広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

中長期計画

2015年11月23日 16時55分15秒 | 明日のすまいを考える

 川崎市高津区溝口で大工をしている今井紀好です。

 勉強会に参加してきました。
 中身は、マイナンバー法にどう対応するか。
     くい打ち工事の偽装を受けて。
     これからの建設業界がどうなるか。
 町場の大工には、レベルが高すぎて、
というか、それは、今でもやってます、という感じでした。

 マイナンバー法 社会保障と、税と災害用に限って使う。
         社会保障 弊社は、法人ですが、社会保険では、ありません。
              厚生年金を払っているので、建設業の国保です。
              適用除外という制度を使っています。
         税    計理士に入ってもらい、ちゃんと納めています。
         災害対策 必要ないです。

 くい打ち工事の偽装を受けて 充分な工期を見れば、何も問題なし。
               二次・三次下請けにならなければ、予算も取れます。
               町場の大工としてやっていきます。

 これからの建設業界がどうなるか。
  どんどん、省エネ化が進む。
     
     

     

     上記は、セルロースの断熱材を吹き込む機械です。
     業者が忙しいときは、いつでも手伝います。
     一番良い断熱工法だと思います。
  大工が、年々何万人と減っていく。
     だから、書類ばかり作る仕事ではなく、大工をやればいいのです。
     誇りをもって、大工仕事をやりましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« やってはいけないこと | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

明日のすまいを考える」カテゴリの最新記事