたけど、私は痛くて無理でした(っω<`。)

6 10

返信1

oyu***** |1日前

リウマチではないのでは?



wsn***** | 1日前

膠原病ではないですか?

20 39

返信2

kot***** |1日前

記事の文中にもありますが、膠原病というのは自己免疫性疾患の総称的な意味です。膠原病の一種にリウマチがあります。
51 1
mabura |1日前

関節リウマチは膠原病の一部です
44 1

コメントを書く

wxf***** | 1日前

リウマチなどの膠原病はもちろん、
1型糖尿病、白血病、クローン病などの炎症性腸疾患、パーキンソン病
多発性硬化症、てんかん、ギラン・バレー症候群などの神経の病気、
先天性代謝異常症などの病気も
難病です。

13 3

返信0
ang***** | 1日前

リウマチは不満や怒りを押し殺して我慢しているのが当たり前…って状態だと治らないみたいです。
心と体は通じてます。自分で自分を攻撃する病気の人は、自分を責めることを止めてみることです。
私も人の事は気にせず、自分を甘やかすことにしました。









クソ野郎のナースにダメージ受けたぞ!!フィリピン透析

2019年03月29日 | ヒデは1,人工透析、2,心が弱り40%血液排出、3,リウマチで身体が不自由...

クソ野郎のナースにダメージ受けたぞ!!フィリピン透析


下手な、男の看護師が1匹いて、透析のぶっとい針を刺し間違えて<<針を正しく刺さないので血流が悪い>>、機械が停止し、他の看護師が来て針を刺したまま、あちこちやり直すものだから激しい痛み。

流石に切れて<<痛え!!!!@@、この野郎!!!、お前がミスしたので、コノザマだ!!怒!!!>>

結局、針を抜いてやり直したが、オンナのナースは、難なく0k.

このナースは、いつも上手いので<<アンタは、上手いから~~0kだよ>>


この男のクソ看護師は、前にも針刺して激痛で、他の男のナースにやってもらい、難なく0k。

このクソ野郎だけが下手なのだ!!!!よく他の患者は、我慢している。

こいつのせいでマシンが止まり30分も伸びてしまった。

こいつは、二度とやらせない!!!!!!!!!!!

◎しかし、これ以上文句を言わないほうが良い。単に、こいつにあたったら、ほかのナースを頼むと大人しく言う。まあきょう怒ったので、二度とやらないだろうが、下手すると、毒でも入れられて殺されるので、追い込まないほうが良い。
看護師が点滴に毒入れて殺すなど世界中で起きている。コイツラは自分の手中に患者の命を握ってると考えている。
これは医者も同じで、生かすも殺すも、連中の意のままだ。


ダメなやつは、やはり見てくれが駄目!!! 運転手も同じだが、碌でもないのは人相風体でわかる。


透析って中止していいの?…公立福生病院のケースに問われること

2019年03月23日 | ヒデは1,人工透析、2,心が弱り40%血液排出、3,リウマチで身体が不自由...

透析って中止していいの?…公立福生病院のケースに問われること

3/22(金) 16:10配信

読売新聞(ヨミドクター)
透析って中止していいの?…公立福生病院のケースに問われること

イメージ
末期腎不全なら透析か腎臓移植 透析患者は増え続け33万人

 東京都福生市の公立福生病院で、透析治療の中止によって40歳代の女性が死亡した際の病院の対応に問題がなかったか、日本透析医学会や都が調査、検証を進めている。そもそも透析とはどんな治療なのか? 中止はできるのか?

 腎臓は、血中の老廃物やよけいな水分を尿にして排出する大事な臓器。その機能が一定レベル以下になると末期腎不全と呼ばれ、だるさや食欲低下、吐き気といった症状が出る尿毒症や、心不全などを起こす。失った腎臓の機能は元には戻らないため、腎臓移植や、人工的に血液中の老廃物や余分な水分を除去する透析療法が必要になってくる。

 日本透析医学会の2017年12月31日現在のデータでは、国内の透析患者数は年々増え続け、33万4505人。人口100万人当たり2640人で、人口比では台湾に次いで世界で2番目に多い。一方、腎臓移植を受ける人は年間1600人程度。希望しても移植を受けられる人はわずかで、国内の末期腎不全の患者の多くは、透析を生涯続けることになる。移植医療が盛んな欧米では、日本ほど透析期間は長くない。
大半は週3回・4時間程度の血液透析 自宅で可能な腹膜透析も

 透析には主に、血液透析と腹膜透析がある。血液透析は、血液を体外で循環させて浄化する方法で、医療機関で週3回、1回に4時間程度行うのが一般的だ。腹膜透析は、腹腔内に透析液を一定時間ためておき、腹膜を通して透析液に老廃物やよけいな水分を移す方法。自宅や職場でも可能だが、血液透析に比べて効率は低く、腹膜の劣化などで長い期間は利用できない。腹膜透析の患者は、透析患者全体の3%に満たず、通常、「透析」と言えば、血液透析をイメージすることが多い。

 末期腎不全患者の生命を維持するため、絶対に欠かせない透析だが、同学会は14年にまとめた「維持血液透析の開始と継続に関する意思決定プロセスについての提言」の中で、場合によっては中止や非開始もありうることを認め、その際のプロセスのあり方を示した。


透析患者は平均68歳 がんや心血管疾患の合併も多く

その背景にある大きな要因は患者の高齢化だ。同学会のデータでは、平均年齢は1985年の50.3歳から、2017年は68.4歳と高齢化が進んだ。原因となる病気は、以前は若い人にも多い慢性糸球体腎炎が大半だったが、2011年からは糖尿病性腎症が1位。がんや心血管疾患など重たい病気を抱えながら、透析を受ける高齢者も増えた。

 終末期と呼べるような段階になった時、血圧の変動など体への負担の大きい血液透析は逆に危険なこともある。また、透析は腎臓の機能をすべて補えるわけではなく、様々な合併症が起きてくる。どこまで続けるべきか、現場で判断に悩む場面が増え、中止や非開始の例もしばしば報告されていた。同学会のアンケートでも、学会員から一定の指針を求める声が多かった。
学会が透析「見合わせ」プロセスの提言

 超高齢社会を迎え、終末期医療のあり方についてはすでに、厚生労働省や日本老年医学会、日本救急医学会などが指針を示しており、日本透析医学会もそれらを参考に提言を作成。「患者への適切な情報提供と患者が自己決定を行う際の支援」「自己決定の尊重」などの柱のほか、医療チームが血液透析の「見合わせ」を検討する状況として、安全に実施することが困難で、かえって生命を損なう恐れがある場合や、全身状態が悪く、本人の「見合わせたい」という意思が明確である、あるいは家族が本人の意思を推定できる場合などを挙げた。

 今回の福生病院のケースで問われているのは、「透析中止に至る判断や手続きが適正だったか」ということだ。患者を死に誘導するようなことがあったのか。患者は透析中止の決定を翻して、本当に再開を望んでいたのか。それに対する病院側の対応に不備はあったのか……。問題点があれば明確にしたうえで、今後の透析医療に生かしていく必要がある。

 終末期医療に詳しい「自分らしい『生き』『死に』を考える会」代表の渡辺敏恵医師は「この治療をしたらどうなる、しなかったらどうなる、というのは、患者が判断するのに必要な情報で、一方しか提示しない方が問題。QOL(生活の質)を考えて、治療しない選択もある。昨年改訂された厚労省の終末期指針には、アドバンス・ケア・プランニング(ACP=人生の最終段階の医療・ケアについて、本人が家族等や医療・ケアチームと事前に繰り返し話し合うプロセス)の概念が盛り込まれた。早い段階からACPに取り組み、本人の意思を確認できていれば、今回のような問題は防げるのではないか」と話している。(藤田勝 ヨミドクター副編集リーダー)

福生病院の外科医はヤバイな、、患者に死ぬ選択をさせて喜んでるか?

2019年03月16日 | ヒデは1,人工透析、2,心が弱り40%血液排出、3,リウマチで身体が不自由...
透析患者です。

私も透析しなければと言われて当初断固拒否しましたが医者と家族が大変な説得をして、結果は透析はじめました。

今は、カラダが調子良くなり感謝です。死ななくてよかったとドクターと家族に感謝しています。

この病院は、この様な透析患者の一時の迷いや混乱に乗じて「積極的に中止も提示してどうしますか?」と精神不安定な患者を誘導して殺したと考えます。

透析は、みんな嫌なんです。

故に透析は嫌だと患者が話して、医者が中止も選択肢ですよと話せば患者は、誘導的に透析しませんとなる蓋然性が極めて高いのです。自分が経験したので分かります。

この前は、老人が気管切開され意識不明で透析してるのを見たが<<ファミリーが金があり、延命を望んでいる>>が、こういうケースは明らかに残酷な延命と第三者は感じる。

こういうケースが、末期患者であり消極的安楽死をすることがかんじゃのためであると考える。

本件の44歳の女性は、末期(意識不明で気管切開しているや、最早、透析すると死期を早める患者ではないことは明白です>>こういう患者に、精神的な不安定状況で初見の外科医が透析中止も有ると低減するのは、<<死になさい>>というのと同じ。悪い病院。

この病院では、異常に透析導入中止や途中中止が多く患者が死亡している。この医者、病院長などは、バイアスのかかったガイドライン違反の信念があるのです。

まあ、日本の場合は、この記事のヤフーコメント見ても分かるように他人事の<<透析患者には税金投入>>なので死んでくれという考えがアリアリだ。本当に冷酷な日本人らしい考えと感じたわけだ。

◎因みに私は海外なので日本に税金など1円も使っていない。他人事で冷酷な日本人諸君には、この点を承知してもらいたい。





nek***** | 11時間前

3月21日号の文春によれば、女性を担当した外科医と、面談を一緒に行った内科医2人とも、東京医科大の男性医師。

13年に2人が病院に勤務し始めてから、新たに透析が必要となった患者に、「透析の非導入」を提示して、それを受け入れて亡くなった患者が13年の4月以降で20人にも登るそうです。

近隣のクリニックのスタッフが、
透析のさい、血液の出入り口になるシャントの作成が、他の病院は人工血管が曲線を描いて血液が流れやすいのに比べ、福生の患者さんは直角に折れて血液が詰まりやすく、縫合も下手、も感じていた、と話しています。

下手くそな手術によって、患者に余計な苦痛を与え、あげく、透析中止を提示する。

患者に真摯に向き合って、万策尽きたあげくの提示ではないのです。人道にもとる、冷血な行為です。
一連の東京医科大の不正入試と無関係とも思えないです。

こういう医者をもう野放しにしないでほしい。





透析行わず死亡で立ち入り調査 日本透析医学会

3/16(土) 13:12配信

ホウドウキョク

東京・福生市の公立福生病院で、医師から人工透析治療を中止する選択肢を示され、中止した患者が死亡した問題で、日本透析医学会は15日午後、病院への立ち入り調査を行った。

公立福生病院では2018年8月、腎臓病患者の女性(当時44)が人工透析治療を中止する選択肢を示され、治療を中止した1週間後に死亡した。

女性は亡くなる前に、一時、透析中止を撤回する考えを示していたことがわかっている。

これらの問題を受け、日本透析医学会の調査委員会のメンバーの医師らが15日午後、病院に立ち入り調査を行った。

メンバーらは、担当医など関係者から話を聞くとともに、カルテの確認などを行った模様で、学会は実態の解明を進めることにしている。

FNN




医師の判断で透析患者を殺してもいいのか

3/16(土) 11:15配信

プレジデントオンライン
医師の判断で透析患者を殺してもいいのか

東京都による立ち入り検査が行われた公立福生病院。問題発覚以後、病院は詳しい説明をしていない。(写真=時事通信フォト)

■「透析中止」の女性は精神的に不安定な面があった

 これは医療行為というよりも、むしろ殺人ではないか。

 東京都福生市の「公立福生病院」で昨年8月、腎臓病を患っていた44歳の女性患者の人工透析治療が中止され、この女性が1週間後に死亡した。病院側は「医師が女性の話を聞いたうえで中止を決めた」と説明しているというが、東京都は病院を医療法に基づいて立ち入り検査するなど本格的な調査に乗り出した。日本透析医学会も調査委員会を立ち上げ、事実関係の調査を始めた。

 これまでの報道を総合すると、女性は病院で「末期の腎不全」と診断され、医師や家族と何度か回話し合って透析治療を受けないことを決め、同意書にも署名していた。しかし女性は透析を中止して容体が悪化した直後、中止の考えを改め、病院に透析の再開を求めていた。しかも女性は精神的に不安定な面があったという。

 日本透析医学会のガイドライン(指針)によれば、透析治療を中止できるのは、回復の見込みのない終末期の患者が事前に中止の意思を示したうえで、その患者の状態が極めて悪化した場合としている。患者の体の状態が改善したり、患者や家族が透析治療の再開を希望したりしたときには再開するよう求めている。

■1回3~4時間を週3~4回行うという大きな負担

 公立福生病院の行為は明らかに学会のガイドラインに違反しているが、複数の報道によれば、病院は院内の倫理委員会にこの女性患者の透析中止の問題をかけていなかったという。杜撰である。少数の医師らの独断で決めることではない。

 人工透析治療とは、腎臓の機能を失った患者を人工腎臓(透析装置)にかけて患者の血液から尿素やクレアチニンなどの老廃物を取り除く療法である。患者の体に老廃物が溜まると、患者は痙攣や意識障害を引き起こして死んでしまう。本来、人体に2つある腎臓が血液を濾過して老廃物を取り除くとともに尿を作るのだが、この腎臓の代わりに人工腎臓を使う。

 通常、1回の人工透析には3~4時間かかり、これを週3~4回行う必要がある。肉体的にも精神的にも負担は大きい。だが、この治療を止めれば死んでしまう。透析患者は右肩上がりで増えており、現在全国で約33万人にも上る。その多くが糖尿病を悪化させて慢性の腎不全になった糖尿病性腎症の患者である。

■医師の価値観に沿った判断へ誘導する恐れ

 一連の報道によれば、この病院の腎臓病総合医療センターを受診した患者は2018年3月までの5年間に約150人おり、そのうち約20人が人工透析を行わない「非導入」を選択していたという。さらに人工透析を中止する「離脱」の患者も数人いたようだ。

 公立福生病院の透析中止問題は、毎日新聞のスクープだった。初報は3月7日で、3月9日には社説のテーマにもしている。

 その社説は「苦しい闘病を続ける患者には治療をやめたくなるときがある。それを医師や家族はどう受け止めるのか。難問が突きつけられている」と書き出している。見出しは「患者の意思は尊ばれたか」である。

 「医師側は複数の選択肢を示し、治療をやめると死につながることも説明したと主張する。女性は治療中止の意思確認書に署名している。表面的にはインフォームドコンセント(十分な説明に基づく同意)を得ているように見える」
「ただ、精神的に追い詰められる患者の気持ちが二転三転することは珍しくない。正常な判断ができない状態の患者に医師の言葉が影響を及ぼし、結果として患者の本意より医師の価値観に沿った判断へ誘導してしまうことは十分にある」

■終末期だが腎臓移植という道も残されている

 公立福生病院の行為は、毎日社説が指摘するように「表面的なインフォームドコンセント」でしかなく、しかも一方的に「医師の価値観に沿った判断」へと誘導している。これはもはや患者中心の医療などではなく、医師や病院の押し付け以外の何ものでもない。

 さらに毎日社説はこう指摘する。

 「厚生労働省が昨年改定した終末期医療のガイドラインは患者と家族、医師らが継続的に何度も治療方針を話し合うことを求めた。医師だけでなく、介護職員も患者の意思を確認するチームに加えることを定めた」

 いかなる治療を行おうと、死が避けられないというのであれば、透析治療を中止して亡くなった女性患者は終末期にあったことになる。しかし治療方法は残されていた。人工透析の再開である。再開していれば、命を落とすことはなかったはずだ。

 しかも透析患者には腎臓移植という道も残されている。そのことを病院側はきちんと説明していたのだろうか。


■医学界の考え方と大きくかけ離れている

 公立福生病院は終末期医療を誤解しているようだが、いまの社会では終末期医療の在り方が大きく問われている。

 日本社会は世界でもまれな高齢化に直面し、「人生100年時代」とまでいわれる。長寿社会では老いや病気の問題、命の在り方など深い考察が求められる。延命治療を受けるのか、それとも拒否するのか。だれもが最後にたどり着く終末期と死について正しく認識し、終末期の過ごし方を決めておくことが求められる。

 死が迫る終末期において、延命治療を中止し、自然な死を迎える方法もある。「尊厳死」と呼ばれる死である。

 尊厳死は医学界で常識である。日本老齢医学会は2012年に「胃ろう」を止めるための指針をまとめ、日本救急医学会も2007年に一定の条件下でのレスピレーター(人工呼吸器)などの生命維持装置の取り外しを提言している。

 今回の公立福生病院の事件は、こうした医学界の考え方と大きくかけ離れている。病院が終末期医療や尊厳死の在り方を自分勝手に、都合よく判断した結果、透析患者の命を奪ってしまったのではないだろうか。沙鴎一歩はそう考える。

