任務スペシャリスト的ブログ

映画、テレビ番組、ドラマ、日常生活など全般に渡るぼやきブログです。不定期ですが、投稿歓迎!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「スーパーマンリターンズ」の感想!!

2006年08月24日 11時20分32秒 | 映画
この間、『スーパーマンリターンズ』を鑑賞しました。感想・ネタばれがありますので未見の人は注意して下さい。

(ストーリー)

スーパーマンがいなくなって5年が経過した。そんな時、ふとスーパーマンは地
球に戻ってきた。レックスルーサーも脱獄してまた悪事をし始めた。スーパーマ
ンは仮の姿クラークケントに扮し、デイリープラネット社に復帰する。しかし、
ロイスレインは婚約者がいた上、子供まで!。驚くクラーク・ケント。だが、レ
ックスルーサーも戻ってきた今、新たな戦いが始まろうとしていた。



            


            

            






(感想・ネタバレ)

オープニングタイトルに鳥肌が立ちましたw。
リチャードドナー監督の旧シリーズと同じでした。ついつい、ブランドン・ラウス
の文字がクリストファーリーブの文字に見えてしまいました(笑)。

スーパーマンが戻ってきた頃、地球は状況が変わっていた。ロイスレインは婚約者がいた上、子供もいた。しかも、彼女にいたっては「スーパーマン不要論」をとなえるまでになっていた…。

そんな中、飛行機とスペースシャトルがトラブルに見舞われる羽目になった。そして、飛行機を野球場に降ろすスーパーマン。この場面は、「スーパーマンⅠ」のヘリを屋上に戻すシーンとダブった。しかもセリフが…「この乗り物は本来安全な乗り物です。空の旅を嫌いにならないで下さい」 (反転してクリックさせて読んでね)と言うあたりオマージュだろう。

他にもロイスレインに対して…「タバコは体によくない」(反転してクリックさせて読んでね)と言ってみせたりと「スーパーマンⅠ」と似通っている部分が多い。

しかし、驚いたと言うか笑えたのがスーパーマンが病院に運ばれて、注射を打たれるが注射針が曲がるw…。シンガー監督・・、あなたはマニアックです(笑)。しかも、スーパーマンのスーツも脱がされて、女性にとってはクラクラする美しい上半身裸が出てくる。オイオイ、スーパーマンのスーツって簡単に脱がせれるのか(^^;。

でも、何より衝撃だったのが子供の父は○◎▲だった!!。←あまりに衝撃な為、実名を出せません。未見の人のためにもここは内緒です(笑)。でも、ラストでスーパーマンがロイスレインに対する温かいまなざしが感動を誘う。このシーンは男たちにとって(僕も含めて)強烈なメッセージになった。

ラストも旧シリーズを彷彿させる場面で終わっている。


◎総合評価(最高で☆5つとする)
☆☆☆☆(93点)

コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 地上波でスーパーマンⅠをやっ... | トップ | 夏季五輪/国内立候補都市は東... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
この作品は、映像も見応えがある映画でした (たろ)
2006-08-26 23:13:14
こんばんは。

弊ブログへのトラックバック、ありがとうございました。

こちらからもコメント&トラックバックのお返しを失礼致します。



僕は、小さな頃に観たリチャード・ドナー氏監督作品の映画『 スーパーマン ( SUPERMAN ) 』 ( ‘78年 アメリカ )の記憶は余りないのですが、本作品は、主演であるスーパーマン役を演じた、クリストファー・リーヴさんを彷彿とさせるブランドン・ラウスさん、ロイス・レイン役を演じたケイト・ボスワースさんの新鮮な存在感に大きな魅力を感じた映画でした。



また遊びに来させて頂きます。

ではまた。



病院にて (rukkia)
2006-08-27 22:45:26
その涎を垂らした一人です(嘘)。

注射針には笑いました。

ジンガー監督、かな~りスーパーマンがお好きなようです。

X-MEN撮影中に参考ビデオとして見せられた、とヒュー・ジャックマンも語っておりました。

Unknown (任務スペシャリスト@管理人)
2006-08-31 11:41:42
忙しくてお礼が遅れました(ペコリ)。



>たろさん



そう、まさにクリストファー・リーヴさんとソックリでしたね。まさに生まれ変わりかも!?って思ったくらいですね。ただ、リーヴさんがシャープならブランドン・ラウスさんはクールっていう感じで持ち味が少し違っていて、また面白かったね。



>また遊びに来させて頂きます。



はい、どんどん遊びに来てください。こちらからも訪問しますね。



>rukkiaさん



>注射針には笑いました。



あれって、ほとんどドリフのコントなんですけどねw。なのに、それを感動のラストに持っていくシンガー監督のセンスには脱帽です。とりあえずは、スーパーマンの復活を喜びたいですよね





映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事