日本を良くする為に…

65歳の素人の私が少しづつ、意見を述べていきたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

中国人について

2007年05月26日 08時56分00秒 | 日本を良くする為に…

 私は中国や中国人に関しては以前はまあまあ好きな方でしたが2年前に中国各地で繰り広げられた反日騒動を見て一変で嫌いに成りました。 

 15年前、香港・マカオ・中国の一部に観光旅行に行って来ましたが、香港で高層ビルの建築中の現場を見た時、建築足場は日本みたいなビディ足場でなく竹を組んだ足場を見て驚きました。竹の足場だと滑って危ないのではないかと現地のガイドに聞いたところ、中国は竹は無尽蔵にあるし、人間も13億人いるので足場から落ちて一人や二人死んでも別になんていう事はないと聞いて二度ビックリしました。 

 中国は共産党一党独裁国家の為、都市部と農村部の格差は日本の比ではないと思います。農村部では常に暴動が起きていてもニュースなどは握り潰されて一般には報道されていないようです。

 中国では今、都市部では裕福な生活をしている者が多くいるようで、日本人をバカにするような態度をテレビなどで見ますが少し調子に乗りすぎているのではないでしょうか?  

 今の中国の経済発展をもたらしたのは誰のお陰かと言いたい!!! 日本が昔から経済援助や企業進出で最新式の機械やよい人材、ノウハウなどを持ち込んだ日本のおかげである事を一般国民は解っていないようである。 

 首相の靖国参拝問題については中国人がどうのこうの言う事は内政干渉もはなばなしいと思います。中国人は小学校の一年生から歴史教科書などで日本はひどい国だと間違った教育を叩き込まれて育ったので、若い者は中国の共産主義に反発して国家に対する不満を日本に向けているように思います。 

 一部の識者が言っているように中国の経済発展も2008年のオリンピックと2010年の万国博までで、その後は徐々に衰退の道を歩んで行くものと思います。 

 中国の都市部では人件費も上がって来たので、現在はベトナムやインドに工場を移す日本企業も増えてきたと聞きますが………

  よって、中国人に一言。日本と中国の為にも余り調子に乗らないで、日本の良い所を取り入れて成功したマレーシアのマハテール元首相のように、もう少し謙虚な姿勢で日本との関わりを待たなければ衰退の一途をたどる事になりますよ!!!           

ジャンル:
海外
コメント (14)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 憲法第9条、改憲について | トップ | 韓国人について »

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2007-05-26 18:13:23
面白い内容でした、今後もよろしくお願い致します
中国人について (63歳の男)
2007-05-26 18:26:16
 コメント有り難うございました。