■1995年の安楽死事件では医師の殺人罪が確定

 尊厳死と混同されがちなものとして、「安楽死」という言葉がある。

 1995年3月、横浜地裁が東海大安楽死事件の判決で安楽死の3つのタイプ(積極的安楽死、間接的安楽死、消極的安楽死)を示している。東海大安楽死事件とは、東海大付属病院で末期がんの患者に医師が塩化カリウムを注射して死亡させた事件で、安楽死の問題が初めて司法の場で大きく問われた。判決後、医師の殺人罪(執行猶予付き)が確定している。

 判決によると、積極的安楽死は苦痛から患者を解放するために意図的かつ積極的に死を招く医療的措置を行うことだ。これに対し、消極的安楽死は患者の苦しみを長引かせないために延命治療を中止して死期を早めることで、間接的安楽死は苦痛の除去を目的とする適正な治療行為ではあるが、結果的に生命の短縮が生じるとしている。

 現在、積極的安楽死を安楽死とみなし、消極的安楽死と間接的安楽死を尊厳死とするのが一般的である。



■安楽死大国のオランダを支える「家庭医制度」

 安楽死と言えば、オランダだ。オランダでは2001年に世界で初めて安楽死法が成立し、翌年から施行されている。オランダでは医師に薬物を注射してもらうなどして命を断つことが合法的にできる。さらにオランダでは患者の苦痛を取り除くような消極的安楽死(尊厳死)は、通常の医療行為になっている。

 専門家によると、安楽死が合法的になった背景にはオランダ独自の家庭医制度が強く影響している。

 国民全員が普段の健康状態を診る家庭医を持っている。家庭医は自分の患者がどう自分らしく生きるのか、どうやって死に臨もうとしているのかまでを詳細に把握している。オランダではこの家庭医が了承しない限り、安楽死はできない。安楽死法が施行されたオランダでも、安楽死はまれで、死亡総数に占める割合はわずか数%にすぎないのである。

 患者と医師、病医院の濃密な関係があって初めて安楽死が成り立つ。「透析を再開したい」という女性患者の気持ちをくみ上げることができなかった公立福生病院の行為は、「殺人」に相当するのではないだろうか。

ジャーナリスト 沙鴎 一歩 


tos***** | 12時間前

某掲示板にここの病院関係者と思われる者が『医療訴訟がいくらかかるか知ってますか?しっかり戦ってください。』だの『医療訴訟の勝率を知ってますか?頑張って弁護士を見つけて下さい』だの書かれてるような病院だしな。
頭から金の為にやってたんだろなと思う。
金が無くなれば、そこを付けば要無し。
こう言う病院は行きたくないもんだ。


あぽろん | 13時間前

透析患者の家族です。この患者さんが終末期とは到底思えません。医師や病院が独善的な思考で組織的に死の選択肢を迫ったのではないか。普通の病院ならこのような話題すら医師も病院もしない。透析患者にとっては励ましの言葉すら苦痛に感じることもない訳ではないが、このような医師や病院を知り、如何に現在の主治医や看護師、病院が愛情に溢れているか再確認する機会となった。

透析中止で死亡 長男、母の再開意思を知らず「初孫抱かせたかった」

2019年03月12日 | ヒデは1,人工透析、2,心が弱り40%血液排出、3,リウマチで身体が不自由...

この一家は、異常にタイミングが悪い!!

長男夫婦は<<出産で大変>> 旦那は、胃に穴が空いて同じ病院で緊急手術。

何というタイミングだ!!

こんな最中に、当人が透析中止を外科医に選択肢としてあると言われて、真に受けて透析中止で<<死亡>>するが、間際になり<<翻意して医者に透析再開を、旦那も知り、医者に言うが、医者は再開しないで>>

最早、手遅れと<<強力な鎮静剤=二度と起きない、安楽死と同じ薬剤>>を射った。

この鎮静剤は、NHKでもやったが<<癌末期でモルヒネが効かなくなり激痛の患者に、本人の希望と家族の同意で処する=事実上の安楽死剤で二度と起きないで3~7日で死亡する>>



これは私が一昨年の暮に、リウマチで膝の激痛がおこり、普通の痛み止めが効かないので、私が医者に強く頼んで、点滴から注射したものと同じで、直後から痛みが完全になくなるが<<意識が遠のき、眠ってしまう>>

膝の痛みが無くなってもカラダが完全に動かない寝たきり。

わたしは、量を少なめにしたので昏睡から死ななかったが<<医者は、危険なので、、と、嫌がっていた>>

しかし、、その後、眠り続ける状態が続いた記憶がある<<この時意識が混濁していたあまり記憶がない>>

自分がどこにいるかわからないし、色の鮮やかな夢を見る=現実と区別できないほどの(人間はこういう風に死んでいくのだと、意外と冷静に認識した)

最後は、顔が腫れてきて目が充血、、、呼吸困難で、緊急入院して<<輸血2パックの後、直ちに透析のために仮の処置を首にして透析開始した>>

呼吸は苦しくパニクりだったが、こういう症状がなければ死んでも良いと覚悟していた。呼吸困難がなければ意識が混濁していて特段痛みなどなく<<妙にファインな気分で問題がなかった>>酒のんで明るい状態のような感じだが、時折<<これでこの世とおさらば、家族とも、お別れと思うと少し涙が出た>>

この後、大体2ヶ月位は寝たきり状態だった。

その後、段々と体を起こしたり、、ベットに少し腰掛けたり(貧血で2分も居られなかった)、、座れたら、次は、立ち上がるだけ。そして1歩足を出す。更に3歩、、、こうしてトイレに自分で行けるようにした。

それまで、自室のベットから抱えられて従業員に助けてもらい透析に通ってたが、何とか自分で病院へ行けるようになった。膝は駄目で松葉杖で歩くが。

それから1年以上経過したが、膝は少しずつ力が入るようになり、指の関節のしこりも無くなってきた。


この事件の女性は、透析が辛くなり死を選択したが<<透析は、馴れで、針の痛みは”麻酔薬の軟膏などでほとんど解決する>>4~5時間透析は長いが備え付けのテレビやスマホなどで気が紛れるし、寝てれば良いのだ。

自分はナースに、椅子をリクライニング居してもらい、テレビのイヤホーンとスマホのイヤーホーンを付けてユーチューブ観たり聴いたり、飲食して、2期間くらい寝る癖を付けてる。

フィリピンなのでナースらは、陽気でジョークを言うし明るい雰囲気<<日本と文化が全然違う=日本は暗い>>

この女性は、一時の思いつめで死ぬ同意書にサインしたようだが<<この外科医は悪い!!腎臓専門医でもないにもかかわらず、この外科医が妙なアドバイスする立場にはない!!>>

初めて来院した患者に(透析のところで、再度シャントなど作るために紹介された初見の医者だ!!)ガイドライン違反の=末期透析患者ではない=透析やめれるなど医者がアドバイスしたか。

紹介された病院に行き、初めて会った外科医に、言われて<<当日に死を選択する同意者にサインしたという異常>>こういう場合は、慎重にすべきだ。


まさにこの点が争点だが、ニュースのコメント欄には、この争点が理解できない読解力のない連中がコメント入れてる。

本件では、終末期ではない患者に医者側から<<透析止める選択も有るんですよ~~>>と、した時点で、ガイドラインに反するから調査が入ってるのです、、こんな簡単なことがわからない。

それにこの病院では異常に透析中止する患者が多く、すでに20人以上が死亡してることが判明している。

これからすると、この医者、この病院では、何らかのバイアスがあり、ガイドライン違反だが患者に<<死の選択をさせた可能性がある>>

後期高齢者などで最早、意識がないなど明らかに末期、通常の生活が送れない=無理やりいかす状況にはない。透析すれば普通の生活が送れる(旦那も息子も、そして孫が生まれたのだ)、自分で歩いてきた若い患者に死の選択肢をしめした、この医者の罪は重い。

しかし、最後に悪いが、、この家族もしっかりしていない。何と頼りない。





透析中止で死亡 長男、母の再開意思を知らず「初孫抱かせたかった」

3/12(火) 6:01配信

毎日新聞
透析中止で死亡 長男、母の再開意思を知らず「初孫抱かせたかった」

公立福生病院=東京都福生市で2019年3月6日、宮武祐希撮影

 「僕にとっては大事な母親。長生きしてもらいたかった」。公立福生(ふっさ)病院(東京都福生市)の人工透析治療を巡る問題で、昨年8月に亡くなった女性(当時44歳)の長男(28)は、女性が透析再開の意思を外科医に伝えたことを死後に知った。亡くなる10日前に生まれた初孫の男の子を抱かせたかったと悔やむ。

【女性が夫に送った最後のメール】

 夫(51)や長男によると、女性は糖尿病を長く患い、夫もぜんそくでなかなか働けず、生活は苦しかった。だが、冗談を言っては笑わせてくれた女性のことを、長男は「一緒にいて、あんなに楽しい母親はいない」と振り返る。だからその日も、冗談かと思った。

 亡くなった昨年8月16日の3日前。結婚して独立した長男を突然訪ねた女性は「(透析治療が)できないって言われたから、とりあえずやめる」と切り出した。治療をやめる選択肢を外科医から示され、意思確認書に署名した後のことだ。絶句するしかなかった。「もしかしたら死ぬかもしれない」。女性の表情は硬かったという。

 翌14日、入院。「どうだった?」。「平気そうだよ」と言う電話の父の言葉に長男が安心した2日後、容体は急変する。最後に会ったのは亡くなる日の朝。まともに会話ができない。「何で? まずいな」。嫌な予感がした。長男によると、外科医は「お母さんの意思を尊重する。容体が今後急変することがあるが、何もできない」と長男に告げ、強い鎮静剤を女性に打った。

 30分間だけ、話ができた。10日前に生まれた初孫の男の子の写真を、長男は女性に見せた。「お前に似てるよ」。女性は薄く笑い、つぶやいた。家の中の片付けをしなかったのが「心残り」と言った。「もう死ぬから、後のことをよろしくね」。それが最後だった。

 女性も夫も死の前日の15日、透析治療を再開する意思を外科医に伝えていた。それを長男が知ったのは母の死後、父からだった。母が自分に話さなかったのは、何を言ってもムダだと思ったからではなかったか――。長男は言う。「もしあの時、『透析治療を再開したい』と話してくれていたら、別の病院に変えさせて、透析を続けてもらっていた。戻ってきてほしい」【斎藤義彦】
【関連記事】

<透析中止の病院長「選択肢は必要。むしろ倫理的だ」>
<公立福生病院の外科医・腎臓内科医、一問一答>
<もだえるような苦しみの尿毒症>透析患者「もう1回透析を、と思うのは当然」
<人工透析患者に「死」の選択肢>どこまで「自己決定」だったのか
<透析行わず20人死亡 公立福生病院>







悪い医者にあたったな、、、腎臓専門医ではない外科医が「透析させないほうが良いと常々考えてるので、ここの病院では異常に透析をしない選択が多い=しれてるだけで透析しないで20人以上死んだ」

2019年03月10日 | ヒデは1,人工透析、2,心が弱り40%血液排出、3,リウマチで身体が不自由...

悪い医者にあたったな、、、腎臓専門医ではない外科医が「透析させないほうが良いと常々考えてるので、ここの病院では異常に透析をしない選択が多い=しれてるだけで透析しないで20人以上死んだ」

ガイドラインでは「透析が出来ない終末期患者にだけ透析を中止できる=透析することによる血圧低下で危険などのケースだけ」

ところが、問題の外科医は、ガイドライン以外の患者で、透析が嫌だという感情的な理由だけで、書面書かせて透析しない=死ぬ選択をさせたところが争点だ。

透析患者は、時には感情的に透析が嫌だと言うが、死を望んでるわけではない。

◎透析患者ではなくても病気や人生悲観したりして<<死にたいです>>と思ったときに、仮に医者が、死なせたあげよう、、、と例の強力鎮静剤打ったら3~7日で死ぬ。

安易に一時の感情で死を選んで、実行してたらほとんどの人類はいなくなる(苦笑)


私の経験でも、時には透析などやめたいと思うことが有ったが、現在は、慣れて、そんなに抵抗はない。

透析は<<お勤め>>と思って通っている。

テレビも個別に有るし、スマホを見たり聴いたり。食事もしたり。寝たり。

リクライニングシートなので、y倒してもらい、楽な姿勢でできる。

現在透析と禁酒のおかげでリウマチ発作はなくて<<リウマチ特有の関節のしこりが段々無くなっていく>>体調が良いのです。

この様に、患者は日々体調が変わり、その時点の感情で透析中止をさせる医師は、トンデモナイ罪な人間だと思う。その女性には旦那もいる。これから未だ、薬と透析すれば何年もいきられるのだ。

若いので、後期高齢者が透析するとは異なり、普通の生活が出来る。

私も、過激な運動はできないが普通に車運転できるしバイクも乗れる。食事は豚や牛、青魚など駄目、制限があるが、水など普通に飲んでいる。

体調がよく太った。

家族には、寿命は後3年位と思ったが、体調がいいので、5年はいきるかもと、笑って話している。



人工透析、相談当日に中止同意 死の選択、都が経緯調査

3/10(日) 15:59配信

共同通信
人工透析、相談当日に中止同意 死の選択、都が経緯調査

公立福生病院=8日、東京都福生市(共同通信社ヘリから)

 東京都福生市の公立福生病院で昨年8月、腎臓病の女性=当時(44)=への人工透析治療が中止され、1週間後に死亡した問題で、女性は診療方針を相談するため同病院を訪れた当日、治療中止に同意する書類に署名していたことが10日、関係者への取材で分かった。

 治療中止を検討する条件を示す日本透析医学会の提言は、患者に十分な情報を提供するとともに、患者から情報を収集することを求めている。東京都や学会は、死に直結する同意を得た手順に問題がなかったか調べている。

 関係者によると、女性は当時、腕の血管の分路(シャント)が閉塞し、それまでの方法では透析が困難な状態だった。
【関連記事】

社説:透析中止死亡 医師の倫理が問われる
大川原部長、指導医に 日本脳神経血管内治療学会
終末期医療の在り方探る 仙台で講演会、市民ら450人参加
不調続くなら血液検査を 池江選手の白血病公表 日高・熊本医療センター臨床研究部長
福生病院、20人透析せずの情報 複数死亡か、都が確認へ


悪い医者だ、、、透析しないは=死を意味するにもかかわらず<<初日=当日に同意書を書かせた>>信じられない軽率な医者だ。

それも単なる外科医で腎臓専門医ではない。

初めのシャントが駄目なら仮に、首などに簡易装置を簡単に入れられる<<その後、又、’シャント作ればいいだけ>>

この医者と病院は、異常に透析中止患者が多い。

終末期以外患者にも、医者が透析中止の選択が有るなどと積極的にアドバイスするからだ。他の病院ではありえない。

私も透析始める前には、拒否したが、ドクターが説得で(家族とともに)物凄い、説得された。





rnh***** | 46分前

批判する人はシャント手術の画像見たほうがいい
自己判断、閲覧要注意
透析を軽く考えてる人いるようだ

2 3

返信0

コメントを投稿しました、、、<<<これは私のコメントだ。>>>
、、、

そんなもの大したことじゃない。

私は、シャントオペ受けて「局所麻酔なので自分の腕を開いて血管縫合など見ていたが結構興味が出たよ」

1時間ほどかかったが麻酔で痛みはないし、麻酔切れても痛みはない。

こんなオペでビビってたら戦争にはいけない。





白蛇 | 5分前

透析は医師や病院の技量で大きく変わるし
その環境下で患者の知識も意識も大きく変わる

中には循環器の専門の癖に透析外来専門病院をやっていて
バルーンすらまともにやれない医師や施設もある。

そういう医師は患者への説明も無く薬を増やしたり
採決結果を説明したりしないで何の指導もしないでいたりする
やる気さえない。

医師は悪くない患者の意思表示じゃないかという意見もあるが
そうとも言い切れない。

延命治療だ、生きる価値も無い、といったクズの意見もあるが
そのわりに諸外国に比べ移植に理解が少ない日本。
ドナー率の少なさが物語っている。

透析になればもう価値がない死ねというのかね
不摂生で糖尿で透析と言う人ばかりじゃないのにね
子供のころから腎臓を患っている、延命治療だ生きる価値も無いとなるのかね
しかも多くの透析患者は労働してるし税金も払っている。


おほほ | 5分前

医者によっては、治療が医療費の無駄遣いと考える人がいると思う。
私は、高齢の父親の治療について、本来なら亡くなってもおかしくない年齢だから、高齢者の治療が医療費、保険を圧迫してるというような事を言われた。
確かにそうであるかもしれないが、そのような事をさも正論のように認知症を患っているとしても、本人を前にして、家族に言われたくなかった。
主治医に傷つけられたと感じ、その場で涙ながらに言葉の冷たさを批難しました。
看護士さんに背中をさすられながら、冷静に戻りました。
それから医者は、父に対して温かい言葉かけをしてくれますが、高齢者の治療に関しては、自論を崩してはいません。
医療の発達とともに、本来なら助からない命を繋ぐ事か出来るようになりました。
私も父が口から食べられなくなったら、胃ろうは、しないつもり。
自分もそうしてもらうつもりですが、
生きる力があるうちは、命は、繋げて欲しいと思


kus***** | 25分前

病院の方針と患者の精神状態がどうだったのかが鍵ではないでしょうか?
いくら説明があったとしても同意書を相談したその日に提出させるって患者側の精神状況を考えていないように思います。
シャントの手術は透析には付きもので、患者によっては苦痛であるし、その一番苦しいと感じている時に同意書の説明をされて揺さぶられない人はいるのでしょうか?
苦しい時にした同意書が本心であるかもしれないし、違うかもしれない。
苦しさから逃れたいばかりに正しく説明を飲み込めないまま同意する人もいるでしょう。

また十分に理解し、同意したとしても後に後悔し撤回する事もありえます。
一度の決意が絶対に揺るがない人がどれくらいいるでしょうか?
尊厳死についてきちんと向き合っているのか疑問を感じます。


dora***** | 13分前

患者さんがどういう方針を選択するか、これは医師の説明でしばしば大きく変わる。会った初日に死の選択に至るとは、どういう話をしたのだろう。SDM(shared dicision making)という言葉がありますが、意思決定において十分な情報共有や時間をかけた話し合いができていたとは思い難い感じです。



aciv03lc | たった今

最近は、患者の重要なことを、一人の医者が「勝手」にするケースが多い、プロなら重要かどうかは」は分かるはず、重要なことは医者一人では出来ないように、チームで対応すべきだ。
群馬医大の手術ではないが、医者のレベルが低くなっている時代、危険だ。
患者はくれぐれも」家族や友人とよく相談すること、簡単に決める必要はない。!

