指田文夫の「さすらい日乗」

さすらいはアントニオーニの映画『さすらい』で、日乗は永井荷風の『断腸亭日乗』です 日本でただ一人の大衆文化評論家です

『沖縄 久高島のイザイホー』

2020年02月08日 | 映画
1978年に沖縄の久高島で行われたイザイホーの模様を記録した映像で非常に貴重なものである。
ただ、それは学術的なスタンスで、またイザイホーも、島の人間のためにあるものなので、歌や動作も面白いものではない。

             

それは当然で、このイザイホーもそうだが、祭りは本来その地域の人のために行われるものなので、芸能的要素はないのである。
それが、ある機会で知られて人々の興味を引くようになると、次第に芸能化していき観光事業として発展してゆく。
このイザイホーは、そうした傾向とはまったく正反対にあるもので、本来は構成員や関係者のみだが、この時期でもすでにカメラで撮影する者がいる。
全員白装束の中年の女性による祭りで、「これが本来の祭りだな」と思った。
国立映画アーカイブ

コメント   この記事についてブログを書く
« 明治時代でも港で隔離した | トップ | 遠藤琢朗氏、死去 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事