 今後も世の中の不平不満をドンドン発信して行きたいと思いますので宜しくお願い致します。

 日本を良くする為に!!!
Unknown (Unknown)
2007-05-26 19:53:57
今の中国の経済発展をもたらしたのは誰のおかげか…
確かにこのあたりはよく考えていただきたいものですね。
が、靖国参拝は日本人であるこちらから見ても痛いものがありますよ~。なぜ中国人があれだけ反発するのか(実際デモに参加していた人たちの大勢が野次馬ですが)…。
それは中国が日本の戦争賠償金を放棄してくれたとき、その理由を国民に「戦争の責任は日本の一般国民ではなくA級戦犯にある」と説明したからなんです。そういって賠償金の放棄を国民に納得させたわけです。それにもかかわらず日本の首相がA級戦犯が眠っている靖国神社に参拝したら、憤りを感じないほうが不思議です。もし日本がドイツのように戦後賠償責任を果たしていたら、日本国の懐はスッカラカンどころの話ではないでしょう。なにせあそこは巨大な人口抱えてますから。
なんにせよ、中国の野蛮なデモ行為は目に余るものがありますね。
中国の野望 (蓬莱の島通信ブログ別館)
2007-05-28 16:13:53
トラックバックありがとうございます。私も台湾に来てから中国の暗黒面が分かるようになり、2005年の「反日」で、本気で戦争を計画していると見るようになりました。私のブログでその一端を紹介していますが、中国のサイトでは、「中国が日本を占領したら男は皆殺し、女は性奴隷」というのが常識になっています。日中友好など、マスコミが作り上げた幻想で、中国政府が積極的にこうした言論を誘導してきたのです。本当に戦争がおこれば、最悪の場合、攻め込んできた人民解放軍の手で日本人の大半は虐殺されるでしょう。「絶対に中国軍に海を渡らせない」これが21世紀最初の日本人の最大の試練だと思っています。
在りうる中共の核先制攻撃 (平成中野学校)
2007-05-28 18:44:40
今月公表された米国防総省の年次報告書で、中国軍の米国に達する新型ICBMが今年中に増強され、IRBMも新型ミサイルが潜水艦と共に増強されています。これらの動きは西側の軍事関係者の予測を遥かに超えるスピードと規模で行われています。さらに衝撃的なのは、これまで中共政府が公言していた「核の先制不使用」の原則を変える動きが見られる事です。以前にも解放軍の関係者が「台湾有事で米中が軍事衝突すれば中共はロサンゼルスを核攻撃する」と発言しており、中共中央政府はこの高官の発言を否定していませんでした。『中共の核を含む軍拡は戦争発起を前提に行われている』という現実を日本人はもっと深刻に受け留めるべきです。
Unknown (soudenjapan)
2007-05-29 20:37:40
掲示板で彼らと話をしてみると、向こうにも言い分があって、誰のおかけで不況から抜け出せたのか、と言ってきます。中国市場のおかげじゃないか。そもそも日本からの投資は中国への慈悲ではなく、自分たちが儲けるためであって実際に儲けている。なぜ中国が日本に感謝する必要があるのか。とまあそんな感じです。
戦後賠償放棄と戦犯は関係なし (平成)
2007-05-29 21:48:56
一部に認識の誤った発言が見られますので…現在の中共政府が日本の戦争賠償を放棄した訳ではありません。サンフランシスコ講和条約締結時のシナ大陸は蒋介石の国民党軍と毛沢東の中共軍との内戦状態で、米英がいわゆる中国代表政権として国民党・中国共産党いずれの政権を選ぶ事が出来ませんでした。日本政府はサンフランシスコ講和条約の前に(互いに戦闘行為を行った)、国民党政府と「日華条約」として解決し(国民党への台湾の委譲)、賠償を放棄したのは国民党政権でした。とは云っても日本はそれなりの賠償は行っており、幸運の帝国海軍駆逐艦「雪風」などは戦後台湾海軍の旗艦として活躍しております。その後、日本政府(田中内閣)は中国共産党政権と国交樹立(日中共同声明)し、先の「日華条約」に準拠した措置がとられた訳です。毛沢東が田中首相に対して「談話」の形で戦争指導者と日本国民の責任について言及しただけの話であって、まるでA級戦犯問題と賠償責任をバーターしたかのような発言は事実を歪曲するものであると思います。戦争賠償は一国に対して一度のものであり、政権が異なる毎にするようなものではありません。そういう意味において朝鮮に対するもの(戦争相手国ではありませんので賠償とは言いません)も、大韓民国政府に対して既に済ましており、北朝鮮はそれを韓国政府に要求すべきものです。てずれにしても戦後の日本政府はGDPの数倍に達する戦後賠償責任を戦争当事国ではない韓国・台湾に対してまで行っており、いまさらとやかく言われる筋合いは一ミリもありません。
不況脱出は中国のお陰ではない (平成中野学校)
2007-05-29 22:11:02
現在の中国の経済発展を可能にしたのは、日本と米国の経済援助と技術提供の賜物です。天安門事件で欧米から経済封鎖されていた状況の突破口を作ったのも、請願されての天皇訪中でした。これに対して中共政府は柵封政策の象徴たる(属国に対して中華皇帝が授ける)「金印」を天皇陛下に渡そうとするなどの無礼で答えています。日本が平成不況から脱する事が出来たのは、あくまでも国民の痛み(銀行を再建する為のゼロ金利政策など)の賜物であり、決して中国経済のおかげなどではありません。中国経済の為に国内産業は打撃を受けアジアでの経済活動もセリ負け(価格で)、おまけに海洋汚染、大気汚染、黄砂汚染に海底資源強奪、領海侵略、核ミサイル恐喝、内政干渉、国内治安悪化に最近は石油価格高騰など、ありとあらゆる迷惑をこうむっています。
TBありがとうございました (ANNE)
2007-06-01 21:15:06
なかなか考えさせられるコメントでした。ありがとうございます。

いろいろな意見があると思いますが、将来を担う子供たちにゆがまない社会観や正しく物をとらえる分析力を身につけてもらうためにも、やっぱり社会の勉強は必要ですよね。

歴史教科書の問題や、近隣諸国との関係などいろいろな動きがありますが、両国とも理解し合おうとする姿勢って大切ですよね。

またよろしくお願いしますね。
台湾を中国から守ろう (HANO)
2007-06-29 15:13:28
台湾は、台湾人のものです 日本は軍事大国中国の軍事干渉を絶対に反対するむねの、国会決議をすみやかにすべきだと思いますが?

コメントを投稿

日本を良くする為に…」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

仏紙ルモンドが安倍外交を歓迎 (遊爺雑記帳)
 安倍首相と、麻生外務大臣が欧州各国を歴訪しています。  安倍首相は、日本の首相としては初めて、NATOの最高意思決定機関である北大西洋理事会(NAC)で演説し、日本・NATO関係について「新たな段階への移行」を宣言しました。  軍備を拡大し続ける中国、強引な資...
中国と朝鮮はやがて開戦する!! (日々是勉強)
  旅行関係の記事を上げようかと思っていたのですが、大変重要なニュースを取り上げ損ねていました。   以前からこのブログでも取り上げている中国と朝鮮の間の冷戦状態が、いよいよ差し迫ったものになってきました。以下の朝鮮日報の記事をご覧下さい。 中国、白頭...