1 0

返信0
mar***** | 12分前

説明の仕方もあるだろう。

透析を中止しますか?と聞くのと、

まだ、透析が充分可能ですが、と言うのでは大きく違う。

医師が自分の好ましいと思う方向へ無意識的に誘導していた可能性はあるかも知れない。
行き過ぎたパターナリズムか?
旦那さんが麻酔で意識が戻らないうちに、女性が亡くなっているのも気になる。
反対されたくなかったの?



iyo***** | 1時間前

この病院だけで突出して透析中止での死亡患者が多いのなら、病院の説明方法になんらかの問題があるのかもしれません。
透析中止についても、考える余裕を与えずに同調圧力で即断を迫られたとか。
医師がこうしたほうがいい、こうされる方も多い、みたいにそちらのほうが楽だと錯覚させるよう誘導すれば同意してしまう患者も多いと思います。
普通は当日に即決することではないし、なにか説明に問題がなかったかどうかは調査する必要があると思います。

kur***** | 1時間前

重要なのは、インフォームドコンセントがどこまでしっかり行われていたかですよね。
治療を中止すれば、必ず死ぬ事になるとは言われていても「こんなに苦しい思いをするなんて聞いていない。ちゃんと説明があれば治療を継続したのに」なんて事になれば、説明をしなかった病院側の落ち度になる可能性もありますしね。

uke***** | 1時間前

透析をしてるいるものから言わせてもらいます。尊厳死とかそうゆう難しい話ではないので。シャント閉塞したら透析は出来ないので、シャントを作り直す為に紹介状をもって病院に行かれたんだと思います。普通はこの時点ですぐにオペをして下さるんです。人工血管を入れるなり首に管を通すなり、ですのでこの段階で透析をやる、やめるにはならないんです。だから私は初めて会った医者に信頼関係のないまま中止ってどんな会話があったのか??なんです。
あくまでもその過程のお話なので、決めた決めないの話ではありませんので。


nakasi45875**** | 33分前

自分自身の命に関わることである訳だがら
一度は同意しても翻意する可能性もある。
医師側は透析中止後にも患者の意思をきちんと確認する必要がある。そういった対応が十分だったのか疑問が残る。
ただし患者の家族は透析中止後に患者と意思疎通ができなかった部分で責任はある。
結局、患者の尊厳を守れるのは医師ではなく家族だけだということだ。


yur***** | 32分前

即日中止を容認する医師は、おかしい。医療者の態度ではない。尿毒症の苦しみは、地獄。必ず後悔する。それを知っているのは医療者


zau***** | 1時間前

この医者の選択は間違ってる!医者は病を治すもの…透析は治らないと決めつけずに改善方法を研究しみつける事が医学者。人間がもつ治癒力で腎臓を再生する方法を研究すべき!クレアチニンを下げる食品は必ずあると思う!無いと決めつけて死の選択をするよりほんの1%でも光をみつけて
ほしい!そうすれば30万人の方が救われるし医療費の削減にもつながる


mao***** | 40分前

患者にとって先生の言葉は神の言葉です。無理だと言われれば諦めるし頑張れと言われれば頑張ります。先生方は言葉の重みを自覚していただきたいです。

旭日旗は美しい | 2時間前

いくら患者の同意があってもそれが確実に死を招くなら今の日本の法制度では医者がそんな選択肢を提示しちゃダメでしょ。
この医者に殺人罪が適用されても仕方のない案件だよ。
しかも今回の件は患者もやっぱり透析受けたいと心境の変化があることから、ほんとに死んでしまうことを覚悟してたのか医者からの説明で理解できてたのかも怪しい。


gro***** | 33分前

いくら正常な時に固い意志で治療止めますと言っても、いざ止めると苦しくて、助けてとか、やっぱり治療するとか言ってしまうだろうな。家族を含めての意志確認時に、更なる詳細な基準が必要になってくる。


1 | たった今

治療方針を相談しにいき、治療中止になるのは
矛盾がある

透析を中止した場合、どの様な苦しみを伴った中で死に至るのか
本当に説明したのだろうか
苦しみながら死亡するのが、わかっていたら
透析を中止して一週間も苦しみながら死んでいく手段を選択するのだろうか?

違法になるかもしれないが、安楽死を選んだかもしれない

また、この病院では、この女性以外にも数十人も同じ状態で死亡しているのも異常すぎる

どうしようも無いにしても、あまりにも異常

こういった場合に一つの病院だけで判断するのではなく、多数の病院で連携するなり、新たな第三者機関を作り対処するなり、何らかの対応が求められる

自分が同じ立場になった時に、情報が少ない中、一方的に治療断念だけを一つの病院、一人の医師に決められ、苦しみながら死んでいくのは、絶対にイヤである


pi1***** | 1時間前

まだ44歳なら、もう少し慎重に対応をすべきだったと思う。この外科医は、もしかしたら植松聖(相模原事件の被告)的な考えを持っていたんじゃないだろうか。20人もの患者の透析治療を中止したんだろう。


ero***** | 27分前

医師の言動について詳細な調査が必要。

犯罪に抵触のおそれも。


坂本龍太郎 | 1時間前

ホントここでは多くの人が何が問題として騒がれているかを分かってない人が多いですが、同意が正しい情報を元にされたかや半強制が無かったかが焦点になってるんですよ? 「患者にも治療を選ぶ権利がある」とか「書類に同意したんだから」とか言う人がここには多いですけど、この問題はそういう話しが焦点じゃないですからね。大げさに言えば、仮に病院があなたの同意書を勝手に作ってて、気がついたら手遅れだったらあなたはどう思うんですかね?病院が同意書を盾に「さようなら」って言ってきたら納得できるんですか? だからルール違反はダメだし、ちゃんと細かく調べなきゃいけないんですよ。

同感、、、

そもそもガイドラインで終末期=透析できないほど血圧が低く透析すると危ない状況など以外の患者に<<医師が透析中止も選択肢に有るなどと患者に低減することを禁じているんです>>

この病院は異常に透析中止患者が多く20名以上も死亡してる。

こういうガイドラインに抵触=医師の倫理違反を問題にしてるんです。

全く争点を理解していないコメントばかりで呆れます。こんなことだから政治も良くならないんです!!=愚民ばかり。

これは私が入れたコメントです。

全く争点を理解できていないコメントは、このブログでは紹介しません。

日本人の理解力に酷さには呆れます。






yuz***** | 1時間前

一度同意したら命に関わっても撤回できないのですか?

31 5

返信0
ねこだいすき | 2時間前

これ初診日に決めさせちゃダメだって
会って数時間(数十分?数分?)で患者さんやご家族が透析中止することを本気で理解し消化できると思う?

この病院自体もおかしいよ
パワハラ問題とリンクする部分あるように思ってしまう








私も透析をするのが嫌で拒否してたら、ある日、、顔がパンパンに腫れて目が充血。

2019年03月09日 | ヒデは1,人工透析、2,心が弱り40%血液排出、3,リウマチで身体が不自由...

私も当初、透析をするのが嫌で拒否してたら、ある日、、顔がパンパンに腫れて目が充血。

呼吸困難になり<<妻がこのままでは死ぬよ~~!!@@>>というので、私もパニクり、、

そうか~~危ないか~~苦しいな息ができないなあ~~~じゃあ救急車呼ぶか~~

という事で、結局、透析になった(週に2回、、4時間)


4時間透析と言っても、待ち時間や処置時間合わせると<<7時間かかる>>=病院滞在時間。

助かるのは、病院が自宅からクルマで8分のところ。


もう馴れたが、、初めはいろいろ苦痛だった。

自分はリウマチも有るので、透析中もからだが痛くて2つの病気で辛かったが<<透析1年経過して現在は、禁酒の影響もあり、リウマチも軽減され関節のしこりが段々無くなり、リウマチ発作もなくなり、最後の激痛発作の膝関節も段々、もとに戻りつつ有る(未だ杖をついてるが、膝に力が入っるように段々なってきた)

食事制限は、豚牛肉と青み魚が駄目で、フルーツの食べ過ぎは駄目。しかし、当初の水分制限は無くなり。

低血圧以外は、からだとメンタル調子が良い。


◎コツは、透析で水を抜くのだが<<抜きすぎは、極度の疲労感や血圧低下等が起きる>>ので、自分の体の調子をモニターして、自分から「今日は、水を0リッター抜いて」とオーダーすることです。

私は、初めはドクター指示通りに水を抜いていたが(毎回2,5L)、、、どうもこれが負担になると感じたので自分から、少しずつ減らすように毎回、担当に今日は2,0LT,、1,5Lという風に減らして身体の影響を調べたが<<水抜きが少ないほど疲労感がない>>自分の場合、現在は1,0Lが適当。2L抜くとかなり疲労感が出る。

しかし量を減らし過ぎは肺水腫の虞があるので注意が必要(不自然な咳が出ると危険信号)

この様に自分でモニターすると<<透析後の異常な疲労感が相当無くなります>>患者の皆さんは、これをやらないので異常になるんです。


私は体調がよく、食べるので<<入院中のガリガリに痩せたのがもとに戻りです>>所が医者は、体重が増えると水が溜まってるのだと勘違いする!!これが危険です。

食べれないで浮腫んでる場合は、水を適量抜くのですが、体調がよく太って来てるにもかかわらず<<あなたは体重が増えてるので危険=3リッター抜くなどとされたら>>間違いなく血圧低下、、実際になった経験がある、、目の前がチカチカして頭痛がする=心臓停止の危険信号です。

◎ドクターは、個々人の本当の体調はわかりません。

自分でモニターするしかないのです、、、ドクターの指示は、あくまで他人の診断です。

あれ??これはおかしい、、、と感じたら自分で考えて、自分からオーダーすることが必要です。

仮にドクターの指示通りに毎回2,5L抜いていたら、、最早、タガメにエキスを抜かれたカエル状態でヘロヘロになり寝たきりになっていたでしょう。

透析中の水抜きには、最大の注意が必要です。





死に直結する「人工透析」中止…医療現場で治療中止の選択肢を提示することの是非

3/8(金) 19:20配信

FNN PRIME
死に直結する「人工透析」中止…医療現場で治療中止の選択肢を提示することの是非

(FNN PRIME)
命にかかわる「人工透析中止」 同意した患者が死亡

2018年8月、東京都・公立福生病院で、外科医が40代の女性患者に対し人工透析治療をやめる選択肢を提示。
中止を希望した女性は1週間後に死亡したが、患者に治療の中止の選択肢を提示した医師の判断が適正なものであったかどうか?
人工透析治療では長期にわたる精神的・肉体的な負担が重くのしかかる中、その判断が議論を呼んでいる。

【画像】治療の中止は「死になさいということ」 患者の生の声
生涯続く長時間の治療…人工透析の重い負担

人工透析治療の実態を知るため取材班が訪ねたのは東京都内の人工透析の専門クリニック。8人ほどの患者が治療を受けていた。


人工透析を受けている男性(55):
(人工透析は)週3回です、基本週3回。前後の準備とか入れて(1回に)4時間半くらいかかる。
旅行とか好きだったけど…行けなくはないけど、旅先で病院を予約したりとか、面倒ですよね。出張とかもなかなか行きづらくなった。


1回4時間ほどかかる治療を週3回ほど受けるのが標準だという、人工透析。途中で腎移植を受けない限りは、生涯この治療を受け続ける必要があるという。
命にかかわる治療の中止…誰が判断できるのか?

人工透析を専門とする「東京透析フロンティア」の野老山代表は、治療の中止について「本人の決定が大原則」とするとともに、その決定が正しく下されたものか吟味する必要があると語る。


東京透析フロンティア 野老山武士 共同代表:
透析をやめることを「透析離脱」といいますが、それはすなわち「死」を意味することになります。


今回議論を呼んでいる公立福生病院で死亡した女性は腎臓病を患っており、5年間人工透析治療を行っていたという。
外科医はこの女性患者に対し、治療法とともに透析治療をやめるという選択肢を提示。
女性が透析の中止を選び、意思確認の同意書にも署名したことで治療は中止され、1週間後に死亡している。

治療中止の選択肢を提示したことについて、公立福生病院の外科医はこの女性が「透析の見合わせを検討できる終末期にあった」としているが、一方で女性は決断後に治療の再開を求めていたという情報もある。

このような経緯について今回取材した専門クリニックでは…


東京透析フロンティア 野老山武士 共同代表:
(治療の中止について)「ご本人が決める」というのが、いかなる場合も大原則になります。ただしその決定をした時に、はたしてきちんとした判断をする意思決定能力があったのかどうか。特に生死が関わる場合はここをしっかり吟味しないと、本人の意思が本当に正しいものかどうかが不透明になってしまう。


続けなければ命にかかわる治療をやめるという選択肢。人工透析を受けている患者自身はどう感じているのか?


人工透析を受けている男性(68):
医者が悪いと思う。選択があるってことは「死になさい」ってことだからね

人工透析を受けている女性(36):
15歳の頃からずっと糖尿のインスリン注射をしていたんですけれども、透析って聞いただけで拒否というかやりたくないというのが大きくて…ただ周りの看護師さんとか医療に携わっている方に優しく接していただけたおかげで、そこまで苦しまずに(透析を)導入できた


といった意見も挙がっていた。

また、公立福生病院には、2013年から2018年3月までの間に149人が他の病院から来院していたが、そのうち20人が透析を断っていたということも判明。

この人数について、野老山代表は「多すぎる」と指摘している。


東京透析フロンティア 野老山武士 共同代表:
(病院を紹介するということは)この人の透析を続けてくれという内科医の意思なわけです。透析を継続する意思がなければ(患者さんも)紹介先の病院には行かないですから、20人という数字はやはり多すぎる。

東京都は、人工透析の中止が医療法に基づいて適正に行われたものかどうか、6日公立福生病院に立ち入り検査に入った。カルテや関係書類の分析などを通じて事実関係の確認を進めている。

(「プライムニュース イブニング」)
【関連記事】

透析治療中止希望し女性死亡 東京都が病院を立ち入り検査
1時間に1回のトイレ…がんで「膀胱全摘」した小倉智昭さんが激変した生活を明かす
舌の半分以上を切除する大手術開始…堀ちえみさん 手術後「声」はどうなる?
「死ぬときくらい自由に選ばせて」安楽死宣言をした脚本家・橋田壽賀子の真意
2歳児死亡 歯科医院の元院長 書類送検へ 局所麻酔を使った虫歯治療後




人工透析の問題、、ある事件と、、透析患者の実情

2019年03月08日 | ヒデは1,人工透析、2,心が弱り40%血液排出、3,リウマチで身体が不自由...
透析してますが、透析現場では色々なケースが有るんです。

例えば、最早、人工呼吸器で意識混濁状態の後期高齢者が緊急に透析することが多いのですが<<無意味な延命処置で医者の銭設け>>と感じます。

別の例では、中年が透析が面倒なので1回休んで症状が悪化して死んでいる例も多数あります。一回ぐらい休んでも大丈夫と考え死んでます。

透析は、4時間でも、待ち時間や終了時の処置など加算すると合計7時間位は病院にいます。これだけの時間を使うので生活に制限が出ます。

子供も透析をやりに来ていて気の毒です。若い人が、これから長年透析するのは大変です。

基本的に透析は完全に腎臓の代わりにならないので余命は短いです。透析開始年齢で平均余命が決まります。

10代なら35年余命平均。60代なら4年平均余命です。例外的に長く透析やりながら生存してる方がいますが平均余命で亡くなります。

◎記事のケースは、断片的でわかりませんが<<透析は、大変です>>

私も透析始めて、苦痛でした。

リウマチも有るので身体が痛くて、椅子に座り、或いは、リクライニングにしても身体が苦痛でした。

太い針をさすので痛い、、、、、、、、


現在は、針をさすときに苦痛を取る<<塗り薬を1時間前くらいにしているのでかなり軽減されてる>>

透析が効いて、リウマチも軽減されてるので(酒も一切飲んでいない)透析中は、テレビやスマホ見ながら、或いは、2時間位は寝れるのでだいぶ楽になりました。

重要なことは<<水を抜く分量を自分の体調観察して調整することです>>水を抜きすぎるから喉がガラガラになり、声がかれて、ヘロヘロに成るんです。自分は、段々と減らして、透析終わってもフラフラに成ることが減りました。

これは非常に重要で、自分から体調を観察して、透析開始前にナースに、、、どのくらい水抜くかオーダーするんです。自分は現在1Lしか抜きません。ナースが心配しますが<<呼吸困難になったりしません>>

水分も普通にとっYてます=制限なしでも体調を見ながらで大丈夫。

食事は制限して、鳥の胸肉や白身さかなメインで、、青魚やイカカニ類、豚、牛肉などは厳禁。

薬は規定飲んでいます。


透析は時間がかかるので<<透析中のストレスを自分で考えて除去する>>、、、リクライニングの角度や枕、なるべく身体が楽になるようにナースにオーダーします。

テレビやスマホなど活用して気晴らしすることも重要です。透析中に飲食もする。


私は透析をするのが嫌で、自宅で寝たきりでしたが<<肺水腫に段々なり呼吸が苦しくて緊急入院=結局透析に成りましたが、呼吸困難に成るまでは意識が混濁していて自分がどこにいるのか?夢が異常に鮮やかで現実的で、、など特に苦痛がなく、このまま死んでも良いと考えてました。

しかし呼吸ができなくなると、やはり焦り、、、結局、透析と成りまして1年以上経過します。

現在は、身体も筋肉がついて、死にかかったときはミイラのように成り激ヤセでしたが、現在はもとに戻りました。

しかし無理すると、血圧が低いのでクラクラすることがあります。

ドクターが言うには<<心臓麻痺で死ぬので無理はできないようです>>しかし、心臓麻痺でぽっくり行くなら0Kです。家族になるべく迷惑がかからないように死にたいです。

妻には話してますが<<延命治療はしないでと約束してます>>ただ苦痛だけは取るように<<リウマチで経験した強力な鎮痛剤を使って最後は楽にしてもらいたいとオーダーしてます。



透析患者に医師が治療中止提案か 患者死亡
3/7(木) 12:39配信 産経新聞
透析患者に医師が治療中止提案か 患者死亡
医師による治療中止提案があったとされる公立福生病院=7日、東京都福生市
 「公立福生(ふっさ)病院」(東京都福生市)で昨年8月、担当医が腎臓病患者の女性に人工透析治療中止の選択肢を示し、中止を選んだ女性が約1週間後に死亡していたことが7日、関係者への取材で分かった。都は医療法に基づく立ち入り検査を実施し、事実関係の確認を進めている。

 関係者によると、死亡した女性は昨年8月上旬に同病院を訪れた際、担当医から、透析治療のほかに透析中止の選択肢もあることを死亡リスクを伝えられた上で示されたという。女性はこの際、透析中止を選択。その後、女性は透析再開を願い出たが、同月中旬に死亡したという。

 日本透析医学会は平成26年、透析実施自体が患者の生命に危険を及ぼす場合やがんなどで全身の状態が悪いなど、患者の状態が極めて不良な時などに限って治療中止を容認するガイドラインを作成している。ガイドラインでは患者本人や家族への十分な情報提供や、適切な意思決定プロセスの実施を求めている。

 また、終末期医療をめぐっては、19年に厚労省が「医療従事者から適切な説明がされ、患者が医療従事者と話し合いを行った上で、患者本人による決定を基本とすること」とする初めての指針を公表。指針の目的を「終末期の患者が、尊厳ある死に至るプロセスを選択すること」としている。30年の指針改定では、「患者本人の意思が変化する可能性がある」として、繰り返し話し合うことが重要と強調している。

 都は6日、同病院での人工透析をめぐる情報を得たことから立ち入り検査を実施した。都福祉保健局は「個別の案件については答えられない」としている。

【関連記事】
医師不在で人工透析、容疑で男2人逮捕
がん見落とし 画像技術が高度化、医師追い付かず
骨粗鬆症、骨折なくても「危険」 発症で死亡率2倍に
患者体内に18年ガーゼ放置 新潟市民病院で医療ミス
腎臓の尿排出機能を再生 慈恵医大グループ 末期腎不全の治療に応用も



kim***** | 10時間前
緩和ケア病棟で働いていますが、患者さんは死という現実を前に揺れ動きます。身体的・精神的にも安らかに亡くなることは難しいです。辛かったから透析を辞めたかったんでしょう。シャントを再造設または頸部にカテーテルを挿れる処置をするのが必要になってしまったのが発端です。その苦痛をまた味わうのが嫌だったから処置をせずに透析もしないとその時は決めたのでしょう。でも亡くなる前のなんとも言えない症状が出るとその苦痛から逃れたい、透析すれば改善されると思って再開を望んだのだと思います。でも透析をするにはたぶん全身状態が悪化し過ぎたり、そもそも透析をするアクセスが無かったらできないので、そこをご本人とご家族がどれだけ理解していたのか、また説明がどのようになされていたのか。ご本人とご家族がお辛かったのは確かなんでしょうね。でも医療側の理由もあるとおもうのででそこを知りたいニュースです。

354
11
返信3
負新太郎 | 17時間前
この夫婦は透析中止を合意したんだよね。一方的に医師側を責める報道に違和感。

1050
142
返信15
以前のコメントを表示(5件)

yoroshiku |10時間前
透析中止がどんなに苦しいかわからないのによく言うよ。体験してやっぱりやめます。って言うのは当然だよ。ひどいコメントやめなよ。
自分は言ったこと全部やりとげるってわけ?
飛び降りてやるって言って、やっぱ無理って言っても、飛び降りるって言ったよなって突き落とすわけ?自分がこの主治医にかかってみろ

25
37
yuh***** |9時間前
俺は透析施設がある病院の薬剤師。
そもそも「透析をやめる」選択肢を示していること自体がおかしいこと。「やめたい」って言ったと言うが、この人は透析日にちゃんと病院に来て、つらい食事制限や水分制限してたわけだ。本心では「生きたい死にたくない」と思っているからだろ。
別に手錠かけられて透析に連れていかれる訳じゃないし、24時間体制で食事水分制限ちゃんとしてるか監視されてる訳じゃない。無理やり透析の機械に繋がれる訳じゃない。「死んでもいいから透析やめたい」と本当に思っているのなら、病院行かないし好きなものも食う。実際うちの病院で、食べてはいけないと厳しく言われる、スイカやバナナを食べて死ぬ人いるよ?でもこの人はそれをしてなかったわけだ。それが答えだろ。
そりゃ透析は辛いよ。死んでもいいからやめたいと思って当然。「死んでもいいなら透析やめましょう」って言ったなんて信じられない。俺は怒りしか感じない。

41
19
haz**** |9時間前
一連の記事を読んで、このような透析中止と安楽死や自殺ほう助との違いは何処にあるのだろうと考えてしまう
これが認められるのならば、自殺ほう助も規定を作成して認めるべきでしょう

11
10
coc***** |9時間前
偏った話をしなかっただろうか?
平等に選択肢を天秤にかけれるように話したかな?
どうしても、自分に思うところがあり
こっちを押し進めたいとかの気持ちがあると
平等な発言で止めるか止めないかの選択肢を提示出来ない気がする。

14
2
you***** |9時間前
>病院行かないし好きなものも食う
普段の「苦痛」が酷い場合だと「自制」も効く
病院行かないと行った場合より「酷い目」に遭うから、行く。
「好きなモン好きなように食う」と「自分の苦痛」というツケを払わなきゃならなくなるから「ツケ」が大きい人は自然と食事水分を制限する
それ以外に「出来る限り楽」にする手段がないんだよ
それは『「死んでもいいから透析やめたい」と本当に思っている』とは全然別の話だと思う

「好きなように食って飲んでも死期が早まるだけで、普段何ともない」なら好き勝手に食って寿命縮めるさ
しかし、制限しないと、日常が「とても辛くてやっていけない」のを知ってるから制限する
それを、『本心では「生きたい死にたくない」』とか知った風に言われると、正直言って腹が立つ
「見てる」のと「当事者」は全然違う
特に、医療関係者は↑だけは忘れないでくれ。と心から思う

9
0
k_2***** |8時間前
医者の役割は患者の病室を治すこと、苦痛を緩和すること。
これを機械的にやればいい。それが医者が尊敬される理由だ。
患者が死を求めただの人それぞれだの、てめえの独善的な思想で人を死なせておいてよく言えるよ。

医師会のガイドラインに沿わず、自分のちっぽけな脳みそが医師会より賢く、さも正しいかのように、正解と信じたレールに人を乗せ、挙げ句家族を不幸のどん底に落として死なせてしまった。
自分本位の一時的な考えで人を死なせたのだから通り魔殺人と同じだよ。
医療ミスや倫理的な問題には当てはまらない。殺人罪を問われる単純な殺人事件だ。

8
13
noaz***** |8時間前
患者側は透析を辞めたいなら病院に行かなければいい。入院しているなら退院すればいい。退院させれないと言われたら身体拘束で訴えればいい。医療側は一度透析やりだしたら透析を辞めるという選択肢など説明しなければいい。延命処置を中止するのは訴訟など医療側のリスクが高いのに医療機関にメリットもは何一つない。

7
1
yuh***** |7時間前
>日常が「とても辛くてやっていけない」のを知ってるから制限する

まるで透析をやめて、この記事にあるような「苦痛をとる治療」とやらを受ければ楽に死ねると思ってるみたい。
言っとくけど、呼吸は苦しくなるし、アシドーシスでだるい苦しい状態になるから、楽じゃないと思うよ?
好きなもの食べたら、高カリウム血症から致死的不整脈起こしてあっという間に死ねる。カリウム高くなったら心臓止まっちゃうからね。
病院じゃカリウム上げることしてくれないだろうから、すぐには死ねないよ。

2
0
you***** |7時間前
>yuhさん
ん~
中々「主旨」って通じないねー…
積極的に「死なせる」つもりじゃない場合は、楽には中々死ねないと思う
他人から見りゃ「あっという間」でも、当事者にしてみりゃ「物凄い長い苦痛」の時間だと思う
「2ヶ月前は元気だったのに」「1週間前は元気だったのに」とかでも、他人にしてみりゃ「あっという間」

「好き勝手に食った」直後1分で終わるってんなら、「手段」としては簡単だけど、そうもいかないし。

多分ねえ、「見てる」のと「自分で知ってる」の違いってのが
>あっという間
と、言いつつ
>すぐには死ねない
辺りに出る訳だから、そこいら辺だけ忘れないでね
って「お願い」な訳よ

1
2
yuh***** |4時間前
>他人から見りゃ「あっという間」でも、当事者にしてみりゃ「物凄い長い苦痛」の時間だと思う
「2ヶ月前は元気だったのに」「1週間前は元気だったのに」とかでも、他人にしてみりゃ「あっという間」

で、君は、透析の人が死ぬのってどこだと思ってんの?
透析施設は送迎サービスついているとこが多いが、「迎えにいったら死んでた」パターンはかなり多い。透析はだいたい2日に1回。中2日空いたときが死亡率高いらしいがな。それでも3日だ。つまり君が思うよりはるかに早く亡くなるんだよ。文字通り「あっという間」に死ぬんだよ。
ヤフコメだからって感覚だけで適当なこと書くな。調べてから書けよ。

1
2

コメントを書く
tak***** | 16時間前
一度中止したのに本人がまたやりたいと言ったら透析再開すればよいという考えには疑問が残る
中止期間中、間違いなく腎機能は悪化している
そんな状態で再開したとしても余命がぐんと伸びはしない
一度やめると決断したならそういう状態になることも本人や回りは理解すべき

966
190
返信13
以前のコメントを表示(3件)

f01***** |15時間前
この記事は正確ではない。中止を求めたのは死の直前です。透析をしたら助かったもしれない。が正常に判断できる時に署名をしたのだからそれで助けたらそれはそれで文句を言われるでしょ。何のための承諾書だよ。
遺族が文句を言ってるようだけど勝手過ぎます。

242
50
are***** |14時間前
本質的に、
透析ってのは、状態を良くする治療でなくて、
終末を遅らせる延命でしかないからなぁ。
透析を止めたら、後は坂道を転がり落ちるような話だし。

頭で判っていても、実際に転がり落ちる過程を経験するまで、
ホントの意味では、それが判らんのだろうな。

ただ、中止したときに襲い来る苦痛については、
患者には経験するまで判らんのも事実なんだろう。
透析を繋属する過程での苦しさは現実のものだけど。

同意を求めるのも酷な気もするが、
目先の苦痛に患者が苦しむのも事実。難しいなぁ。

121
4
adjt |13時間前
再開できる状況だったのか否かがこの話のポイントかな。
再開できる状況だったのに撤回を認めないのはダメだけど、再開しても、腎不全が進んでいたら再開したその場で亡くなる可能性だってある。
中止をしたら苦しくなるのは当然なんだから、緩和措置も十分だったのか、そこらへんも気になるところ。

93
3
asa |12時間前
毎日新聞には、患者が最後に透析再開を希望したときに「透析『したい』したいのか、苦しみを取り除いて欲しいのか」と訊いて「苦しみが無くなればいい」という返答だったので、緩和治療を施したということだ。

延命治療のひとつである人工透析。
今回はたまたま高齢者ではなかったが、
苦しみ抜いての本人の意志なら、尊重したい気もする。

95
3
fx_***** |10時間前
再開したいなら書面で申し込めよ。
口頭で伝えるとかなめてるのかね?

21
50
p51***** |10時間前
治療で患者の同意の下、緩和ケアを行ったら立ち入り検査。事実上提案出来るのは過剰治療だけです。病院も寝耳に水だろう。

47
8
やまさん |10時間前
いやぁ~そりゃないやろ!こんなん言い出したら医者なんか誰がやりたがるかいな。第三者からしたら患者側に不信感しかないわ。

57
16
tbs***** |10時間前
再開の結果よりもガイドラインを医師が逸脱している事が問題ですよね。正直呼ばれてそんな話をされたら動揺します。

32
7
haz**** |9時間前
透析中止を認めること自体が自殺ほう助でしょう
ましてや、意思のある時に承諾したとなると命の尊厳を守るということでもない

7
18
lul***** |3時間前
最期に緩和治療を施したとの事ですが、終末期に透析を止めたら苦しくなるのは目に見えているのだから、止めると決断した時点から苦痛を和らげてあげれば良いのにと思います。

末期なのだからモルヒネとかの中毒性を心配してもしょうがないし。生きていても死ぬ時もずっと苦しいなんてかわいそうです。

1
0

コメントを書く
y62***** | 11時間前
記事の題名がちょっと・・・
患者さんが生命維持に必要な治療(ブラッドアクセスの確保)を拒否したのが最初でしょう?透析が出来なければ死んでしまいますよ、それでも治療を受けないという意思が固いのなら仕方ないですけど。。という流れでご家族もご本人の意思を尊重したのだと伺ってますが。まるで医師のほうから死ぬように勧めたみたいな印象を受ける題名は誤解を生む。
患者さんには自己決定権のほか、希望を途中で変更する権利ももちろんあるので、亡くなる前日、やっぱり透析したいと明確に医療側に方針変更の意思表示がされていたのか・透析すれば容易に延命できる状況だったのかどうかはやはりはっきりさせておかなければいけませんけれど。

367
13
返信2
sun*** | 11時間前
透析は辛い治療。
死んでも良いからやめてほしいと言う患者がいることは事実。
実際中止にしてもおしっこが出ないので心臓や肺に水がたまり、心不全で苦しくなって駆け込む患者多数。
どこまで患者が認識しているか、この先どうしていきたいかをしっかり説明した上で確認が必要。
この患者はやめたいと何回も言ったのでしょう。辛くなったからやっぱり透析してほしいと言ったのでしょう。しっかり説明はあったのか?
透析をやめてしばらくして辛いから透析して欲しいと何回も駆け込むのだけはやめてほしい。

265
10
返信0
o******* | 15時間前
透析は死しかなかった尿毒症の人を救う治療。本来、死を免れる本当に幸せな治療だったはず。しかし、黎明期は、費用負担の関係、機械も限られ透析を受けることができる人も限定され、選ばれた人のみがその幸せを享受できた。しかし、先人の努力もあり、希望すれば誰でも、以前ほど自己負担も無く、等しく受けられる治療となった。しかしそれゆえに、あまりにも当たり前の治療となり、透析を受ける幸せを感じる事など無く、大変だ、苦痛だ、透析をやるくらいなら死んだ方がいいなど、幸せと感じて受けている人などごく少数。社会全体に支えられていることを感謝しながら、透析を継続していける人は、とても中止など考えまい。それを知った上で中止をするなら、個人の意思は尊重されるべきだが。
 今回の場合、患者も医師ももう少し熟慮すべきだったと思う。

392
115
返信8
g******* | 16時間前
シャントの感染と定期交換は苦痛だし、回数繰り返すと血管が痛んでその腕が使えなくなる。そうなると反対側の腕や首などある程度血流確保出来る血管を探す事を繰り返すようになる・・・
それを解決するには腎移植や腹膜透析など別の方法だけど・・・腹膜も出来る人と出来ない人が居るし、これも定期交換や腹膜感染などリスクもある。移植はチャンスが巡ってこない&一生副作用との戦いだし・・・

その上で医師は患者本人からの訴えを汲んで、方法があると提案しただけだろう。当然死亡のリスクがあると家族にも説明して同意書も取ったのであれば騒ぐことではないと思う。
強引に・虚偽説明や意図的にリスクを隠すなどして同意書を取ったら無効だろうけどさ・・・
でもいざ苦しくなってやっぱり再開したい・・・と態度を変える患者もどうかと思う。理解して同意したんだし、透析しなかった間腎臓は悪化してるから再開しても無意味だったかもしれないし。

633
168
返信4
pab***** |12時間前
毎日新聞の正義面した記事によると1.「意思確認書」に承諾した理由を夫は覚えていない。2.死亡する前日、病室で女性が「撤回したいな」と生きる意欲を見せたそうだが、そこまで悪化した状態で撤回されても回復は困難。3.助けを求めたされるメールの文「とうたすかかか」を「父ちゃん、たすけて」と打とうとしたのではないか?という思い込み。以上のことから、クレーマーがたかりにきたという印象を受ける。

81
74
maj***** |11時間前
>でもいざ苦しくなってやっぱり再開したい・・・と態度を変える患者もどうかと思う。

どうかと思うって、、、
そこの逃げ道は残しておいてやらんと^^;

死の間際の苦しみなんて、
人間だれしもなってみないとわからんて。

想像を絶する苦しみの中、
「いや、あんたがのぞんだんでしょ?」
って、鬼か^^;

148
28
you***** |10時間前
だから、「苦しくなくなる」処置をしてあげればいいんだよ
何故か、癌以外の病気だと「緩和」をしてくれない
苦しくなりゃ「助けて」と言うと思う
ンでもそれは「治療再開したい」とは別だと思う
自分で決めたんだから「のたうち回っても仕方ない。もう少しなんだから我慢しろ」
ってのも無茶
癌以外の病気って「緩和」してくれないんだよ
出来る限りの「緩和」はしてくれてもいいと思う

36
3
mqr***** |10時間前
この問題、やっと毎日以外から報道され始めた。

題にしろ記事にしろ、感傷的な書き方だ。医者の対応も家族の話も、本人の精神状態も汲み取れない。

提案。
これからは同意書を取り、且つ、映像で証拠を残すべきだと思う。患者の目の前でそのデータを媒体にコピーし手渡せば良い。

それくらいしないと、倫理も医療も発展しないんじゃないか。

安楽死や尊厳死、この場合の死ですら、自分の身に置き換えて、どうすべきか分からない。

そのデータを公開し、臨終への判断材料とすべきだし、して欲しい。

10
0

コメントを書く
are***** | 14時間前
本質的に、
透析ってのは、状態を良くする治療でなくて、
終末を遅らせる延命でしかないからなぁ。
透析を止めたら、後は坂道を転がり落ちるような話だし。

頭で判っていても、実際に転がり落ちる過程を経験するまで、
ホントの意味では、それが判らんのだろうな。

ただ、中止したときに襲い来る苦痛については、
患者には経験するまで判らんのも事実なんだろう。
透析を継続する過程での苦しさは現実のものだけど。

同意を求めるのも酷な気もするが、
目先の苦痛に患者が苦しむのも事実。難しいなぁ。

187
5
返信4
yuk***** | 5時間前
一度は透析中止の同意書にサインしたのだから、ということを言う人もいると思うけど、耐え難い苦痛にあえば、それを避けようとするのは、生き物として当然の本能。
右へ左へ支離滅裂になっても、当然といえば当然。

理屈は決して本能の衝動には勝てない。

その根本的な事実を無視して、苦痛とともに死を迎えようとしていた人の行動を理屈で批評するなど、それこそが「心ない言動」の根源だと知るべきだと思う。

一方で、医師に手落ちがあったかといえば、おそらく無かったのではないかと思う。
尊厳死をどういう形でこの国に受け入れて行くのか、一歩前進する機会にしないといけないと思う。
また、如何に苦しまずに尊厳死を迎えてもらうか、という点も重要なのだろうと思う。

8
0
返信1
mik***** | 10時間前
どこかの記事で読んだが
この亡くなった患者は透析を続けても
4年も生きれないっと書いていた。
透析を続けて4年ってかなり末期だったんだよね?かなりの副作用や苦痛があったと思う。

医師の対応も気になるが、
僅かしか生きれない方に違う選択を上げたくもなると思ったりします。医師ならこのまま治療しても延命にしかならないってある程度見えてるから。
そして患者さんも終わりない治療から逃げたかったんだろうなって思います。でも、最後に死ぬのが怖かったんだよね。

本当に難しい問題です。

179
6
返信3
you***** |10時間前
「死ぬのが怖い」は主ではないと思う
「今、とてつもなく苦しい」が主の訴えだと。
「今の苦しさを取り除いてくれ」と「透析治療を再開してくれ」ってのはイコールではない
と、自分的には思う

23
0
k_2***** |9時間前
患者に死の選択肢を与える権限は医者にはない。患者が死にたいと言ってもそれを実行に移す権限は医者にはない。
病気で苦しむ患者から逃げ出すならそいつは医者ではない。


miz***** | 10時間前
友人の母親(90歳)が長く透析してて、さすがにもういよいよって時、透析すると血圧下がる(透析中に亡くなる)からもうこれ以上はできないと医師に言われ、まさしく今、最低限の酸素吸入と点滴だけの状態です。
酸素いってると痰が乾いて呼吸が苦しそうだから、酸素も止めて欲しいと友人は言ったみたいですが、医師からそれはできないと言われて不満そうでした。
親族が止めて欲しいと言ってるんだから、止めてくれたっていいじゃないかとグチってたので、そう言って止めて亡くなった後に、止めなかったらもう少し生きたかもしれないのにって言われると困るからじゃない?日本は安楽死が認められてないからね。と友人に伝えた直後のこの報道。
人が生きているという事がどういうものなのか、自分の最期を自分で選択するという事がどういう事か、これは感情論で議論される事ではないと思うんですよね。

87
3
返信2
bec***** | 11時間前
治療継続以外の選択肢があることは、患者の意思を尊重した、本来は人権主義の素晴らしいことだが、途中で翻意した場合どうする、という難しい問題がある。
死への覚悟に乏しい日本人には、残念ながら向いていないのだろうか。
私個人的には、治療の中断などという中途半端なことでなく安楽死の希望を選択したい。
治療の中断はどの程度の苦痛があるのか不明だからだ。
不治の病で痛みの激しい死期を過ごしたくないから、そういった方法を模索しているのに苦痛の度合いが不明な中途半端な方法では選べない。

72
2
返信2
kin***** | 17時間前
安易に透析中止を提案し、患者や家族の意思を無視したなら大問題だが、一度中止を決めたことを「やっぱやめたい」翻した結果死亡なんでしょう。
なんかある種のクレーマーに近い感じもするのだが。

383
77
返信5
yuh***** |10時間前
俺は透析の施設がある病院の薬剤師。
サインしたって言うけど本心で「透析をやめたい」と思っているのかが疑問だね。そりゃ辛いから、そう思う日があるのなんて当たり前。
本当に透析やめて死んでもよきゃ、病院に来なければ済む話だし、食事制限や水分制限守らなきゃいい話。実際にウチで、食べてはいけないもの口酸っぱく言われるのに、スイカやバナナ食べて死ぬ人いるからね。要するに「最後くらい好きなもの食って死にたい」ってことだ。
この人はどうなんだ?透析日はいつも首に縄つけて無理やり連れてこられてたのか?24時間監視されて強制的に食事制限されてたのか?記事読む限りじゃ違う。自分の意思で透析導入前の手術を受け、自分で面倒で辛い透析に来て、自分でつらい食事制限してたわけだ。要は本心は「生きたい」ってこと。これが読み取れないなんて最低の医師だね。俺医者への怒りしか感じないよ。

16
27
yoroshiku |10時間前
薬剤師いいこと言う!そうだよ!そうだよ!
こいつは患者が無知なのを利用して死へ誘導してる!
1番目の方、被害者叩きで自尊心高まりました?3番目の方、薬剤師様にうるさいよ。ちゃんと順番待ちの札持って座ってな

2
12
lan***** |9時間前
CEです。薬剤師さんを透析室でみかけることなんてほとんどありませんが、普段の状況とシャントトラブルを抱えている状況を比べるとはいかがなものかと思います。

7
0
yuh***** |9時間前
いやいや素人みたいなこと言うなよ。
透析の人も、薬飲んでますから。ウチは院内処方だし。透析室はたまにしか行かないが、患者さんは普通に薬局に来るのでね。

4
5
yos***** |55分前
生きたいという本心を読み取れって?笑
それなら書面での同意書とかいらないじゃん。

本心ではジェネリックが嫌だったのに薬剤師に無理矢理同意させられて処方された。って主張されるようなもんだよ。薬剤師って病院の中で最も患者と直接関わらない職種だから患者トラブルが想像も出来ないんだろうね。点数とるための薬剤説明とかしてるの見てても超形式的で一方的にテンプレ話して、ハイさよならだもんな。

0
0

コメントを書く
****5 | 16時間前
「再開しようかなあ?」
「再開したいなららはっきりそう言って。
治療再開したいの?
それとも苦痛をとってほしいの?」
「苦痛をとってほしい」

という会話があるみたいなのに、
あたかも医師が殺したみたいな報道は
いかがなものか?

276
17
返信4
****5 |16時間前
苦痛をとってほしいと言われ、鎮痛剤を処方して、
その数日後に亡くなった。

41
1
are***** |14時間前
この患者さんの「苦痛をとって欲しい」という言葉の含意が奈辺にあったか?だよな。

理屈を知っている人間なら「生きたいなら透析再開」なのは既定だけど、患者さんはそれを判っていたかどうか。

患者さんは「生きたいし、苦痛は嫌だし、透析は止めたい」というような含意でなかったかどうか。もちろん、そんな都合の良い話はないのだけど、患者さんは、それを判っていたかどうか。

判っている人間からすると、言われているような状況下で「苦痛をとってほしい」という言われ方をすると、「終末を迎える前提で、その最期の苦痛の緩和(除去)をする」と考えるだろうし、であれば鎮痛剤を処方したり、鎮静させたりするのが正論だと思う。

しかし、患者さんは「生きる」には、苦痛をとって欲しいではなく、透析を再開して欲しいと 明示的に 意思表明をしなければならなかったが、果たしてそれを判っていたのだろうか。

28
4
are***** |14時間前
「苦痛をとって欲しい」は、

もうすぐに終末を迎えることを受容して、その上で安らかに終末を迎えたい 

だったのか、

やはり生き延びたい 

だったのか、患者さんのホントの含意はどちらだったのか。

そして、患者さんは「透析の中止=確実な生命の終り(早ければ2週間ほどで終末を迎える)」ということをどこまで判っていたかどうか。

41
2
are***** |12時間前
通常の治療であれば、
「苦痛が解消される=症状が治まる=発症前の生活に戻れる(即ち、生きていられる)」というのが大前提。

だが、特に今回の場合は、
「苦痛が解消される=終末を迎える(苦痛を感じなくなる)」という前提が置かれる状況だったハズ。

つまり、日常的な状況とは「苦痛が解消される」の意味が真逆だったと理解できる。前提そのものが違う、非常時なのだろう。
患者さんは、この「苦痛が解消される」の意味が、平時とは異なる非常時にいることを、判っていたのだろうか。

もちろん、医師の側は判っている。
この”情報の非対称性”について、いろいろな教訓を残す事案だったのではないだろうか。

医師を一方的に悪者にすることは、私には出来ない。
患者側を一方的に責めることも、私には出来ない。
医療について素人な私には、刑罰を科するべき事案かどうかも判らない。
けれども、色々と考えさせられる事案だと思う。

19
0

コメントを書く
mid***** | 11時間前
どこまで透析治療中止のリスクを伝えていたのか、またその患者がどの様にどの様な治療再開の申し入れをしたのか?
治療再開の意思を示した時点で透析治療の再開は有効だったのか?

色々な状況や事実を更に確認しないと何とも言えない事案だけれども、仮に治療中断の同意書を盾に患者の変心とその時点で出来得る治療を拒絶したのならばそれは問題だと思う。

但しその変心により振り回されるであろう医療側の負担や不満は理解できるけれどね。

84
2
返信0
nan***** | 9時間前
人命は地球より重しの言葉を利用し、厚生労働省は高額医療をどんどん健康保険の対象にしています。透析は年間数百万円、オプジーボは延命にしかならない患者にも使用、癌の免疫療法は一人に5200万円、さらにIPS細胞による治療は天文学的費用になるそうです。医療の進歩を否定するつもりはありませんが、若い世代の方たちが今以上の保険料の負担に耐えられるのでしょうか。食べたいものも我慢して高額な保険料を支払っているのが現実です。

外国人にいいように利用させているなど論外です。

僅かなお金がなく自殺する方、電気代を節約して熱中症でなくなる方もいます。国はお金を渡して助けていますか?

 政治家、役人は国民の意志もまじえて、議論するべき時が来ていると思います。日本の未来の為に!

24
1
返信0
ran***** | 9時間前
私、透析27年目になります。いまだ一度だって透析ががつらいとか思ったことありません。透析導入するとき医師から楽な透析は、食べながら、飲みながらすると楽にできます、但し、それには必要以上に増えてこないことです、目安としては一日1キロぐらいで考えてくださいと言われました。それを守ってきまして今に至っています。透析は自分との闘いしかありません。(病気は全部そうだと思いますけど)。また以前は食べたらだめだとか言われましたが、今は、体が痩せないようにとにかく食べろというようになっています。体が痩せると血圧が上がったりしますので。今でも透析中に水、おやつ、おにぎり等食べながらやっています。透析が終わった日は時々晩酌もしていますし食事も何でも食べます。コメントを見て思ったことは、何か誤解している人が多いことです。生かされている間は生きましょう


sgh***** | 11時間前
透析専門病院に勤務してました。
医師が、どのような説明したのでしょうか?

中止と強制したのでしょうか?
そう言う選択もあり得ると説明したのを遺族が強制されたと受け取った可能性あるのでは?

一旦中止したら、即、死を意味します。
再開しても腎機能落ちてます。
中止は相当な覚悟必要です。

67
3
返信0
kps***** | 10時間前
ドキッとしました 家族に透析を受けているものがいます もともとの性格もありますが、透析が嫌で嫌でうつになりました 精神科に通っています 透析中いつも辛い、苦しいと私にラインが送られてきます 自殺願望もあります しかし、ささえる家族も地獄です 家では暴言を言い人格が破壊されてしまっていると思います 透析治療がなければ良かった、そしたらそこで死んでいたのに とも言います もちろん私は透析の恩恵を受けている人も沢山知っています 今の医療はめざましい進歩を遂げています しかし、人工治療は歯車がくるうとおかしなことになってしまったケースです もう、透析をやめたら 家族も楽になるとフット思う時がありますが、しかし 家族の立場では口には出せません あくまで本人の選択でないと、事件になってしまいます 一緒に死のうか?腎臓を一つあげるか、家族に自殺者がでるか その状況まできています

15
3
返信0
imp***** | 8時間前
今回のケースで一番重要になるのは透析を中止した過程だと思います。

患者さんの苦しみを取り除くために、患者さんと相談のうえで必要な選択をしていたとしたら医師を責められるでしょうか?
遺族からしたら透析をしていたら・・・という思いは残るのでしょうが、ならば何故一度透析を中止したのでしょうか?

患者さんの苦痛を和らげたいといった思いはどちらも同じだったはずです。

10
1
返信0
spr*************** | 11時間前
患者の病状など、詳しく知らない者が勝手にいろいろ想像して、良い悪いを論じるのは違和感がある。
「死をコントロールする権利」は必要だと思うけど、そのための手続きをどうすべきかは広範な合意の上であるべき。
書面があるから問題ない、はいさようなら、と軽々しく決めつけられる話でもない。

30
5
返信2
pro***** | 10時間前
想像でしかないけれど、患者も家族も自分が思うような最期を迎えられなかったことが苦痛だったんじゃないかと思う。

医師から説明は受けたし、同意もした。けれど思ったより治療をやめたら苦くて助けてほしくなった気持ちも分かる。苦しむ人のメールに気づいてあげられなくて、自分以外の誰かを責めたくなる気持ちも分かる。

尊厳死や安楽死が認められていたなら、きっともっと違う結末になったと思った。

54
2
返信0
you***** | 10時間前
「安楽死」の選択肢が欲しい自分にとっては、
申し訳ないけど、この患者さんは「大変迷惑な存在」だ
自分で同意書にサインしといて、ぎりぎりで「思わせぶり(←これは意図せず容態的に仕方なかったんだろうが)」なメール残す
こういう事例が出ると「本心では生きたいんだ」がまかり通る
心身健康であれば、積極的に死にたいと思わないのは普通
ンでも「治癒しない病」で、症状的にしんどい場合「この状態で生きてるより死んだ方がマシ」だから「安楽死」したい訳で
透析患者が治療中止するだけじゃ、そら、死に際大変にしんどいだろうし「助けて」と言うさ

「やっぱ、生きたいんです」なのか
「今のこの苦しさを何とかして」なのか

健康体にしてくれれば、そら、「生きたい」けど、「今の状態長引かせてくれとは言ってないんじゃないの?」みたいな

「とどめを刺してくれ」の場合も「助けてくれ」と言うと思う

66
4
返信0
頑固オヤジ | 10時間前
透析の辛さは透析をやっている人にしかわからない。

また、うつ病気もあったよね。気分が沈む時も有るでしょう。辛いなら治療を止めたいと思うときもあったかも知れない。

1度中止にして、呼吸苦等の症状が出れば、治療を再開したいと思うよね。

精神疾患の病気も有ることを考えるなら、治療を再開するべきだったと思います。

14
18
返信1
aij***** | 11時間前
「やっぱり透析再開してほしいと言ったが再開せず亡くなった」、医師が再開させず死亡させたみたいに聞こえるけど、その時点で透析再開できないくらいの状態になってたかもしれない。医療に対して、過剰な期待や完璧を求めるのはどうだか。

85
0
返信0
hni***** | 8時間前
医師は、文書で確認している。後に、何故か夫が曖昧な回答を始めた。
毎日新聞では、医師を一方的に責める記事内容となっていたが、記事を書いた記者が直接タッチしていた訳でない(推測)ので、個人的な視点での報道となっているのではないか。
夫は、世間的に自らが責められることを怖れているのではないか。記者の善悪評価の介在が想像される記事だと思うけどね。


mqr***** | 10時間前
この問題、やっと毎日以外から報道され始めた。

題にしろ記事にしろ、感傷的な書き方だ。医者の対応も家族の話も、本人の精神状態も汲み取れない。

提案。
これからは同意書を取り、且つ、映像で証拠を残すべきだと思う。患者の目の前でそのデータを媒体にコピーし手渡せば良い。

それくらいしないと、倫理も医療も発展しないんじゃないか。

安楽死や尊厳死、この場合の死ですら、自分の身に置き換えて、どうすべきか分からない。

そのデータを公開し、臨終への判断材料とすべきだし、して欲しい。

15
2
返信0
ura***** | 10時間前
しっかりした状態で家族の意思を尊重した医師はすごいと思う。これで罪に問われることになったら何を本人の意思として尊重していいかわからなくなる

60
2
返信1
kem***** | 17時間前
>死亡リスクを伝えられた上で示された。
>女性はこの際、透析中止を選択
>その後、女性は透析再開を願い出たが、同月中旬に死亡

面倒な患者さんだ、と思う

234
47
返信2
kaz***** | 10時間前
ブラックジャックによろしくで得た知識だが、統計では透析患者の寿命は透析を始めてから10年。
この女性の場合、透析を続ければ統計と比較すると後4年生きれたらしい。
しかし、通常透析患者は高齢者が多く透析関係なく寿命で亡くなる人も統計には入ってるので若い人なら10年とは限らない。
この女性は44歳だったのでもっと生きた可能性は高いと思うし医師もその可能性がある事は判ってたと思う。
何故医師は透析中止の選択肢を示したのか?
そこが謎である。

11
25
返信0
shi***** | 10時間前
ガイドラインの透析治療の中止が許される条件は、医学的理由による中止理由だけしか書いていない。では、患者が正常な判断能力があるけど治療拒否の場合に、透析が出来るかというと医師は出来ない。

インフォームドコンセントの時代に、十分な説明がなされたのに、患者が不利益な治療もしくは無治療を選択したら、それは患者の責任だ。この医師は正しい選択をした。

38
5
返信0
so | 17時間前
腎臓病は食事制限も厳しいし、透析は大変だし
患者さんの苦痛は想像を絶するものがありますね。
水分も制限。塩分もダメ、タンパク質も制限、
サラダや刺身の生ものもダメ。
炭水化物と野菜と油分だけ。
ここに、糖尿病とかからんでくると、炭水化物の制限もあるし、
高脂なんとかという病気もあれば、脂肪分もダメ。
何を食べろと、、。

101
28
返信2
倭建命 |16時間前
全部嘘だから。
塩分減らそうがタンパク質減らそうが意味なし。
更には水分摂取を制限して離尿剤ってあり得ないでしょ。
そりゃ腎臓もおかしくなりますわ。

7
23
lan***** |10時間前
週3回4時間という枠組みの中では制限が必要ということです。透析時間を延ばすことを選択されれば基本的にカリウム以外の問題は緩和されるということは断言できますよ。

4
0

コメントを書く
ble***** | 8時間前
兄が技師をしていますが、この医師を槍玉にあげる記事にとても腹が立ちました。
技師の方は目の前で死に行く人を何人と見てきています、軽はずみに選択なんか迫る人なんかまずいません。
中には悪い医師もいると思いますが、事の詳細がわからないのに医師全体を否定するような、責任を押し付ける記事は余りに無責任ではないでしょうか?
記者の記事とは比べられないくらい大変な責任を担っています(皮肉)
記者さんもっと自分の記事に責任を持ちましょう。

10
0
返信0
nak***** | 11時間前
透析って一日おきで対応してそれをやめたら、明らかに死を意味するでしょう。途中から変更するのは常識から考えて無理でしょう。事前説明がキチンとされているんかはわからないけどね

23
1
返信0
sut***** | 11時間前
倫理委員会を通すべきだったな
それなら病院の判断ということになったのに
この状況では勝手にやった、と言われても仕方ない
ただ、透析をやめる選択肢を認めるべきだ、というのは同意



gin***** | 8時間前
これは、医師の技術と知識的な問題が含まれています。外科医でも血管外科の専門的知識を持っていれば首からの透析ではない選択肢があったかもしれません。ただ、医師が自分の技量のなさを認めるとは思えませんから患者自身が自分の命を誰に委ねるかと言う現代医療の結果です。

1
2
返信0
e@s | 11時間前
状態のいい時にきめたことを
状態が悪くなってから撤回というのは
精神状態等を考え正常な判断とするかどうか。
透析中止を決定する際に、そこまでのことを説明してるかどうかですかね。

33
0
返信0
azx***** | 10時間前
週に三回4時間の辛い延命治療と闘う患者の
意思を尊重して治療をストップするなら、
せめて、苦しまない安楽死の手段まで。
癌の終末治療でもしかり。
癌で亡くなった父は延命治療拒否。
注射で簡単に逝かせてくれないものかと、
痛む度に言って座薬を入れてもらい、
一週間、もがき苦しんで苦しんで、
亡くなっていった経験からです。
モラルも大事ですが、高齢者大国日本は
西欧諸国の様に真剣に検討して行く
時代に突入していると思います。

19
0
返信0
コメントを投稿しました

、、、
>一週間、もがき苦しんで苦しんで、
亡くなっていった経験からです。

大変でしたね。

私は海外ですが、リウマチ発作で、普通の痛み止めが聞かない激しい苦しみに襲われたことがあります。

緊急入院して痛み止めが聞かないので、医者に「これでは何のために入院したかわからないので、もっと強力な痛み止めを打ってくれ」と頼みました。

嫌は危険なので止めたほうが良いと言いましたが、私が強く希望して処置してもらうと<<点滴から入れたが、即座に激痛がなくなり嘘のような安楽な気分になりました>>

これはがん患者に終末期の激痛除去で、これを増量すると二度と起きない鎮痛剤です。

以前、NHKで同じことを在宅終末期専門で医者が鎮痛剤を使った安楽死をしてました。

医者により処置が全然異なり断末魔の激痛で死ぬことをさせる恐ろしい医者がいることも事実です。

私は絶対、残間妻の苦しみで死にたくはありません。


コメントを書く
トリトリ | 17時間前
家族の誰も移植に適合しなかったのかな。

子供からはどうかと思うが、旦那さんか、年齢的にその両親世代が60代だったらギリでも、諸条件が合わなかったのかなと。
透析が良いと思い込んでいる人は透析している方の血管見たこと無いのだろうなと。それで一日置きにベッドで数時間透析を続ける、出来たら解放してあげたい話。

52
20
返信0
腹ペコ婆婆 | 17時間前
医師が可哀想です。

142
14
返信0
mtc***** | 12時間前
透析再開したとて、急変しても医者を責めるんでしょ?

100
3
返信0
mn2***** | 15時間前
これってどのような提案の仕方をしたかにもよるし、透析再開した時予測できる経過がどんなものだったかにもよるし、痛みを的確にとる方法があったかどうかにもよる気がするけど。
とりあえず患者さんは透析してでも生きたいってよりは痛みが辛いって感じだから医師も再開判断しなかったのかな?

8
11
返信0
l44***** | 14時間前
透析室で働いてました。
透析やめたいって人には家族を含めてみんなで全力で止めたなぁ。
でもそれでも本当に透析やめたいって人に医療者側がどこまで介入してよいのか正直分かりません。透析はきついです。
まだ若いし事情は分からないけど、どんな状況でも私は透析して生きて欲しいと思います。

72
38
返信0
rw2***** | 10時間前
44才で3人の子供さんがいらっしゃる方とのこと。
身体状況はわからないが、4年ほどは生存できた可能性があると他の記事に出ていた。
その4年がこの人や家族にとってどのようなものになっていたのか、そして4年後の透析治療が果たして現在と同じものなのだろうかと考えてしまう。


k | 17時間前
私の母は、私(45歳)を妊娠中に中毒症で腎不全になりました。透析44年やってます。
足腰弱くなったけど72歳まだ存命してます。
良いお医者さんに恵まれたのだとおもいます。



yay***** | 11時間前
透析患者です 医者もアカンけど女の人もどうかと思います。 透析やめたら死ぬ事くらいわかるでしょ 食事制限やら厳しいし 辛い事ばっかだけど 命繋いでもらってる事 感謝しなきゃ 自棄になってやめなくてもいいのに 苦しくなったら また透析したいって… 都合よすぎだわ


sbk***** | 11時間前
あまりにも的外れなコメントが多いのですが。

人工透析というのは腎不全の人間に行う治療です。
再開しても腎機能が落ちているから無意味、中止した間に腎機能が落ちた、というコメントは全く当てはまりません。

透析導入だね。と言われた時点で、腎機能はほとんどありません。

中止しようが、再開しようが腎機能は変わりません。

7
4
返信3
t67***** |11時間前
・治療…×

・延命療法…○

的外れなこと言わないように。『治療』なんかでは決して無い。

5
1
lan***** |10時間前
病院へ行き、治療すること自体が延命です。
風邪でも合併症を引き起こし死に至ることはありますからね。透析も風邪の受診でも延命には変わりません。

1
0
kur***** |7時間前
福生病院に母がお世話になってます。
この該当医師から 透析はあくまでも延命です。とハッキリ説明を受けました。
透析は治療ではありません、

0
0

コメントを書く
tam***** | 10時間前
これは旦那が悪い、死ぬって言われてるのに同意したから、俺ならしない

19
1
返信0
bur***** | 11時間前
透析中断による尿毒症や浮腫や肺水腫がどれほどの苦痛なのか、患者もはっきり分かってなかったと思う。



isp***** | 12時間前
医療現場で働いていますが、延命治療(透析、人工呼吸器、胃瘻)については近年、医師から進んで治療を中止しませんか?という話を患者さんや患者家族に提案しているのをよく目にします。
延命治療の中止=死を意味するので、なぜそれを進んで提案するのか。懸命にケアしているスタッフからすると非常に複雑な気持ちになります。
表向きは患者や家族に対して延命治療を止める自由があると謳っているが、高齢者医療費が国の負担になっていること、病院のベッド数が足りないことなど諸事情により、厚生労働省や医学会は、延命治療中止を促しているのでは?と感じます。
また、それを使命のように提案する医師がいるのも事実です。

34
80
返信0
t67***** | 11時間前
尿毒症の前にまず【水】による体重増加→呼吸不全や循環器不全による苦しみで耐えられなかったんやろ。
他臓器が機能不全になりかけてて、慌てて透析開始しても予後不良や。助からん。

苦しくても続けなきゃならんのが透析の地獄よ…



cha***** | 17時間前
腎臓透析の治療中止を提案ってありえない。

だって透析って儲かるんだよ。

レベルの低い使いものにならない医者でも、腎臓透析のクリニックを経営して左うちわの生活してるトコいくらでもある。

透析で苦しむ患者から巻き上げた銭で、クリニックの奥さん毎日贅沢三昧、エルメスコレクションを楽しんでるし。



nrf***** | 14時間前
私は5時間透析を受けて毎日生活の為に13時間労働しています。こんな体でも働くことが出来るのは今の進歩した透析治療のおかげだと感謝しております。でもこの医師は透析を中止することを勧めるなんて言語道断だと思います。過去に透析を中止した方はほとんどの方が一週間くらいで亡くなっています。医師ならこんなことはわかってるはずです。この医師の免許を剥奪し刑事罰を与えて下さい。


mar***** | 14時間前
日本人は糖尿病になり安く、糖尿病が悪化すれば合併症で慢性腎不全になり、透析になる。糖尿病は血管をボロボロにするので、血液透析の場合は、血管が閉鎖し安く、新たな血管手術を繰り返し、腕、太もも、首などになる。
首の手術が嫌で拒否したら、透析も出来ない状態だったのなら、その時に医者が出来ることはない。


vvy***** | 13時間前
透析中止提案は事実上、死の提案。
安楽死ではなく、苦しんで死ぬ。
透析苦から逃れたく、藁をも掴む思いで
透析中止の提案を受けてしまったのでは。
医師が死の提案なんて、すべきでない。


ugl***** | 11時間前
透析人生は本当に辛くて、食べたい物食べれないし飲みたい物飲めない。人間の根源の欲求が満たされない、時間も一日置きに4時間拘束されて治療終わってもしんどくてフラフラそんな人生を歩む、だから辞めたくなる気持ちもあったのかなぁ。一度は説明を受けて自ら中止を選んだけど、胸水が溜まり呼吸ができなくなって死ぬなんて説明をされたら辞めなかったのかなぁ。説明と同意が不十分だったのかなぁと思います。


vvy***** | 13時間前
透析中止提案は事実上、死の提案。
安楽死ではなく、苦しんで死ぬ。
透析苦から逃れたく、藁をも掴む思いで
透析中止の提案を受けてしまったのでは。
医師が死の提案なんて、すべきでない。

14
25
返信0
バーナー うぜえ | 11時間前
ガイドラインも何もないのに勝手に何をしてるの?
呼ばれて透析止める?なんて言われたら気の弱い人は死刑宣告のように受けとる患者も多々いると思うよ。

0
14
返信0
qqb***** | 11時間前
この女も死ぬ間際で何を(笑)
そんな事だから日本は尊厳死が認められないんだわ~
迷惑な話だわ

11
0
返信0
ugl***** | 11時間前
透析人生は本当に辛くて、食べたい物食べれないし飲みたい物飲めない。人間の根源の欲求が満たされない、時間も一日置きに4時間拘束されて治療終わってもしんどくてフラフラそんな人生を歩む、だから辞めたくなる気持ちもあったのかなぁ。一度は説明を受けて自ら中止を選んだけど、胸水が溜まり呼吸ができなくなって死ぬなんて説明をされたら辞めなかったのかなぁ。説明と同意が不十分だったのかなぁと思います。

4
1
返信0
コメントを投稿しました

、、、
私も透析してますが、当初は<<透析拒否して帰宅しました>>

透析始めると一生続けなければならないと知ってるので嫌で拒否したんです。

すると医者が、ナースを家に行かせるので定期的に注射するようにしたのですが<<ある日、夕方暗くなると、顔がパンパンになり、目が充血して呼吸ができなくなってきた>>んです。

妻が<<このままでは死ぬと言うので緊急入院>>

結局、低血圧なので輸血した後、即座に透析となり、現在に至ってます。

透析初めて3ヶ月位は苦痛で、透析止めて死んでしまいたいと言いましたが家族が絶対に透析して!というので嫌々してましたが、1年経過した現在は、慣れてきたので透析しながらテレビやスマホを見たり寝たりしてます。

透析患者は、余命が短く健常者のようには長生きできないのが平均です。

残された短い時間を家族と過ごしています。


コメントを書く
si***** | 17時間前
本人がやめたいと言ったようですね。それで承諾してしまった医師も問題ですが。
それでやめたら本当に死にそうなったからやっぱ再開して。これ滅茶苦茶ですよ。
医師なんだからなんでも助けろ、自殺しようとした人も助けろ →これみんなやってるでしょ。医師としてしなきゃいけないことだから。
でもやったらやったであーだこーだと言われる。これじゃ医師も病むよ。
透析含め延命治療中止→安楽寺できるような選択肢があってもいいんじゃない。
死ぬより辛い病気に打ち勝って人生まっとうしなさいみたいなのきついよ。

60
4
返信0
yoroshiku | 10時間前
医者は悪いことしてないって思うんなら記者会見しろよ!

1
10
返信0
yaya2***** | 10時間前
毎日がNetで詳しく追ってるけど

『医師が「死」の選択肢提示 透析中止、患者死亡 東京の公立病院』

以下一部抜粋
管の分路が詰まった、首周辺に管挿入する治療法、女性、中止を選んだ。夫呼んで看護師同席で念押、女性が意思確認書に署名。治療中止
中止しなければ女性は約4年間生きられた可能性
「十分な意思確認がないまま透析治療が導入され、無益で偏った延命措置。」

死前日、夫、急性胃潰瘍で手術。(絶妙タイミング)
(シノギ記載無いが、ナマ保?)

透析前に遣るべき治療有るに、日本は安易に透析移行過ぎる

諸外国と比べ格段多い、増加傾向

本来透析患者作らない分野にソースを注ぐべき

透析始めたら生涯止められない

病院、製薬機器の金づる

6
1
返信0
倭建命 | 17時間前
そもそも論だけど、医学は日進月歩と言われる中で何で人工透析患者はうなぎのぼりなんだろ?w
おかしくね?

そろそろ尿酸値がーとか血圧がーの嘘に気付こうよw
騙されてんだよ、皆さん^^

5
22
返信2
sl_***** | 17時間前
透析を中止すればその人は少しずつ死んでいく。普通、延命中止の場合とは訳が違うことに医者なら気付かないはずはなかろう。
本人の希望とはいえ、酷いことをしたものである。







腎臓の尿排出機能を再生 慈恵医大グループ 末期腎不全の治療に応用も

2019年03月08日 | ヒデは1,人工透析、2,心が弱り40%血液排出、3,リウマチで身体が不自由...
腎臓の尿排出機能を再生 慈恵医大グループ 末期腎不全の治療に応用も
2017.11.23 23:06
プッシュ通知
今すぐ試せる無料体験レッスン!産経オンライン英会話[PR]

春先は要注意「PM2.5」 健康への悪影響も/政府広報[PR]



 腎臓の元になる前駆細胞から尿を排出する機能を持つ腎臓を再生させることに、東京慈恵医大の横尾隆教授らのグループが成功した。複雑な構造を持つ腎臓は再生が難しい臓器のひとつ。研究は末期の慢性腎不全患者の治療に応用できる可能性がある。23日、英オンライン科学誌「ネイチャーコミュニケーションズ」に発表された。

 腎臓の前駆細胞が腎臓に成長するには、ニッチと呼ばれる育つ場所が必要とされる。横尾教授らは、ラットの腎臓の前駆細胞をマウスの子のニッチに注入し、マウス自身の前駆細胞は薬剤で除去。マウスのニッチの中でラットの前駆細胞が約4週間かけて成長、腎臓のもっとも大事な働きである尿排出機能も獲得した。

 横尾教授らは、人工多能性幹細胞(iPS細胞)から腎臓を再生するまでの過程を(1)iPS細胞から腎臓の前駆細胞を作る(2)前駆細胞から再生腎臓を作る(3)尿を排出する経路を樹立-の3段階に分け、今回は(2)の部分に成功した。(3)は2年前に成功しており、(1)は国内外の複数のグループが方法を樹立している。

 慢性腎不全の患者は人工透析や移植以外に治療法がなく、生活に大きな制限を受ける。横尾教授は「人に応用するにはまだハードルもあるが、次はより人に近いブタやサルで応用したい」と話している。



日本語で話したバアサンが死んでいた、、フィリピン移住末期生活

2019年03月05日 | ヒデは1,人工透析、2,心が弱り40%血液排出、3,リウマチで身体が不自由...

日本語で話したバアサンが死んでいた、、フィリピン移住末期生活


透析で、一度だけだが話したバアサンが死んでいた。

私が透析が終わり、透析室を帰ろうと歩いてると、目が合った透析中のバアサン。

そこで挨拶すると日本語で話しかけてくれた。


そのバアサンは、周に3回、5時間、、透析受けてたが、一度、アブセントしたら死んでしまったそうだ。

妻から聞いた、、妻は透析室のことをなんでも知っている。すごい情報収集能力だ。

透析マシンは24台あり、日に3回まわしている。


ナースもまじえて、この話をすると、別に悲しみもせず<<年中死んでるので麻痺している>>いちいち悲しんでたら仕事にならないからだ。



むかしは、こういう若かったろうが、、、

必ず年を取り死んでいくのだ。


オージーが死んだ、、透析、フィリピン末期移住生活

2019年02月08日 | ヒデは1,人工透析、2,心が弱り40%血液排出、3,リウマチで身体が不自由...
オージーが死んだ、、透析、フィリピン末期移住生活

透析に来ていたオーストラリア人が死んだ。

直接の死因は<<肺癌だ>>

透析に来てたが、透析回数を勝手に減らしたら、、脳梗塞で半身が不自由になった。

カラダが浮腫んでいた。


肺癌で最後は死んだ、、、奥さんは、若いフィリピン人(大学は出てないようだ)子供は居ない。

不動産などを残して死んでくれたならフィリピン人オンナは、それなりに幸せがあるが、、そのへんは知らない。


何年か前に犬を買った、犬嫌いのフィリピン人オンナは<<ドイツ人と結婚して広い土地に二軒のハウス建てたが、ドイツ人が死んで、、次は、また、金持ちのオージーと結婚して極楽生活していた>>





「ごめん、友達でいたい」と言われ続けた私…「8番目の人」を振り向かせたのは、腎臓病でむくんだ「ゾウ足」だった

2019年01月30日 | ヒデは1,人工透析、2,心が弱り40%血液排出、3,リウマチで身体が不自由...
海外生活だが、私も透析患者で、2017年12月にリウマチ発作が端緒で透析となった。深夜に膝が激痛。

リウマチ発作で緊急入院して強烈な鎮静剤を使用した(何年も前からリウマチで苦しんでおり痛み止めを飲んでいたが=痛み止めが腎臓ダメージするそうだ)

入院中に、血液検査などしてドクターが、人工透析しないと駄目、、と言われたが、当初、拒否して(始めたら死ぬまで止められないのを知ってるから)帰宅したが(最早、寝たきりになっていた)

去年1月に、自宅で顔が腫れてきて呼吸が苦しくなってきた。

妻が、「これは、大変だ死ぬかもしれないから病院に行くんだ!!!@@」と、言い出したので、自分も呼吸が苦しいので同意して救急車で病院へ。

そして再度精密検査したところ、片方の腎臓に石が4個有る。

クレアチリン12もあり透析だというので、透析開始した(クレアチリン8以上が日本では透析必要)

その後、1週間ほどして帰宅して通院で透析。週に2回、4時間だが<<待ち時間など合計7時間かかる>> この頃は寝たきりなのでうちのスタッフに世話になり通院したが、2ヶ月半頃から、何とか車両に乗降できるように努力した。

◎ここが重要事項だが

1,透析したからと言って健常者と同じ様に余命が有るのではない<<透析開始年齢により余命平均がアメリカと日本政府により統計研究されており短い余命が出されてる>> ネット検索するとわかる。

例えば、15歳位で透析開始だと余命は25年位=40歳位で寿命を迎える。

こういうことは医師が秘匿している、、患者がきにするので隠すのだ。

(アメリカより日本のほうが少し長生きする=日本の透析が優れてる)

60歳透析開始だと余命は4年(アメリカ)日本のデーターは、5年半。


透析は腎臓の代わりに完全にはならないし透析で合併症が発生する。


2,腎臓移植は、やはり移植した腎臓に寿命がある、これもネットで出ている=平均25年位。

悪い場合、10年で透析か?再移植となる。


私もまさか腎臓が悪いなどと予想もしなかった。酒飲むので肝臓が心配だった。

リウマチ発作の前に、、血尿が出た。皮膚に痒い水疱ができた。めまいがした。


透析現場では、多くが年齢がいってる患者だが、子供や若者も少ないが居る。また、緊急入院患者は、既に手遅れが多い。また、老人の場合、透析しても余命は極めて短い。

家族と考える慢性腎臓病サイト~腎援隊(じんえんたい)NOVARTIS

家族と考える慢性腎臓病サイト~腎援隊(じんえんたい)NOVARTIS



 
「ごめん、友達でいたい」と言われ続けた私…「8番目の人」を振り向かせたのは、腎臓病でむくんだ「ゾウ足」だった

1/24(木) 14:10配信

読売新聞(ヨミドクター)
「ごめん、友達でいたい」と言われ続けた私…「8番目の人」を振り向かせたのは、腎臓病でむくんだ「ゾウ足」だった

イメージ
もろずみ・はるか「夫と腎臓とわたし~夫婦間腎移植を選んだ二人の物語」

 中学1年生で慢性腎臓病を発症した私は、夫と出会うまで、好きな人と両想いになるなんて奇跡だと思っていた。好きな人はいたし、まっすぐ気持ちを伝えてきたけれど、成就することはなかった。「ごめん、友達でいたい」と、どの人にもそう即答されたのだ。

 玉砕するたびに、心に誓う。「恋なんて二度とするもんか」。それでもまた誰かを好きになってしまう。しかし、七転び八起きの精神を忘れないでいると、良いこともある。夫は、8番目に好きになった男性だった。
中1で発症、悪化 私は貧乏くじを引いたのか

 中学1年生の健康診断で「潜血尿が出ている」とのアラートが出た。何かの間違いだと思った。健康と体力だけは自信があったからだ。小学6年生まで、雪の日でも半袖で過ごすようなタイプだったし、学校のマラソン大会で学年トップになったことは、私が語れる唯一の武勇伝だ。そもそも、なんの自覚症状もなかった。

 半信半疑で訪ねたのは、広島の自宅から徒歩数分の小さな診療所。待合室は高齢者ばかりで、どなたもひどく体調がすぐれない様子だった。12歳の子どもが来る場所じゃない。場違いだから、薬をもらってササッと帰ろうと思った。

 しかし、医師の表情は険しかった。「慢性腎臓病かな。(悪化すれば)いつかは透析になる」

 処方された薬を指示通りに服用したが、病気が良くなることはなかった。高校生になると、徐々に疲れやすくなり、むくみの症状が出た。地元の大きな病院に転院したのは、20歳を過ぎてから。そこで初めて腎生検という精密検査を受けることとなる。ついた診断名は「IgA腎症」。IgA腎症とは、アジアの中で最も多いとされる慢性腎炎だ。すぐに扁桃へんとう腺を摘出し、ステロイドのパルス療法を受けたが、寛解はできなかった。

 世界各国で行われているIgA腎症の予後に関する調査によると、IgA腎症と診断後、20年以内に末期腎不全に至る患者は3人に1人の割合だという。残り2人のうち1人は、悪化させず腎機能を維持できるし、もう1人は、なんと完治するそうだ。だとすれば、私は3人に1人の貧乏くじを引いたということだろうか……。


入社式で出会い 病気のことは伏せておきたかったけど…

そんな私に転機が訪れたのは22歳の時。新卒で入った会社の入社式で夫と出会ったのだ。すっと伸びた鼻筋と、東京生まれ東京育ちのやわらかい話し口調は都会的で、すぐに夢中になった。恋を成就させたい身としては、病気のことは伏せておきたかった。

 けれど、いとも簡単にバレてしまう。むくみの症状が出てしまったのだ。足が象のようにパンパンにむくんで靴がはけなくなった。スリッパとゾウ足。セクシーさのかけらもなかった。ところが、このゾウ足をきっかけに、夫との距離は一気に縮まる。「どうしたの、その足」と、珍しく夫の方から声をかけてくれたのだ。

 舞い上がった私は、「慣れっこだから!」と言い、「これね、腎臓病の症状なの……」と口走ってしまう。しまった、病気のことを自ら暴露してどうする。また恋が終わってしまう…と冷や汗をかいたが、夫はさして気にもとめない様子だった。当時夫は23歳。若き健康優良児に、腎臓病の話はピンとこないようだった。

 「8番目の人」は仏のように優しかった。2週間後、夫は私を彼女にしてくれたし、そこから6年後、お嫁さんにしてくれた。いよいよ末期腎不全になると、「僕の腎臓をあげる」と言ってくれた。そして結婚11年目の2018年、私たちは夫婦間腎移植を受けた。
治療の進歩が患者の光に

 私たちがお世話になった東京女子医科大学病院教授の石田英樹先生によると、腎臓は沈黙の臓器と呼ばれ、末期になるまで痛い・かゆいなどの症状が出ない。尿検査でなんらかのアラートが繰り返し出るようなら、異常があると疑うべきだそうだ。ただし、尿検査だけでは病名を特定できず、腎生検を受ける必要がある。

 私は腎移植を経て、今こうして夫と元気に暮らしている。けれど、誰一人として同じ思いはしてほしくない。そう言うと、石田先生は笑顔で「はるかさんがIgA腎症を発症した25年前に比べると、今は、良いお薬がたくさん出ています。慢性腎炎の病勢を弱めることが可能になりました。透析を導入する年齢も上がってきているんですよ」と話してくれた。

 夫婦で一世一代の挑戦をした2018年が終わろうとしていた年末。仕事仲間と年末ジャンボの話になり、「夫と出会えたことは、宝くじに当たったようなもの」とノロケてみた。「いや」と否定された。「宝くじに当たるより、ずっと良いじゃん」。

監修 東京女子医科大学病院・石田英樹教授
「ごめん、友達でいたい」と言われ続けた私…「8番目の人」を振り向かせたのは、腎臓病でむくんだ「ゾウ足」だった

読売新聞社
もろずみ・はるか

医療コラムニスト
 1980年、福岡県生まれ。広告制作会社を経て2010年に独立。ブックライターとしても活動し、編集協力した書籍に『成約率98%の秘訣』(かんき出版)、『バカ力』(ポプラ社)など。中学1年生の時に慢性腎臓病を発症。18年3月、夫の腎臓を移植する手術を受けた。



pxx***** | 6日前

自分も2年前に妻より腎臓をいただきました。移植される方は健康体に戻る希望があるので痛みにも耐えられる覚悟がある。しかし提供する方は臓器が無くなるのだから大変な不安があるはずです。提供するにはそれなりの度胸とか覚悟が要ります。しかも提供者の方が腎臓を取り出す為に大きく切開する必要があり 自分よりも術後は痛みの為長く歩けませんでした。妻には本当に感謝してます。いただいた腎臓を大切にする為に アルコールをやめました。
旦那さんもお疲れ様でした。これからもご夫婦が健康であることを願うばかりです。


匿名 | 6日前

私も腎臓病です。健康体からの突然の発症をしてから、もう治らず7年が経ちます。
今、旦那がアルコール依存症になってしまい、短気になり幼稚になりで、辛い毎日を送っています。
このお話を聞いて涙が出てきました。
前は、旦那も優しかったのにな…。
でも、とても幸せそうなお二人で嬉しいです!そういう幸せな方がもっともっと増えますように!

soh***** | 6日前

私も今から30数年前の中1の尿検査で引っ掛かり、腎生検の結果、慢性腎炎で一生治らないと宣告されました。
体育の授業が楽しみだった当時の自分が、激しい運動は禁止という言葉に凄くショックを受けたことは、今でも脳裏に焼き付いています。
ただ、私の場合は20才前まで続けた投薬治療の結果、担当医も奇跡と言う完治を果たせたのは、運が良かったのだと思っています。

yxxx | 6日前

この病気を沢山の人に知ってもらい、薬の研究も進むと良いのですが。
扁桃摘出とパルスしたのに駄目だったとすると、腎移植しても、またその腎臓が駄目になるときいてますが。昔の話しかな?
上咽頭の治療をしてなかったら試して欲しいです。この治療、やってる病院少なくて、こちらももっとメジャーになるといいのですが。


tar***** | 6日前

私の娘も慢性腎炎です
9歳です
6歳で発症してこの子はこれから幸せになれるのかわからず申し訳なかったです
貧乏くじ…私もそう思ったことがあります
でも子どもは病気を受け入れて頑張っていたんですよね
私大丈夫だよって待合室で言われたんです
それからは私も持ち直しました
こんなステキな人と出会えるように娘をしっかり育てます

130 0

返信0
MS | 6日前

今自分も腎臓病と向き合っている。
当初は落胆したがそのおかげで定期的にしっかり検査をするので他の病気の心配がなくなってきている。
良い記事で元気になりました。



cli***** | 6日前

自分も同じ病気です。
もう30年以上付き合ってます。
完治とは言い切れませんが、良い状態を今は保っています。でも、今は...です。
悪化して透析になったら仕事どうしようとか不安はあります。
良きパートナーに出会えてうらやましいなと思いました。

49 0

返信2
zep***** | 6日前

妻がiga腎症になり同じように扁桃腺の摘出とパルスで治療した。
幸い完治したのはラッキーだったんだね。
何だかんだ言っても保険は大事だと思ったよ。



cat***** | 3日前

移植後不適合起こす可能性も実際あるのに、本当勇気いるだろうなと思う 実話ならいい旦那さんに恵まれたんだね てか、8番目に好きって、そんなに人数いたこともスゴイと思うわ

1 0

返信0
sw2***** | 6日前

小学校低学年の時学校の尿検査で尿たんぱくが出ていて検査したら慢性腎不全でステロイド飲んでました。
20歳くらいに血圧が下がらなくなり180/130の高血圧でそれから週3回の透析で一回の透析が3時間でした。
それからうちの親父から腎臓もらって今は普通に生活出来てます。今良い薬があるのでそのおかげですし、腎臓をくれた親に感謝しかありません。

34 0

返信0
※ | 6日前

今、透析を受けてる自分にもこんな出逢いあるかなぁ…


トスカーナ | 6日前

、IgA腎症と診断後、20年以内に末期腎不全に至る患者は3人に1人の割合だという。残り2人のうち1人は、悪化させず腎機能を維持できるし、もう1人は、なんと完治するそうだ。


完治はしないよ。



足が不自由で困る、、フィリピン移住末期症状

2019年01月09日 | ヒデは1,人工透析、2,心が弱り40%血液排出、3,リウマチで身体が不自由...

足が不自由で困る、、フィリピン移住末期症状


前から書いてるが、リウマチ発作の極限が昨年12月に起きて、激痛で緊急入院して強力な鎮静剤を使用して意識がなくなる症状で、、、その後人工透析も始まった。

そして<<左膝が発作後、1年経過の現在も右膝に比べて肥大化してる。最早、発作前の状態には回復しない。杖をついてなんとか歩く。

ところが、先日、、右膝に痛みが出たのだ。

これは大変なことになると、サロンパスや痛み止めを飲んでいたが(’リウマチの薬は、長年飲んでいる)膝が回復すると今度は右の親指の付け根の内側が痛い=痛風症状。

酒は1年前から一切飲んでいないし、鶏肉以外は動物性は食べてない(医者の指示)魚も青魚は食べいてはいけないし豆類も駄目。

これは困ったとサロンパス。痛み止め。

そしてこれがなんとか良くなると<<今度は右足のアキレス腱の付け根が晴れて激痛だ>>この時点で透析に行かねばならないが、杖一つでは駄目なので、以前使用していた松葉杖(アルミ製)をにほん使用して、スクーターは危険と妻が言うので車で透析に行った。

病院の駐車場はキャパが小さく常に満杯なので道路沿いになんとか空きが一つできたので止めた。ここから病院まで松葉杖で歩かねばならない。

両足が駄目なので<<松葉杖を前後に足の動きのようにして自分の足もなんとかついて=四足歩行のように歩くのだが超スローなので時間がかかる>>

家族があとからスクーターで来てくれたが、一人は先に順番を確保。もうひとりは、歩く横についてもらった。


こういう状況の前に<<家で、両足が駄目なので、松葉杖1本と、いつも使用してる杖を両方使ってリビングからダイニングへ歩いていくと妻が見て@@、、え~~~そんなに成ってしまったのか!!!!>>と、非常に驚いていた。

まだ、トイレに行けるから良い(痛いが我慢して)。これでトイレに行けないと妻から罵倒されるのである=悲惨だ。

みなさんも寝たきりになり、下の世話をされてまで生きていたくはないとネットで意見を見受けるが<<私は、昨年12月から2月ころまで寝たきりで体験してる>>実に情けない。

私は心臓が弱ってるので<<正常の40%しか力がなく、血圧は100-60が常で、たまに90-50とかある>>なんとか心臓麻痺でぽっくり行かないかと願ってる。

血圧が低いので<<怒ることが激減して、平常心が実に平和。多幸感がある>>人間も犬猫も、死に近づくと自然とカラダが死を受け入れるようになると、最近かってる犬が4匹くらい年で死んでいくのを見て思うし、自分もこのようなプロセスにいるので悟るのだ。

私は死ぬことなど怖くないので、逆に楽しみだ。

一度、転倒して側頭部を打撃して意識なくなったとき<<実にきれいなお花畑を見た事がある>>そのた、色々な、超能力のような体験がある(予知能力やテレパシー等)



人工透析患者の余命問題<<余命は短い>>

2018年12月29日 | ヒデは1,人工透析、2,心が弱り40%血液排出、3,リウマチで身体が不自由...

人工透析患者の余命問題<<余命は短い>>

詳しい様は(人工透析監視年齢で余命の年がわかる)下記の家族と考える慢性腎臓病サイト~腎援隊(じんえんたい)NOVARTIS=にアクセスして見てください。

<<結論>> 透析患者は治療データーから健常者のような余命=寿命は統計的に全うできなく{短命です}

原因は、透析に伴う副作用です。

透析に伴い=動脈硬化、脳溢血、ガン、心臓停止などが副作用としてかなりの確率で発生するために健常者のような平均寿命は全うできないのです。

詳しくは当該記事で紹介してあるサイトに一覧表が有るので自分の透析開始年齢を参照いて平均余命を調べてください。

担当ドクターなどは「貴方に、透析を開始したのだから、後、5年で平均余命が終わりますなどとは教示してくれません。日米政府のサイエンスデーターを知り、人生プランニングを立てたほうが自分と家族のためだと考えます。



私の場合の余命は「海外のフィリピン病院での透析なのでアメリカのデーターを参考にします」日本のほうが余命が少し長いデーターがあります。日本の透析テクが世界で一番優れてるそうです。

先日、書きましたが「自分の余命を考えるということは家族の人生計画にも影響するので、よくよく考える必要があります」


◎ 私ども家族の場合は、子供が今年、医学系大学の医療テクノロジーの学部を卒業して<<国家試験もはるばるマニラまで行き合格しました>>運転免許と同じサイズの身分証明書があります。

そしてさらに<<子供を臨床医師コースに入学させようと考えて=受験セミナーの費用も払って1月から大都市圏のセミナーに行く予定でした>>

◎ ところが先日、ネットで色々調べたところ、自分の余命が「4年とアメリカ政府のデーターでありました(日本のデーターも同じサイトにあります=日本で透析受ければ6年の余命)>>透析は、開始年齢で大体の余命が決まっているんです。

例えば、透析開始年齢が0~10歳で余命は23年平均です。即ち10歳で透析になると33歳平均で死亡するのです。

40~44歳で余命は、11年ほどです!!

年令をとってから透析すればするほど余命は短くなります。

透析は下記、記事にありますが<<完全に腎臓の代わりにはなりません。透析の副作用である高血圧や感染症、癌になるなど、、>>故に透析患者の寿命は健康人と比べて相当低いのです。

透析を受けてるからといって日本人の平均寿命まで生きるとは限りませんし、データーから平均余命は相当短いのです。

因みに、日本人の8人に1人は腎臓に問題があるそうです。まさに国民病です。


私は、しばらく前にもネットで検索して日本の人工透析病院のサイトで勉強しましたが、平均余命については書いてありませんでした(病院のサイトなので安心してなどとのウエルカムセールストークが多いようです)今回、改めてネットで検索したところ政府機関の透析データーにヒットしたんです。

このように自分の平均余命が4年ということは、今年2017年の1月から透析開始なので<<余命は、後3年平均ということです>>

こういうことを、ここフィリピンの担当医師に質問すると「大丈夫、透析して投薬してれば10年は生きます~~」というのですが、同席していた看護師長は。医師が話す前に<<身振りで=フィンガーで5年と教示>>これは、英語で会話してますが、このくらいは簡単にわかります。

同席してた家族は、私が担当と話してると、涙ぐんでいて<<これを見た医師らが、そんな悲観することはないのよ~ファミリーが悲しんでるでしょう~などと慰めるが、これは我らファミリーの人生計画にかかわる事で=情緒で話をボカスことはできないんです>>

問題は<<子供の教育です>>

もし医師になるべくこれから6年間、さらに見習い医師期間=自立は、トータル11年後になります>>ファミリードクターとして自立してインカムまで11年かかる。ファミリードクターは、ステップワンで専門医はさらに何年もかかり、日本と異なり専門医の国家試験が有るんです(アメリカと同じ)

こんな時間を要するなら<<私はデーターからすれば生きてはいません、あの世です>>

医学部6年間の途中で、私は死ぬ確率が高い。

細々、事業してますが自分が死んでどうなるか?またローカルガバメントの政策でどうなるかわからない(フィリピンは年中政策が変わる)保証など無い。

こういう状況下で、呑気に医学部進学などハイリスク。下手すれば途中でリタイアします。この間のコストは帰ってきません。

そこで、以前、子供から参考に聞いた<<公衆衛生ドクター>>のコースに変更しようと家族で話し合いまして結論が出ました。これは政府機関で国民に保健指導するポジションです。

この進路なら修士号(2年)は自宅から通学でき0k。博士号は頑張って大都市圏の専門博士課程(2年)に行くということで臨床医になるより時間が短くライセンスが取れて自立も早いということです。

運が良ければ、子供が博士課程卒業するまで自分が生きてる可能性があります。


このように人工透析患者は、日米政府が公表しているデーターで余命の平均値が出てるので凡そのファミリーの人生計画が考えられます。

癌患者でも担当医が<<余命半年とか>>宣告する場合がありますが、これは、かなり当たり外れが有るようです。しかし透析患者のケースは、透析という腎臓疾患の透析データーから膨大な患者数から余命を算出してるので私は、かなりの確率で当たると考えます。


◎縁起でもないと思うかもしれませんが<<透析患者の末期について私見で書いておきます>>

先日は、スコットランド人が、同じ透析仲間ですが「自己判断で、週に2回の透析を1回でいいや~~で減らした結果=脳血栓で半身が不自由に突然なってしまいました」透析回数を、自分が身体の調子が良いからと減らしたので血液がドロドロになっており血栓が発生したのです。

このように自己判断で透析回数を減らすと障害や死亡する事になります。

3ヶ月前くらいには「フィリピンなので日本のように相当な公的な補助が有るわけではなくフィルヘルスからの(加入してれば)補助が年間で90回受けられるだけです」故に、フィリピン人は透析費用が十分払えず<<週に1回、受けていた男性がいましたが突然死亡しました>>1度、私と話したことがありますが回数が少ないので顔が黒ずんで寝たきりで透析を受けていました。近所の透析仲間の車に頼んで乗せてもらい来てたのです。朝になったら死亡していたそうです、、寝てる間に死亡したので苦しみはなかったようです。

透析ルームでは(当該病院では透析マシンが24台ある。これを1日、3回ローリングさせる)老人透析患者や緊急入院患者などが頻繁に死亡します。個室ではないので隣や後ろで意識不明の透析患者がおり、誰が見てもオシマイという状況を私は何回も見ています。

皆、尿毒素などで脳がダメージを受けて意識混濁(私もこのレベルまで行った=もう少し遅れてると死亡していた)意識不明状態で苦しんでる様子はなりません。

私も丁度、1年前に経験しましたが腎臓がやられると尿毒素などで脳がダメージを受けて意識が混濁します。自分が何処にいるのか?誰がいるのか?今日は何月何日か?などが分からなくなりました。やけに、はっきりしたカラーがはっきりした夢を沢山見た。普通の夢のようにストーリーが飛んでいるのではなく、完全な現実として体験します。自分は、海賊になった夢や武士になった夢などで、ものすごい鮮明なカラーで現実的な夢を見ました。おそらくこうして<<夢を見ながら死んでいくのと体験しました>>この場合、苦しみはありません。

腎臓疾患で死亡する場合、肺水腫にならなければ楽に死んでいきます。肺水腫になると(私は軽く1度なり苦しいので緊急入院して透析というルートになりました)呼吸ができないので、顔が腫れて眼球が赤くなり呼吸困難で苦しみだします。これを回避するには水分を制限することです。私の場合ドクターが<<24時間で水を900ml>>と制限され辛かったです。妻に飲ませろ~!!と、訴えて、自分で肺水腫にならない程度に水を増やしていきました。<<肺水腫の兆候は、咳が出てくることです、、これが危険調光です>>これが出てきたら水分を制限します。制限しないと肺水腫で呼吸困難の地獄の苦しみになりまして重症の場合、死亡します。

クレアチニンの値が上昇すると、心臓麻痺で死亡します。

月に一度血液検査で数値がわかりますが、食事制限など指示通りしないと数値が上がり心臓停止します。この兆候は、不整脈が「自覚症状でドクンドクンなどと心臓が変に鼓動するのでわかります」自分も不整脈が出たことが何回かありましたが、現在はありません=多くの投薬をしている。この不整脈が多く出てくると心臓停止の前兆で、間もなく心臓停止で死亡します。私見ですが、この場合、一般的な心筋梗塞とは異なり、胸が締め付けられるような痛みで苦しむようなことはなく<<突然意識不明になり死亡するので苦しみはないようです=流石にここまで経験してませんが>>心臓が停止するので虚血になり脳がいきなりダウンするので痛みなどはなく意識不明死亡となると考えます。

このように、肺水腫の呼吸困難の苦しみパニック、脳梗塞で緊急処置で半身不随などで半分死んだような状態で生きる状況の2ケース至らないで死亡する場合以外は苦しまないで意識混濁=夢を見ながら死亡するので死の間際の苦しみはないと考えます。

◎ 何故このようなことを書くかというと<<人間、死ぬときはどんな状況なのか?断末魔の苦しみは有るのか?>>など、非常に恐れるからです。死亡する前兆から死亡するまでの状態に苦しみがなく意識混濁夢見ながら死んでいけるなら、死の恐怖が少しでも和らぐとの、私の考えから書いてるわけです。

それから私が紹介したサイトでは、透析患者が癌になりやすいとは一切書いてありません(症例がないのか?)しかし、以前、どこかの病院のサイトでは透析患者はガンに罹患しやすいとの記述がありました。仮に症例があり、どのくらいの確率か?は、分かりませんが、万が一透析によるがんに罹患した場合、これは大変なアンラッキーとしか言いようがありません。この場合、透析の負担と癌治療の負担のダブルが襲います。癌の場合、がん細胞組織が神経を刺激して耐え難い激痛が起こることが一般的で、モルヒネ緩和されますが、これでも激痛が緩和されないケースの場合<<本人と家族の承諾の上で実質的な安楽死ですが強力な鎮痛剤をインジェクションする処置があります。処置する前にお別れを言い、インジェクションを点滴コードから入れると間もなく劇的に痛みから開放され睡眠状態になり2~7日で二度と起きることはなく、そのまま死亡します>>このような知識も頭に入れておいてください。

私の場合は、リウマチ発作がきっかけで<<緊急入院したが激痛が収まらず、医師に強力な痛み止めを強く願い=医師は危険なので嫌がってましたが懇願して処置してもらった=点滴コードから注入します。すると劇的に痛みが即座に緩和されましたが、その後何日も、すぐに意識がなくなり寝てしまう睡眠状態が続きました(これが日本で使用されてる安楽仕様の薬剤と思います、自分の場合、量を制限したので何日かして意識は戻りました)

自分の場合はさらに、今度は、リウマチの痛みが緩和されたら<<その薬剤の関係か?腎臓がやられて、今度は腎不全で意識が混濁、肺水腫で死にかかり>>再度、緊急入院して検査して末期腎不全透析となりました。

再度書きますが、肺水腫(そのためには末期の場合、点滴などは制限したほうが患者が楽に死亡する=過剰な点滴は痰の吸引と肺水腫になり呼吸困難の断末魔の苦しみになる)や癌に罹患しない限り<<腎不全で死亡する場合、脳が尿毒などでダメージを受けて意識混濁=意識不明となりクレアチニンの値が急上昇して心臓が停止しますので断末魔の苦しみは無く楽に夢を見ながら死亡するので心配はいりません。

以上、人工透析の余命問題=残された短い時間での人生設計。腎疾患で死亡する場合のプロセスを書きました。今後も機会を見て<<自分の透析状況、死亡するまでの自己経過観察を客観的に逐次書いていきます>>


再度書きますが<<この平均余命問題の参考データーは、下記のサイトで観察できます>>透析患者さんは、参考にしてください。



参考サイト

https://jinentai.com/doctor_qas/14

家族と考える慢性腎臓病サイト~腎援隊(じんえんたい)NOVARTIS


透析は、腎臓の代わりに体内の余分な水分・塩分や老廃物を取り除いてくれますが、健康な腎臓と全く同じ働きができるわけではありません。また、透析だけでは代替できない腎臓の機能もあります。そのため、長い間透析を行っていると、高血圧や動脈硬化などのさまざまな合併症を起こしやすくなります。これらの合併症が悪化すると、心筋梗塞や心不全、脳梗塞といった病気を引き起こす場合があります。

腎移植は、移植した腎臓の機能が安定していれば、ほぼ完全に腎臓の機能を代替することができます。そのため、透析に比べると合併症を起こしにくく、心筋梗塞や心不全、脳梗塞などを起こすリスクも低くなります(*2)。

ただし、腎移植後に、移植した腎臓が必ずしも一生機能し続けてくれるとは限りません。移植腎が拒絶反応などによって機能を失い、透析導入や再移植が必要になる場合もあります。
高齢夫婦の旅行
しかし近年では、拒絶反応を抑える免疫抑制薬の進歩などによって、移植腎が機能している期間の成績が向上しており(*3)、より長い期間、透析をせずに生活できるようになってきています。また、腎移植後に生存できる期間も同様に、近年成績が向上しています(*3)。

☞ 参考:ドクターコラム「移植腎の生着率と患者生存率について」